dummy

マタドガス(ガラル)- ポケモン育成論ソードシールド

かゆいところに手が届く 帯ガラルマタドガス

2020/03/31 23:03 / 更新:2020/06/20 22:13

ガラルマタドガス

HP:HP 65

攻撃:攻撃 90

防御:防御 120

特攻:特攻 85

特防:特防 70

素早:素早 60

ツイート4.974.974.974.974.974.974.974.974.974.97閲覧:17420登録:18件評価:4.97(7人)

マタドガス(ガラル)  どく フェアリー  【 ポケモン図鑑 】

性格
ひかえめ(特攻↑ 攻撃↓)
特性
かがくへんかガス
努力値配分(努力値とは?)
HP:188 / 特攻:252 / 素早:68
実数値:164-x-140-150-90-89 / 個体値:31-x-31-31-31-31
覚えさせる技
ワンダースチーム / ヘドロウェーブ / だいもんじ / 10まんボルト
持ち物
たつじんのおび

スポンサーリンク


ルール
シングルバトル
このポケモンの役割
特殊アタッカー / ダイマックス指定なし
登録タグ

考察

はじめに

皆様どうも、カプ・サイシンと申します。

コメントでのご質問、アドバイス等よろしくお願いします。
辛口コメントも大歓迎です。カプサイシンだけに

注意点

  • この育成論は非公式の用語を使用しています。他の育成論でも使用されている程度のものです。

  • この育成論のダメージ計算は6Vを前提としています。

  • ダメージ計算はSWSHアプリのダメージ計算機を使用しています。

コンセプト

マタドガス(ガラル)マタドガス(ガラル)の特性「かがくへんかガス」と、弱点をつける範囲の広さを利用した特殊アタッカーです。特性に頼った高火力アタッカーなど、対処の難しいポケモンを対面から処理することができます。
なお、帯マタドガス(ガラル)マタドガス(ガラル)自体は特別珍しい訳でもなく、他サイトやブログなどに掲載されていると思います。本育成論はこれらを参考にし、実際に使用した上で考察したものになります。

差別化

マタドガス(ガラル)マタドガス(ガラル)のみが使える特性「かがくへんかガス」により、相手の特性を無効化できることで差別化は十分と考えます。C種族値85と特殊アタッカーとしては低いですが、この特性により特定のポケモンに軒並み強くなります。

性格、努力値

ひかえめ H188 C252 S68
まず、C種族値が低めで少しでも火力が欲しいため、C特化は確定です。
Sは無振りアーマーガアアーマーガア抜き抜きです。S種族値60近辺の調整先の目安である、無振りアーマーガアアーマーガア抜き調整をまとめて抜けるようにしています。
Hは余りです。

但し、Sについてはこの調整が必須ではありません。
最低ラインとしては無振りオーロンゲオーロンゲ抜きの4振り、最高ラインとしては4振り70族抜きの92振りで、これ以上振ると耐久に影響が出てきます。

お好みで調整して下さい。

特性

今回のコンセプトである、かがくへんかガスで確定とします。
かたやぶりドリュウズドリュウズに無効化される時点で、ふゆうにはメリットがあまりありません。
状態異常無効のミストメイカーも強いですが、別の型になります。

持ち物

たつじんの帯で確定とします。とにかく火力が欲しいです。
ダイマックス(以外DM)することを考慮してこだわりメガネは候補外です。
また、耐久も極力削りたくないため、命の珠も候補外としています。

  • 確定技(2枠)
ワンダースチーム
メインウェポンその1。化石龍にぶつけられるため必須です。命中95と若干不安ですが威力が高く、追加効果の混乱も役に立つ時があります。

ヘドロウェーブ
メインウェポンその2。主にフェアリーに打ちます。能力変化を無効化するクリアスモッグも魅力ですが、この型では火力を重視してこの技一択とします。
ダイアシッドにすることで、火力アップも見込めます。

  • 選択肢(2枠)
だいもんじ
メインウェポンが半減以下になる鋼タイプへの打点として、炎技は必須と考えます。命中不安ですが、役割対象のヒヒダルマ(ガラル)ヒヒダルマ(ガラル)が確定1であり、アーマーガアアーマーガアがはねやすみ込でも2発で落せる可能性があるため、優先度は高いと考えます。

かえんほうしゃ
命中安定ですが、役割対象のヒヒダルマ(ガラル)ヒヒダルマ(ガラル)に耐えられる可能性があるため、だいもんじよりは優先度は低いです。ナットレイナットレイアイアントアイアントに重きを置くならばこちらの方が良いです。

10まんボルト
後述しますがドヒドイデドヒドイデには強気で押したい為、弱点をつける電気技は欲しいです。DMすればギャラドスギャラドスにも打勝てます。

かみなり
命中不安のため推奨はしませんが、10まんボルトが火力不足気味なのは事実なので、命中を気にしないのであればこちらの方が良いです。

シャドーボール
ドラパルトドラパルトにはワンダースチームがあるため、実質ミミッキュミミッキュピンポイントです。とはいえ皮+珠ダメ込でも耐えられるため、ヘドロウェーブ連打で良いと思います。DMしたときはこちらの方が良いので一応候補としていますが、優先度は低いです。

ちょうはつ
かがくへんかガスにより、オーロンゲオーロンゲより先にちょうはつを入れることが出来るため、仕事をさせません。

おにび
物理アタッカーの機能を停止させます。バンギラスバンギラスの砂が防げる為、この技を入れることで優位に立ち回れます。

悪の波動
範囲はあまり増えませんがDM時にダイアークとすることで、Dダウンの追加効果があり有利な展開になる場合があります。


立回り

かがくへんかガスと広い技範囲があり、持ち前の耐久で一発は耐えるため、対面性能は非常に高いです。
特にパッチラゴンパッチラゴンウオノラゴンウオノラゴンヒヒダルマ(ガラル)ヒヒダルマ(ガラル)シザリガーシザリガーなど火力アップ系の特性持ちのポケモンの攻撃を耐える上、有効打があるため倒すことができ、ストッパーとして働きます。
また、ナットレイナットレイドヒドイデドヒドイデなどの耐久型にも強いです。
個別に説明が必要と思いましたので、ポケモンごとの立ち回りを後に書いておきます。相手によってはDMを切る必要があります。
耐久に厚く振っていないため、受け出しは厳しいです。基本的に先発か死に出し、とんぼなどの対面操作にて繰り出します。

ドリュウズドリュウズを強烈に呼ぶのと、トゲキッストゲキッスウォッシュロトムウォッシュロトムなどの高火力特殊アタッカーには弱いため、編成でカバーする必要があります。


個別解説

  • かがくへんかガスにより有利になる相手
ウオノラゴンウオノラゴンウオノラゴン
がんじょうあご無効化により、A特化先制エラがみを確定耐えします。こちらは返しのワンダースチームで確定1です。
但しハチマキであると高乱数で落ちます。見せ合いの時点でエルフーンエルフーンペリッパーペリッパーなどのおいかぜサポートがいる場合はハチマキの可能性が高いです。
選出を控えるか後にちょすい持ちなどを控えさせておきましょう。

パッチラゴンパッチラゴンパッチラゴン
はりきりが無効化されており、こちらがDMすることでA特化珠ダイサンダーで半分も削れません。こちらはダイフェアリー(ワンダースチーム)で、珠ダメも考慮すると高確率で落とせます。仮に耐えられても次のエレキフィールドダイサンダーを耐える為、2発目のダイフェアリーで倒せます。
お互い非DMの場合はワンダースチーム確定1ですが、先攻でんげきくちばしが5割ちょうどの乱数1のため、確実に勝ちたいならDMを切る必要があります。

ヒヒダルマヒヒダルマ(ガラル)ヒヒダルマ(ガラル)
ごりむちゅう無効化により火力ダウンです。
A252じしんを確定耐えし、だいもんじで落とせます。
但し、ハチマキじしんの場合はA特化で確定、ようきでも中程度の乱数で落ちます。見せ合いでの判別は難しいためDMを切っても良いですが、それよりもわるだくみサザンドラサザンドラや剣舞ルチャブルルチャブルなどの浮いている積みポケモンを後に控えさせておくことで、スカーフだとマタドガス(ガラル)マタドガス(ガラル)が落とし、ハチマキだとじしんで縛られたヒヒダルマ(ガラル)ヒヒダルマ(ガラル)を起点にできるような体制を作った方が良いかと思います。

アイアントアイアントアイアント
はりきり無効のため火力ダウンします。こちらがDMすることで珠ダイスチル(アイアンヘッド)を耐え、ダイバーン(だいもんじ)で落とせます。

シザリガーシザリガーシザリガー
てきおうりょくによる火力アップがないため、クラブハンマー+アクアジェットを確定耐えします。
こちらはワンダースチームで一撃です。

オーロンゲオーロンゲオーロンゲ
いたずらごころ無効のため、Sを抜いていれば相手が補助技を打ってきても先に行動出来ます。
ヘドロウェーブでH252オーロンゲオーロンゲが確定1です。
ちなみにエルフーンエルフーンのいたずらごころも無効ですが素で早いため恩恵はありません。

パルシェンパルシェンパルシェン
スキルリンク無効化により、連続技が5発確定で無くなります。マタドガス(ガラル)マタドガス(ガラル)はからをやぶる後のつららばりを5発当てないと倒せない為、確実ではありませんが相当有利になります。

ドラパルトドラパルトドラパルト
すりぬけ無効のため、こちらに壁があれば有効になります。ワンダースチームでH252ドラパルトドラパルトが9割超えの乱数で落ちます。

ドヒドイデドヒドイデドヒドイデ
再生力無効で引っ込めても回復しません。10まんボルトなどで強気に攻めて、ダメージを蓄積させておきましょう。

ピクシーピクシーピクシー
てんねん無効化によりめいそうを積まれていても、DMさせてダイアシッド(ヘドロウェーブ)でのゴリ押しが効きます。

アローラキュウコンキュウコン(アローラ)キュウコン(アローラ)
あまり見ないかもしれませんが、あられが降らないのでオーロラベールを貼れません。ヘドロウェーブで確定1です。

マリルリマリルリマリルリ※6/18追記
ちからもち無効のため火力が大幅にダウンしており、A特化ハチマキアクアブレイクが確定3です。
こちらはヘドロウエーブが中乱数1であり、対面だと確実に倒せます。
マリルリがDMしている場合、こちらもDMすれば珠雨ダイストリームを2耐えします。こちらはダイアシッド2発で落とせます。

エースバーンエースバーンエースバーン
少し限定的ですが対処可能です。格闘、飛行、悪タイプであればこちらが弱点をつける上、リベロ無効により相手はタイプを変化出来ません。
DM同士であれば不一致ダイバーン+晴れダイバーンを余裕で耐えるため打ち合いで勝てます。
但し、少数とはいえアイアンヘッド持ちには勝てないので注意


  • かがくへんかガスは働くが有利とは言えない相手
バンギラスバンギラスバンギラス
すなあらしが起きないため、実質特防ダウンの状態になります。ワンダースチームで確定2ですが、弱保があるため相手にするのはリスキーです。
※すなおこしはあくまですなあらしを発生させる特性であるため、既にすなあらしの状態でマタドガス(ガラル)マタドガス(ガラル)を出しても、すなあらしは消えませんのでご注意下さい。

ストリンダーストリンダー(ハイ)ストリンダー(ハイ)
パンクロック無効化により火力はダウンしますが、こちらに有効打がなく、ばくおんぱ確定2のため普通に打ち負けます。

ホルードホルードホルード
ちからもち無効化により、火力が大幅に落ちますがじしん連打で打ち負けます。

  • かがくへんかガスの効果はないが勝てる相手
ニンフィアニンフィアニンフィア
かがくへんかガスによりフェアリースキンは無効化されますが、ハイパーボイスが等倍になる為、被ダメはさほど変わりません(むしろ若干増えます)。しかしヘドロウェーブで押せる為、対面有利な相手ではあります。

サザンドラサザンドラサザンドラ
メインウェポンが半減以下のため、有利な相手です。ワンダースチームで確定1です。但しメガネラスターカノンは耐えられません。

ギャラドスギャラドスギャラドス
DMすることによりダイアース(じしん)を2耐えします。こちらはダイサンダー(10まんボルト)で低乱数1であり、2発で確実に倒せます。
※かがくへんかガスはマタドガス(ガラル)マタドガス(ガラル)がやられた瞬間に効果がなくなる為、じしんかじょうのAアップは防ぐことが出来ません。

相性のよい味方

ご存知特殊耐久の鬼、こいつに限らず高耐久のノーマルタイプとは相性が良いです。
マタドガス(ガラル)マタドガス(ガラル)が苦手とするトゲキッストゲキッスウォッシュロトムウォッシュロトムなどの特殊アタッカーに強く、弱点の格闘にはマタドガス(ガラル)マタドガス(ガラル)が1/4で受けられます。

ギルガルド(シールド)ギルガルド(シールド)などの鋼タイプに強いです。トゲキッストゲキッスにも対応出来ます。但しドリュウズドリュウズに極端に弱くなるため、残り一体でカバーする必要があります。

マタドガス(ガラル)マタドガス(ガラル)が呼ぶドリュウズドリュウズを起点に出来ます。起点さえ出来れば簡単には止まらず全抜きも視野に入れることができます。

ダメージ計算

  • 与ダメ
たつじんの帯を考慮しています。
ワンダースチーム
ウオノラゴンウオノラゴンH4
109.6〜131.3% 確定1

パッチラゴンパッチラゴンH252
122.8〜147.5% 確定1

ドラパルトドラパルトH252
99.4〜117.9%  乱数1(93.75%)

サザンドラサザンドラH252 DM
84.4〜101.2%  乱数1(6.25%)

シザリガーシザリガーH252
144.1〜170.5%  確定1

バンギラスバンギラスH252 砂なし
74.3〜87.9%   確定2

ブラッキーブラッキーH252
60.3〜72.2%   確定2


ダイフェアリー(ワンダースチーム)
パッチラゴンパッチラゴンH4 DM
88.8〜104.8%  乱数1(31.25%)

ドラパルトドラパルトH4 DM
85.6〜100.9%  乱数1(6.25%)

バンギラスバンギラスH252 砂なし
107.7〜126.5%  確定1

ヘドロウェーブ
オーロンゲオーロンゲH252
100.9〜121.2%  確定1

ニンフィアニンフィアH252 チョッキ
42.5〜50.9%   乱数2(6.25%)

ピクシーピクシーH252
89.1〜104.4%  乱数1(37.5%)

ミミッキュミミッキュH4
50.3〜59.5%   確定2

ヒートロトムヒートロトムH252
40.7〜48.4%   確定3

トゲキッストゲキッスH252
75.0〜90.1%   確定2

マリルリマリルリH252
93.7〜111.1%   乱数1(62.5%)

ダイアシッド(ヘドロウエーブ)
マリルリマリルリH252DM
43.9〜52.6%   乱数2(19.92%)←次のC1段階アップダイアシッドで確定

だいもんじ
ナットレイナットレイHD特化
90.0〜108.8%  乱数1(50%)

アイアントアイアントH4 DM
163.0〜193.2%  確定1

ヒヒダルマ(ガラル)ヒヒダルマ(ガラル)H4
110.5〜130.5%  確定1

ギルガルド(シールド)ギルガルド(シールド)H252
56.2〜67.6%   確定2

ドリュウズドリュウズH4
94.0〜112.3%   乱数1(63.75%)

アーマーガアアーマーガアH252
70.2〜82.9%   確定2

かえんほうしゃ
ナットレイナットレイH252
100.5〜119.3%  確定1

アイアントアイアントH4 DM
135.3〜160.5%  確定1

ヒヒダルマ(ガラル)ヒヒダルマ(ガラル)H4
90.0〜107.1%  乱数1(43.75%)

ギルガルド(シールド)ギルガルド(シールド)H252
47.3〜56.2%   乱数2(73.82%)

ドリュウズドリュウズH4
77.4〜91.3%   確定2

アーマーガアアーマーガアH252
57.5〜67.8%   確定2

10まんボルト
ドヒドイデドヒドイデH252
49.0〜57.9%   乱数2(93.75%)

パルシェンパルシェンH4
150.7〜176.9%  確定1

ギャラドスギャラドスH4
120.4〜143.2%  確定1

アーマーガアアーマーガアH252
57.5〜67.8%   確定2

かみなり
ドヒドイデドヒドイデH252
59.8〜70.0%   確定2

ダイサンダー(10まんボルト)
ギャラドスギャラドスH4 DM
87.1〜102.3%  乱数1(12.5%)

ダイサンダー(かみなり)
ギャラドスギャラドスH4 DM
94.1〜110.8%  乱数1(56.25%)

シャドーボール
ミミッキュミミッキュH4
67.9〜80.9%   確定2

サニーゴ(ガラル)サニーゴ(ガラル)H252 きせき
37.1〜44.3%   確定3

  • 被ダメ
マタドガス(ガラル)マタドガス(ガラル)は非DMで計算しています。DM時はHP200%と思って下さい。

ウオノラゴンウオノラゴンA特化 がんじょうあご適応なし
エラがみ(先攻)
65.8〜77.4%   確定2
サイコファング
43.9〜52.4%   乱数2(16.79%)

ウオノラゴンウオノラゴンA特化 ハチマキ がんじょうあご適応なし
エラがみ(先攻)
97.5〜115.8%  乱数1(87.5%)
サイコファング
65.8〜78.0%   確定2

パッチラゴンパッチラゴンA特化 珠
でんげきくちばし(先攻) はりきり適応なし
90.8〜107.9%  乱数1(50%)
ダイサンダー(でんげきくちばし)
69.5〜82.9%   確定2
90.2〜106.7%  乱数1(43.75%)←エレキフィールド

ヒヒダルマ(ガラル)ヒヒダルマ(ガラル)A252 ごりむちゅう適応なし
つららおとし
40.8〜48.1%   確定3
じしん
63.4〜75.6%   確定2

ヒヒダルマ(ガラル)ヒヒダルマ(ガラル)A特化 ハチマキ ごりむちゅう適応なし
つららおとし
66.4〜78.6%   確定2
じしん
103.6〜123.1%  確定1

アイアントアイアントA252 珠 はりきり適応なし
アイアンヘッド
82.3〜100.0%   乱数1(6.25%)
ダイスチル(アイアンヘッド)
132.9〜158.5%  確定1

シザリガーシザリガーA特化  てきおうりょく適応なし
クラブハンマー
42.6〜51.2%   乱数2(3.12%)
アクアジェット
17.0〜20.7%   乱数5

パルシェンパルシェンA252 A2段階アップ
つららばり(一発あたり)
18.9〜22.5%   乱数5

バンギラスバンギラスA特化
じしん
68.2〜80.4%   確定2

ドリュウズドリュウズA252
じしん
92.6〜109.7%  乱数1(56.25%)

ミミッキュミミッキュA252 珠
シャドークロー
33.5〜39.0%   確定3

ギャラドスギャラドスA252
じしん
58.5〜69.5%   確定2
ダイジェット(とびはねる)
56.7〜67.6%   確定2
ダイアース(じしん)
75.6〜90.2%   確定2


ドラパルトドラパルトA252
ゴーストダイブ
38.4〜45.7%   確定3
はがねのつばさ
40.2〜47.5%   確定3

ドラパルトドラパルトC252
シャドーボール
46.3〜55.4%   乱数2(71.09%)

サザンドラサザンドラC特化
ラスターカノン  
79.2〜93.9%   確定2

ニンフィアニンフィアC特化 フェアリースキン適応なし
ハイパーボイス
41.4〜48.7%   確定3

ホルードホルードA252 ちからもち適応なし
じしん
52.4〜63.4%   確定2

マリルリマリルリA特化ハチマキ ちからもち適応なし
アクアブレイク
35.3〜42.0%   乱数3(55.17)

マリルリ}A特化珠 ちからもち適応なし
ダイストリーム(アクアブレイク 雨)
69.5〜82.9%   確定2

色々ややこしいので別で書きます。受ける側は非DMで計算しています。
・与ダメ
ワンダースチーム(抜群時)
124.3〜147.4% 確定1

ダイフェアリー(ワンダースチーム 抜群時)
180.1〜212.1% 確定1

10まんボルト(抜群時)
83.3〜98.7% 確定2

ダイサンダー(10まんボルト 抜群時)
119.8〜141.6% 確定1

・被ダメ
かえんボール(タイプ不一致)
43.2〜51.2%  乱数2(51.2%)

ダイバーン(かえんボール タイプ不一致)
50.0〜59.1%  確定2

ダイジェット(とびはねる タイプ一致)
69.5〜82.9%  確定2

アイアンヘッド(タイプ不一致)
58.5〜69.5%  確定2

ダイスチル(アイアンヘッド)
93.2〜110.9%  乱数1(58.75%)

ダメージ計算については要望があれば追記検討します。

終わりに

ここまでお読み頂きありがとうございます。
このマタドガス(ガラル)マタドガス(ガラル)は特性による独特の強さがあり使っていて楽しいポケモンだと思います。

コメントでのアドバイスやご質問をお待ちしております。

投稿日時 : 

最終更新日時 : 2020/06/20 22:13

マタドガス(ガラル)の他の育成論を探す (6件) >>

スポンサーリンク

コメント (13件)

  • ページ:
  • 1
20/04/01 01:01
1めぐ
似たような努力値をチョッキで使っていましたがアーマーガア等をより確実に狩れるのは良いですね。
ダイマ適正がなかなか高いのでDダウンの選択肢ができる悪の波動もありかと思います。
20/04/01 01:27
2カプ・サイシン (@long_7865)
>1 めぐ様
コメントありがとうございます。
チョッキですか、技範囲的に特殊も見たくなりますし良いかもしれませんね。

悪の波動ですか、あんまり見れる範囲増えないので候補から外していましたが、そういう考え方もありますね。
追記しておきます。
20/04/01 03:18
3アゴ
役割対象の中にダイマを切らなければ倒せない相手も多いように思われるんですが、そうした対面でのダイマはどの程度相手に読まれるものなんでしょうか?
実際の使用感や立ち回りのようなものを教えていただけるとありがたいです
20/04/01 09:30
4あくん (@A_kundayo)
ガラルヒヒダルマが、いじっぱり・A252・こだわりハチマキの場合じしんで確1とられると思います
相手のパーティを見て所持アイテムを見極めるのでしょうか?
それともヒヒダルマ対面時には必ずダイマックスから入るのでしょうか?
20/04/01 12:47
5カプ・サイシン (@long_7865)
>3 アゴ様
コメントありがとうございます。ダイマックスが読まれるか?と言う話ですが個人的な体感の話になりますが読まれにくい印象です。
マタドガス(ガラル)マタドガス(ガラル)の特殊アタッカーは周知されていますが、耐久型のイメージもあるためかDMしてまで殴ってくるのを想定した動きはあんまり見なかったです。
むしろ鬼火を警戒している動きが多かった印象です。ギャラドスギャラドスあたりはちょうはつがとんでくる場合もありますし、ラム持ちだと思うのですが、ダイジェットの起点にしてくる場合も多いです。
アイアントアイアントなんかはむしろホイホイ出てくることもあります。

>4 あくん様
コメントありがとうございます。おっしゃるとおりA特化ハチマキヒヒダルマ(ガラル)ヒヒダルマ(ガラル)のじしんは確定1です。
見せ合いでの判別はかなり難しいためうまくできないと思います。
私はむしろ、ハチマキで倒された場合のケアができるようにしています。
例えば後に悪巧みサザンドラサザンドラを控えさせておき、マタドガスが倒された後に死に出しし、起点にして全抜きを狙ったりしています。

あくまで私がやる手法のひとつですが、参考にして頂ければと思います。
夜になりますが、この辺りの内容については本文に追記しておきます。
20/04/01 14:00
6アゴ
>5
言われてみれば耐久や起点作成のイメージが強いマタドガスならいきなりダイマを切る動きも読まれにくそうですね
ありがとうございます
20/04/02 12:15
7カプ・サイシン (@long_7865)
昨日の夜には完了していますがハチマキヒヒダルマ(ガラル)ヒヒダルマ(ガラル)の件を追記しました。
ついでにハチマキウオノラゴンウオノラゴンについても追記しています。こちらはエルフーンエルフーンなどのおいかぜサポートと一緒に出ることが多く判別はしやすいと思います。
20/04/17 23:07
8ゲレゲレ
S調整以外は全く同じ構成のマタドガスを使っていたので、驚きました。
正直、少数派だと思っていたので・・・
実際使ってみると、よく見るポケモンに刺さるので、かなり便利ですよね
20/04/18 10:00
9カプ・サイシン (@long_7865)
>8 ゲレゲレ様
コメントありがとうございます。
数値的にはアタッカーにしては微妙なんですけどね、やっぱり特性のおかげで刺さる範囲は広い印象になりますよね
20/05/29 07:48
10ドラグナー
 カプ・サイシンさん投稿お疲れ様です。
ガラルマタドガス、面白いですね。ポケモンの特性がないと、極端に弱くなってしまうポケモンもいるので、面白い使い方が出来そうですね。 しかも技範囲が結構広く、大体のポケモンを乱数2以上で倒せて良いと思いました。
(敵として僕のチームに来たらやばい……! はりきり とか
すなかき がいるんだもん)
20/05/29 07:52
11ドラグナー
 ↑↑
あれ、変なことになってる?
最近カプ・サイシンさんの育成論参考にしようとしてるから、これからも育成論の投稿頑張ってください!!
20/05/29 12:17
12カプ・サイシン (@long_7865)
>10,11 ドラグナー様
コメントありがとうございます。
かがくへんかガスは面白い特性ですよね、使っているとわかりますが、特性に頼ってるポケモンって結構いるもので、思いの外範囲が広いと思います。

他の物も含め、私のような者の育成論を参考にしていただきありがとうございます。
今のところ新しく投稿する予定はありませんが、その際にはまた読んで頂けると幸いです、
20/06/18 23:22
13カプ・サイシン (@long_7865)
DL解禁されましたのでひとまず対マリルリマリルリ及び対エースバーンエースバーンについて追記しました。

エースバーンエースバーンは少々限定的になってしまいますが、マリルリマリルリは安定して倒せると思います。

ウーラオスにも強いと思っていますが、検証が十分ではないのでもう少しお待ち下さい。
  • ページ:
  • 1

削除キー:


コメントを投稿

補足やアドバイス、間違いの指摘などにお使いください(半角5000文字まで)。育成論に直接関係のないコメントは書き込まないでください(育成論を求めてこのページを訪れた第三者のユーザーに関係のない書き込みすべてが削除対象です)。また、育成論の削除を強要することは運営ポリシー違反であり運営妨害です。削除が必要かどうかは管理者が判断しますので、管理者に直接ご連絡ください。

※評価はポケ徹サービスにログインする必要があります。

名前: 

本文:

削除キーは自分でコメントを削除する際に必要になります。

削除キー:


この育成論のフォークを投稿する >>

修正・削除(投稿者用)

この育成論を修正あるいは削除する場合は、管理用パスワードを入力して「修正・削除」ボタンをクリックしてください。

スポンサーリンク

関連ページ

◆ ページの先頭へ ◆


トップページ::ソードシールド(剣盾)::ポケモン育成論ソードシールド::ガラルマタドガスの育成論::かゆいところに手が届く 帯ガラルマタドガス

このサイトについて | プライバシーポリシー

ポケットモンスター・ポケモン・Pokémonは任天堂クリーチャーズゲームフリークの登録商標です。

当サイトは個人ファンサイトであり、株式会社ポケモン他企業様とは一切関係ありません。下記はサイト独自の内容に関する著作権を示すものです。

© 2002-2020 Yakkun

dummy