カイリュー- ポケモン育成論SV

【メタを越える】クリアチャームカイリュー【S15仕様調整3通り】

2024/02/10 01:25 / 更新:2024/02/11 10:50

カイリュー

HP:HP 91

攻撃:攻撃 134

防御:防御 95

特攻:特攻 100

特防:特防 100

素早:素早 80

ツイート5.005.005.005.005.005.005.005.005.005.00閲覧:6015登録:11件評価:5.00(12人)

カイリュー  ドラゴン ひこう  【 ポケモン図鑑 】

性格
いじっぱり(攻撃 特攻)
特性
マルチスケイル
努力値配分(努力値とは?)
HP:244 / 攻撃:132 / 防御:4 / 特防:36 / 素早:92
個体値:31-31-31-x-31-31
実数値:197-188-116-x-125-112 (素早さ比較)
覚えさせる技
アイススピナー / テラバースト / りゅうのまい / はねやすめ
持ち物
クリアチャーム
テラスタイプ
でんき

スポンサーリンク


ルール
シングルバトル
このポケモンの役割
物理アタッカー
登録タグ
フォーク元の育成論(フォークとは?)
【いかく対策】クリアチャームで実質精神力のカイリュー(プライベートわし)

考察

初めに

こんにちは。のりです。
今回は『カイリューカイリュー』について書きました。

カイリューカイリューと言えば高種族値、最強特性、豊富な技に合わせて、元タイプ及びテラスタルにより非常に多くの役割をこなせます。
そのため巷では200個またそれ以上の型があるとも噂されるSV環境トップメタのポケモンですね。

中でもりゅうのまいを採用したエース型が強力であり、汎用的な対策として特性いかくを絡めたり
でんじはあまえるがんせきふうじでの妨害が思い浮かぶと思います。

カイリューカイリュークリアチャームを持たせることで能力を下降させられず、
でんきタイプじめんタイプのテラスタルによって耐性を変えつつでんじはを無効にします。
これによってオボンのみとつげきチョッキランドロス(霊獣)ランドロス(霊獣)ブーストエナジーハバタクカミハバタクカミなどを逆に起点にすることが可能になります。

参考 
うーたん氏とつげきチョッキランドロス(霊獣)ランドロス(霊獣)(育成論SV/3443)
自身のブーストエナジーハバタクカミハバタクカミ (育成論SV/3116)

有効打を持たない水ウーラオス(れんげき)ウーラオス(れんげき)オーガポン(かまど)オーガポン(かまど)などには元々強く
多くのポケモンを起点にしながら相手の全抜きを狙いに行けます。

既にクリアチャーム持ちカイリューカイリューの論がありますが、環境や考察内容が違うことからフォークとさせてもらいました。

育成「論」として各項目に対して理由付け、深掘りしていきますのでボリュームが多くなりますが育成するにあたり参考になれば幸いです。
感想や改善案など、なんでもコメント頂けると嬉しいです。

注意事項

  • 本育成論では非公式な略称や用語(HABCDSや努力値など)を使用します。
  • その他表現方法などは過去の育成論を参照お願いします。

では本題へ

コンセプトと役割

メジャーなカイリューカイリュー対策をメタることで簡単に止まらない、りゅうのまいによる抜きエース

  • 解説

冒頭でも話した通り、相手側のカイリューカイリュー対策に対して、テラスタルによる耐性の変化とでんじはの無効化、
クリアチャームによるいかくあまえるがんせきふうじなどの能力下降を無視して竜の舞を積んで全抜きを目指す。

相手のカイリューカイリュー対策枠であろうポケモンにこの型のカイリューカイリューを合わせることで
無償のターンを得られ全抜きの体勢を整えやすい。

元々のスペックが高いため、テラスタルやクリアチャームに依存しなくてもある程度は強く立ち回れる。

また、カイリューカイリューは型が豊富すぎるためこの型を一点読みされづらいのもポイント。
(パッと思いつくだけでも、ダイス・鉢巻・ゴツメ・残飯・ブーツ・弱点保険 などの持ち物候補があり
技範囲もとんでもなく広く物理特殊両方で採用でき、アンコールといった補助技もある)

例を挙げると型を読まれて挑発を打たれたり積み合いになると面倒ではあるが、
鉢巻やアンコール持ちカイリューカイリューだと裏目になりやすい。
相手としては一貫しやすいでんじはあまえるで型の確認とデバフからの処理を狙うのが安定行動のように思える。
そういう動きに対してこの型のカイリューカイリューが非常に刺さる。

持ち物

クリアチャーム
今回のコンセプト。
投稿時点での採用率は約12%とシーズン14→15でかなり増加している。
いかくあまえるがんせきふうじの他、ちからをすいとるおきみやげなどの能力下降も防げる(その後の処理は発動する)。
すてゼリフは交代も無効化される。

特性

マルチスケイル
カイリューカイリューといえばこの最強特性。
今回はせいしんりょくの威嚇無効も必要ないためマルチスケイル確定。

性格・努力値と調整

性格 いじっぱり
努力値 244-132-4-0-36-92
実数値 197-188-116-*-125-112

  • H 耐久確保のため奇数最大
  • A 性格補正効率のよい11n(187)プラス1

(目安)
A↑↑ でんきタイプテラバで
H4B4(167-116)カイリューカイリューに147 ~ 174 (88.1 ~ 104.2%) 乱数1発 : 25%
 +ステロ1/8ダメで確定1発
H244B4(197-116)カイリューカイリューに147 ~ 174 (74.7 ~ 88.4%) 確定2発
 +ステロ1/4ダメで乱数1発 : 93.75%
HB252(162-107)ハバタクカミハバタクカミに (98.2 ~ 115.5%) 乱数1発 : 87.5%

  • B 端数

(目安)
A特化(216)ランドロス(霊獣)ランドロス(霊獣)のがんせきふうじで (43.7 ~ 51.8%) 乱数2発 : 6.25%

等倍時にA特化水ウーラオス(れんげき)ウーラオス(れんげき)のテラス水流連打+アクジェで
初撃マルスケ込みで165 ~ 198 (83.8 ~ 100.6%) ほぼ耐え

  • D 粘れる範囲を増やすため余りを全て

(目安)
等倍時にC252ハバタクカミハバタクカミのムンフォが(41.2 ~ 48.8%)

準速スカーフウーラオス(れんげき)ウーラオス(れんげき)149*1.5≒223
S↑↑カイリューカイリュー112*2=224

1舞だと112*1.5=168 で最速100族(167)まで抜ける。

  • その他の努力値調整の例を以下に記載する。
  • サンプル1 ASベース

性格 いじっぱり
努力値 132-164-4-0-4-204
実数値 183-192-116-*-121-126

(HB目安)
A特化水ウーラオス(れんげき)ウーラオス(れんげき)のテラス水流連打で (41.5 ~ 49.8%)

(HD目安)
C特化サーフゴーサーフゴーのシャドボで(41.6 ~ 49.8%)

(A目安)
B4テツノツツミテツノツツミを電気テラバで(100.8 ~ 119.1%)
B特化ドヒドイデドヒドイデをA↑↑電気テラバで(99.4 ~ 118.5%) 乱数1発 : 93.75%

S↑で準速135族パオジアンパオジアンハバタクカミハバタクカミ(実数値187)抜き

  • サンプル2 耐久ベース

性格 いじっぱり
努力値 244-12-76-0-84-92
実数値 197-171-125-*-131-112

(HB目安)
A36+(187)ランドロス(霊獣)ランドロス(霊獣)の等倍じしんで (42.7 ~ 50.8%)
A特化オーガポン(かまど)オーガポン(かまど)のA↓じゃれつくで(41.7 ~ 49.8%)

(HD目安)
特化ガチグマ(アカツキ)ガチグマ(アカツキ)のテラスブラムでマルスケ込み84 ~ 99 (42.7 ~ 50.3%) 乱数2発 : 1.17%
=羽休めでマルスケが確定で復活する。
等倍時にC特化ハバタクカミハバタクカミのムンフォで(42.7 ~ 50.8%)

(A目安)
H252ブリジュラスブリジュラスをA↑テラス地震で(98.5 ~ 116.8%) 乱数1発 : 93.75%

Sラインは確定欄と同じ。

他にオススメ案あればコメント願いたい。

技構成

りゅうのまい
抜き性能を上げる技でありコンセプト。大抵はこの技から入る。
2~3舞することでステルスロックと合わせて大体の相手をワンパンして行ける。
  • 以下から選択
アイススピナー
無効がなく通りの良いこおりタイプ技で、後述するでんきタイプじめんタイプ技のとの補完も良い。
フィールドを壊せ前期結果を残したイエッサン♂イエッサン♂の展開やゴリランダーゴリランダー入りにも強くなる。
テラバーストでんきタイプ
テラス必須ではあるが非接触で通りもそこそこ良い。
かみなりパンチでない理由は技威力が低く接触技であるため。
じしん
元々威力100の技であり非テラス状態でも打って火力が出る。
じめんタイプテラスを切れば即時に1.5倍になるため1積みからでも火力を出しやすい。
ワイドブレイカー
追加効果で相手のAを下げられるため起点にできる相手が増える。
(例えば火力が高めなランドロス(霊獣)ランドロス(霊獣)、氷技持ち水ウーラオス(れんげき)ウーラオス(れんげき)テツノカイナテツノカイナ、じゃれつく持ちオーガポン(かまど)オーガポン(かまど)など)
タイプ一致であるため上記の技と同じくらいには火力は出る。
しんそく
お馴染みの高火力かつ優先度+2の先制技。
舞わずとも対面で倒せる相手が増えたり、味方の取りこぼしをノーダメで処理できる。
はねやすめ
能力下降の追加効果を受けないため粘り易く、耐性変化やテラスを合わせると多くの相手を起点にしやすい。
りゅうのまいを積んで先制ではねやすめすることでマルスケを盾に相手の技構成を把握でき、テラスタルを切るかどうかの判断もできる。
採用する場合は耐久寄りの努力値配分としたい。
アンコール
低速の積み技や再生技持ちを起点にでき、じしんなど無効読みで後出ししアンコールすると無償でターンを得られるが
そもそもアンコール読みで引いてくることも多く、プレイヤーや構築次第とも言える。
採用する場合は竜舞1回でも抜き性能を高めやすく、上からアンコールできるAS寄りの努力値配分としたい。

他にも多くのサブウェポンがあるが長くなってしまうため本論での説明は割愛する。

  • 技構成について

アイススピナー+テラバーストでんきタイプ
シーズン8,9あたりからしばしば見られた構成。
どちらかの技を見せると大体この型を警戒される。

ワイドブレイカー+テラバーストでんきタイプ
こちらも前期上位で結果を残した型。
でんきタイプは耐性面で弱点が少なく、ワイドブレイカーで起点にできる範囲が広い。

アイススピナー+じしん
簡単に言えばマンムーマンムーの技範囲で相手は受けづらい。
テラスじめんタイプじしんのリーチを大きく伸ばせる。
テラスを切った後だと本来有利な水ウーラオス(れんげき)ウーラオス(れんげき)オーガポン(かまど)オーガポン(かまど)に弱くなるため注意。

構成は無限に考えられるため自分だけのカイリューカイリューを考えてみてほしい。

テラスタル

テラスでんきタイプ
弱点がじめんタイプしかなく扱いやすい。
テラバーストを打ちたいときにテラスを切らなくてならないため選出や試合運びに注意が必要。
せいでんきでんきだま+なげつけるによる麻痺も無効化できる。
テラスじめんタイプ
こちらもでんじは無効ではあるが弱点が多い。
特にアクジェや氷の礫が抜群で入ってしまうのがネック。
テラスを切らずとも技範囲と威力が優秀のため他のポケモンにテラスを切る選択肢が生まれる。

立ち回り例

竜舞した後で止められそうもないパーティ相手の場合には、後発から繰り出し全抜きを狙いたい。

特にオボンやチョッキのランドロス(霊獣)ランドロス(霊獣)、ブーストハバタクカミハバタクカミを誘うようにすることで
低リスクで積むターンを得られる上にそのまま試合を決定付けられる。

  • ポイント

ステロなどの補助技やじめん技読みで後出ししアンコールを警戒させる
体力が少ない相手ポケモンに出し、神速やスケショを警戒させる
このタイミングでブーストハバタクカミハバタクカミが出てきて竜舞を積み、甘えるや電磁波に対して無償でもう1舞することで
2舞したマルスケありのカイリューカイリューが爆誕する。

ハバタクカミハバタクカミのブーストが発動しない場合は大抵は眼鏡持ちであり、
上から2回の攻撃は受け切れないため、1舞した攻撃で倒すのがベターであろう。
それ以外(襷、スカーフ)であってもテラス後マルスケありのカイリューカイリューを2発で倒す手段は、弱点またはステラタイプテラバくらいしかない。

ランドロス(霊獣)ランドロス(霊獣)の後出しに対してもいかくを無効にしつつ1舞し、
相手のテラスや技を羽休めで粘りながら確認し、起点にしながら突破できる。

与ダメージ計算

確定数は重要そうなものだけ記載する。
追加した方が良いのがあればコメントまで。

竜舞の回数と攻撃の倍率は以下の通り
1回:1.5倍   2回:2倍
3回:2.5倍   4回:3倍
5回:3.5倍   6回:4倍

アイススピナー

H244カイリューカイリュー(マルスケあり) (50.8 ~ 59.9%)
H252ランドロス(霊獣)ランドロス(霊獣) (106.2 ~ 126.6%)
無振りトドロクツキトドロクツキ (68.9 ~ 82.3%)
H252ガチグマ(アカツキ)ガチグマ(アカツキ) (37.3 ~ 44.6%)
→3舞で (92.8 ~ 109.1%) 乱数1発 : 56.25%

テラバーストでんきタイプ

無振りハバタクカミハバタクカミ (87.7 ~ 103.9%) 乱数1発 : 25%
H244カイリューカイリュー(マルスケなし) (38.1 ~ 44.7%)
無振り水ウーラオス(れんげき)ウーラオス(れんげき) (82.3 ~ 97.2%)
B4テツノツツミテツノツツミ (97.8 ~ 116.1%) 乱数1発 : 87.5%
H252アシレーヌアシレーヌ (97.4 ~ 115.6%) 乱数1発 : 81.25%
H252スイクンスイクン (61.9 ~ 73.5%)
B特化ドヒドイデドヒドイデ (49.7 ~ 58.6%) 乱数2発 : 96.48%
H252サーフゴーサーフゴー (38.7 ~ 45.4%)
→3舞で (94.9 ~ 111.9%) 乱数1発 : 68.75%

じしん

H252サーフゴーサーフゴー (64.0 ~ 75.3%)
H252ブリジュラスブリジュラス (48.8 ~ 57.9%) 乱数2発 : 94.92%
H252オーガポン(かまど)オーガポン(かまど) (36.4 ~ 43.4%)
→3舞で (91.0 ~ 107.0%) 乱数1発 : 43.75%
H252ハッサムハッサム (33.4 ~ 39.6%)
→2舞テラスで(100.0 ~ 117.6%)

ワイドブレイカー

H244カイリューカイリュー(マルスケあり) (29.0 ~ 34.0%) 乱数3発 : 1.53%
無振り水ウーラオス(れんげき)ウーラオス(れんげき) (30.9 ~ 36.6%) 乱数3発 : 59.93%
H252テツノカイナテツノカイナ (19.5 ~ 23.0%) 乱数5発 : 98.68%
H252ランドロス(霊獣)ランドロス(霊獣) (29.5 ~ 35.8%) 乱数3発 : 34.22%
H252オーガポン(かまど)オーガポン(かまど) (32.7 ~ 39.1%) 乱数3発 : 99.68%

被ダメージ計算

記載なしは全てマルスケなしで計算。
~50%であれば竜舞羽休めの起点にできる。

A特化カイリューカイリュー
神速 (27.0 ~ 32.0%)
ノマテラ鉢巻神速 (59.9 ~ 71.6%)
等倍:スケショ5回 (63.5 ~ 78.7%)

A特化(216)ランドロス(霊獣)ランドロス(霊獣)
等倍:地震 (53.3 ~ 63.0%)
がんせきふうじ (43.7 ~ 51.8%) 乱数2発 : 6.25%
飛行テラバ (56.9 ~ 68.1%)

A36+(187)ランドロス(霊獣)ランドロス(霊獣)
等倍:地震 (46.2 ~ 54.9%) 乱数2発 : 55.85%
がんせきふうじ (37.6 ~ 44.7%)
飛行テラバ (49.8 ~ 58.9%) 乱数2発 : 98.43%

A特化水ウーラオス(れんげき)ウーラオス(れんげき)
すいりゅうれんだ (27.5 ~ 33.5%)
テラスすいりゅうれんだ (38.1 ~ 45.7%)
インファイト (30.0 ~ 35.0%) 乱数3発 : 20.21%
アイススピナー (105.6 ~ 125.9%)

A特化オーガポン(かまど)オーガポン(かまど)
ツタこんぼう (28.0 ~ 33.5%) 乱数3発 : 0.09%
テラスツタこんぼう (55.9 ~ 66.0%)
じゃれつく (68.1 ~ 80.3%)
がんせきふうじ (45.7 ~ 53.9%) 乱数2発 : 34.37%

C252ハバタクカミハバタクカミ
シャドボ (34.0 ~ 41.2%)
等倍:ムンフォ (41.2 ~ 48.8%)

C特化ガチグマ(アカツキ)ガチグマ(アカツキ)
ブラム (66.0 ~ 78.2%)
ハイボ (42.7 ~ 50.3%) 乱数2発 : 0.39%
しんくうは12 ~ 15 (6.0 ~ 7.7%)

不一致イカサマモロバレルモロバレルポリゴン2ポリゴン2
(29.5 ~ 35.0%) 乱数3発 : 13.15%

一致イカサマブラッキーブラッキーチオンジェンチオンジェン
(44.2 ~ 52.3%) 乱数2発 : 16.01%

苦手なポケモン

本型で防げない補助技での妨害

おにび どくどく あくび
攻撃低下、マルスケの無効化、流しor催眠。

ちょうはつ
補助技を封じられこの型の強さを生かしづらい。

トリック アンコール
技の固定により器用な動きを制限される。

のろい ほろびのうた
積んで倒し切る前に自身が落ちてしまう可能性あり。

ほえる ふきとばし くろいきり
積みの強制リセット。

総じて補助技を絡めてきたり、超耐久なポケモンが厳しい。
ガチグマ(アカツキ)ガチグマ(アカツキ)ディンルーディンルーキョジオーンキョジオーンドヒドイデドヒドイデヘイラッシャヘイラッシャラグラージラグラージスイクンスイクンテツノツツミテツノツツミミミッキュミミッキュなど

相性のよい味方・構築例

ステルスロックを撒けるポケモン
スケショ型ほどの突破力はないため、火力の補佐ができきあいのタスキも潰せる。
ちょうはつで展開を阻害しステロを撒ける例 ランドロス(霊獣)ランドロス(霊獣)コノヨザルコノヨザル など
どくびしや麻痺(+α)を撒けるポケモン
はねやすめで粘る間に毒ダメージ蓄積や痺れ待ちを行える。
例 ハバタクカミハバタクカミ(挑発)/キラフロルキラフロル(ステロ、キラースピン)/ブリジュラスブリジュラス(ステロ)/ジャローダジャローダ(壁、挑発) など
テラス後カイリューカイリューを落としてくるポケモンを切り返せるポケモン
でんきタイプじめんタイプの弱点を付いてくる、じめんタイプみずタイプくさタイプこおりタイプに強いと良い。
オーガポン(かまど)オーガポン(かまど)』は前述した全タイプに一致弱点をつけることに加え
火傷やトリック無効と上記に挙げた補助技にも耐性があり、胞子技も無効のため非常に相性が良い。

以上

終わりに

いかがでしたでしょうか。
本型は少し前からいたものの、前期のシーズン14では多く結果を残したようでした。
次回シーズンはどんな型の『カイリューカイリュー』が生まれるのでしょうか。

参考になったりブックマークの際は、評価も入れてもらえたら大変嬉しいです。

それでは。

投稿日時 : 

最終更新日時 : 2024/02/11 10:50

カイリューの他の育成論を探す (39件) >>

こちらもオススメ
カイリュー【物理受け&てんねん破壊】意表を突く特殊カイリュー
ひかえめ / マルチスケイル / ラムのみ
HP:196 / 特攻:252 / 素早:60
りゅうせいぐん / だいもんじ / はねやすめ / 10まんボルト
カイリュー優先度2でぶっ飛ばせ!弱点保険カイリュー
いじっぱり / マルチスケイル / じゃくてんほけん
HP:244 / 攻撃:100 / 防御:52 / 特防:4 / 素早:108
しんそく / じしん / りゅうのまい / はねやすめ
カイリュー【レギュレーションEの怪物】スケイルショットカイリュー
ようき / マルチスケイル / いかさまダイス
HP:4 / 攻撃:252 / 素早:252
スケイルショット / アイアンヘッド / しんそく / りゅうのまい
投稿者の前後の育成論

スポンサーリンク

コメント (2件)

  • ページ:
  • 1
24/02/10 08:17
1紅狐 (@fireeeefox)
55555
捨て台詞の交代処理は確か発生しなかったはずです。他は知らないので良ければもう一度ご自身で調べていただけらばと思います。
24/02/10 09:20
2のり (@nori_game_pk)
>1
コメント、評価ありがとうございます。
ご指摘の通り捨て台詞は交代まで無効化されますね。
クリチャのwikiを流し読みしてたのですが完全に勘違いしてました。
内容修正して反映させて貰いました。
  • ページ:
  • 1

削除キー:


コメントを投稿

補足やアドバイス、間違いの指摘などにお使いください(半角5000文字まで)。育成論に直接関係のないコメントは書き込まないでください(育成論を求めてこのページを訪れた第三者のユーザーに関係のない書き込みすべてが削除対象です)。また、育成論の削除を強要することは運営ポリシー違反であり運営妨害です。削除が必要かどうかは管理者が判断しますので、管理者に直接ご連絡ください。

※評価はポケ徹サービスにログインする必要があります。

名前: 

本文:

削除キーは自分でコメントを削除する際に必要になります。

削除キー:


この育成論のフォークを投稿する >>

修正・削除(投稿者用)

この育成論を修正あるいは削除する場合は、管理用パスワードを入力して「修正・削除」ボタンをクリックしてください。