ディアルガ- ポケモン育成論SV

【レギュG】【複数調整案あり】【眼鏡系神】

2024/04/08 18:51 / 更新:2024/04/08 21:13

ディアルガ

HP:HP 100

攻撃:攻撃 120

防御:防御 120

特攻:特攻 150

特防:特防 100

素早:素早 90

ツイート5.005.005.005.005.005.005.005.005.005.00閲覧:2125登録:2件評価:5.00(1人)

ディアルガ  はがね ドラゴン  【 ポケモン図鑑 】

性格
ひかえめ(特攻 攻撃)
特性
プレッシャー
努力値配分(努力値とは?)
HP:252 / 防御:132 / 特攻:124
個体値:31-0-31-31-31-31
実数値:207-112-157-204-120-110 (素早さ比較)
覚えさせる技
りゅうせいぐん / ラスターカノン / オーバーヒート / トリック
持ち物
こだわりメガネ
テラスタイプ
ほのお

スポンサーリンク


ルール
シングルバトル
このポケモンの役割
特殊アタッカー
登録タグ

考察

挨拶

こんばんは。3回目の投稿となります。まかろにです。今回は眼鏡ディアルガディアルガです。

タイトルの「メガネ系神」ですが、たまにある眼鏡女子みたいにディアルガディアルガが眼鏡かけてたらかわいいかなって思いました

はじめに

本育成論ではHABCDS等の略称や種族値や個体値等の非公式用語を用います。
ダメ計はGame8を使用しています。

コンセプトと役割

そこそこ硬い一部の禁伝ポケモンを眼鏡の火力で潰す役割です。

持ち物

こだわりメガネ

本育成論のコンセプトなので眼鏡で確定です。

特性

プレッシャー

シングルバトルで使える特性がプレッシャーしかないのでプレッシャーで確定です。

性格・努力値と調整

調整案1
控えめH252B4C252
実数値H207A-B141C222D120S110
普通に耐久調整をせずにHCぶっぱの高火力で攻める振り方です。
環境に多い水ウーラオス(れんげき)ウーラオス(れんげき)とレギュGで流行るであろうザシアン(王)ザシアン(王)インファイトを耐えきれないので個人的には下記の調整案2をおすすめします。
調整案2
控えめH252B132C124
実数値H207A-B157C204D120S110
HPぶっぱしつつ陽気Aぶっぱザシアン(王)ザシアン(王)ふとうのけん込のインファイトを耐えれる調整です。
HPぶっぱにすることによって相対的に特殊方面も受けることができ、ガチグマ(アカツキ)ガチグマ(アカツキ)だいちのちからを確定耐えできるので汎用性が高めです。
Cがハバタクカミハバタクカミの臆病Cぶっぱとほぼ同じC実数値になるので眼鏡ハバタクカミハバタクカミと火力がほとんど変わりません。
調整案3
控えめH172B196C140
実数値H197A-B165C206D120S110
陽気Aぶっぱザシアン(王)ザシアン(王)ふとうのけん込のインファイトを少ない努力値振りで耐える調整です。
調整案2よりもCが若干上がりますが、特殊方面の耐久が弱くなり、ガチグマ(アカツキ)ガチグマ(アカツキ)だいちのちからが乱数1発になってしまいます。

技構成

  • 確定枠

トリック

持ち物のデメリットを相手に押し付けるのに使います。

相手が起点作成のオーロンゲオーロンゲや受けループのドヒドイデドヒドイデポリゴン2ポリゴン2等のポケモンを出して来た時に使いましょう。

りゅうせいぐん

タイプ一致高火力のメインウェポンです。
1回打つと特攻が下がるので1回打ったら必ず交換しましょう

ラスターカノン

こちらもタイプ一致のメインウェポンです。

流星群と違い打ち続けられるのが強いです。

  • 選択枠

ディアルガディアルガ自体攻撃技の範囲が広いので、特にレギュGで使えそうな技を抜粋しました。

オーバーヒート

個人的には弱点突ける範囲が広く、晴れパとも相性が良いのでサブウェポン枠では1番おすすめです。

流星群と同じく特攻が下がるデメリットがあるので、打ったら必ず交換しましょう

飛行テラバースト

ディアルガディアルガの弱点である格闘と飛行を半減以下にし、今のレギュFでも多いですがレギュGでもよくいるであろう水ウーラオス(れんげき)ウーラオス(れんげき)オーガポン(かまど)オーガポン(かまど)にも弱点を突けるのでおすすめです。

れいとうビーム

弱点を突ける範囲が広いですが、メインウェポンの竜鋼技を採用している場合、鋼ポケモンのハッサムハッサムサーフゴーサーフゴー等に何も出来なくなるので裏に炎アタッカーを入れていない場合はあまり採用しない方がいいかなと思います。

だいちのちから

弱点を突ける範囲が広く、レギュGで流行るであろうザシアン(王)ザシアン(王)ネクロズマ(日食)ネクロズマ(日食)にも弱点突けるのでおすすめです。

テラスタル

炎タイプ

サブウェポンのオーバーヒートの火力底上げに。
地面弱点の一貫に注意

飛行タイプ

相性補完かつ飛行テラバースト媒体に。

ドラゴンタイプ

流星群の火力底上げに

素早さについて

この型のディアルガディアルガは、素早さが無振りなので環境に多いポケモンの先手を取れることはほとんど無いと思ってください。
相手が素早さ無振りのガチグマ(アカツキ)ガチグマ(アカツキ)ディンルーディンルー等の鈍足ポケモンでない限りは、後手行動になってしまう事を前提に立ち回りましょう。

立ち回り例

抑えておくべき注意点をいくつか抜粋しました。

  • 流星群やオバヒを打った後

流星群やオバヒを採用する場合、サイクル戦に持ち込まないと真価を発揮できないのでサイクル戦は必須となります。

相手のポケモンを倒しても倒していなくても、特攻が下がっていて、相手より素早さが低いとなればディアルガディアルガが倒されてしまう可能性が高いので、必ずクレセリアクレセリアママンボウママンボウ等のディアルガディアルガの相性補完またはクッションにできるかつ回復ができるポケモンに交換しましょう。

  • トリックを使うタイミング

相手がディンルーディンルーラグラージラグラージ辺りの攻撃が高めの起点作成型、ポリゴン2ポリゴン2の受けループ、ハッサムハッサムのような物理アタッカー等のディアルガディアルガでは倒しにくい相手に使いましょう。

トリックが刺さりそうな対面でも、ブリジュラスブリジュラスガチグマ(アカツキ)ガチグマ(アカツキ)のような特攻が高いポケモンには、眼鏡によって特攻が上がってしまうので、相手の方が有利になってしまう場合があります。

カジュアルで何回か試運転しましたが、最近は使うタイミングが無くなってきたように感じます。

与ダメージ計算

  • 調整案1の場合

流星群

H252マルスケカイリューカイリュー
204 ~ 240 (103 ~ 121.2%) 確定1発
テラスノーマルの場合
102 ~ 120 (51.5 ~ 60.6%) 確定2発

D4ミライドンミライドン
360 ~ 426 (205.7 ~ 243.4%) 確定1発
テラス電気の場合
180 ~ 213 (102.8 ~ 121.7%) 確定1発

無振カイオーガカイオーガ
153 ~ 181 (87.4 ~ 103.4%) 乱数1発 (25%)

ラスカ

H4ハバタクカミハバタクカミ
194 ~ 230 (148 ~ 175.5%) 確定1発

無振ザシアン(王)ザシアン(王)
111 ~ 132 (66.4 ~ 79%) 確定2発

※不一致サブウェポン枠はテラスタル前提でダメ計をします。
テラスタル込で最低で100以下ダメージが入る相手はテラスタルしないと1発で倒せないと思ってください

オバヒ

無振ザシアン(王)ザシアン(王)
362 ~ 428 (216.7 ~ 256.2%) 確定1発
テラスフェアリーの場合
181 ~ 214 (108.3 ~ 128.1%) 確定1発

H252チョッキガチグマ(アカツキ)ガチグマ(アカツキ)
192 ~ 226 (87.2 ~ 102.7%) 乱数1発 (18.8%)

れいビ

H252マルスケカイリューカイリュー
282 ~ 332 (142.4 ~ 167.6%) 確定1発

H252ディンルーディンルー
254 ~ 300 (96.9 ~ 114.5%) 乱数1発 (81.3%)

D4ミライドンミライドン
248 ~ 294 (141.7 ~ 168%) 確定1発

だいち

H252ディアルガディアルガ
282 ~ 332 (136.2 ~ 160.3%) 確定1発

無振ネクロズマ(日食)ネクロズマ(日食)
264 ~ 312 (153.4 ~ 181.3%) 確定1発

テラバ飛行

無振コライドンコライドン
252 ~ 296 (144 ~ 169.1%) 確定1発

無振ウーラオス(れんげき)ウーラオス(れんげき)
374 ~ 444 (213.7 ~ 253.7%) 確定1発

無振オーガポン(かまど)オーガポン(かまど)
260 ~ 308 (167.7 ~ 198.7%) 確定1発
テラスタルの場合
130 ~ 154 (83.8 ~ 99.3%) 確定2発

  • 調整案2の場合

流星群

H252マルスケカイリューカイリュー
186 ~ 220 (93.9 ~ 111.1%) 乱数1発 (68.8%)

D4ミライドンミライドン
330 ~ 390 (188.5 ~ 222.8%) 確定1発
テラス電気の場合
165 ~ 195 (94.2 ~ 111.4%) 乱数1発 (68.8%)

無振カイオーガカイオーガ
141 ~ 166 (80.5 ~ 94.8%) 確定2発

ラスカ

H4ハバタクカミハバタクカミ
180 ~ 212 (137.4 ~ 161.8%) 確定1発

無振ザシアン(王)ザシアン(王)
102 ~ 121 (61 ~ 72.4%) 確定2発

オバヒ

無振ザシアン(王)ザシアン(王)
332 ~ 392 (198.8 ~ 234.7%) 確定1発
テラスフェアリーの場合
166 ~ 196 (99.4 ~ 117.3%) 乱数1発 (93.8%)

H252チョッキガチグマ(アカツキ)ガチグマ(アカツキ)
177 ~ 208 (80.4 ~ 94.5%) 確定2発

れいビ

H252マルスケカイリューカイリュー
258 ~ 306 (130.3 ~ 154.5%) 確定1発

H252ディンルーディンルー
234 ~ 276 (89.3 ~ 105.3%) 乱数1発 (31.3%)

D4ミライドンミライドン
230 ~ 272 (131.4 ~ 155.4%) 確定1発

だいち

無振ネクロズマ(日食)ネクロズマ(日食)
240 ~ 284 (139.5 ~ 165.1%) 確定1発

H252ディアルガディアルガ
258 ~ 306 (124.6 ~ 147.8%) 確定1発

テラバ飛行

無振コライドンコライドン
230 ~ 272 (131.4 ~ 155.4%) 確定1発

無振ウーラオス(れんげき)ウーラオス(れんげき)
344 ~ 408 (196.5 ~ 233.1%) 確定1発

無振オーガポン(かまど)オーガポン(かまど)
236 ~ 282 (152.2 ~ 181.9%) 確定1発
テラスタルの場合
118 ~ 141 (76.1 ~ 90.9%) 確定2発

被ダメージ計算

被ダメはディアルガディアルガの非テラスを前提で計算しています。

  • 調整案1の場合

臆病C252ハバタクカミハバタクカミムーンフォース
84 ~ 100 (40.5 ~ 48.3%) 確定3発
テラスフェアリーの場合
112 ~ 134 (54.1 ~ 64.7%) 確定2発

1舞A特化カイリューカイリューじしん
166 ~ 196 (80.1 ~ 94.6%) 確定2発

A特化ウーラオス(れんげき)ウーラオス(れんげき)インファイト
194 ~ 230 (93.7 ~ 111.1%) 乱数1発 (62.5%)

C特化ガチグマ(アカツキ)ガチグマ(アカツキ)だいちのちから
174 ~ 206 (84 ~ 99.5%) 確定2発

C特化バドレックス(こくば)バドレックス(こくば)アストラルビット
135 ~ 159 (65.2 ~ 76.8%) 確定2発

陽気A252振りふとうのけんザシアン(王)ザシアン(王)インファイト
196 ~ 232 (94.6 ~ 112%) 乱数1発 (68.8%)

A特化コライドンコライドンアクセルブレイク
288 ~ 338 (139.1 ~ 163.2%) 確定1発

  • 調整案2の場合

1舞A特化カイリューカイリューじしん
146 ~ 174 (70.5 ~ 84%) 確定2発

A特化ウーラオス(れんげき)ウーラオス(れんげき)インファイト
174 ~ 206 (84 ~ 99.5%) 確定2発

陽気A252振りふとうのけんザシアン(王)ザシアン(王)インファイト
174 ~ 206 (84 ~ 99.5%) 確定2発

A特化コライドンコライドンアクセルブレイク
254 ~ 302 (122.7 ~ 145.8%) 確定1発

  • 調整案3の場合

臆病C252ハバタクカミハバタクカミムーンフォース
84 ~ 100 (42.6 ~ 50.7%) 乱数2発 (2.3%)
テラスフェアリーの場合
112 ~ 134 (56.8 ~ 68%) 確定2発

1舞A特化カイリューカイリューじしん
140 ~ 166 (71 ~ 84.2%) 確定2発

A特化ウーラオス(れんげき)ウーラオス(れんげき)インファイト
168 ~ 198 (85.2 ~ 100.5%) 乱数1発 (6.3%)

C特化ガチグマ(アカツキ)ガチグマ(アカツキ)だいちのちから
174 ~ 206 (88.3 ~ 104.5%) 乱数1発 (31.3%)

C特化バドレックス(こくば)バドレックス(こくば)アストラルビット
135 ~ 159 (68.5 ~ 80.7%) 確定2発

陽気A252振りふとうのけんザシアン(王)ザシアン(王)インファイト
166 ~ 196 (84.2 ~ 99.4%) 確定2発

A特化コライドンコライドンアクセルブレイク
242 ~ 288 (122.8 ~ 146.1%) 確定1発

苦手なポケモン

ポケモンの火力のインフレが進んだ今、苦手なポケモンは多いのですが、レギュGで流行りそうなポケモンの中で苦手な相手を抜粋しました。

コライドンコライドン
被ダメ計算でも見たように、コライドンコライドンは非テラスでどれだけHPと防御に努力値を振ってもアクセルブレイクを耐えることが出来ないので、コライドンコライドンが来たら絶対テラスタルを切るか、交換しましょう。

ザシアン(王)ザシアン(王)
A特化ザシアン(王)ザシアン(王)インファイトは努力値をほぼHBに特化しないと耐えれませんでした。この型ではそこまで火力を削ぎ落としたく無かったので陽気Aぶっぱで妥協しました。
レギュGのザシアン(王)ザシアン(王)は陽気が流行りそうなイメージですがどうでしょうか……

相性の良い味方・構築例

眼鏡ディアルガディアルガの交換先として、1番の理想は相性補完とクッションの役割がこなせて、回復ができることです。この条件に該当するのが
ラティアスラティアスクレセリアクレセリアラブトロス(霊獣)ラブトロス(霊獣)
辺りしかいませんが、相性補完の面を妥協するなら
ママンボウママンボウシャワーズシャワーズ
等も視野に入ってきます。

特防が高いカイオーガカイオーガのようなポケモンは特殊アタッカーのディアルガディアルガでは倒しにくいので、カイリューカイリューや水ウーラオス(れんげき)ウーラオス(れんげき)等の物理アタッカーもいると良いと思います。
僕はカイリューカイリューが嫌いなので採用しませんが

おわりに

ここからの文は育成論とは関係ないので読まなくても構いません。

いかがでしたか?今回はディアルガディアルガの高い耐久を活かして眼鏡アタッカーの育成論を投稿させて頂きました。
僕は禁止伝説の中でディアルガディアルガが1番好きで、初めて遊んだポケモンの作品がダイヤモンドなので個人的に思い入れも深いポケモンです。
最近のポケモンは火力や素早さのインフレが進んでしまってディアルガディアルガが活躍しづらい状況になってしまってちょっと悲しいですね…
ゲーフリさん、ディアルガディアルガに特性をもう1つください…できれば加速浮遊竜の顎鋼使い黒の嘶きハドロンエンジン…

ディアルガディアルガは素早さが遅いという難点がありますが、来月からの新環境レギュGで刺さると思うので使ってみてください。

以上、パスタでした。

投稿日時 : 

最終更新日時 : 2024/04/08 21:13

ディアルガの他の育成論を探す (4件) >>

こちらもオススメ
ディアルガ【テラレイド】ディアルガはこう使え!テラレイド用“物理”鋼アタッカーのススメ
いじっぱり / テレパシー / かいがらのすず
攻撃:252 / 防御:184 / 素早:72
ヘビーボンバー / ビルドアップ / みがわり / ワイドブレイカー
テツノドクガHCSこだわりメガネ
おくびょう / クォークチャージ / こだわりメガネ
HP:108 / 防御:76 / 特攻:164 / 特防:4 / 素早:156
オーバーヒート / ほのおのまい / ヘドロウェーブ / エナジーボール
ハバタクカミ【レギュE用調整】眼鏡ハバタクカミ
おくびょう / こだいかっせい / こだわりメガネ
HP:36 / 防御:180 / 特攻:156 / 特防:4 / 素早:132
ムーンフォース / シャドーボール / パワージェム / ほろびのうた
投稿者の前後の育成論

スポンサーリンク

コメント (0件)

コメントを投稿

補足やアドバイス、間違いの指摘などにお使いください(半角5000文字まで)。育成論に直接関係のないコメントは書き込まないでください(育成論を求めてこのページを訪れた第三者のユーザーに関係のない書き込みすべてが削除対象です)。また、育成論の削除を強要することは運営ポリシー違反であり運営妨害です。削除が必要かどうかは管理者が判断しますので、管理者に直接ご連絡ください。

※評価はポケ徹サービスにログインする必要があります。

名前: 

本文:

削除キーは自分でコメントを削除する際に必要になります。

削除キー:


この育成論のフォークを投稿する >>

修正・削除(投稿者用)

この育成論を修正あるいは削除する場合は、管理用パスワードを入力して「修正・削除」ボタンをクリックしてください。