dummy

マタドガス(ガラル)- ポケモン育成論ソードシールド

絶対仕事人!? 起点作りマタドガス

2020/01/04 16:36 / 更新:2020/02/03 10:10

ガラルマタドガス

HP:HP 65

攻撃:攻撃 90

防御:防御 120

特攻:特攻 85

特防:特防 70

素早:素早 60

ツイート5.005.005.005.005.005.005.005.005.005.00閲覧:55845登録:81件評価:5.00(7人)

マタドガス(ガラル)  どく フェアリー  【 ポケモン図鑑 】

性格
おくびょう(素早↑ 攻撃↓)
特性
かがくへんかガス
努力値配分(努力値とは?)
HP:244 / 防御:12 / 素早:252
実数値:171-85-142-105-90-123 / 個体値:31-0-31-31-31-31
覚えさせる技
おにび / くろいきり / ちょうはつ / おきみやげ
持ち物
きあいのタスキ

スポンサーリンク


ルール
シングルバトル
このポケモンの役割
サポート / ダイマックスしない
登録タグ

考察

はじめに

 こんにちは。前回、からやぶバトンパの白いハーブポットデスを投稿させていただきましたが、今度はバトンパの起点作り要員であるマタドガスを投稿させていただきます。
 これでからやぶバトンについての投稿は終わりにしますが、バトンを含めて面白そうなギミックパはどんどん使ってみて、良さそうなものを思いついたら投稿するつもりですのでこれからもよろしくお願いします。ダイマックスの仕様上、ギミックパの多くが冬の時代ではありますが

  • 一般的な略称を用います。(HABCDSなど)
  • ダメージ計算はポケマス様のものを使用しています。
  • 基本的にお互い理想個体、レベル50を前提としています。
  • 不要という声が多ければ削除します。

ガラルマタドガスマタドガス(ガラル)マタドガス(ガラル)について

 ガラルの地で、フェアリータイプと新たな特性を得たマタドガスマタドガス。新たな特性二つはどちらも有用なものですが、今世代フェアリータイプを持つポケモンのほとんどが鋼弱点なせいで、やたらと鋼技が飛んでくるのでフェアリーは正直捨て去りたくなる場面が多々あります。原種もかがくへんかガスを得たみたいなので、使えるようになったらこっち使いたい

 種族値はすごく高いわけでもないが高めの物理耐久と、紙に近いくらいの低めの特殊耐久、2刀と言えば聞こえはいいが、どっちも中途半端なAとC、低めだがとても低いわけではないS、と何ともコメントに困る値です(笑)。

特性「かがくへんかガス」について

 種族値はパッとしないマタドガス(ガラル)マタドガス(ガラル)の特徴となっているのが、実質専用特性となっている二つの特性です。ミストメイカーにも独自の強みがありますが、今回採用するのはかがくへんかガスとなります。
この特性は場にいるポケモン(シングルなら相手のポケモン)の特性を無効にするというもので、ARシステム・アイスフェイス・うのミサイル・ぎょぐん・ダルマモード・ばけのかわ・バトルスイッチを除くすべての特性が無効になるというものです。
攻撃系、防御系、補助系を含めたほとんどの特性を無効化する、要するに防御系の特性だけを無効化するかたやぶりの上位互換です。かたやぶりはばけのかわやアイスフェイスも無効だけど
 
 これにより
・スキルリンクのパルシェンパルシェンパルシェンのつららばりが5回続かない
・ウオノラゴンウオノラゴンウオノラゴンのがんじょうあご1.5倍補正が消失
などの耐久面での補強のほか
・すなおこしのバンギラスバンギラスバンギラスが出てきてもたすきがつぶされない
・いたずらごころのオーロンゲオーロンゲオーロンゲの変化技に対して先制でちょうはつ
・ブリムオンブリムオンブリムオンのマジックミラーを無視してちょうはつ
・キリキザンキリキザンキリキザンのまけんきを発動させずにおきみやげで能力を下げる

 などほかのポケモンにはできない動きが可能となります。さほどメジャーなポケモンではない事もあり、相手が特性が無くなっているのを忘れて行動してくれることがあるのも強みと言えるでしょう。

このマタドガス(ガラル)マタドガス(ガラル)の役割

 積み構築における起点作り要員となります。基本的におきみやげで退場するため、マタドガス(ガラル)マタドガス(ガラル)を失うこととなり、壁も貼らないため相手が交代すれば起点はリセットされます。そのため、相手が交代するであろう1ターンで2対3の不利を覆せるだけのリターンを得られる積みが必要とされます。自分はポットデスポットデスポットデスのからやぶバトンで使用していましたが、わるだくみトゲキッストゲキッストゲキッス、りゅうのまいバンギラスバンギラスバンギラス、はいすいのじんタイレーツタイレーツタイレーツなども悪くないかもしれません。

技構成

 
おにび/ ちょうはつ / おきみやげ/ 選択技
 基本的には物理アタッカーにはおにび+おきみやげ、特殊アタッカーにはおきみやげで起点を作ります。
上をとれているであろう積みアタッカーに対してはちょうはつを使うことになります。

選択技は基本的にはクリアスモッグくろいきりでの選択です。
いずれも起点回避用の技ですが、それぞれ、長所と短所があります。
クリアスモッグ
長所:攻撃技であるためたすきやばけのかわをつぶせる。挑発されても打てる。
短所:はがねタイプには無効。みがわりで防がれる。

くろいきり
長所:みがわりを貫通して能力をリセットできる。全タイプに有効。
短所:挑発で防がれる。たすきをつぶせない

自分が使用していた時点では環境には比較的挑発よりもみがわりが多い印象で、たすきに関してはおにびでもつぶせるため、自分はくろいきりを選択しました。ここはパーティや環境によって変わってくるところだと思います。


もちもの


候補はいくつかありますが、
メンタルハーブ、きあいのたすき、リリバのみ、ラムのみ
あたりが有力な候補となると思います。行動保障を考えるのであれば、たすきが第一候補ですが、
・素早いポケモンの挑発に弱い。
・弱点のうちエスパー技が環境に少ない。
・地面、鋼は物理が多く、ダイマックスを切られなければ1発は耐える事が多い。
等を考えるとメンタルハーブも候補にあがると思います。メンタルハーブの場合、もう少しSを削って耐久に回してもいいかもしれません。
リリバは対フェアリーとして採用される事が多い鋼技を耐えるためで、たすきを他のポケモンに渡したい場合に採用を考えますが、それほど優先度は高くないと思います。
ラムはメンタルハーブ持ちカバルドンに初手あくびをされた場合に対処できるのでは無いかと考え候補に入れましたが、果たして実用性があるかは不明です。


調整

性格:おくびょう 努力値:H244 B12 S252
実数値:171-*-142-105-90-123

調整意図:
S:最速。準速70族抜きとなっており、多くのパルシェンパルシェンキリキザンキリキザンアーマーガアアーマーガアなどの上を取って挑発できます。(パルシェンパルシェンは最速も一定数いるので気を付けましょう。)

HB:余った努力値でなるべく固く。
無補正A252ドリュウズドリュウズのじしん:87.5%耐え
なお、Hを削ってBに回してもこれ以上乱数は良くならないです。

シンプルなほぼHSぶっぱと言っていい振り方ですが、準速70族を抜こうと思うとこれ以上いい振り方は思いつきませんでした。

立ち回り

 先ほども述べたとおり、物理アタッカーには鬼火をいれる事を優先、特殊アタッカーは積み技をしてきそうなら挑発や黒い霧で牽制、積まなさそうであれば置き土産で能力を下げつつ退場します。
 立ち回りで特に意識すべきこととしては、なるべく早めに置き土産で退場する事だと思います。相手がこちらの型を読む前に退場することで、相手に攻撃技も考慮した立ち回りをさせたり、思考も乱す事ができます。実際、自分が使った際には1/3くらいは初手で置き土産を打っていました。クリアボディやまけんき、かちきを無視できる置き土産は非常に使い勝手がよく、起点作りマタドガス(ガラル)マタドガス(ガラル)の強みの半分以上はここにあると思います。

苦手な相手

サザンドラサザンドラサザンドラ:
みがわりや挑発をもっていると起点を作れません。メンタルハーブなら挑発を1発うけられますが、眼鏡ラスカを耐えなくなるため出さない方がいいですし、みがわりには無力です。一応黒い霧があれば、みがわりされてもCを上げられないようにはできますが、起点は作れないですし基本的には出さない方がいいと思います。

ドリュウズドリュウズドリュウズ、ヒヒダルマヒヒダルマ(ガラル)ヒヒダルマ(ガラル):
苦手な相手と書きましたが、本当に苦手なわけではありません(笑)。というか、現環境において、初手でよく出てくるこの2匹に弱かったら起点作りとして欠陥レベルです。
ただ、アイアンヘッドやつららおとしでのひるみを狙ってくる輩が多く、鬼火を入れようとすると鬼火外しもあるため、運ゲーを強制されることとなり非常にフラストレーションがたまります。ひるまないで鬼火を当てる確率は60%くらいなので、結構よくある事だったりする。
怯んだり鬼火を外したりしないように、日頃からかわいがってあげましょう(笑)

ほか、みがわり全般に弱いですが、挑発、黒い霧により起点回避は可能な事が多いので、みがわりを壊しながらSやAを上げていけるダイジェット+ダイナックル持ちのポケモンや連続技持ちのポケモンを入れると起点作り失敗のフォローをしやすいです。

そのほか、みがわり持ちが多いサザンドラサザンドラドラパルトドラパルトに強いオーロンゲオーロンゲを採用して初手にこれらが来るのを抑制したり、すりぬけエルフーンエルフーンをサブの起点作りとして採用するのも良いかもしれません。


耐久目安


〜物理〜
A特化ヒヒダルマ(ガラル)ヒヒダルマ(ガラル)のつららおとし:42.1〜49.7%(確定3発)
A特化いのちのたまパッチラゴンパッチラゴンのでんげきくちばし:85.3〜101.1%(12.5%の乱1)
A特化パルシェンパルシェンからをやぶる後のつららばり:1発あたり、19.2〜22.8%
(4発までなら確定耐え、5発だと中〜高乱数)
無補正A252アイアントアイアントのダイスチル(アイアンヘッド):98.2〜115.7%(81.2%の乱1)
無補正A252いのちのたまミミッキュミミッキュのダイホロウ(シャドークロー):50.8〜61.4%
(ダイホロウ後にやけどをいれると、Bダウンを加味しても50%以上で2発目も耐える)

〜特殊〜
C特化ストリンダー(ハイ)ストリンダー(ハイ)のばくおんぱ:62.5〜73.6%
C特化サザンドラサザンドラのラスターカノン:76〜90%
C特化眼鏡ヒートロトムヒートロトムの10万ボルト:84.7〜100.5%(6.2%の乱1)
無補正C252トリトドントリトドンのだいちのちから:95.9〜113.4%(68.7%の乱1)
C無振りブリムオンブリムオンのサイコキネシス:102.9%〜122.8%

特殊に関してはダイマックスなしであれば一致弱点以外は耐える事が多い程度の耐久です。

終わりに

ここまでご覧いただき誠にありがとうございました。
起点作り特化のマタドガス(ガラル)マタドガス(ガラル)でした。みがわりに弱かったり、アイヘでひるまされたりもしますが、クリアボディやまけんきを無視して置き土産できたり、いたずらごころやマジックミラーを無視して挑発できるのは非常に使い勝手がよく、選出率はかなり高かったです。皆さんもバトンパを組む時はぜひ使ってみてください。積み構築でも構成によっては使えるかもしれませんので、頭の片隅に留めてみてください(笑)。その他考察や改善点ありましたらコメント欄までお願いします。

投稿日時 : 

最終更新日時 : 2020/02/03 10:10

マタドガス(ガラル)の他の育成論を探す (6件) >>

スポンサーリンク

コメント (7件)

  • ページ:
  • 1
20/01/06 00:13
1くん$ (@kun_dx2)
55555
積みパ、ギミックパ自体はダイマックスのせいで下火ですが、特定の戦術を使う際にこのマタドガスはとても良い起点作りをしてくれると思います。
20/01/07 17:28
2アゴ
こちらの型をバトンポットデスと合わせて使わせていただいているのですが、先発でサザンと対面してしまった場合は初手おきみやげが正解なのでしょうか?
20/01/07 18:17
3yoidore365 (@yoidore3651)
> 2 アゴ さん

使用して頂きありがとうございます。
論内でも書いていますが、基本的に挑発やみがわりが怖いので、自分はサザン入りにはそもそも出さないようにしています。
やむを得ず出す場合はこだわりなどのアイテム想定だと思いますので、初手おきみやげします。ほかの事をする余裕はありません。
20/01/07 19:00
4アゴ
>>3
サザンはかなり頻繁に見かけるのでそうなるとマタドガス軸を選出する場面が限られてきてしまうと思うのですが、そこをエルフーンあたりのサブ起点作りで補っていく感じですかね?
20/01/07 23:57
5yoidore365 (@yoidore3651)
>4 アゴさん

そうですね。自分は別の起点作りを出しています。バトンの起点作りは必ず初手に出して、役割を全うして退場しなければいけない都合上、読まれやすく、どうしても無理なポケモンが多くなります。
まぁ、自分があまり普通のパーティを使っていないため、相手のポケモンの型が読めないという問題もありますが(苦笑)

なお、バトンパについて熟知されてるのであれば、余計な事かもしれませんが、バトンパには色々な組み方があり、
起点作り1+バトン役1+エース1を表選出とし、バトンが通せなさそうな場合、バトンと関係ない裏選出3匹を入れる方法

起点作り2or3+バトン役1+エース2or3の一つのバトンをなんとしても通す構成

起点作り2+バトン役2+エース2で、2つのバトンルートのうち、通しやすそうなものをえらぶ構成

起点作り2+バトン1役+エース1が表選出で、裏選出として起点を作ったあと単体で積むエースを2体入れる、一つ目の応用のような構築

いずれにしても起点作りは一匹でほとんどを担うものではないのはわかると思います。
大体自分の体感では2/3くらい出せるのなら、十分起点作りのエースと言えると思ってます。
20/01/08 01:22
6アゴ
>>5
なるほど…これは実際に各パターンの構築を試してみるのがよさそうですね。
投稿者様とは反対に自分はサイクル構築みたいなものばかりやってきたプレイヤーなもので、こういったギミック系のパーティに関してはド素人だったのでとても勉強になりました。ありがとうございます。
20/01/29 11:27
7マルクティー (@maructy_blog)
55555
ポットデスとセットでとても活躍してくれそうなのと、>>5のコメントがとても勉強になりました!
  • ページ:
  • 1

削除キー:


コメントを投稿

補足やアドバイス、間違いの指摘などにお使いください(半角5000文字まで)。育成論に直接関係のないコメントは書き込まないでください(育成論を求めてこのページを訪れた第三者のユーザーに関係のない書き込みすべてが削除対象です)。また、育成論の削除を強要することは運営ポリシー違反であり運営妨害です。削除が必要かどうかは管理者が判断しますので、管理者に直接ご連絡ください。

※評価はポケ徹サービスにログインする必要があります。

名前: 

本文:

削除キーは自分でコメントを削除する際に必要になります。

削除キー:


この育成論のフォークを投稿する >>

修正・削除(投稿者用)

この育成論を修正あるいは削除する場合は、管理用パスワードを入力して「修正・削除」ボタンをクリックしてください。

スポンサーリンク

関連ページ

◆ ページの先頭へ ◆


トップページ::ソードシールド(剣盾)::ポケモン育成論ソードシールド::ガラルマタドガスの育成論::絶対仕事人!? 起点作りマタドガス

このサイトについて | プライバシーポリシー

ポケットモンスター・ポケモン・Pokémonは任天堂クリーチャーズゲームフリークの登録商標です。

当サイトは個人ファンサイトであり、株式会社ポケモン他企業様とは一切関係ありません。下記はサイト独自の内容に関する著作権を示すものです。

© 2002-2020 Yakkun

dummy