イダイトウ♂- ポケモン育成論SV

対れんげきウーラオス最強の対面駒 タスキイダイトウ

2024/01/27 18:34 / 更新:2024/01/27 23:05

イダイトウ♂

HP:HP 120

攻撃:攻撃 112

防御:防御 65

特攻:特攻 80

特防:特防 75

素早:素早 78

ツイート4.844.844.844.844.844.844.844.844.844.84閲覧:1938登録:1件評価:4.84(3人)

イダイトウ♂  みず ゴースト  【 ポケモン図鑑 】

性格
ようき(素早 特攻)
特性
てきおうりょく
努力値配分(努力値とは?)
攻撃:252 / 防御:4 / 素早:252
個体値:31-31-31-x-31-31
実数値:195-164-86-x-95-143 (素早さ比較)
覚えさせる技
おはかまいり / アクアブレイク / アクアジェット / がむしゃら
持ち物
きあいのタスキ
テラスタイプ
ゴースト

スポンサーリンク


ルール
シングルバトル
このポケモンの役割
物理アタッカー
登録タグ

考察

こんにちは、ヒナタです。
今回は意外なことに投稿されていなかった、『きあいのタスキ』型のイダイトウ♂イダイトウ♂イダイトウの紹介になります。イダイトウ♂イダイトウ♂としては割とメジャーな型なので、環境での立ち位置や差別化点などにも触れながらになります。ではどうぞ。

  • 諸注意

・HP→H、こうげき→A、その他「種族値」や「個体値」など非公式用語が頻出します。ご了承ください。
・考察を深めたいので、ご意見・ご感想がありましたらぜひコメントお願いします。

イダイトウ♂イダイトウ♂イダイトウの現環境での評価

イダイトウ♂イダイトウ♂
今のSV環境では唯一のみずタイプゴーストタイプ複合であり、タイプ上ウーラオス(れんげき)ウーラオス(れんげき)(連撃の型)に非常に強いのが最大の魅力です。

現環境でのイダイトウ♂イダイトウ♂ですが、ラス1で『こだわりスカーフ』×『おはかまいり』で最後の一掃を担うよりも『きあいのタスキ』で対面性能を高めた方が強いと感じています。
現環境での『おはかまいり』は

  • ノーマルタイプ

ガチグマ(アカツキ)ガチグマ(アカツキ)ポリゴン2ポリゴン2カイリューカイリュー(ノーマルタイプテラス)など

  • あくタイプ

ディンルーディンルーウーラオス(いちげき)ウーラオス(いちげき)イーユイイーユイパオジアンパオジアンなど
に通りが悪いです。もちろんディンルーディンルーガチグマ(アカツキ)ガチグマ(アカツキ)等には『ウェーブタックル』が通るのですが、持ち前の超火力が活かせません。また、『こだわりスカーフ』を持ってもハバタクカミハバタクカミテツノツツミテツノツツミのS上昇やパオジアンパオジアンの『ふいうち』にはなす術がありません。
また、特性『すいすい』も強いのですが、『あめふらし』持ちとの共存を強制されるのが辛いところです。

そのため、現環境ではアクアブレイク』or『おはかまいり』を打ち分けつつ『アクアジェット』込みで強引に押し込んでタイマンに勝つタスキ型の方が動かしやすいと考えます。こちらであれば、『ステルスロック』まで考慮すればパオジアンパオジアン等にも対面不利を取りにくくなります。

他ポケモンとの差別化

ウーラオス(れんげき)ウーラオス(れんげき)(連撃の型)に強い対面駒ですが、他にも勿論存在します。それらとの差別化点を挙げておきます。

マリルリマリルリマリルリアシレーヌアシレーヌアシレーヌラティオスラティオスラティオスとの差別化
イダイトウ♂イダイトウ♂の方がサーフゴーサーフゴーハッサムハッサム等のはがねタイプ勢への打点が高い。
また、先制技の『でんこうせっか』を無効にできる点からオーガポン(かまど)オーガポン(かまど)との対面もイダイトウ♂イダイトウ♂が優位と言える。
カイリューカイリューカイリューとの差別化
カイリューカイリューはテラス無しだとこおりタイプ技、テラスするとかくとうタイプ技に弱くなりがちなのでウーラオス(れんげき)ウーラオス(れんげき)に負け得る。
また、ランドロス(霊獣)ランドロス(霊獣)ガチグマ(アカツキ)ガチグマ(アカツキ)などの物理高耐久ポケモンにもイダイトウ♂イダイトウ♂の方が有利をとれる。

以上の事から、上記のポケモン達は、対ウーラオス(れんげき)ウーラオス(れんげき)を重視しつつパーティ全体で苦手なポケモンに合わせて使い分ける事ができます。特にマリルリマリルリは近い性質を持つので、

イダイトウ♂イダイトウ♂オーガポン(かまど)オーガポン(かまど)ハッサムハッサムサーフゴーサーフゴーメタグロスメタグロス等に対面有利
マリルリマリルリカイリューカイリューパオジアンパオジアンウーラオス(いちげき)ウーラオス(いちげき)(一撃の型)トドロクツキトドロクツキ等に対面有利

この辺りを意識して選ぶと良いと思います。
長くなりましたが、次項から育成例について記述していきます。

特性

  • てきおうりょく

タイプ一致打点を伸ばせる強力な特性です。テラスタルとはあまり相性が良くないので注意しましょう。

持ち物

  • きあいのタスキ

今回のコンセプトなので採用。これを盾に1パンチ+『アクアジェット』を確実に打ち込みます。

性格・努力値

  • 性格:ようきまたはいじっぱり
  • 努力値案:×-A252-B4-×-×-S252

実数値1:195-164-86-×-95-143(ようき)
実数値2:195-180-86-×-95-130(いじっぱり)

  • 調整意図

イダイトウ♂イダイトウ♂はS78族ですが、性格を『ようき』にすることで、多くのすばやさ帯の準速振りを抜くことができます。(カイリューカイリューサーフゴーサーフゴーブリジュラスブリジュラス等)
ランドロス(霊獣)ランドロス(霊獣)ウガツホムラウガツホムラの準速にも同速勝負を仕掛けられるので、現環境のイダイトウ♂イダイトウ♂は最速が動きやすいと思います。
逆に、パーティ単位でイダイトウ♂イダイトウ♂のタスキを守れる(『ステルスロック』等を防げる)ようであれば『いじっぱり』でも対面性能は保てるので、相手の耐久調整を考慮せず殴り勝ちたい時はこちらがオススメです。

テラスタイプ候補

ゴーストタイプ
おはかまいり』の打点を伸ばしつつ、『でんこうせっか』『しんそく』への耐性を残せます。
みずタイプ
こちらもメインウェポンを強化しつつ、あくタイプ弱点を消す事でパオジアンパオジアンイーユイイーユイ等に強く出られます。
フェアリータイプかくとうタイプ
パオジアンパオジアンウーラオス(いちげき)ウーラオス(いちげき)等のあくタイプに強くなるテラスタルです。
ステラタイプ
特性の『てきおうりょく』と相性が良く、どの技も広く打点を伸ばせます。扱いやすさはピカイチ。

技候補

確定枠
おはかまいり
ラス1対面での火力を引き上げる最強のメインウェポンです。確定で採用。
アクアブレイク
ウェーブタックル』と比べて反動が無いのでタスキと相性が良いです。
アクアジェット
てきおうりょく』込みで無振りハバタクカミハバタクカミを確定2発にできるくらいの火力があります。対面性能が格段に上がるので採用。
選択枠(上の方が優先度は高め)
-がむしゃら
アクアジェット』と合わせて対面で1匹持っていけます。汎用性は高め。
-こうそくいどう
パオジアンパオジアンの『ふいうち』を透かしながらSを逆転する動きが強力です。また、相手に先制技が無ければ『おはかまいり』で強引に突破する事もできます。
-ウェーブタックル
ラス1対面でガチグマ(アカツキ)ガチグマ(アカツキ)ランドロス(霊獣)ランドロス(霊獣)と対面した時、テラスタルが無ければ基本的に確定1発にできる等、局所で使える技です。
-サイコファング
壁展開を崩せるのと、『おはかまいり』が上がりきっていない時のウーラオス(れんげき)ウーラオス(れんげき)への打点になります。
-テラバースト
フェアリータイプかくとうタイプテラス時の技候補になります。あくタイプへの有効打になりますが、『アクアブレイク』+『アクアジェット』で足りる事もしばしば。
-こおりのキバ(TSさんコメントありがとうございます)
トドロクツキトドロクツキへの唯一の打点になったり、『おはかまいり』が上がりきっていない時のカイリューカイリューガブリアスガブリアス等への安定打点になります。

与ダメージ計算

※特性『てきおうりょく』、性格ようきの場合のダメージ計算になります。

おはかまいり(威力150)
ハバタクカミハバタクカミHB特化(フェアリータイプテラス時)
97.5〜116.0% 高乱数1発
カイリューカイリューH4振り
(マルチスケイル有り)48.5〜57.4%
(マルチスケイル無し)97.0〜114.9%
オーガポン(かまど)オーガポン(かまど)B4振り
114.8〜135.4% 確定1発
ウーラオス(れんげき)ウーラオス(れんげき)B4振り
88.0〜104.0% 低乱数1発
ハッサムハッサムH252 B4振り
87.0〜102.8% 低乱数1発
ブリジュラスブリジュラスH252 B4振り
62.9〜74.1% 確定2発
アシレーヌアシレーヌH252 B4振り
103.7〜122.9%
ドヒドイデドヒドイデHB特化
53.5〜63.6% 確定2発
アクアブレイク
ガチグマ(アカツキ)ガチグマ(アカツキ)H244振り
69.4〜82.1% 確定2発(アクジェ確定圏内)
パオジアンパオジアンB4振り
68.3〜81.2% 確定2発(アクジェ高乱数圏内)
ランドロス(霊獣)ランドロス(霊獣)HB特化(いかく込み)
46.9〜57.1% 高乱数2発
ランドロス(霊獣)ランドロス(霊獣)H4振り(いかく込み)
70.3〜84.8% 確定2発(アクジェ確定圏内)
ディンルーディンルーHB特化
42.7〜50.3% 低乱数2発
ガオガエンガオガエンH252振り(いかく込み)
65.3〜77.2% 確定2発
キョジオーンキョジオーンHB特化
52.1〜61.8% 確定2発

被ダメージ計算

※性格補正ありの時は「特化」、なしの時は「252振り」という表記になっています。
※『きあいのタスキ』を前提とした型なので、参考値として記載します。

ハバタクカミハバタクカミC252振り『シャドーボール
92.3〜108.7% 中乱数1発
カイリューカイリューA特化『スケイルショット』(5回)
87.1〜107.6% 低乱数1発
ウーラオス(れんげき)ウーラオス(れんげき)A特化(パンチグローブ)『すいりゅうれんだ
41.5〜49.2% 確定3発
ガチグマ(アカツキ)ガチグマ(アカツキ)C特化『ブラッドムーン
86.6〜103.0% 低乱数1発
ハッサムハッサムA特化『はたきおとす』(持ち物あり)
87.1〜103.5% 低乱数1発
パオジアンパオジアンA252振り『かみくだく』(イダイトウ♂イダイトウ♂みずタイプテラス時)
62.0〜73.8% 確定2発(つぶて圏外)

苦手なポケモン

カイリューカイリューカイリュー
ノーマルタイプテラスを切られたり、『りゅうのまい』+『スケイルショット』でタスキを貫通されると弱いです。(ステロ込みなら『おはかまいり』圏内にはできますが)
パオジアンパオジアンパオジアン
こちらだけがタスキが残っている状況であれば『ウェーブタックル』や『テラバースト』で倒せますが、お互いにタスキを残していると微妙です。『こうそくいどう』採用でもパオジアンパオジアンに『こおりのつぶて』があれば負けてしまいます。
ウーラオス(いちげき)ウーラオス(いちげき)ウーラオス(一撃の型)
フェアリータイプまたはかくとうタイプテラスを使わない限りはまず勝てません。
ポリゴン2ポリゴン2ポリゴン2など
テラス時のキョジオーンキョジオーン等もそうですが、『おはかまいり』が通らない物理受けは辛いです。『がむしゃら』採用なら通れば一気に削れますが、相手の動き次第。

相性のいいポケモン

ステロ+ちょうはつができるポケモン(コノヨザルコノヨザルエアームドエアームド等)
当然ではありますが、イダイトウ♂イダイトウ♂のタスキを守りつつ相手のタスキを潰せれば非常に動きやすくなります。コノヨザルコノヨザルは『いのちがけ』で瀕死の数を稼げたりします。
あくタイプノーマルタイプに強いポケモン(ウーラオス(れんげき)ウーラオス(れんげき)テツノカイナテツノカイナ等)
個人的には、カイリューカイリューのある程度のテラスタル択に対応できるテツノカイナテツノカイナがオススメです。こちらも対面性能は高めで、タスキを奪い合いません。

おわりに

今回はタスキ持ちイダイトウ♂イダイトウ♂イダイトウの育成論を紹介しました。ラスト1匹に据えないと全力を発揮できない欠点はあるものの、環境の多くの相手に対面で勝てるポテンシャルがあるポケモンです。そしてやはりウーラオス(れんげき)ウーラオス(れんげき)(連撃の型)に対する性能は唯一無二なので、ぜひ使ってみてください。
感想やご指摘のコメントもお待ちしています。

※1/27 技の選択枠に『こおりのキバ』を追加。TSさんコメントありがとうございます。

投稿日時 : 

最終更新日時 : 2024/01/27 23:05

イダイトウ♂の他の育成論を探す (9件) >>

こちらもオススメ
イダイトウ♂お墓参り×適応力=超火力!全てをぶち抜くスカーフイダイトウ♂
ようき / てきおうりょく / こだわりスカーフ
HP:4 / 攻撃:252 / 素早:252
おはかまいり / ウェーブタックル / アクアジェット / もろはのずつき
イダイトウ♂適応力より高火力!!☔すいすいイダイトウ🐟
いじっぱり / すいすい / いのちのたま
HP:4 / 攻撃:252 / 素早:252
ウェーブタックル / おはかまいり / アクアジェット / こおりのキバ
イダイトウ♂特殊ポケモンならお前は勝てない..使用感最強チョッキイダイトウ(瞬間2位)
いじっぱり / てきおうりょく / とつげきチョッキ
HP:4 / 攻撃:252 / 特防:252
おはかまいり / ウェーブタックル / テラバースト / アクアジェット
投稿者の前後の育成論

スポンサーリンク

コメント (2件)

  • ページ:
  • 1
24/01/27 18:52
1TS (@21341a87g)
44444
 とても良い育成論だと思います!
 襷我武者羅はレベル1で行う戦法というイメージが強すぎて最初ビビってしまいましたが、よくよく考えてみれば別に奇抜なものでもないことを考えるとお恥ずかしい限りです…笑
 技候補にこおりのキバはどうですか?命中不安ではありますが、カイリューカイリューラティオスラティオスガチグマ(アカツキ)ガチグマ(アカツキ)トドロクツキトドロクツキへの打点になります。
24/01/27 18:57
2ヒナタ (@hinatapokemonst)
>>1 TSさん
コメント・評価ありがとうございます!
結構ラスト1ウェポンに困るポケモンではあるのですが、『がむしゃら』は後続に繋ぐこともできる良い技だと思います。イダイトウ♂イダイトウ♂がもう少し速ければ完璧に活かせたんですが...

こおりのキバ』に関しては割と『おはかまいり』で足りてしまう部分があったので入れてなかったのですが、ラスト以外で繰り出した時にカイリューカイリューへの打点になったり、トドロクツキトドロクツキにはテラス無しでの唯一の打点なので確かに使えそうですね!後ほど追記しておきます。
  • ページ:
  • 1

削除キー:


コメントを投稿

補足やアドバイス、間違いの指摘などにお使いください(半角5000文字まで)。育成論に直接関係のないコメントは書き込まないでください(育成論を求めてこのページを訪れた第三者のユーザーに関係のない書き込みすべてが削除対象です)。また、育成論の削除を強要することは運営ポリシー違反であり運営妨害です。削除が必要かどうかは管理者が判断しますので、管理者に直接ご連絡ください。

※評価はポケ徹サービスにログインする必要があります。

名前: 

本文:

削除キーは自分でコメントを削除する際に必要になります。

削除キー:


この育成論のフォークを投稿する >>

修正・削除(投稿者用)

この育成論を修正あるいは削除する場合は、管理用パスワードを入力して「修正・削除」ボタンをクリックしてください。