ポケモンパーティ構築(シングル)

S19最終435位 グラスフィールド毒菱ルギア

2024/07/02 08:27 / 更新:2024/07/02 13:51

★★★★★ loadingいいね! 閲覧数:1883  いいね:4

投稿者:(@G67bW)

ポケモンSV / シングル / シーズン19 / 最終435位

レンタルチーム有

最終3桁を達成できたので記事を残します。
黒バドに弱い欠陥構築なので,参考程度に見てもらえると幸いです。
記事中に他の技,ポケモンと比較していることがありますが,実際に試していないものもあるのでご了承ください。

レンタル

X8FFK0

構築経緯

前期使用した構築キラフロルキラフロルルギアルギアディンルーディンルーテツノツツミテツノツツミヘイラッシャヘイラッシャヌメルゴン(ヒスイ)ヌメルゴン(ヒスイ)の使用感が良かったため,今期もこれをベースに構築を組もうと思った。
前期の構築で特に使用感が良かったキラフロルキラフロルルギアルギアディンルーディンルーヘイラッシャヘイラッシャはそのまま続投。
前期終盤の時点で微妙だと感じていたヌメルゴンヌメルゴン(ヒスイ)ヌメルゴン(ヒスイ)は外した。
前期コライドンコライドンコライドン入りなどに出していたみがまもツツミテツノツツミテツノツツミも,対面寄りになって安定感が薄れたのと,鋼テラススケショコライが重かったため,コライにはラッシャヘイラッシャヘイラッシャで対応することにし,構築から外した。
代わりに苦手な黒バドバドレックス(こくば)バドレックス(こくば)入りに抗うゴリランダーゴリランダーゴリランダーと,ルギアルギアルギアを通しづらいホウオウホウオウホウオウ入りに強い水ウーラオスウーラオス(れんげき)ウーラオス(れんげき)を採用し,構築が完成した。

スポンサーリンク

使用ポケモン

調整意図

H 16n
S S+1ガチグマガチグマガチグマ抜き
C なるべく高く,無振り黒バドバドレックス(こくば)バドレックス(こくば)への乱数が変わるライン
B 毒テラス時,グライオングライオングライオンの地震をマルスケ+グラスフィールドで1/8
  その後,フィールド+残飯の回復でマルスケ復活
HBも以前試したが,上手く扱えなかったので自分的に使いやすいHSベース。

詳細

構築の軸。
毒菱込みでの対応範囲が広く,特殊相手にはめっぽう強い。
ハバタクカミハバタクカミミライドンミライドンガチグマ(アカツキ)ガチグマ(アカツキ)イーユイイーユイカイオーガカイオーガなどの高火力ポケモンに崩されるどころか瞑想の起点にできる。
持ち物はほとんどの試合で選出するため,様々な状況で一番強い残飯。
テラスタイプはキラフロルキラフロルキラフロルが毒タイプキラフロルキラフロルオオニューラオオニューラを誘うので,起点にできる毒テラス。
ただ,このテラスタイプのせいで軸のポケモンが黒バドバドレックス(こくば)バドレックス(こくば)に弱くなり,黒バド入りが苦手になっていたのでノーマルテラスにして他で毒を対策した方が強いかもしれない。
サイコノイズのおかげでみがまも連中バドレックス(こくば)バドレックス(こくば)バドレックス(はくば)バドレックス(はくば)グライオングライオンチオンジェンチオンジェンに強いため,ストレスフリーな戦いができるのも魅力。
努力値をSに多く回しているのはウーラオス(れんげき)ウーラオス(れんげき)オーガポンオーガポンイーユイイーユイガチグマガチグマなどを上からスイープできるのが便利だったり,ノイズ,瞑想,自己再生と上から打てると強い技を多く持っているから。
キラフロルキラフロルキラフロルやゴリランダーゴリランダーゴリランダーがS操作技を持っているため,そこともシナジーがある。
環境にいるハッサムハッサムハッサムは大体低火力だし,毒テラスを切ってもゴリラゴリランダーゴリランダーのフィールドで地震を軽減できるのでBに振っていなくても十分に物理相手に戦えると思った。
Cに多く回しているのはバドレックス(こくば)バドレックス(こくば)ウーラオス(れんげき)ウーラオス(れんげき)パオジアンパオジアンなどをエアロブラストで倒しやすくするため。
毒菱や瞑想込みで倒せる範囲が増えやすいのと,元が低火力な分,影響が大きいと感じる。

調整意図

ほぼCSぶっぱ
H ステロなどのダメージをグラスフィールド回復2回でタスキ復活

詳細

ルギアルギアルギアの相棒。
持ち物は毒菱を撒いてルギアルギアルギア+受け枠ゴリランダーゴリランダーヘイラッシャヘイラッシャディンルーディンルーで受け回す動きが強いと思ったため,そこと相性がいいタスキ。
タスキだが,耐久があるため相手の火力補正持ち物を判別できるのが強い。
周りが火力不足なので努力値やテラスタイプはなるべく火力がある型にした。
前期は地面技が大地の力だったが,環境の毒タイプキラフロルキラフロルオオニューラオオニューラとの対面の勝率が高い点と黒バドバドレックス(こくば)バドレックス(こくば)の起点になりづらい点を評価し,マッドショットに変更した。
この構築ではほぼ瀕死でも捨て駒としてなるべく残しておきたい。

調整意図

H 16n+1
A なるべく高く
HD 黒バドバドレックス(こくば)バドレックス(こくば)の+2アストラルビット大体耐え
S 相手のキラフロルキラフロルキラフロルの下からレッドカードを発動させるため,無振り

詳細

ミライドンミライドンミライドンと黒バドバドレックス(こくば)バドレックス(こくば)に対するクッション。
ルギアルギアルギアが毒テラスをきれば,テラパゴステラパゴステラパゴスのように自己再生をせずにフィールド+残飯でマルスケを復活させることができる。
一見テラパゴステラパゴステラパゴスやルナアーラルナアーラルナアーラの劣化のような動きだが,その2体とは耐久,素早さで勝るのと,飛行+毒テラスでの毒耐性とサイコノイズでグライオングライオングライオンやドオードオードオーに強いことを踏まえると劣化とは言い難い。
そもそもゴリラゴリランダーゴリランダーを選出する対特殊伝説ミライドンミライドンバドレックス(こくば)バドレックス(こくば)戦ではほとんどルギアルギアルギアにテラスを切るのと,マルスケなしでもルギアルギアルギアが毎ターンHPが1/8回復している状況が強いのを考えると意外と実用性があると思った。
また,フィールドの回復が利敵になってしまう点も,毒ダメージやノイズの回復封じでカバーできる。
特殊伝説ミライドンミライドンバドレックス(こくば)バドレックス(こくば)の取り巻きの水ウーラオスウーラオス(れんげき)ウーラオス(れんげき)やディンルーディンルーディンルーにも強い点が優秀で,ゴリラで無理な相手カイリューカイリューハッサムハッサムアーマーガアアーマーガアにはキラフロルキラフロルキラフロルで毒菱を展開しに行くことで試合を有利に進めることができると思った。
しかし,黒バドバドレックス(こくば)バドレックス(こくば)の火力補正持ち物や霊テラス,ステラテラス,サイコショックで押し切られたり,ウーラオスウーラオス(れんげき)ウーラオス(れんげき)のアイススピナーorとんぼの択になったりと役割遂行が難しく,器用貧乏な性能だった。
ただし,ミライドンミライドンミライドン入りにはかなり強く出ることができた。
叩き落とすは鋼タイプが重いので10万馬力に変えてもいいと思う。

調整意図

HBぶっぱ
S トリル下で最遅白バドバドレックス(はくば)バドレックス(はくば)抜き

詳細

コライドンコライドンコライドンとザシアンザシアン(王)ザシアン(王)受け。
攻撃技は主に鋼テラスコライドンを意識してボディプレスを採用。
ゴツメラッシャヘイラッシャヘイラッシャは耐久がかなりギリギリなため,ウェーブタックルの反動でけずれるのは微妙だと感じた。
地割れは主に白バドレックスバドレックス(はくば)バドレックス(はくば)入りのドオードオードオーを流すために採用した。
テラスタイプはゴチルゼルゴチルゼルゴチルゼルに縛られない点とコライドンコライドンコライドンザシアンザシアン(王)ザシアン(王)両方にテラバなどを含めて弱点を突かれない点を評価し,霊テラス。
環境のコライドンコライドンコライドンはほとんどスケショか電気テラバ,ザシアンザシアン(王)ザシアン(王)もほとんど電気テラバだったように感じた(それ以外では選出されない?)が,電気テラスコライコライドンコライドンは毒テラスルギアルギアルギアに有効打がない場合が多く,電気テラバザシアンザシアン(王)ザシアン(王)は霊テラスで対応できるので困らなかった。
スケショコライコライドンコライドンも毒ダメやボディプレのダメージ,外しや回数の下振れなど結果論な場合も多いがそれでも勝率は高かった。
取り巻きにいる特殊崩し要因のハバタクカミハバタクカミガチグマ(アカツキ)ガチグマ(アカツキ)イーユイイーユイウネルミナモウネルミナモなどにルギアルギアルギアが強く,ゴチルゼルゴチルゼルゴチルゼルにも霊テラスがあるのが強かった。

調整意図

H 16n-1(ゴリラゴリランダーゴリランダーとはあまり一緒に出さない)
B 11n
D ぶっぱ
S 無振りカバカバルドンカバルドン抜き,ミラー意識

詳細

サイクル補助要因。
水ウーラオスウーラオス(れんげき)ウーラオス(れんげき)がきつく,前期より選出率が下がったが,それでも強く構築から外すことはできなかった。
主に複数回サイクルを回せて,毒菱を回収できるポケモンドオードオードヒドイデドヒドイデベトベトン(アローラ)ベトベトン(アローラ)ムゲンダイナムゲンダイナがいる構築か,極端に毒菱が効かないポケモンが多い構築に選出したいため,対サイクル性能を重視し,カタスではなく撒き菱を採用した。

調整意図

HB パオパオジアンパオジアンの電気テラバ大体耐え,ドオードオードオーの地震を身代わりが大体耐え
A 11n
S ミラー意識

詳細

第二のエース。
持ち物や技,テラスタイプなど,受け破壊に特化した型にした。
ルギアルギアルギアと攻めの補完が優秀で,ルギアルギアルギアを通しづらいホウオウホウオウホウオウや日食ネクロネクロズマ(日食)ネクロズマ(日食)入りに強く出ることができる。
パオジアンパオジアンパオジアンを牽制する狙いもあったのだが,ミライドンミライドンミライドンと組んでいると普通に選出されるし,ラッシャヘイラッシャヘイラッシャとウーラウーラオス(れんげき)ウーラオス(れんげき)の両方が電気テラバでメタれるため,選出圧力としては微妙だったと感じた。
ドヒドイデドヒドイデドヒドイデ入りは身代わりを見て毒菱→ディンルーディンルーホウオウホウオウで吹き飛ばしという勝ち筋を狙ってくるのでその交代に水流連打を合わせないといけないのが難しい。

戦術と解説

選出と立ち回り

選出 ゴリランダーゴリランダールギアルギアキラフロルキラフロルorウーラオス(れんげき)ウーラオス(れんげき)
基本的に初手ゴリラゴリランダーゴリランダーを出して,ゴリラ受けカイリューカイリューハッサムハッサムアーマーガアアーマーガアにはキラフロルキラフロルキラフロルをぶつけて毒菱を巻く。
中盤まではこれでそこそこ勝てたのだが,終盤は純粋に相手のプレイングスキルが高く,こちらにとって嫌な動きをされまくったのと,ゴリラゴリランダーゴリランダーのキャラパワーの低さが目立ち,あまり勝てなかった。
逆に黒バド以外には高い勝率を保てたため最終3桁を取れた。
アンコがないやどみが型だけはルギアルギアルギアが有利。

選出 キラフロルキラフロルルギアルギアゴリランダーゴリランダーorディンルーディンルー
ミライドンミライドンミライドンは毒菱もステロも撒き菱も効くし,ルギアルギアルギアの瞑想で詰めやすいので基本的に有利。相手にウーラウーラオス(れんげき)ウーラオス(れんげき)がいる場合,ゴリラゴリランダーゴリランダーを出したい。
得意な禁伝だったのに終盤に数が減っていてつらかった。

選出 キラフロルキラフロルルギアルギアヘイラッシャヘイラッシャ
初手キラフロルキラフロルキラフロルで毒菱を巻き,特殊をルギアルギアルギア,物理をラッシャヘイラッシャヘイラッシャで受ける。相手のメガネハバカミハバタクカミハバタクカミの滅びの歌での負け筋は常に警戒していきたい。

選出 キラフロルキラフロルルギアルギアヘイラッシャヘイラッシャ
基本的に対コライドンコライドンコライドンと動きが近い。気をつけたいのは電気テラバザシアンザシアン(王)ザシアン(王)には霊テラスラッシャヘイラッシャヘイラッシャでないと勝てないため,できる限りルギアルギアルギアにテラスを切らないこと。
ディンルーディンルーディンルーも出せなくはないが,瞑想ハバカミハバタクカミハバタクカミやパオジアンパオジアンパオジアン,ゴチルゼルゴチルゼルゴチルゼルがいるときついので,基本的にはキラフロルキラフロルキラフロルを出す。

選出 ウーラオス(れんげき)ウーラオス(れんげき)ルギアルギアキラフロルキラフロルorディンルーディンルー
ホウオウホウオウホウオウはルギアルギアルギアでは勝てないのでウーラオスウーラオス(れんげき)ウーラオス(れんげき)を通すことを意識する。

選出 キラフロルキラフロルルギアルギアヘイラッシャヘイラッシャorウーラオス(れんげき)ウーラオス(れんげき)
白バドバドレックス(はくば)バドレックス(はくば)は主にトリルとやどみがの二種類いるが両方ある程度対応できる。黒バドバドレックス(こくば)バドレックス(こくば)もそうだが,やどみがは攻撃技のPPが8しかないので毒が入らなかった場合はPPを枯らすことも意識したい。

選出 ゴリランダーゴリランダーキラフロルキラフロルルギアルギア
毒が入っていないスカーフカイオーガカイオーガカイオーガをルギアルギアルギアで流せないので,初手ゴリラゴリランダーゴリランダーで対面操作をしてからキラフロルキラフロルキラフロルを出したい。

選出 ディンルーディンルールギアルギア@1
毒テラスしたルギアルギアルギアがムゲンダイナムゲンダイナムゲンダイナに強いので,ステロ撒き菱で相手のディンルーディンルーディンルー等を削ってルギアルギアルギアを通す。

選出 キラフロルキラフロルルギアルギアディンルーディンルーorゴリランダーゴリランダー
前期より型が多様化していたが,瞑想型はルギアルギアルギアで積み合えば有利で,それ以外は毒を通してくれることが多い。拘りに対しては毒テラスルギアルギアルギアとディンルーディンルーディンルーで技の一貫を切れるので立ち回りやすい。催眠はきつい。

選出 ルギアルギア@2
テラパゴステラパゴステラパゴスはメテオビーム以外ルギアルギアルギアが一番有利な伝説。ただし,ルギアルギアルギアにテラスを切れないので,残り2体とテラス権でどうやって取り巻きを見るかを考えて選出する。

選出 ルギアルギア@2
テラパゴステラパゴステラパゴスと同様にルギアルギアルギアでテラスを切らずに取り巻きを倒し,最後はエアロブラストの運ゲーをする。基本的にSが高い方が有利だが,吹き飛ばしがあるときつい。

選出 ディンルーディンルーウーラオス(れんげき)ウーラオス(れんげき)@1
ルギアルギアルギアで無理な伝説なのでウーラオスウーラオス(れんげき)ウーラオス(れんげき)を通す。

重いポケモン

最後に

最後まで閲覧いただき,ありがとうございました。

投稿日時 : 2024/07/02 08:27

最終更新日時 : 2024/07/02 13:51

スポンサーリンク

コメント(0件)

コメントはまだありません。

コメントを投稿

パーティ構築は多くの方が気軽に投稿できるサービスを目指しており、質問や称賛、建設的なコメントのみ投稿が可能です。投稿者の望まない否定的なコメントは禁止です。

名前: 

本文:

削除キーは自分でコメントを削除する際に必要になります。

削除キー:

スポンサーリンク