dummy

ポケモンパーティ構築(シングル)

S12シングル:レート1800達成!ヌケニンを愛する者の、『雲を見つめる』トリル軸構築

2020/12/02 01:00 / 更新:2020/12/02 19:47

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★ loadingいいね! 閲覧数:12931  いいね:56

投稿者:うっつ//ヌケニンは大事に使って(@pokepoke_uttsu)

シングル / シーズン12 / 最終1670位

レンタルチーム有

初めまして。うっつと申します。
今回は、剣盾からランクマをはじめた初心者が、初めてレート1800を達成することができた構築を紹介したいと思います。
構築記事を書くのは初めてですので、暖かい目で閲覧してくださると嬉しいです。

スポンサーリンク

使用ポケモン

最高の相棒(しょうしの証)
ステルスロックや天候ダメージで落とされるため、カバルドンカバルドンランドロス(化身)ランドロス(化身)バンギラスバンギラスあたりが相手の構築にいた段階で選出優先度は低くなってしまう。ただ、相手の選出を絞らせる大事な役目を担ってくれている、とても優秀なポケモン。
相手のダイマ軸がブリザポスブリザポスメタグロスメタグロスである場合は積極的に選出。特にブリザポスブリザポスクレセリアクレセリアの並びに対しては、全てのポケモンの中で一番有利だと言える自信がある。
今期から、やはり選出できる場面は少なくなってしまったヌケニンヌケニンだが、選出できた試合はほぼ勝利することができた。やはりこの子がいないとポケモンは始まらない。おねむなヌケニンは可愛すぎる。
自慢の色証(曇天)!
主にトリックルーム要員。ドヒドイデドヒドイデ並の高耐久で相手の攻撃を耐えてからトリックルームを発動、メテオビーム→高火力ミストバーストで退場が可能。
余裕のある時にはステルスロックを撒くこともできるが、パワージェムやムーンフォースが欲しい場面の方が多かったため調整が必要かも。
トリックルーム・メテオビーム・ミストバーストの3つの技を覚えるのは、メレシーメレシーの他にミュウミュウディアンシーディアンシーのみ。マイナーだからと侮っていると、意外な高火力技に度肝を抜かれるだろう。
生粋のトリルアタッカー
剣盾でボディプレスを習得したことにより、新たな高火力を手に入れたポケモン。
主にトリル下でのお掃除役。タイプ一致ジャイロボールは、威嚇込みでH252ランドロス(化身)ランドロス(化身)を確定2発まで持っていくことができる。
世間では性格さみしがりの、ビーストブーストA上昇なるものが考察されているようだが、不一致4倍弱点なら1発は耐えられる高耐久を無駄にする必要は無いと思う。
相手の構築によってメレシーメレシーと組ませることができない時のため、自身にもトリックルームを内蔵した。
〜飴のあげ忘れによりダイマレベルが8のまま戦わせていたのはまた別のお話〜
受けループ破壊
Hは、ヌオーヌオーのC4振り熱湯を身代わりが耐え、食べ残し回復量が最大となる16n+1の最小値に設定。ダウンロード調整のためDに4振る。努力値のあまりが6となってしまうが、他に振る場所がないため放置した。他に良い調整がありそうなので検討が必要。
受けループが少なかったためあまり選出に絡むことはなかったが、選出した際には毎回活躍してくれた。後述するドラパルトドラパルトの苦手なポリゴン2ポリゴン2やその他ノーマルタイプへの牽制にもなったため、見せ合いの段階でとても活躍していたと信じている。
ちなみにこの子にも、曇天の証がついている。飛べサンダー。原種なんかに負けるな。
相手の初手に来やすい起点づくりポケモンを粉砕する、ダイマ前提高火力アタッカー。
レジエレキレジエレキ始点などの壁構築に対して強く出られるよう特性はすりぬけ一択。そのためランドロス(化身)ランドロス(化身)の威嚇で止まらないよう特殊型に決定した。
技構成は、ランドロス(化身)ランドロス(化身)カバルドンカバルドンへの打点となるハイドロポンプ、ラグラージラグラージカプ・レヒレカプ・レヒレへの打点となるソーラービーム、後手から出てくる相手のダイジェッターに対する行動保証となる破壊光線、タイプ一致技のシャドーボール。
ダイバーンが欲しい場面もあったが、大体この4つで完結させられると思う。
このポケモンがいなければ、ここまで高いレートにはならなかったと断言できる。
以前から使っている最凶のクマ
ウオノラゴンウオノラゴンに後出しから鉄壁を積むことができ、このポケモンに打点のある特殊アタッカーがいなかった場合は即降参をもらえる。
パーティ単位で重いウーラオス(いちげき)ウーラオス(いちげき)も起点にでき、数で有利をとることができれば、眠るによるTODも狙うことが可能。
ダイサンダーを持っていないウーラオスであれば、対面で負けることはない。
ちなみに、タイプ一致でボディプレスを打てるのは、他にルチャブルルチャブルキテルグマキテルグマジャラランガジャラランガのみである。

戦術と解説

選出

選出は、基本ドラパルトドラパルトメレシーメレシーツンデツンデツンデツンデで終わる。
相手にポリゴン2ポリゴン2がいる、ブリザポスブリザポスクレセリアクレセリア構築が見える、受けループの場合は、それぞれに適したウーラオス(いちげき)ウーラオス(いちげき)ヌケニンヌケニンサンダー(ガラル)サンダー(ガラル)を絡める。
こちらの初手ドラパルトドラパルトは相手に一番打点のある技を打っていれば良い。相手の初手をワンパンできた場合、後発のダイジェッター(サンダーサンダーファイヤー(ガラル)ファイヤー(ガラル)カイリューカイリューボーマンダボーマンダなど)に対してはダイアタックから入ることで2回の行動を可能にし、微妙に火力の足りないメレシーメレシーのメテオビーム圏内に押し込む。
メレシーメレシーは、トリックルーム→メテオビーム→ミストバーストでお仕事完了。+1メテオビームは、あの特殊耐久の高いファイヤー(ガラル)ファイヤー(ガラル)でさえも、H4振りであれば乱数75%まで持っていくことができる。
C種族値50でこの強さ。ウツロイドウツロイドが強いことは言うまでもない。
あとはミストバーストしてツンデツンデツンデツンデのお掃除タイム。

構築経緯

今期から準伝説が使用可能となり、尖ったポケモンを使いたかった私はツンデツンデツンデツンデに目をつけた。はじめはトリックルーム要因をタブンネタブンネにし、初手ダイマから癒しの願いコンボを使用していたが、とあるインチキサッカー選手にボコボコにされることが多かった。また、ダイマックス状態であったとしても、4倍弱点を2度耐えられるほどの耐久はないため、不安定なものだった。
そこで出会ったのが、雲を見つめる色証メレシーメレシーメレシーだった。
頑丈での行動保証、ダイジェット環境に通りの良いタイプ一致メテオビーム、さらにミストバーストによる自主退場。これにより、ほとんどの確率で相手のポケモンを1体持っていけることがわかった。こう考えると、ダイマ枠を別のポケモンに渡し、2番手メレシーメレシーでのトリックルームがツンデツンデツンデツンデを最も活躍させられる舞台になると考え、ダイマアタッカーを検討するに至る。

はじめに、エースバーンエースバーンをカモるための弱点保険テッカグヤテッカグヤを使用してみたが、相手のプレイに依存する場面が多く、結局少しずつ削られると弱保の発動もなく、高火力を押し付けられないことが多かった。さらに、カバルドンカバルドンラグラージラグラージランドロス(化身)ランドロス(化身)カプ・レヒレカプ・レヒレへの打点が乏しく、またステロあくびループを抜け出す手段が限られていたため、他のポケモンを考察。このような起点づくりポケモンへの打点となりやすいダイソウゲンとダイストリームを、高火力で上から打ち込めるドラパルトドラパルトにたどり着いた。シーズン終盤での採用ではあるが、サンダー(ガラル)サンダー(ガラル)を構築に組み込んだことで初手カプ・レヒレカプ・レヒレを呼びやすくし、確実にドラパで1体仕留められる環境を作ることができたと思う。

終わりに

ここまで記事を見てくださったみなさま、ありがとうございました。
初めての構築記事なので、拙い部分や余計に長ったらしく書いてしまった部分もあると思いますが、ご容赦を。
もし興味が湧いた方は、下にレンタルコードを貼っておくので使用してみてください。
シーズン終盤は潜るのが怖く、初の高順位に満足してしまったため最終日の対戦数は少なくなってしまったが、10連勝で幕を閉じることができたことは誇れる気がする。来シーズンは第2の相棒であるモスノウモスノウも構築に組み込んであげたい。

それでは。    

うっつ

〜追伸
この構築で一番楽しい瞬間は、ドラパルトドラパルトがダイソウゲンを打つ時、草種が出てくる部分と口が少しずれているのを眺めている時です。

レンタルID

「うっつっつ」
0000 0006 PXR1 WM

投稿日時 : 2020/12/02 01:00

最終更新日時 : 2020/12/02 19:47

スポンサーリンク

コメント(0件)

コメントはまだありません。

コメントを投稿

投稿者のアカウントが削除され、最終更新日から30日以上経過した育成論にはコメントできません。

スポンサーリンク

dummy