バルジーナ- ポケモン育成論SV

【隠れた物理メタ】ゴツメバルジーナ【受けエース】

2024/01/31 22:08 / 更新:2024/01/31 23:01

バルジーナ

HP:HP 110

攻撃:攻撃 65

防御:防御 105

特攻:特攻 55

特防:特防 95

素早:素早 80

ツイート4.534.534.534.534.534.534.534.534.534.53閲覧:2963登録:6件評価:4.53(6人)

バルジーナ  あく ひこう  【 ポケモン図鑑 】

性格
わんぱく(防御 特攻)
特性
ぼうじん
努力値配分(努力値とは?)
HP:252 / 防御:252 / 特防:6
覚えさせる技
イカサマ / はたきおとす / どくどく / はねやすめ
持ち物
ゴツゴツメット
テラスタイプ
どく

スポンサーリンク


ルール
シングルバトル
このポケモンの役割
物理受け
登録タグ

考察

はじめに

はじめまして、もやしと申します。
ガチ対戦自体、サンムーン環境以来、10年ぶりになります。初投稿です。
当時も物理受け兼嫁ポケとしてレート2000に貢献してくれました…なんて昔話はさておき、隠れたバルジーナの魅力を語れたらいいなと思っております。
他に1件育成論が投稿されていますが、型が異なると判断し投稿させていただく次第です。
お手柔らかにお願いします。

  • 本育成論ではHABCDS表記を使用します

HP/攻撃/防御/特攻/特防/素早さ→H/A/B/C/D/S

  • 性格補正あり努力値最大を「特化」と表現します
  • Sについては後述するとおり、仮想敵がほぼ全てバルジーナの上を取ってくるか積み技を持っているため、かつバルジーナより鈍足なポケモンに対しては強く出られるため素早さ計算を行いません
  • ダメージ計算は全てポケソル様を使用します

バルジーナについて

  • コンセプト及び種族値・性格・努力値

110/65/105/55/95/80 合計510
攻撃性能にほとんど種族値を割かない典型的な受けポケモンといった数値です。
序盤鳥でないため、ひこうタイプタイプのポケモンの中では合計種族値が比較的高め。
あくタイプタイプのほとんどが格闘抜群の中、等倍で受けられるのがえらい。物理が多い格闘タイプを安定して受けられる強みがある。
また、不意のとんぼがえりが抜群にならないのもえらい。
レギュレーションF使用率上位・不動の物理方面にランドロス(霊獣)ランドロス(霊獣)カイリューカイリューオーガポン(かまど)オーガポン(かまど)ウーラオス(れんげき)ウーラオス(れんげき)ハッサムハッサムがいるが、いずれも積み技を持ち、積まずともイカサマでメタれる。いわゆるトップメタの位置にいる。
イカサマ+ゴツメ+どくどくのダメージソースを最大限に稼ぎたいため、物理方面へ広く特化させたい。
はたきおとすを採用するため、Aに下降補正のかからないわんぱくにする。
基本的に一度対面で積ませてからイカサマとゴツメで削っていくほうが強いため、Sは重要視しないが、上を取れるならはたきおとすかどくどくを入れられる。
無振り80族というラインは、アタッカーならS全振りか、受けポケならHBDに特化しているかを種族値で判断できる絶妙なポジションにあるため、Sについては触れない。
以上の理由から、本育成論ではわんぱくHB特化を採用しています。

  • 特性

はとむね/ぼうじん/くだけるよろい(夢)
はとむねは受け崩しを防げるので意外と採用の余地あり。採用率が高いパオジアンパオジアンのわざわいのつるぎの影響も受けない。
ただし、本育成論においてはキノコのほうしを持つキノガッサキノガッサへの選出圧力を想定しているため、ぼうじんとしています。
くだけるよろいはこのポケモンが抜ける相手が増えたとしても火力が皆無であり他のポケモンの劣化にしかならないため採用しておりません。

  • 技構成

確定技
イカサマ/はたきおとす/どくどく/はねやすめ
他にも選択肢としてはちょうはつみがわりおいかぜうらみフェザーダンス等もありますが、イカサマの火力を上げるために基本的に積み技を積ませてから殴るかどくどくを入れるかのスタンスであるため、それぞれアンチシナジーがあり不採用としています。

  • テラスタイプ

物理フェアリータイプ技を搭載しているポケモンに強く出るため、かつこちらが毒を浴びると受けにくくなってしまうため、優秀な耐性を持つどくタイプを採用します。
はがねタイプも候補に挙がりますが、かくとうタイプ技への受けが不可能になるためおすすめしません。
また、後述する相性の良いポケモンとは軒並みじめんタイプ技が一貫するため、見せ合いの時点でじめんタイプ技を搭載していそうなアタッカーが複数いる場合は、3匹目でじめんタイプを半減以下に抑えるポケモンを選出する必要があります。

  • 持ち物

ゴツゴツメット
ダメージソースのため確定。

  • 良いところ

メジャーなサブウエポンであるじめんタイプ技が無効
Aに努力値を全く割かなくても物理ポケモンやBの低いポケモンへ安定したダメージを与えられる一致イカサマ持ち
サイクルや受け出しに圧力をかけるはたきおとす持ち
対高耐久ポケモンへのどくどく持ち
あくタイプタイプのため先制いたずらごころが無効
D無振りでもある程度耐える特殊耐久
参考
C特化ハバタクカミハバタクカミのムンフォ 確2

  • 悪いところ

ステルスロックが痛い
環境トップの特殊ハバタクカミハバタクカミガチグマ(アカツキ)ガチグマ(アカツキ)等高火力特殊アタッカーは無理
マリルリマリルリはテラスを切らないと無理
新600族のブリジュラスブリジュラスにはダメージレースで負ける
毒が通らずイカサマの火力も出ないドヒドイデドヒドイデキョジオーンキョジオーンは裏のポケモンで対処する必要がある

他ポケモンとの差別化

どくどく+一致イカサマ+はたきおとす+特性ぼうじんで差別化可能。環境にチョッキや特防振りも多く、非一致等倍10万ボルトや冷凍ビームを打つより、ゴツメが持てるバルジーナのほうがダメージソースが多いです。

飛行タイプ+はたきおとす+特性ぼうじんで差別化可能(ただし、あちらのほうができることはたくさんある)。居座らないのでサイクルにも組み込めます。

タイプは同じといえどやることが全く違うので差別化可能。

耐久面とはたきおとすで差別化可能。ダブルではこちらって感じです。

被ダメージ計算

  • 物理方面

ハチマキノーマルタイプテラスA特化カイリューカイリューしんそく
81 ~ 96 (37.4 ~ 44.3%) 確3
A特化カイリューカイリュースケイルショット5発
90 ~ 110 (41.5 ~ 50.7%) 乱2
A特化オーガポン(かまど)オーガポン(かまど)ツタこんぼう
76 ~ 90 (35.0 ~ 41.5%) 確3
A特化テラスオーガポン(かまど)オーガポン(かまど)じゃれつく
136 ~ 160 (62.7 ~ 73.8%) 確2
A特化テラスオーガポン(かまど)オーガポン(かまど)ツタこんぼう
148 ~ 176 (68.3 ~ 81.2%) 確2
A特化テラスオーガポン(いど)オーガポン(いど)ツタこんぼう
76 ~ 90 (35.0 ~ 41.5%) 確3
A特化ウーラオス(れんげき)ウーラオス(れんげき)すいりゅうれんだ
75 ~ 93 (34.5 ~ 42.9%) 確3
ハチマキみずタイプテラスA特化ウーラオス(れんげき)ウーラオス(れんげき)すいりゅうれんだ
156 ~ 186 (71.9 ~ 85.8%) 確2
ハチマキA特化ウーラオス(れんげき)ウーラオス(れんげき)インファイト
118 ~ 141 (54.4 ~ 65.0%) 確2
命の珠みずタイプテラスA特化ウーラオス(れんげき)ウーラオス(れんげき)アクアジェット
47 ~ 57 (21.7 ~ 26.3%) 乱4 5.32%
はがねタイプテラスA特化ハッサムハッサムバレットパンチ
54 ~ 64 (24.9 ~ 29.5%) 乱4 99.87%
ハチマキA特化ランドロス(霊獣)ランドロス(霊獣)ストーンエッジ
142 ~ 168 (65.5 ~ 77.5%) 確2
ハチマキみずタイプテラスA特化マリルリマリルリアクアブレイク
94 ~ 112 (43.4 ~ 51.7%) 乱2 10.54%
ハチマキAほのおタイプテラスA特化ウガツホムラウガツホムラフレアドライブ
146 ~ 172 (67.3 ~ 79.3%) 確2
命の珠B特化B6段階上昇ブリジュラスブリジュラスボディプレス
165 ~ 195 (76.1 ~ 89.9%) 確2
A特化キノガッサキノガッサマッハパンチ
27 ~ 33 (12.5 ~ 15.2%) 乱7 1.4%

  • 耐えられないためテラスを積極的に切りたい物理方面

A特化テラスオーガポン(いしずえ)オーガポン(いしずえ)ツタこんぼう
204 ~ 240 (94.1 ~ 110.6%) 乱1 56.25%
→テラス後 76 ~ 90 (35.0 ~ 41.5%) 確3
ハチマキみずタイプテラスA特化マリルリマリルリじゃれつく
268 ~ 316 (123.6 ~ 145.7%) 確1
→テラス後 50 ~ 59 (23.0 ~ 27.2%) 乱4 49.8%
ハチマキA特化パオジアンパオジアンつららおとし
212 ~ 252 (97.7 ~ 116.2%) 乱1 87.5%
→テラス後 106 ~ 126 (48.9 ~ 58.1%) 乱2 96.87%

  • 特殊方面

メガネC特化サーフゴーサーフゴーゴールドラッシュ
178 ~ 210 (82.1 ~ 96.8%) 確2
C特化ハバタクカミハバタクカミムーンフォース
188 ~ 224 (86.7 ~ 103.3%) 乱1 18.75%
メガネC特化ハバタクカミハバタクカミムーンフォース
284 ~ 336 (130.9 ~ 154.9%) 確1
C特化ガチグマ(アカツキ)ガチグマ(アカツキ)ブラッドムーン
186 ~ 220 (85.8 ~ 101.4%) 乱1 6.25%

  • イカサマのダメージ計算について

上述したとおりダメージレースに勝つための1つの手段であるため参考程度に。細かく計算はしておりません。
無振りカイリューカイリュー
87 ~ 103 (52.5 ~ 62.1%) 確2
無振りオーガポン(かまど)オーガポン(かまど)
90 ~ 106 (58.1 ~ 68.4%) 確2
H252振りマリルリマリルリ
27 ~ 33 (13.0 ~ 16.0%) 乱7 68.46%
B特化サーフゴーサーフゴー
84 ~ 98 (43.3 ~ 50.6%) 乱2 2.73%
H252振りランドロス(霊獣)ランドロス(霊獣)
96 ~ 114 (49.0 ~ 58.2%) 乱2 96.87%
無振りパオジアンパオジアン
46 ~ 54 (29.7 ~ 34.9%) 乱3 15.13%
無振りウーラオス(れんげき)ウーラオス(れんげき)
41 ~ 48 (19.9 ~ 23.2%) 乱5 99.97%
無振りハバタクカミハバタクカミ
76 ~ 91 (58.5 ~ 70.0%) 確2
無振りラティオスラティオス
152 ~ 182 (98.1 ~ 117.5%) 乱1 93.75%
無振りキノガッサキノガッサ
49 ~ 58 (36.3 ~ 43.0%) 確3

相性のいいポケモン

オーガポン(かまど)オーガポン(かまど)ヒードランヒードランウガツホムラウガツホムラデカヌチャンデカヌチャンミミズズミミズズ
など
バルジーナバルジーナのテラスタイプによってはじめんタイプほのおタイプかくとうタイプの弱点が一貫するポケモンが多いため、サイクルを組む際は注意が必要です。

  • まとめ

稚拙な文章を最後まで読んでいただきありがとうございました。
被ダメージ計算を見ていただいても分かるとおり、ハチマキA特化ですら確2にできる耐久を誇るため、流行している物理アタッカーに対して安易に受け出しできることがこのポケモンの強みです。逆に言うと、仮想敵に合わせて耐久調整されたポケモンほど積み技を持っていることも多いため、イカサマが刺さりやすい環境でもあります。このため、受けとエースを両立できるポケモンとして"受けエース"をタグ付けしました。
ダメ計等御要望ありましたら追加いたしますのでコメントお待ちしております。
辛口コメントもお待ちしております。

投稿日時 : 

最終更新日時 : 2024/01/31 23:01

バルジーナの他の育成論を探す (2件) >>

こちらもオススメ
バルジーナ夢の両受け! バルジーナ
おだやか / ぼうじん / アッキのみ
HP:252 / 防御:4 / 特防:252
どくどく / はねやすめ / バークアウト / てっぺき
ママンボウ万能・汎用・ママンボウ どんな構築に入れても活躍するサポートするポケモン
のんき / さいせいりょく / ゴツゴツメット
HP:252 / 防御:4 / 特防:252
クイックターン / こごえるかぜ / ミラーコート / ねがいごと
ボーマンダカイリューより安定した炎オーガポン受け! ゴツメマンダ
ようき / いかく / ゴツゴツメット
HP:228 / 防御:228 / 素早:52
ダブルウイング / じしん / りゅうのまい / はねやすめ

スポンサーリンク

コメント (4件)

  • ページ:
  • 1
24/02/01 18:15
1イア (@aidmpodcast)
投稿お疲れ様です。
物理受けとしてでの採用としてあっていますでしょうか。
物理受けとしての採用であるなら安定しないと思われます。
現環境の物理atの代表でカイリューオーガポンパオラオスは火力アップアイテムの可能性や弱点をついてくる可能性があり受け出せる可能性が高いとは言えないです。
また、カイリューやオーガポンのアンコール等まで考えると逆に起点化する可能性まで考えられます。
このタイプポケモンだとアーマーガアがある程度の位置にランクしていますが、それも物理受けよりからクッションと言われるものに近いかと思います。そのため物理受けそのものが環境的にキツいです。

イカサマどくどくは魅力的かと思いますが受けとしての観点で採用に至るにはかなり厳しいものがあるかと考えます。
24/02/02 06:03
2もやし (@Ende_der_Welt0)
>>1
イア様
コメントありがとうございます。

おっしゃるとおり、単純な物理受けと考えてしまうと数値耐性ともに不足しています。火力インフレにより受けループ構築の面々であっても厳しい環境です。
その環境の中でこのポケモンの出番はないです。マイナーポケモンたるゆえんですね。

マイナーであるが故に読まれにくいことをこの育成論のメインテーマとしているわけです。

ダメ計は全て、そのポケモンの持つ技の中の最大火力を記載していますのでご確認ください。
ご指摘いただいたアーマーガアとの比較ですが、このポケモンは被等倍範囲が広く流し技も持っていないので耐久性能からするとそもそもクッションはできないという認識でいます。相手からすると「ゴリ押しできるポケモン」と思われがちです。
またアーマーガアにはイカサマがないため基本的にミラーアーマーの保証下で積んで殴るといった自己能力に完結しています。そのため居座り性能を上げるための耐久や耐性と認識しています。
対してこちらはそもそも居座らないので、サイクルの中での物理技への半減の受け出しを想定しているところやイカサマの火力が他者依存であることから対面操作しませんので(むしろ罠にはめるような感覚ですね)、根本的に異なるかと思います。
ただちょっと私の受け出しに関する書き方が悪かったですね。消し炭になるだけなので脳筋で安易に受け出しはできないです。過日表現の修正をしておきます。

SVは今シーズン最終2日、マスボ級200戦程度の試行回数ですが、例えばカイリューとの対面であれば、一回竜舞積まれてもテラス神速逆鱗どれも耐えるので、ゴツメでマルスケを削りイカサマで確1といった動きで相手の意表をつけることが多々あったので(このダメ計を書くとキリがないので載せてないのですが)、マイナーポケモンでカイリュー落として裏のポケモン1体見られるの、ジャイアントキリングでめちゃくちゃアツいじゃないですか。
24/02/16 11:21
3珠持ちタマタマ
単純に面白い育成論ですね。
オムツ履いてたポケモンが活躍できるなんて
なんかポケモンってロマンがあるなと思いました。
24/02/16 18:24
4イヌビス (@2cjPxhSzKm17430)
はとむねの効果は防御のランクを下げられないなので防御ランクを下げる効果ではないわざわいのつるぎは対象外ではないでしょうか
ためしにブルーベリー学園のダブルでパオジアンとはとむねスワンナ出してみたら無効化メッセージも出なかったですし
  • ページ:
  • 1

削除キー:


コメントを投稿

補足やアドバイス、間違いの指摘などにお使いください(半角5000文字まで)。育成論に直接関係のないコメントは書き込まないでください(育成論を求めてこのページを訪れた第三者のユーザーに関係のない書き込みすべてが削除対象です)。また、育成論の削除を強要することは運営ポリシー違反であり運営妨害です。削除が必要かどうかは管理者が判断しますので、管理者に直接ご連絡ください。

※評価はポケ徹サービスにログインする必要があります。

名前: 

本文:

削除キーは自分でコメントを削除する際に必要になります。

削除キー:


この育成論のフォークを投稿する >>

修正・削除(投稿者用)

この育成論を修正あるいは削除する場合は、管理用パスワードを入力して「修正・削除」ボタンをクリックしてください。