ナッシー- ポケモン育成論SV

【必殺の収穫イバン】超念動力日輪砲(アルティメットエターナルバースト)

2024/01/30 02:20 / 更新:2024/02/18 18:46

ナッシー

HP:HP 95

攻撃:攻撃 95

防御:防御 85

特攻:特攻 125

特防:特防 75

素早:素早 55

ツイート4.624.624.624.624.624.624.624.624.624.62閲覧:1602登録:5件評価:4.62(7人)

ナッシー  くさ エスパー  【 ポケモン図鑑 】

性格
おだやか(特防 攻撃)
特性
しゅうかく
努力値配分(努力値とは?)
HP:116 / 特攻:140 / 特防:252
個体値:31-0-31-31-31-31
実数値:185-90-105-163-139-75 (素早さ比較)
覚えさせる技
テラバースト / ワイドフォース / サイコフィールド / こらえる
持ち物
イバンのみ
テラスタイプ
ほのお

スポンサーリンク


ルール
指定しない
このポケモンの役割
特殊アタッカー
登録タグ

考察

はじめに

こんにちは。kasaiと申します。
15投稿目になります。よろしくお願いします。
今回は収穫+イバンナッシーナッシーナッシーを紹介します。

今回の型を紹介するに先立って、まずは
幻の『はんすう』+『イバンのみ』について話さなくてはなりません。
本編から読まれる方は目次から「本編ー収穫イバンナッシーナッシーナッシー」の欄へ飛んで下さい。

  • プロローグ

ー悲劇のはんすう+イバンリキキリンリキキリンリキキリン

その昔、特性『はんすう』がちょっとした話題になった事がありました。
SNSでの話題とは、『はんすう』でイバン2回使えるの強くね?というものです。
そう、やっぱりそう考えますよね。
かく言う私もその1人。

型も考えました。

リキキリンリキキリンリキキリン 
特性『はんすう』 持ち物『イバンのみ
技構成『ツインビーム』『わるだくみ』『サイコフィールド』『こらえる

理想ムーブとしては、
わるだくみ』→『サイコフィールド
(まだ体力がイバン圏外なら『こらえる』)

そしてイバン発動からの最強『ツインビーム』で敵を粉砕!!
サイコフィールドで威力が上がり、先制技を封じる為イバンにより必ず上から動ける必殺の一撃!!

→更に次ターン!『はんすう』によりイバン再始動からの最強『ツインビーム』で2体目をも粉砕!!!

何という強さ…っ!何というロマン!!
最強の『ツインビーム』の連装砲!
名付けて!

『超念動力双滅砲』(アルティメットツインキャノン)!!!!

なんてかっこいいんだ…

意気揚々と『はんすうリキキリンリキキリンリキキリンを育成し、さあ努力値の調整をどうしようかと調べていた矢先、ある書き込みが目に入ってしまいました。

はんすう』はターン終わりに発動して食べる効果だから、イバンと合わせても意味ないらしい、と。

なんて事をしてくれるんやゲームフリーク。

…かくして、『超念動力双滅砲』(アルティメットツインキャノン)は幻の秘技として、私の没ボックスの肥やしとなったのでした。

しかし、私は諦めていませんでした。
超火力先制連撃のロマンがここで潰えてなるものか!
碧の円盤解禁時、内定された奴の技リストを見て悦びに打ち震えたのを覚えています。
夢はまだ終わっていなかった…!
俺たちにはナッシーナッシーナッシーがいるじゃないか!と。

本編ー収穫イバンナッシーナッシーナッシー

という事で型紹介に入ります。
基本は『こらえる』→『イバンのみ』からの先制攻撃で敵を撃ち倒す形になります。

キュウコンキュウコンキュウコンの『ひでり』からの『わるだくみ』→『バトンタッチ』でナッシーナッシーナッシーへ繋ぎます。
そして自ら『サイコフィールド』を展開し準備完了です。

にほんばれ』状態で『しゅうかく』を確定で発動させ、『サイコフィールド』で敵の先制技を封じます。

攻撃技は
炎『テラバースト』(晴れ補正×1.5倍、テラスタルで×1.5倍)
ワイドフォース』(フィールドにより威力×1.3倍、さらに技特性により×1.5倍)

の二刀流!

こらえる』→『イバンのみ』からの超火力で敵を粉砕し、ターン終わりに確定でイバンをしゅうかく!!

一撃で敵を撃ち倒す限り何度でもしゅうかく!
何度でも先制!!
何という強さ!!何というロマン!!
名付けて!!!

『超念動力日輪砲』(アルティメットエターナルバースト)!!!!!

美しい…

こんな脳汁が溢れるコンボはいつぶりでしょうか…
これが大人が本気で考えた超ロマン砲です。
使いたくなったでしょう??

持ち物

イバンのみ
コンセプトのため、確定です。

特性

しゅうかく

コンセプトのため、確定。

性格・努力値と調整

正直まだベストな調整を見つけてません。
調整基準は「一撃耐える事」「残りは出来るだけ火力に回す事」です。

『おだやか』
H116 C140 D252

ほのおタイプテラスを切れば弱点は一貫しないので、「等倍で吹っ飛ばしてくる超火力」さえ耐えれば、『サイコフィールド』を貼る猶予は確保できると考え、ガチグマ(アカツキ)ガチグマ(アカツキ)ガチグマ(赫月) のノーマルタイプテラス『ブラッドムーン』確定耐えとしました。

補足追記:何故等倍ダメージのみ考慮しているか
(だいぶ長いので興味ない方は飛ばして下さい)

調整において、何故弱点ダメージは考慮せず等倍のみ考慮しているかについて補足します。

理由は端的には、
・弱点技持ちに対してはほのおタイプテラスで受ける為
くさタイプ エスパータイプに抜群の攻撃はほのおタイプに等倍以下である為
・そしてこのナッシーナッシーナッシーが攻撃を耐える必要があるのは、『サイコフィールド』を撃つ1ターンのみである為(厳密にはキュウコンキュウコンキュウコンが先行バトンしたターンも含むが)
そこさえ耐えればそれ以降弱点も何も関係ない為です。

→それは何故か?といいますと、
この型の理想とする展開において、
サイコフィールド』を撃った時点でもう試合は半分決着してるからですね。
サイコフィールド』下のイバンは100%上から動けます。(まもる等一部の技を除いて)
なのでそれ以降の展開は、「ナッシーナッシーナッシーが上から3発殴って、相手は誰か1匹でも1発耐えたら勝ち、耐えなければ負け」という2択だけの勝負になってしまいます。
相手は一応技選択をしますが、その技が発動する事はありません。相手の火力なんてもう関係ないのです。
相手の勝ち筋も、「1発耐える」以外にありません。
そういうゲームになります。

そう割り切っているからこそ、
下準備要員の仕事は
「相手をナッシーナッシーナッシーの1撃圏内に入れるよう削る事」と
ナッシーナッシーナッシーの火力を上げる」事。
そしてナッシーナッシーナッシーの仕事は
「相手に何もさせずに3タテする」事。
そのためには「何がなんでも『サイコフィールド』を撃つターンを誤魔化し切る」事。となります。

弱点はテラスを切れば1ターンなら誤魔化せます。
故に「等倍前提の最大火力」『ブラッドムーン』を調整基準としたわけです。

技構成

テラバースト』炎(確定)
ワイドフォース』(確定)
サイコフィールド』(選択)
こらえる』(確定)

この型なら確定。
最初『サイコフィールド』はサケブシッポサケブシッポサケブシッポによる外注だったので、その時は『めいそう』でした。
お前なんでその顔で『わるだくみ』覚えへんねん。

つるぎのまい』は覚えるので確か『めいそう』よりは物理型の方が僅かに威力はでます。
が、『ワイドフォース』の技威力が魅力的なので流石に特殊型にしました。

ソーラービーム』(選択)
タイプ一致ですので弱くは無いです。
ただし『ワイドフォース』と組むとはがねタイプに打点が無く、等倍範囲の広さから今回はほのおタイプ エスパータイプ技に軍配が上がりました。

追記:

ごめんなさい見逃してました。
ナッシーナッシーナッシー君『せいちょう』覚えますね。
わるだくみ』を覚えないので仕方なくバトン型にしたのですが、晴れ前提なんだから『せいちょう』で十分ですよね。
という事で、以下がサケブシッポサケブシッポサケブシッポの
にほんばれ』→『サイコフィールド』→『ミストバースト』からコンボに繋げるルートにおける技構成です。

テラバースト』炎(確定)
ワイドフォース』(確定)
せいちょう』(選択)
こらえる』(確定)

こっちのがイバン無双開始は安定します。が、3タテしようとすると最後の1匹と対峙する時『サイコフィールド』は切れてるので注意。

テラスタル

ほのおタイプ
にほんばれ』を活かしながらナッシーナッシーナッシー が打点を持ちにくいはがねタイプへの打開策になる本構築のキモ。

与ダメージ計算

下記状態で一撃で落とせるか否かがこの型の根幹となります。
落とせない範囲はステロ等で事前に削っておく必要があるとお考え下さい。

[炎テラバースト](晴れ補正有り+C2段階上昇)

ハバタクカミハバタクカミ(H252)確1
オーガポンオーガポン(H252)確1
ランドロス(霊獣)ランドロス(霊獣)(H252)確1
ブリジュラスブリジュラス(H252)確1
ガチグマ(アカツキ)ガチグマ(アカツキ)(H252)確1

イーユイイーユイ(H無振り)(60.0〜71.6%)確2
ディンルーディンルー(H252)(63.0〜74.5%)確2

[ワイドフォース](フィールド補正有り+C2段階上昇)

ハバタクカミハバタクカミ(H252)確1
カイリューカイリュー(H252マルスケ無し)確1
ランドロス(霊獣)ランドロス(霊獣)(HD252)確1
ブリジュラスブリジュラス(H252)確1
ガチグマ(アカツキ)ガチグマ(アカツキ)(H252)確1

ラティオスラティオス(H252)確2(58.9〜69.6%)
ラティアスラティアス(H252)確2(51.4〜60.5%)

被ダメージ計算

vs ガチグマ(アカツキ)ガチグマ(アカツキ)ガチグマ(赫月)
(C252+性格補正有り+持ち物効果なし)

ブラッドムーン 156〜184(84.4〜99.5%)確2

vs ハバタクカミハバタクカミハバタクカミ
(C252+性格補正無し+持ち物効果なし)
シャドーボール 122〜146(66.0〜79.0%)確2

vs テツノツツミテツノツツミテツノツツミ
(C252+性格補正無し+持ち物なし)
フリーズドライ 102〜120(55.2〜64.9%)確2

vs カイリューカイリューカイリュー
(A252+性格補正有り+持ち物なし)
スケイルショット5回 140〜170(75.7〜91.9%)確2

苦手なポケモン

ほのおタイプ エスパータイプを両方半減にする複合タイプ。
流石に一撃では落とせず、一撃で落とせない=負けなので、事前準備段階で処理しておきましょう。

相性の良い味方・構築例

下準備その1。
ステルスロック』『ふきとばし』で相手の控えを見てほのおタイプ エスパータイプの通りを確認しながら削りを入れます。
特殊高耐久や、上記の半減タイプを見つけたら『カタストロフィ』で削っておきましょう。
何せこのコンボは一撃圏内に入れる事がが生命線です。

下準備その2。
にほんばれ』展開と『わるだくみ』→『バトンタッチ』を両立する本コンボの根幹。

追記:

オススメの調整はH20B244S244おくびょう
晴れ補正込みでいじっぱり水ウーラオス(いちげき)ウーラオス(いちげき)の『すいりゅうれんだ』+『アクアジェット』耐え調整。

ディンルーディンルーを水ウーラオス(いちげき)ウーラオス(いちげき)で倒させる事で、『わるだくみ』+『バトンタッチ』の起点にできます。
また『アンコール』を持たせる事で積み技等を咎め、『アンコール』してくるカイリューカイリュー 等、「こちらのプランを妨害してくる動きを妨害」する事ができます。

選択肢。
にほんばれ』発動で耐久が上がり、その後の『サイコフィールド』展開も安定させ、最後は『ミストバースト』で退場もできる優秀な下準備要員。

選出画面でかくとうタイプによる過剰な主張を行い、あくタイプタイプを牽制します。選出しなくても良いんです。
ここから勝負は始まっています。

終わりに

いかがだったでしょうか。
かつて『はんすう』に謀られた無念からずっと燻ってた想いを、やっと吐き出す事ができました。
これも今作まで駆けつけてくれた戦友ナッシーナッシーナッシーのおかげです。
そういえば小学生の頃、初代ポケモン時代に、凶悪なデザインから「コイツは強い」と確信させ、ウツボットウツボットウツボットを押し退けて初の殿堂入りメンバーに選ばれた、思い出深い相棒のはずでした。
対戦環境で空気すぎて、実際内定するまで忘れてたなあ。

年甲斐もなくはしゃいでしまいました。
少し疲れた…
ただ、今までで1番、書いてて楽しい育成論でした。

それでは最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

投稿日時 : 

最終更新日時 : 2024/02/18 18:46

こちらもオススメ
マルノーム【起点作成型】速攻でイバンの実を食べるマルノーム
わんぱく / くいしんぼう / イバンのみ
HP:252 / 攻撃:4 / 防御:196 / 特防:4 / 素早:52
はたきおとす / どくびし / アンコール / みちづれ
ジバコイルジバコイル、イバンをかじる
ひかえめ / がんじょう / イバンのみ
HP:252 / 防御:4 / 特攻:252
10まんボルト / ラスターカノン / でんじは / ミラーコート
ダイノーズ奇襲型ダイノーズ、マイナーでも環境トップに対抗出来るんだぞ!
のんき / がんじょう / イバンのみ
HP:200 / 防御:252 / 特攻:56
ステルスロック / ヘビーボンバー / ボディプレス / 10まんボルト
投稿者の前後の育成論

スポンサーリンク

コメント (2件)

  • ページ:
  • 1
24/01/30 20:21
1コッペぱん (@pokeeheaven)
44444
なかなか面白いと思いましたが、サポートありきでもこのナッシーナッシーにそこまでの制圧力はなく、似たようなことができて単体で完結してる襷グレンアルマグレンアルマとの差別化が厳しいように感じます。突破力が足りない以上サポートありきで使うよりかは、こちらもある程度単体で選出できるような構成も別枠としてでもあると良いと思いました。

テラバーストの枠にねむりごなを採用してはどうでしょう。
先制技のない相手に対してこらえる→ねむりごな(当てる前提)と入ることでサイコフィールド展開にも繋げやすく(最速起き非考慮)、眠りターンを稼ぐことで晴れ下でなくともイバンのしゅうかく確率をあげることが出来ます。ワイドフォース1ウェポンになりますが、悪鋼の相手にはねむりごなを撃ってから裏に引くことで後続の負荷を軽減できますし、イバンを収穫した状態で引ければ再度ナッシーナッシーが展開することも可能です。かなり運の絡むポケモンにはなりますが単体でも十分運用できる性能にはなってると思います。

あと調整に関してですが、流石にノマテラブラッドムーンを受けるよりはウーラオス(いちげき)ウーラオス(いちげき)ランドロス(霊獣)ランドロス(霊獣)のとんぼがえりを受ける回数のが多いと思うのでそちらを調整先にした方が良いと思います。
24/01/30 23:27
2kasai (@kasai13443595)
こっぺパンさん

コメントありがとうございます!

この型は端的に言えば、「相手がブーストハバタクカミハバタクカミだろうと誰だろうと、100%上から殴り続けられる為、耐えられたら負け、耐えられなければ勝ち」と割り切ってる型になります。ですので、恐らく『くだけるよろいグレンアルマグレンアルマとはまた別物であり使いやすさは仰る通りグレンアルマグレンアルマが遥かに上でしょう。

ご提案は、「何もさせずに3タテ」というルートは切って、「耐えられる場合」を考慮して柔軟な立ち回りが出来るようにしたカスタマイズですね。
ねむりごな』で収穫の時間を稼ぐのは面白いですね!別の型としてになりますが、是非参考にさせていただきます!

また、調整基準で「何故弱点は考慮せず等倍ダメージのみを考慮しているか」については本文の方に補足を追加します!
ちょうど私も説明不足を感じていて、どう補足したら分かりやすいかを考えていた所ですので。
この型の理念についても触れているので是非そちらもご参照ください!

貴重なご意見、評価ありがとうございました!
  • ページ:
  • 1

削除キー:


コメントを投稿

補足やアドバイス、間違いの指摘などにお使いください(半角5000文字まで)。育成論に直接関係のないコメントは書き込まないでください(育成論を求めてこのページを訪れた第三者のユーザーに関係のない書き込みすべてが削除対象です)。また、育成論の削除を強要することは運営ポリシー違反であり運営妨害です。削除が必要かどうかは管理者が判断しますので、管理者に直接ご連絡ください。

※評価はポケ徹サービスにログインする必要があります。

名前: 

本文:

削除キーは自分でコメントを削除する際に必要になります。

削除キー:


この育成論のフォークを投稿する >>

修正・削除(投稿者用)

この育成論を修正あるいは削除する場合は、管理用パスワードを入力して「修正・削除」ボタンをクリックしてください。