ラウドボーン- ポケモン育成論SV

歌い祟り怠けるワニ

2022/11/27 15:11 / 更新:2022/12/23 00:14

ラウドボーン

HP:HP 104

攻撃:攻撃 75

防御:防御 100

特攻:特攻 110

特防:特防 75

素早:素早 66

ツイート4.934.934.934.934.934.934.934.934.934.93閲覧:268666登録:439件評価:4.93(40人)

ラウドボーン  ほのお ゴースト  【 ポケモン図鑑 】

性格
ずぶとい(防御↑ 攻撃↓)
特性
てんねん
努力値配分(努力値とは?)
HP:252 / 防御:252 / 素早:4
実数値:211-72-167-130-95-87 / 個体値:31-0-31-31-31-31
覚えさせる技
フレアソング / たたりめ / おにび / なまける
持ち物
たべのこし
テラスタイプ
あく

スポンサーリンク


ルール
シングルバトル
このポケモンの役割
受け
登録タグ

考察

はじめに

みなさま初めましてkと申します。今回スカーレットバイオレットの育成論が実装されたということで初めて育成論を投稿します。拙い文章になるとは思いますが意見があればどんどんコメントお願いします。
        

ラウドボーンというポケモン

ラウドボーンラウドボーンラウドボーンは今回の炎御三家ホゲータホゲータホゲータの最終進化となっており、h104 b100というかなり受けとしての性能を持ったポケモンです。さらに夢特性はてんねんという相手の上昇ランクを無効化する受けポケモンにとって有用な強特性となっています。そして専用技フレアソングは技を使うと特攻が一段階上がるなかなかの壊れ技です。てんねんと組み合わせると相手の能力上昇を無視しながら自分だけ能力を上げることができます。

採用理由と役割

物理アタッカーと受けポケモンの破壊。これが今回のラウドボーンの育成論のコンセプトです。svにはミミッキュミミッキュミミッキュやハッサムハッサムハッサム、マリルリマリルリマリルリなどの強力な積み物理アタッカーが数多く存在します。ラウドボーンはそれらをてんねんで無効化し、条件さえ整えば完全に相手を詰ますことができます。また、アーマーガアアーマーガアアーマーガアやブラッキーブラッキーブラッキーなどの受けポケもフレアソングで特攻を上げながら殴ることができます。

持ち物

少しでも居座り相手に負荷を与える為たべのこし一択です。もし他のアイテムを使いたいのならばきのみ系統にしてください。それら以外のアイテムを持たせても今回のラウドボーンには意味がありません。

特性

今回はアタッカーではなく受けなのでてんねんです。相手に積む隙を与えず能力ランクの変化を無効化する、これ以上受けにとって有用な特性はありません。

性格・努力値と調整


特殊型の物理受けが今回のコンセプトなのでずぶとい一択です。

H252 B252のhbぶっぱです。Sに4振っていることが多い65属であるゴチルゼルゴチルゼルゴチルゼルやハッサムハッサムハッサム等を抜く為にも余りはSに振りましょう。

調整案
h236 B252 S20に調整するという案をコメントでいただきました。これはSに20振っているハッサムハッサムなどラウドボーン抜き調整をしている65族を抜くための調整です。役割対象の確定数も変わらず、たべのこしの回復量もH実数値に則しているのでハッサムハッサム等S65族に重みを置くならこの調整にしてみてはいかがでしょうか。

技構成

フレアソング 
打つたびに特攻が上がる壊れ技。Cに振っていないラウドボーンでもこの技を打ち続ければ相手に大きなダメージを与えることができます。てんねんで一方的にこちらだけが能力上昇できる点もgood。

たたりめ
相手が状態異常ならダメージが2倍になる技。後に紹介するおにびと相性が良く、フレアソングで上がった特攻プラス相手が状態異常で耐久に振っていないアタッカーならばひんしに近い程のダメージを与えられます。 

おにび 
相手をやけど状態にする技。やけど状態は物理攻撃を半分にできるのでこれさえ決まってしまえば大半の物理アタッカーはラウドボーンに対して何も出来なくなります。ただ炎タイプに効かないのと命中率が85と不安定なのでそこだけは注意してください。

なまける
自分の最大体力の半分を回復する技。今作から回復技は軒並みppが5になり弱体化を受けました。それでも体力を回復するという技は耐久型ならば持っていても腐ることは無いので入れるようにしましょう
 
他の技選択として特にたたりめの枠をシャドーボールに変える型もあります。シャドーボールは状態異常に左右されず炎タイプや鬼火が効かない相手に強く出ることができます。実際に使ってみて使いやすいと感じた方を採用してみて下さい。他にも苦手な相手を流すあくびや、運ゲーのうたう、最大まで体力を回復するねむるなどがありますが今回の技構成が一番安定していると感じたのでこちらにしました。

テラスタイプについて

今回はラウドボーンの弱点であるゴースト、悪を半減にする悪テラスタルにしました。他にもミミッキュ対策やフレアソングで上がった特攻から高火力で放てる炎テラスタルや現環境に多いゴースト対策としてノーマルテラスタルがおすすめです。特にコノヨザルのふんどのこぶしを無効化できるのが強いですね。

立ち回り例

基本的には物理型のポケモンに出しましょう。ただ、攻撃種族値が高くタイプ一致でラウドボーンに弱点をついてくるバンギラスバンギラスなどのポケモンに対してはいくらhb特化であっても後出しは成立しないので気をつけましょう。それら以外の物理アタッカーならば基本後出しでも成立します。

与ダメージ計算

フレアソング

C一段階上昇
フレアソングは弱点以外は大きなダメージソースではないので省略 

たたりめ
ここからは全て状態異常のものとして計算する
やけど状態かつゴーストが効果抜群のポケモンは基本確定1発なので省略

被ダメージ計算

ここからは全てA252振り計算となります
全てテラスタイプではなく元の炎ゴーストで計算しています
  • マスカーニャマスカーニャつじぎり36.9〜43.6%確定3発、やけど状態だと乱数5発
  • マスカーニャマスカーニャ持物有はたきおとす51.2〜67%確定2発、持物無はたきおとす34.3〜40.0%確定3発、やけど状態持物無はたきおとす17.2〜20.5乱数5発
マスカーニャのはたきおとすは高乱数を引かなければ耐え、1回目のはたきおとすの際に鬼火を入れれば確定耐え
  • ミミッキュミミッキュゴーストダイブ40.7〜49.2%確定3発、やけど状態だと確定5発
  • 意地バンギラスバンギラスストーンエッジ60.6〜72.0%確定2発、やけど状態だと乱数3発
  • 意地ウェーニバルウェーニバルアクアステップ48.3〜57.8%乱数2発、やけど状態だと乱数4発
  • カイリューカイリューじしん40.7〜48.3%確定3発、やけど状態だと確定5発
  • セグレイブセグレイブじしん42.6〜50.2%乱数3発(0.3%) セグレイブセグレイブはねつこうかんなのでやけど状態は省略
  • ガブリアスガブリアスじしん57.8〜69.1確定2発、やけど状態だと乱数3発
  • Aに振っていないカバルドンカバルドンじしん42.6〜51.1%乱数2発(1.9%)やけど状態だと乱数4発

基本的にタイプ一致技以外の弱点攻撃は確定3発に抑えることができます。ただテラスタルを使われて一致で弱点を突かれると受けが厳しくなるので注意してください。要望があれば他にもダメージ計算を追加します。

苦手なポケモン

物理受けなのでラウドボーンに弱点をつく特殊アタッカーには何もできません。特にイーユイイーユイイーユイやハバタクカミハバタクカミハバタクカミなど高火力特殊アタッカーはいくらHに努力値を振っていてもワンパンされることが多いです。テラスタルも有効なものを持っていないのなら尚更居座らないようにしましょう。そして注意すべき点としててんねんは「相手の能力ランクを無効化する」というものです。つまり無視できるのは相手だけであって自分の能力変化は無効化できません。アシッドボム等自分の能力を下げられるとその効果を受けてしまうので自分への能力変化技を使ってくるポケモンには気をつけましょう。

相性の良い味方・構築例

ラウドボーンとの相性補完の良いマスカーニャマスカーニャマスカーニャや特殊受けのドオードオードオーなど。ドオーに関しては貯水で水タイプを無効にできるのでその点でもラウドボーンとの補完に優れています。その他相性の良い味方が見つかったら追加していきます。

最後に

今回紹介したラウドボーンはいかがだったでしょうか。私自身あまり受けポケが好きではないのですがこのポケモンは攻撃力もあり、ネチネチとした戦いにもならないのでとても使いやすいと感じました。また今回の型はあのザシアンザシアンザシアンにも有効です。たとえザシアンが攻撃特化のかみくだくを打ってもhbラウドボーンに対し確定3発となります。くさわけを習得しヌオーで止まらなくなったと思われましたが次はこの子がストッパーになると思われます。それ程のポテンシャルをラウドボーンは持っていますので、ぜひ皆さんも使ってみてください。最後まで見て下さりありがとうございました!

投稿日時 : 

最終更新日時 : 2022/12/23 00:14

ラウドボーンの他の育成論を探す (12件) >>

スポンサーリンク

コメント (30件)

22/11/30 17:38
11(@Ygk0M92V2FkA3yt)
>10
ラウドボーンの特性は「てんねん」なのでミミッキュの剣舞による能力上昇は無視できます!剣舞しても確定3発です。
22/11/30 22:38
12しん
HBラウドボーン使い勝手が良くていいですよね。
ゴツメのフレアソング持ちを晴れ古代パに入れて使ってますが、カジュアル回してる感じだと炎タイプの刺さりが良くてコータスと2枚選出でも普通に活躍します。
高ランク戦になるとそう簡単にはいかないと思いますが、選出はアタッカーを重視して見る人が多いので、ハバタクカミ・トドロクツキ・マスカーニャを並べておくと大体鋼タイプとミミッキュが出てきてカモれます。
22/11/30 23:53
13(@Ygk0M92V2FkA3yt)
>8
コメントありがとうございます。 
そう言って頂けてとても嬉しいです!
22/11/30 23:58
14(@Ygk0M92V2FkA3yt)
>12
コメントありがとうございます。
なるほど...古代晴れパとも相性良いですね!ミミッキュ等の積み前提としたポケモンをカモれるのも本当に強いですよね。
22/12/01 01:28
15なな
投稿お疲れ様です。ヘイラッシャと比較した際、強い点弱い点はどこでしょうか?
22/12/01 07:39
16(@Ygk0M92V2FkA3yt)
>15
コメントありがとうございます。
ヘイラッシャより強い点としては鬼火による後続へのサポート、デメリットの無い回復技、フレアソングやたたりめ等の舐めることのできない攻撃技です。またSもそれなりにあるのでSに振っていない60族あたりの上を取ることができます。
弱い点としては耐久値の低さです。同じhb型なら圧倒的にヘイラッシャの方が硬いですしラッシャは水単タイプとタイプ的にも耐久に優れています。苦手な相手もじわれで落とすことが出来るかもしれないし正直私はラウドボーンかヘイラッシャ相手だったらヘイラッシャの方が相手するのに面倒です。ただラウドボーンはデメリットの無い回復技や馬鹿にならない火力で安定して立ち回ることができます。どちらも一長一短ありますので、お好きな方を育ててみてください。
22/12/01 09:25
17たき
育成論お疲れさまです。被ダメにマスカーニャのつじぎりの理由はなぜですか?はたき落とすのほうが採用されやすいと考えます。また、はたきの持ち物が有無で被ダメの割合と確定数があると有り難いです。
22/12/01 11:23
18ラウンドボーリング
>11
ありがとうございます!特性を見落としていました笑
最後なんですけど、シーズン1で準伝、パラドックスが禁止な故イルカマン(ナイーブ)イルカマン(ナイーブ)がより環境に出てきそうなのですが、ハチマキイルカマン(ナイーブ)イルカマン(ナイーブ)に対しては受けは成立しますか?
22/12/01 17:12
19(@Ygk0M92V2FkA3yt)
>17
コメントありがとうございます。
マスカーニャのはたきおとすの被ダメ追加しておきました。はたきおとすの方がダメージ高いのではたきを優先的に被ダメの計算部分に入れるべきでしたね、申し訳ありません。
22/12/01 17:26
20(@Ygk0M92V2FkA3yt)
>18
イルカマン(ナイーブ)イルカマン(ナイーブ)の技にもよりますが鉢巻ウェーブタックルはいくらhb特化であってもワンパンされます。ジェットパンチは62.5〜73.9%、一回目のジェットパンチ時に火傷状態にすれば次のジェットパンチは31.2〜36.9%でそこに食べ残しの回復量を合わせると最高乱数を引かない限り耐えることができます。耐えると言ってもほぼギリギリなのでラウドボーンに頼りすぎないようにしましょう。
22/12/02 23:42
21ラウンドボーリング
>20
ありがとうございます!ラウドボーンに無限の可能性を感じちゃってたので頼りっきりにしてました笑早速この型のラウドボーンを作成してランクマ潜ってきやす!
22/12/07 04:20
22date
投稿お疲れ様です。
とても参考になりました。強いて言うならメジャーどころのじしんのダメ計が欲しいなと感じました。
22/12/07 08:18
23(@Ygk0M92V2FkA3yt)
>22
コメントありがとうございます!
じしんのダメージ計算を追加しておきました。
22/12/07 23:21
24キッス (@kissP_r10)
自分もその型を使っていましたが、
・ラウドボーンミラーで打点が持てないこと
・キョジオーンやセグレイブにおにびが効かないためたたりめで火力が出せないこと
を懸念してシャドーボール変更したところかなり使用感はいいです。
おにびを打った物理アタッカーに負けることはほとんどないため、たたりめよりも後ろにより火力の出せるシャドーボールのほうが評価は高いと思います。
22/12/08 00:13
25(@Ygk0M92V2FkA3yt)
>24
コメントありがとうございます。
技選択の部分にシャドーボールを追加しておきました!状態異常に関わらず相手に負荷を与えられるシャドーボールも良いですね、指摘ありがとうございます。
22/12/14 13:18
26ruru
鬼火たたりめhb無振りミミッキュを確1で倒れるのは良いですね機会があったら使ってみます
22/12/18 17:12
27
投稿お疲れ様です。
ラウドボーンについて非常によくまとめられているとても良い育成論で読みやすく、とても参考になりました。
一つ調整案として質問したいのですが、自分はラウドボーンに対する微調整としてH236(実数値175)A252S20振りハッサムを育成しています。その対策と言ってはなんですが、ラウドボーンの努力値をH236B252S20にしてはいかがでしょうか。ラウドボーンの役割対象による確定数も変わらず、H実数値はたべのこし使用に則しています。返答お待ちしております。
22/12/18 21:23
28(@Ygk0M92V2FkA3yt)
>27
コメントありがとうございます。
努力値の欄に調整を追加しておきました。私も先日s65族である地面テラスタルグレイシアに抜かされてボコボコにされたのでその調整もアリですね。指摘ありがとうございます
22/12/20 21:27
29苦労猫 (@fkurodadaki)
55555
テラスタイプについてなんですが選択肢の一つにノーマルはいかがでしょうか。
私がコノヨザルにボコボコにされたので「絶対に許さんぞサルが!」という意思で導入しました。
今の環境だとサーフゴー、ソウブレイズ、ミミッキュ、ドラパルト、コノヨザル等のゴーストアタッカーの攻撃を透かしたうえで殴れます。
耐性が大きく変わるのでテラスタルするタイミングと相手の見極めは大切ですがご一考のほどよろしくお願いします。
22/12/23 00:16
30(@Ygk0M92V2FkA3yt)
>29
コメントありがとうございます。
テラスタルの欄にノーマルテラスタルを追加しておきました!

削除キー:


コメントを投稿

補足やアドバイス、間違いの指摘などにお使いください(半角5000文字まで)。育成論に直接関係のないコメントは書き込まないでください(育成論を求めてこのページを訪れた第三者のユーザーに関係のない書き込みすべてが削除対象です)。また、育成論の削除を強要することは運営ポリシー違反であり運営妨害です。削除が必要かどうかは管理者が判断しますので、管理者に直接ご連絡ください。

※評価はポケ徹サービスにログインする必要があります。

名前: 

本文:

削除キーは自分でコメントを削除する際に必要になります。

削除キー:


この育成論のフォークを投稿する >>

修正・削除(投稿者用)

この育成論を修正あるいは削除する場合は、管理用パスワードを入力して「修正・削除」ボタンをクリックしてください。

スポンサーリンク