テツノブジン- ポケモン育成論SV

【基本型】対面最強⁉襷をかけた武人

2023/02/01 22:01

テツノブジン

HP:HP 74

攻撃:攻撃 130

防御:防御 90

特攻:特攻 120

特防:特防 60

素早:素早 116

ツイート5.005.005.005.005.005.005.005.005.005.00閲覧:8585登録:4件評価:5.00(2人)

テツノブジン  フェアリー かくとう  【 ポケモン図鑑 】

性格
ようき(素早 特攻)
特性
クォークチャージ
努力値配分(努力値とは?)
攻撃:252 / 特防:4 / 素早:252
個体値:31-31-31-x-31-31
実数値:149-182-110-x-81-184 (素早さ比較)
覚えさせる技
ソウルクラッシュ / インファイト / アンコール / みちづれ
持ち物
きあいのタスキ
テラスタイプ
ノーマル

スポンサーリンク


ルール
シングルバトル
このポケモンの役割
物理アタッカー
登録タグ

考察

はじめに

前回のタルップルに引き続き2本目の投稿となります。よろしくお願いします。

  • 本育成論ではHABCDS、3値といった非公式用語を使用します。
  • 本育成論では指定がない限り登場するポケモンは6Vとします。
  • ダメージ計算についてはポケソル様(https://sv.pokesol.com/calc)を使用させていただいております。
  • 不明点、改善点などコメントお待ちしています。

以下常体

テツノブジンテツノブジンテツノブジンとは

ポケットモンスターSVにて初登場した高速低耐久のポケモンである。
種族値はH74 A130 B90 C120 D60 S116であり、基本的に耐久に振ることはせず、上から高火力を押し付けていく形になると思われる。

持ち物

以下の2つから選択になる

  • きあいのタスキ

元々高い対面性能をさらに上げることができる持ち物。タスキで耐えながら二回攻撃することで対面の相手ポケモンを倒した後、みちづれによってもう一匹持って行くことを考えることができる。パラドックスポケモンの多くを道連れすることができるため確定欄はこちらとした。

  • ブーストエナジー

特性を能動的に発動するためのアイテムだが、パラドックスポケモンを多数採用する場合には持ち物が被る。発動するとSは1.5倍、その他の能力は1.3倍になる。本論の育成方法だとSが上昇するが、Sを少し下げたり、性格を変えたりすることでAやCを上昇させることも可能である。

対面の突破力を上昇させるために、鉢巻も考えられるが本論のコンセプトである道連れアンコール型とは異なるため、本論では候補に入れない。

特性

クォークチャージ
持ち物がブーストエナジーもしくは場の状態がエレキフィールドの際に各種能力が上昇する。というかそもそもこれ以外の特性がない

性格・努力値と調整

上から道連れ、アンコールを決めるために陽気最速、対面性能を高めるためにA252、余りをDに振った。先制技は物理技が多いため、B4振りでもよいと思う。
また、Cも120と火力はあるため、本論のA252振りをC252振りとして特殊型での採用も可能。技候補や与ダメージにも一部特殊技を記載するが、どちらの火力も中途半端になることが予想されるため、両刀型で使うことはあまりお勧めしない。

技構成

  • 確定技

道連れ
対面で1体を倒した後に裏のポケモンを処理したり、裏のポケモンで重たいポケモンを無理矢理処理することができる。

アンコール
道連れを見た相手が変化技で道連れを透かそうとしてきた際に変化技で拘らせることができる。

また、この2つを覚えるポケモンの中では最も素早く、型も多くなることが予想されるため扱いやすいと思われる。

  • 選択技

インファイト
タイプ一致高火力物理技。耐久は下がってしまうが、襷を持っているためあまり影響はない。環境に多い鋼テラスするドラゴンタイプにも強い。

ソウルクラッシュ
タイプ一致物理技。確定で相手のCを下げることができるため、特殊アタッカーの火力を落とし、裏のポケモンの負担を減らすことができる。

影打ち
先制技。相手が先制技持ちの際に道連れを決めることが困難な為、相手にダメージを与えながら落ちることができる。

以下特殊型の場合の採用技候補
ムーンフォース
タイプ一致高火力特殊技。ソウルクラッシュより火力が出るため、環境にいるドラゴンタイプに負荷をかけることができる。30%で相手のCを下げることができる。

波動弾
タイプ一致特殊技。必中。

シャドーボール
環境にいるサーフゴーサーフゴーサーフゴーやハバタクカミハバタクカミハバタクカミにダメージを与えることができる。

テラスタル

テツノブジンを受けてくるミミッキュミミッキュミミッキュのかげうちやその他のゴースト技を透かすことができるようにノーマルテラスタル採用。
シーズン3でもカイリューが多数いるようだったら神速を透かすためにゴーストテラスタルも候補に入る。

火力を伸ばすためにフェアリーや格闘も考えたが、道連れアンコを確実に決めたいので先制技を透かすことが優先だと考えた。

立ち回り例

  1. 先発もしくは死に出しで場に着地(先発で数的有利がとれているかつ相手が自身より遅く先制技がない場合には襷を盾に後出しすることもできる)
  2. ソウルクラッシュやインファイトで対面の相手を倒す
  3. 道連れで死に出しの相手を倒す
  4. 相手が道連れ読み変化技をしてきた場合にはアンコールを入れる。

パラドックスポケモンは先制技を持たないため、以下のポケモンであれば襷を盾に受けだしからの道連れアンコールが可能。

  • 相手の特性込みでも上を取れる

アラブルタケアラブルタケチヲハウハネチヲハウハネテツノイバラテツノイバラテツノカイナテツノカイナ
‐特性でSアップがなければ上を取れる
イダイナキバイダイナキバサケブシッポサケブシッポスナノケガワスナノケガワテツノワダチテツノワダチテツノコウベテツノコウベテツノドクガテツノドクガ
また、準速であれば特性無トドロクツキトドロクツキも抜くことは可能

与ダメージ計算

候補の技のダメージを仮想敵に対して(特殊技の場合はC252振り)。性格補正は↑で表す。
有名な調整相手に打つことも考慮。
インファイト
カイリューカイリューカイリュー(ノーマルテラス)
H4 マルスケあり
108 ~ 127 (64.7 ~ 76.1%) 確定2発
H212B4 マルスケあり
106 ~ 126 (55.0 ~ 65.3%) 確定2発
H252B252↑
76 ~ 91 (38.4 ~ 46.0%) 確定3発

ドドゲザンドドゲザンドドゲザン
H252B252↑
264 ~ 312 (127.6 ~ 150.8%) 確定1発

キョジオーンキョジオーンキョジオーン
H252
168 ~ 198 (81.2 ~ 95.7%) 確定2発
H252B252↑
126 ~ 150 (60.9 ~ 72.5%) 確定2発

ソウルクラッシュ
サザンドラサザンドラサザンドラ
H4
280 ~ 336 (166.7 ~ 200.0%) 確定1発
H220B12
276 ~ 328 (141.6 ~ 168.3%) 確定1発

トドロクツキトドロクツキトドロクツキ
H4
340 ~ 408 (187.9 ~ 225.5%) 確定1発
H252B252↑
232 ~ 276 (109.5 ~ 130.2%) 確定1発

セグレイブセグレイブセグレイブ
H4
138 ~ 164 (72.3 ~ 85.9%) 確定2発

ガブリアスガブリアスガブリアス
無振り
134 ~ 158 (73.3 ~ 86.4%) 確定2発
H252B252↑
98 ~ 116 (45.6 ~ 54.0%) 乱数2発 : 36.71%

ドラパルトドラパルトドラパルト
B4
162 ~ 192 (99.4 ~ 117.8%) 乱数1発 : 93.75%
H252
164 ~ 194 (84.2 ~ 99.5%) 確定2発

カイリューカイリューカイリュー
H4 マルスケあり
67 ~ 81 (40.2 ~ 48.6%) 確定3発
H212B4 マルスケあり
67 ~ 79 (34.8 ~ 41.0%) 確定3発
H252B252↑ マルスケ無
98 ~ 116 (49.5 ~ 58.6%) 乱数2発 : 96.48%

影打ち
サーフゴーサーフゴーサーフゴー
H4
48 ~ 58 (29.5 ~ 35.5%) 乱数3発 : 15.84%

マリルリマリルリマリルリ
無振り
28 ~ 34 (16.0 ~ 19.5%) 乱数6発 : 99.75%

ハバタクカミハバタクカミハバタクカミ
H4
74 ~ 88 (56.5 ~ 67.2%) 確定2発

ミミッキュミミッキュミミッキュ
H4
56 ~ 68 (42.8 ~ 52.0%) 乱数2発 : 5.85%

ムーンフォース
サザンドラサザンドラサザンドラ
無振り
336 ~ 396 (201.2 ~ 237.2%) 確定1発
H220D108
300 ~ 352 (153.9 ~ 180.6%) 確定1発

トドロクツキトドロクツキトドロクツキ
H4
304 ~ 364 (168.0 ~ 201.2%) 確定1発
H252D252↑
220 ~ 264 (103.8 ~ 124.6%) 確定1発

セグレイブセグレイブセグレイブ
H4
174 ~ 206 (91.1 ~ 107.9%) 乱数1発 : 50%

ガブリアスガブリアスガブリアス
D4
174 ~ 206 (95.1 ~ 112.6%) 乱数1発 : 68.75%
H252D252↑
122 ~ 146 (56.8 ~ 68.0%) 確定2発

ドラパルトドラパルトドラパルト
D4
192 ~ 228 (117.8 ~ 139.9%) 確定1発
H252
194 ~ 230 (99.5 ~ 118.0%) 乱数1発 : 93.75%
H252D252↑
134 ~ 158 (68.8 ~ 81.1%) 確定2発

カイリューカイリューカイリュー
H4 マルスケあり
76 ~ 91 (45.6 ~ 54.5%) 乱数2発 : 53.51%
H252 マルスケあり
76 ~ 91 (38.4 ~ 46.0%) 確定3発

波動弾
カイリューカイリューカイリュー(ノーマルテラス)
H252 マルスケあり
66 ~ 78 (33.4 ~ 39.4%) 確定3発

ドドゲザンドドゲザンドドゲザン
H252 チョッキ持ち
204 ~ 240 (98.6 ~ 116.0%) 乱数1発 : 81.25%

キョジオーンキョジオーンキョジオーン
H252
144 ~ 170 (69.6 ~ 82.2%) 確定2発
H252D252↑
102 ~ 120 (49.3 ~ 58.0%) 乱数2発 : 91.79%

シャドーボール
サーフゴーサーフゴーサーフゴー
H4振り
94 ~ 112 (57.7 ~ 68.8%) 確定2発
H252振り
94 ~ 112 (48.5 ~ 57.8%) 乱数2発 : 94.92%

ハバタクカミハバタクカミハバタクカミ
H4振り
68 ~ 82 (52.0 ~ 62.6%) 確定2発

ミミッキュミミッキュミミッキュ
H4
84 ~ 100 (64.2 ~ 76.4%) 確定2発

ドラパルトドラパルトドラパルト
D4
110 ~ 130 (67.5 ~ 79.8%) 確定2発
H252D252↑
76 ~ 90 (39.0 ~ 46.2%) 確定3発

被ダメージ計算

基本的には襷で耐えることを考えるが、襷がつぶれた際の仮想敵からのダメージを以下に挙げる。
基本的にはA/C252振りとする。
ドラパルトドラパルトドラパルト
シャドーボール
85 ~ 102 (57.1 ~ 68.5%) 確定2発
ゴーストダイブ
79 ~ 94 (53.1 ~ 63.1%) 確定2発

ミミッキュミミッキュミミッキュ
じゃれつく
134 ~ 158 (90.0 ~ 106.1%) 乱数1発 : 37.5%
影打ち
30 ~ 36 (20.2 ~ 24.2%) 確定5発

ハバタクカミハバタクカミハバタクカミ
ムーンフォース
248 ~ 294 (166.5 ~ 197.4%) 確定1発

サーフゴーサーフゴーサーフゴー
ゴールドラッシュ
308 ~ 366 (206.8 ~ 245.7%) 確定1発
シャドーボール
103 ~ 123 (69.2 ~ 82.6%) 確定2発

カイリューカイリューカイリュー
神速
51 ~ 61 (34.3 ~ 41.0%) 確定3発
神速(テラスあり)
76 ~ 91 (51.1 ~ 61.1%) 確定2発
地震
64 ~ 76 (43.0 ~ 51.1%) 乱数2発 : 3.9%
アイアンヘッド
102 ~ 122 (68.5 ~ 81.9%) 確定2発
飛行テラバースト
204 ~ 244 (137.0 ~ 163.8%) 確定1発

ガブリアスガブリアスガブリアス
地震
93 ~ 111 (62.5 ~ 74.5%) 確定2発
アイアンヘッド
102 ~ 120 (68.5 ~ 80.6%) 確定2発

セグレイブセグレイブセグレイブ
氷柱張り(5回ヒット)
125 ~ 155 (83.9 ~ 104.1%) 乱数1発 : 1.47%
アイアンヘッド
110 ~ 130 (73.9 ~ 87.3%) 確定2発

トドロクツキトドロクツキトドロクツキ
アクロバット(持ち物なし)
146 ~ 172 (98.0 ~ 115.5%) 乱数1発 : 81.25%
アイアンヘッド
106 ~ 126 (71.2 ~ 84.6%) 確定2発

サザンドラサザンドラサザンドラ
ラスターカノン
132 ~ 156 (88.6 ~ 104.7%) 乱数1発 : 25%

苦手なポケモン

ガブリアスガブリアスガブリアスのサメ肌や、アーマーガアといったゴツメ持ちには襷を削られるポケモン、ドラパルトドラパルトドラパルトやテツノツツミテツノツツミなどの上を取られるポケモン、ミミッキュミミッキュミミッキュやマリルリマリルリマリルリのような先制技持ちにはかなり弱い。

相性の良い味方・構築例

ドラパルトやカイリューのような対面に強いポケモンや、対面から数的有利をとれる起点作成ポケモン(キラフロルなど)、ジバコイルジバコイルジバコイルやサーフゴーサーフゴーサーフゴー、テツノワダチテツノワダチテツノワダチといったこちらの弱点を全半減できるポケモンなどが相性が良い。
基本的には対面の相手を破壊することが可能な為、どんなパーティにも入れやすいと思う。

終わりに

いかがだったでしょうか。基本的にブーストエナジーとの差別化が難しいところではありますが、襷が残っていれば何度でも出すことが可能な点や他のパラドックスポケモンにブーストエナジーを持たせることが可能な点がこの型の強みだと思います。
興味が湧いた方はぜひ使ってみてください。
また、別途ダメージ計算の欲しいポケモンなどありましたらコメントをお願いします。

こちらもオススメ
テツノブジン受けでも何でも来い! 器用でロマンなテツノブジン
せっかち / クォークチャージ / ブーストエナジー
HP:60 / 攻撃:252 / 特攻:140 / 特防:4 / 素早:52
ソウルクラッシュ / インファイト / テラバースト / 10まんボルト
テツノブジン【テラス強要】攻守兼用テツノブジン【起点作成】
おくびょう / クォークチャージ / ブーストエナジー
防御:228 / 特攻:132 / 素早:148
ムーンフォース / シャドーボール / アンコール / みちづれ
テツノブジン攻守兼務 先発の貴人
ようき / クォークチャージ / ひかりのねんど
HP:116 / 攻撃:156 / 防御:4 / 特防:4 / 素早:228
リフレクター / ひかりのかべ / みちづれ / インファイト
投稿者の前後の育成論

スポンサーリンク

コメント (0件)

コメントを投稿

補足やアドバイス、間違いの指摘などにお使いください(半角5000文字まで)。育成論に直接関係のないコメントは書き込まないでください(育成論を求めてこのページを訪れた第三者のユーザーに関係のない書き込みすべてが削除対象です)。また、育成論の削除を強要することは運営ポリシー違反であり運営妨害です。削除が必要かどうかは管理者が判断しますので、管理者に直接ご連絡ください。

※評価はポケ徹サービスにログインする必要があります。

名前: 

本文:

削除キーは自分でコメントを削除する際に必要になります。

削除キー:


この育成論のフォークを投稿する >>

修正・削除(投稿者用)

この育成論を修正あるいは削除する場合は、管理用パスワードを入力して「修正・削除」ボタンをクリックしてください。