ラティオス- ポケモン育成論SV

【テンプレ】眼鏡ラティオス【削りと崩し】

2023/12/28 00:45 / 更新:2024/01/23 13:52

ラティオス

HP:HP 80

攻撃:攻撃 90

防御:防御 80

特攻:特攻 130

特防:特防 110

素早:素早 110

ツイート4.914.914.914.914.914.914.914.914.914.91閲覧:30813登録:51件評価:4.91(13人)

ラティオス  ドラゴン エスパー  【 ポケモン図鑑 】

性格
おくびょう(素早 攻撃)
特性
ふゆう
努力値配分(努力値とは?)
防御:4 / 特攻:252 / 素早:252
個体値:31-31-31-31-31-31
実数値:155-99-101-182-130-178 (素早さ比較)
覚えさせる技
りゅうせいぐん / ラスターパージ / トリック / クイックターン
持ち物
こだわりメガネ
テラスタイプ
はがね

スポンサーリンク


ルール
シングルバトル
このポケモンの役割
特殊アタッカー
登録タグ

考察

初めに

こんにちは。のりです。
今回は『ラティオスラティオス』について書きました。

おそらく次回シーズンからもメジャーな型の1つとなるこだわりメガネラティオスラティオス』です。
筆者自身も非常に好きなポケモンの1体で、過去作でも愛用しておりました。

育成「論」として各項目に対して理由付け、深掘りしていきますのでボリュームが多くなりますが育成するにあたり参考になれば幸いです。
今回は簡単に書いていきたいと思います。
感想や改善案など、なんでもコメント頂けると嬉しいです。

注意事項

  • 本育成論では非公式な略称や用語(HABCDSや努力値など)を使用します。
  • その他表現方法などは過去の育成論を参照お願いします。

では本題へ

コンセプトと役割

・高火力のりゅうせいぐんラスターパージで相手のサイクルに負荷をかけ崩す。
・補助技トリックや対面操作技クイックターン、テラスタルによって状況に応じて柔軟に立ち回る。

  • 解説

高火力技の代名詞とも言えるりゅうせいぐん
技威力が強化され使いやすくなったラスターパージ
種族値C130、S110から相手に押し付けることが可能である。
並のポケモンでは受け切ることができないため、相手の対ラティオスラティオスポケモンを崩すことでサイクル戦を有利に進められる。

トリックを採用することでメイン技を受けに来るディンルーディンルーサケブシッポサケブシッポラッキーラッキーハピナスハピナスポリゴン2ポリゴン2などの
持ち物を奪い技を拘らせることで対処を容易にすることができる。

クイックターンを新規習得したことで相手の交代やテラスを見てから
こちらの裏のポケモンを出すことが可能になり、よりサイクル性能が上がった。

新要素テラスタルにより自身の耐性を変化させ、特性ふゆうと合わせて本来苦手な相手にも強く出れる。
テラバースト技範囲を広げることができ、相手のサイクルを早期に崩すことが可能である。

またラティオスラティオスは弱点も多いが耐性もそこそこあり、
環境に多い水ウーラオス(れんげき)ウーラオス(れんげき)オーガポン(かまど)オーガポン(かまど)オーガポン(いど)オーガポン(いど)ウォッシュロトムウォッシュロトムテツノカイナテツノカイナなどのメイン技を半減でき
一貫を作らせない、ある程度後出しが効く、というのもポイント。

  • 参考までに

りゅうせいぐんトリックを両立できる一般ポケモンは
ナッシー(アローラ)ナッシー(アローラ)ドーブルドーブルラティアスラティアスラティオスラティオスのみである。

全体的に似ているラティアスラティアスと比較すると種族値は
ラティオスラティオス』80-90-80-130-110-110
ラティアスラティアス』80-80-90-110-130-110
と『ラティオスラティオス』は攻撃よりの配分になっている。
Cを削って耐久に振りたい際には『ラティアスラティアス』に軍配が上がる場合が多い。

同じくCSが高く技の一貫性が高いハバタクカミハバタクカミとではタイプもそうだが瞬間火力が大きく違い
H252ガチグマ(アカツキ)ガチグマ(アカツキ)に対して、C全振り眼鏡持ちの同条件で
ラティオスラティオス流星群→ (106.9 ~ 126.0%) 確定1発
ハバタクカミハバタクカミムンフォ→ (80.5 ~ 94.6%) 確定2発
眼鏡ムンフォ耐え程度の耐久であれば、眼鏡流星群で確定で落とせるほどである。

持ち物

こだわりメガネ
コンセプトのため確定。
覚える技やサイクル戦との相性がよく、ラティオスラティオスといったらこの持ち物と言っても過言ではない。
いのちのたまでは火力が足りない場合もあるため代用は不可。

特性

ふゆう
これしかないため確定。
テラスタルと相性が良く、どくびし無効のほか、地面の一貫を切れるのが優秀である。

性格・努力値と調整

性格 おくびょう
努力値 0-0-4-252-0-252
実数値 155-99-101-182-130-178

同族(オーガポンオーガポンテツノドクガテツノドクガなど)や100~109族近辺を意識して最速確定。
同族ミラーの際にはなるべくテラスや裏のポケモンで対処したいが、
耐久やCの補正をかけるより、同族に五分以上で先手を取れるため最速としたい。
火力も最大まで欲しいためCに全振り。

  • 残りの努力値の余談

余りはどこに振ってもさほど変わらないが、
A特化カイリューカイリューテラス鉢巻神速の乱数が1つズレたためBに4とした。
B無振り→ (89.1 ~ 105.2%) 乱数1発 : 31.25%
B4振り→ (87.8 ~ 104.6%) 乱数1発 : 25%

ちなみにDに4振るとC252ハバタクカミハバタクカミからのムンフォが、
確定落ちから高乱数落ちとなる。Cを削っている場合はより耐える確率が高くなる。

技構成

  • メインウェポン2つ+トリック+補助技やサブウェポンから1つ がオススメ

トリックを抜いてフルアタ構成もあり

りゅうせいぐん
タイプ一致高火力のメインウェポン。
並の等倍ポケモンであれば落とすことができ、これ無しでは眼鏡の強さを引き出せないため確定。
ラスターパージ
こちらも高性能のメインウェポン。
威力が高いことに加えて5割のDダウンにより、再生連打しないと受けられないようなポケモンは高確率で突破できる。
  • 以下から選択
トリック
拘り持ちであれば是非とも採用したい技。
受けに来るポケモンに対してサーフゴーサーフゴー以外には基本的に刺さる。
相手に眼鏡を渡して倒させることで裏の積みの起点にすることも可能。
序盤で安易に打つと、自慢の火力をイマイチ出せなくなるため使い所に注意。
クイックターン
新規習得した対面操作技。
相手のテラスや交代を見てから交代できるが、相手の強気な居座りや不意のスカーフ持ちに弱い。
採用しない場合はA個体値0を推奨。
テラバースト
マジカルフレイムが没収され、技範囲を広げるために採用。
打つならほのおタイプが有力。次点ではがねタイプ

他にも10まんボルトなみのりはどうだんといったサブウェポンがあるが、
メイン技が等倍で入るならば十分で、一部のポケモンピンポイントで対策するなら検討の余地がある。
特になみのりは無効化されづらく一貫性が高い技である。

補助技もじこさいせいめいそうおきみやげ両壁と豊富であるが、
眼鏡型だと技スペースが足りず、本論での説明は割愛する。

  • 選択肢は何の技を採用すべきか

確定欄4つの技採用だと範囲が狭くなり、主にはがねタイプには基本的に技が通りづらい。
さらにドラゴンタイプエスパータイプ技は共に無効タイプがあるため無効タイプの受け出しや不意のテラスに弱い。

ただ、はがねタイプであっても眼鏡流星群の削りは凄まじく、何度も受け切れるものではない。
加えて高速再生技のあるサーフゴーサーフゴーアーマーガアアーマーガアでもサイクルの回し方で崩すことは容易である。

クイックターンを採用することで、相手のはがねタイプの受け出しに対してこちらのほのおタイプなどを対面させることで崩しを狙いやすくなる。

一方、ほのおタイプテラバーストは呼ぶ相手に広く刺さり、相手のサイクルを早く崩すことが可能である。
しかしながらテラスを切る前提かつトリック前では技を拘ってしまう。
眼鏡ほのおタイプテラバーストはドラゴンタイプ勢のカイリューカイリュートドロクツキトドロクツキガブリアスガブリアスや水ウーラオス(れんげき)ウーラオス(れんげき)に起点にされやすく、
その切り返しができないとテラバーストで倒したあと、相手の展開され押し切られる可能性がある。
(もちろん流星群やラスターパージも起点にされることはあるが、こちらのテラスの有無と相手へのテラスの誘発性が大きいと考えている)

つまるところ何の技を採用するべきかは自分のパーティとの兼ね合いにより、
ラティオスラティオスと自分の裏で、相手を崩していきたいなら:クイックターン
ラティオスラティオスで相手を崩し、相手の裏を他でカバーするなら:テラバースト
と考えている。

テラスタル

  • テラスはがねタイプ

元の弱点を多くカバーでき、特性ふゆうとも相性が良い。
テラバーストでハバタクカミハバタクカミキュウコン(アローラ)キュウコン(アローラ)ワンパンできる。

  • テラスほのおタイプ

はがねタイプ用にテラバースト打ちたい場合はこちら。

立ち回り例

刺さる相手が多い場合には初手出し、半減技読みや味方の対面操作によりラティオスラティオスを繰り出して負荷をかけに行く。
後述する苦手な相手にはテラスで切り返す。
もしくは裏に引いてサイクルを回し、再度ラティオスラティオスを出した際には
目の前と裏に通る高火力技りゅうせいぐんラスターパージ
受けポケモンにトリック
はがねタイプ読みでクイックターンテラバースト
を適宜選択して有利に立ち回りたい。

与ダメージ計算

確定数は重要そうなものだけ記載する。

りゅうせいぐん ※66%程入るならC時ダウン後の流星群で落とせる。

無振りカイリューカイリュー(マルスケあり) (101.3 ~ 119.3%) 確定1発
H244カイリューカイリュー(マルスケあり) (85.3 ~ 100.6%) 乱数1発 : 6.25%
H252サーフゴーサーフゴー (46.4 ~ 54.7%) 乱数2発 : 61.32%
H252メタグロスメタグロス (48.2 ~ 57.3%) 乱数2発 : 91.4%
H252オーガポン(かまど)オーガポン(かまど) (92.0 ~ 109.1%) 乱数1発 : 56.25%
H252チョッキガチグマ(アカツキ)ガチグマ(アカツキ) (71.4 ~ 84.6%) 確定2発
H252ディンルーディンルー (57.7 ~ 68.0%)
H244輝石ポリゴン2ポリゴン2 (61.3 ~ 72.3%)
H244D+252(191-161)輝石ポリゴン2ポリゴン2 (44.0 ~ 51.9%) 乱数2発 : 9.37%

C↓↓時

無振りガブリアスガブリアス (105.0 ~ 124.6%) 確定1発
無振りテツノツツミテツノツツミ (96.2 ~ 113.0%) 乱数1発 : 75%
無振りウーラオス(れんげき)ウーラオス(れんげき) (72.0 ~ 84.6%) 確定2発

ラスターパージ

H244カイリューカイリュー(マルスケなし) (62.5 ~ 73.7%) 確定2発
D特化キョジオーンキョジオーン (45.5 ~ 54.2%) 乱数2発 : 50.39%
無振りハバタクカミハバタクカミ (72.4 ~ 86.2%) 確定2発
無振りミミッキュミミッキュ (90.8 ~ 107.0%) 乱数1発 : 43.75%
H252キュウコン(アローラ)キュウコン(アローラ) (68.4 ~ 80.6%) 確定2発
H244輝石ポリゴン2ポリゴン2 (44.6 ~ 53.5%) 乱数2発 : 28.12%
H244D+252(191-161)輝石ポリゴン2ポリゴン2 (32.0 ~ 38.3%) 乱数3発 : 96.85%

ほのおタイプテラバースト

H252サーフゴーサーフゴー (114.5 ~ 136.1%) 確定1発
H252メタグロスメタグロス (119.8 ~ 142.3%) 確定1発
H252アーマーガアアーマーガア (115.2 ~ 135.7%) 確定1発
D特化アーマーガアアーマーガア (82.0 ~ 96.6%) 確定2発

はがねタイプテラバースト

H252ハバタクカミハバタクカミ (97.6 ~ 116.1%) 乱数1発 : 93.75%
H252キュウコン(アローラ)キュウコン(アローラ) (228.9 ~ 273.4%) 確定1発
H252サケブシッポサケブシッポ (83.8 ~ 98.2%) 確定2発

クイックターンに関してはダメージソースとしてないため割愛

被ダメージ計算

A特化カイリューカイリュー
神速 (40.0 ~ 47.1%) 確定3発
鋼テラス時:スケショ5回 (48.4 ~ 58.1%) 乱数2発 : 95.06%

C252ハバタクカミハバタクカミ
シャドボ (85.2 ~ 100.7%) 乱数1発 : 6.25%
ムンフォ (100.7 ~ 120.0%) 確定1発
眼鏡ムンフォ鋼テラス時: (37.5 ~ 44.6%)

A特化水ウーラオス(れんげき)ウーラオス(れんげき)
すいりゅうれんだ (40.7 ~ 48.4%) 確定3発
インファイト (43.3 ~ 51.0%) 乱数2発 : 3.9%
アイススピナー (77.5 ~ 91.7%) 確定2発
アクジェ (14.2 ~ 17.5%) →アイスピと合わせて瀕死率 : 51.17%

A特化オーガポン(かまど)オーガポン(かまど)
ツタこんぼう (40.7 ~ 48.4%) 確定3発
テラスツタこんぼう (81.3 ~ 96.2%) 確定2発
ウッドホーン (31.0 ~ 36.8%) 乱数3発 : 61.05%
じゃれつく (98.1 ~ 116.2%) 乱数1発 : 87.5%
〃鋼テラス時: (24.5 ~ 29.0%)
岩石封じ (33.0 ~ 39.4%)
電光石火 (22.0 ~ 26.5%)

C特化ガチグマ(アカツキ)ガチグマ(アカツキ)
ブラム (81.3 ~ 95.5%) 確定2発
しんくうは (7.7 ~ 9.0%)→ブラムと合わせて瀕死率 : 30.85%
鋼テラス時:しんくうは (31.0 ~ 37.5%) 乱数3発 : 70.94%

C252ラティオスラティオス
鋼テラス時:眼鏡流星群 (49.7 ~ 58.8%) 乱数2発 : 99.6%
眼鏡ラスターパージ (36.2 ~ 42.6%) 確定3発

不一致イカサマモロバレルモロバレルポリゴン2ポリゴン2
A個体値31: (45.2 ~ 54.2%) 乱数2発 : 39.84%
A個体値0: (40.0 ~ 47.8%) 確定3発 確定数に影響

一致イカサマブラッキーブラッキーチオンジェンチオンジェン
A個体値31: (67.1 ~ 81.3%) 確定2発
A個体値0: (59.4 ~ 71.0%) 確定2発

苦手なポケモン

はがねタイプフェアリータイプあくタイプタイプを含むポケモン:ハバタクカミハバタクカミサーフゴーサーフゴーディンルーディンルーハッサムハッサムメタグロスメタグロスなど
メイン技が半減・無効化されやすい。
選出時や技選択時には気をつけ、テラスはがねタイプフェアリータイプは環境に多く、相手が切ってきそうな場合は注意。
ラティオスラティオスより早く弱点をついてくるポケモン:パオジアンパオジアンハバタクカミハバタクカミトドロクツキトドロクツキマスカーニャマスカーニャなど
単純に上から縛られているため厳しく、テラスで1ターンを確保することも可能であるが
相手の襷、身代わり、テラス読みなど含めると不利であることには変わりない。

ラティオスラティオスと裏のポケモンに対してはたきおとすが一貫しやすいため気をつけたい。

相性のよい味方・構築例

対面操作持ちクッションポケモン
はがねタイプ複合『ハッサムハッサム』『ジバコイルジバコイル』『エンペルトエンペルト』など
タイプの補完が良く、苦手なじめんタイプかくとうタイプほのおタイプ全てにラティオスラティオスが耐性を持っている。
みずタイプ複合『ママンボウママンボウ』『ウォッシュロトムウォッシュロトム』『ラグラージラグラージ』など
弱点のでんきタイプくさタイプラティオスラティオスが強い。
ラティオスラティオスはがねタイプになったあとも、ほのおタイプ相手に強い。
あくタイプ複合『ガオガエンガオガエン』など
ゴーストタイプあくタイプに耐性があり、場を整えてラティオスラティオスを再降臨できる。
一旦ラティオスラティオスから引いて拘り解除し、対面操作技(とんぼ返り・ボルチェン・クイタン)からラティオスラティオスの着地が狙える。
ラティオスラティオスに対してあくタイプゴーストタイプが一貫しやすく強化アイテム持ちのパオジアンパオジアンハバタクカミハバタクカミは特に厳しい。
相手から安易にあくタイプゴーストタイプ打たせづらい構築や選出、ラティオスラティオスと対面させない立ち回りも必要。
高耐久ポケモン
ガチグマ(アカツキ)ガチグマ(アカツキ)』『ディンルーディンルー』『キョジオーンキョジオーン』『ポリゴン2ポリゴン2』『ドドゲザンドドゲザン』など
一貫しやすいあくタイプゴーストタイプに耐性があると良い。
それぞれあくびやステロ、電磁波などでラティオスラティオスのサポートもできる。
ほのおタイプはがねタイプどくタイプ打点のポケモン
テツノドクガテツノドクガ』『オーガポン(かまど)オーガポン(かまど)』『ヒードランヒードラン』など
ラティオスラティオスの苦手なはがねタイプフェアリータイプに強く攻めの相性が良い。
苦手なじめんタイプにもラティオスラティオスの浮遊が強いのもポイント。

以上

終わりに

いかがでしたでしょうか。
書いているうちに予定よりは長くなってしまいましたが眼鏡ラティの基本を詰め込んだつもりです。
来シーズンからの活躍が楽しみですね。

冒頭でも書いたように評価や質問の他、考察不足や認識違いなどありましたらコメントを頂けると大変ありがたいです。
それでは。

更新履歴
23.12.28 技構成,苦手なポケモン,相性のよい味方・構築例を追記修正
24.1.11 技構成,相性のよい味方・構築例を追記修正

投稿日時 : 

最終更新日時 : 2024/01/23 13:52

ラティオスの他の育成論を探す (3件) >>

こちらもオススメ
ラティオス《みがわり&瞑想》積みアタッカーラティオス『全力でお兄ちゃんを遂行する!!!』
おくびょう / ふゆう / たべのこし
HP:44 / 防御:4 / 特攻:252 / 特防:52 / 素早:156
ラスターパージ / はどうだん / みがわり / めいそう
テツノドクガHCSこだわりメガネ
おくびょう / クォークチャージ / こだわりメガネ
HP:108 / 防御:76 / 特攻:164 / 特防:4 / 素早:156
オーバーヒート / ほのおのまい / ヘドロウェーブ / エナジーボール
ハバタクカミ【レギュE用調整】眼鏡ハバタクカミ
おくびょう / こだいかっせい / こだわりメガネ
HP:36 / 防御:180 / 特攻:156 / 特防:4 / 素早:132
ムーンフォース / シャドーボール / パワージェム / ほろびのうた
投稿者の前後の育成論

スポンサーリンク

コメント (9件)

  • ページ:
  • 1
23/12/28 07:23
1紅狐 (@Delphox_Mega)
投稿お疲れ様です。
相性のいい欄にハッサムがありますが、やつはもう無理です。
私も解禁されてから早速ウッキウキで使いましたが、ハッサムは基本耐性が優秀なだけで耐久値自体は低いです。さらにラティのクッションとして使用するとなると悪技や霊技がバコバコ飛んできて普通に死にます。そしてクイタンは貴重なハッサムのHPを相手に一切の負担をかけないままに削られる可能性が多く存在するゴミ技です。もちろん有用に働く場面もあるでしょうが基本眼鏡C130のパワーを押し切った方が強いと感じます。それよりも不意をつく一撃を与えられる鋼テラバなんかの方が強いです。
ママンボウとドクガは知りませんが、ハッサムは無理です。圧倒的に過去の産物です。
23/12/28 09:31
2のり (@nori_game_pk)
>1
コメント及び指摘ありがとうございます。
仰る通り現在は悪やゴーストで高打点を放つポケモンが多く、特にパオカミは非常にきついです。
かといって鉢巻眼鏡+交代読み悪ゴースト技までを考えると後出しが効くポケモンは極一部しか存在しません。
今のデータでは、パオは襷が半数以上で鉢巻は13%程度、カミも眼鏡は20%程度のそこまで数が多くなく(もちろん無視できる訳ではないですが)、ある程度はハッサムで誤魔化せるとは思ってます。(一番安定となりやすい氷柱やムンフォには後出しは効くため)
鋼テラバもありだとは思いますが、パオは襷で耐えられ、鉢巻噛み砕くには等倍で落とされ安定は難しいと思ってます。
ハバカミはブーストが見えたら(身代わりステラテラバとかもいるので)ハッサム引き、ブーストでなければ眼鏡と断定して鋼テラバで対応はできそうです。
ツキやマスカと対面して叩きを打たれるだけでも超アド損なので、初手には対面しない選出は必須だと思ってます。
ラティオス自体が低速相手に負担をかけるのがセオリーので挙げたポケモンたちがいたら選出を渋りたくなるところですが見ない日もないので、選出や立ち回りでカバーするのは必要でその中でもハッサムはある程度適任という印象です。
ポリ2なんかもゴースト無効かつ高耐久のため良さそうですが、いたるところから飛んでくる叩きが非常にきつい印象ですね。
取り巻き欄はポケモン毎というより、攻めや受けの補完の要素毎に取り上げようと思います。
クイタンは苦手ポケモンに挙げた相手には完全に腐る技ですが低速及びサイクルを回してくる相手には生かしやすく、そのため選択肢の1つとして記載しております。ゴミ技と決めて候補外にはできなく、テラバとどっちが有能かというと難しいところだと思います。
正直なところまだ環境が進んでないため、現段階では上記旨を追記し、ラティオスの動かし方や取り巻きの開発が進んできたら追記しようと思います。
改めてご意見ありがとうございました。
24/01/03 12:01
3ぴかちゅう
ドドゲザンも相性いいです。
24/01/03 19:45
4のり (@nori_game_pk)
>3
コメントありがとうございます。
鋼悪は耐性面が優秀で補完が取れてますね。

ガオガエンなんかも補完が取れていてサイクル回りやすいので、修正する際に追記しようと思います。
24/01/04 16:31
5ヌケニン最強!
これa0でなくて大丈夫ですかラティオスは悪弱点でイカサマは痛いと思いますが
24/01/04 19:56
6s
>6
クイックターン使わないならa0、使うならa31
育成論にもクイックターン使わないならa0推奨って書いてますよ。
投稿者様じゃないのに横からすみません。
24/01/04 20:36
7のり (@nori_game_pk)
>5
コメントありがとうございます。
A個体値に関してはイカサマや混乱を受ける場合より、クイタンを打つ機会の方が多いと思いA31としてます。理由として
・ラティを選出した場合は常にクイタンを打つ選択肢が生まれる
・基本的に相手パーティのイカサマ持ちは1体居るか居ないかである
・仮にイカサマ持ちが居ても選出されるか確定ではなく、選出されてもイカサマを受けない場合もある
・混乱が発生する試合も同様で、自傷ダメージはさほど大きくない

なおクイタン非採用時はA0推奨なのとイカサマのダメージ計算は論内に記載してます。
イカサマでの確定数は不一致の場合に乱数が絡んできます。
最終的に採用する個体は論内の記述を参考に、自分で考察して決めて貰えればと思ってます。

>6
とんでもないです。
コメント、補足ありがとうございました。
24/01/15 23:02
8た (@ta157625)
55555
投稿お疲れ様です。
被ダメ計算のところにオーガポンのじゃれつくも追記した方がいいのではないでしょうか?
(割とメジャーなので)
ちなみに
A特化じゃれつく(98.1~116.2%)乱数一発:87.5%
鋼テラス時 (24.5~29.0%)乱数四発目:99.58%
相手のみテラス時(147.1~174.2%)確定一発
両者テラス時(36.8~43.3%)確定三発
でした。(おせっかいですみません🙏)
それ以外はラティオスの魅力が詰まったとても良い育成論だと思いました!
24/01/16 13:54
9のり (@nori_game_pk)
>8
コメント、評価ありがとうございます。
オーガポンは採用率からしてもダメ計は入れといた方が良さそうですね。
他にも必要そうなものを考えて後日修正いたします。
  • ページ:
  • 1

削除キー:


コメントを投稿

補足やアドバイス、間違いの指摘などにお使いください(半角5000文字まで)。育成論に直接関係のないコメントは書き込まないでください(育成論を求めてこのページを訪れた第三者のユーザーに関係のない書き込みすべてが削除対象です)。また、育成論の削除を強要することは運営ポリシー違反であり運営妨害です。削除が必要かどうかは管理者が判断しますので、管理者に直接ご連絡ください。

※評価はポケ徹サービスにログインする必要があります。

名前: 

本文:

削除キーは自分でコメントを削除する際に必要になります。

削除キー:


この育成論のフォークを投稿する >>

修正・削除(投稿者用)

この育成論を修正あるいは削除する場合は、管理用パスワードを入力して「修正・削除」ボタンをクリックしてください。