ポケモンパーティ構築(シングル)

【レギュE・シーズン11】天候とフィールドを味方につけろ!キタカミ純正晴れパ!【レンタル有】  

2023/10/02 02:06 / 更新:2023/10/12 20:58

★★★★★★★★★★★★★★★★★ loadingいいね! 閲覧数:9470  いいね:16

投稿者:アイビー(@ynu_snivy0508)

ポケモンSV / シングル / シーズン11

レンタルチーム有

はじめに

閲覧ありがとうございます。
パーティ構築投稿は3作目になります。よろしくお願いします!

この構築は、天候にほんばれをフル活用して戦うギミックパーティーです。

このパーティーの立ち回りは一通りのみ!

  1. イエッサン♀イエッサン♀orマタドガス(ガラル)マタドガス(ガラル)が初手で場を整える
  2. キュウコンキュウコンorコータスコータスでひでりを展開し、エースに繋ぐ
  3. オリーヴァオリーヴァorオーガポン(かまど)オーガポン(かまど)が晴れ下で暴れて3タテ!!
  • 選出基準と詳しい立ち回りについては、後述する『戦術と解説』に載せています。

起点作り・ひでり展開・エースの3つに明確に役割が分かれているため、選出や立ち回りで悩むこともありません。
初心者でも使いやすい、気軽に楽しめるパーティーです。キミも今日から晴れパの使い手だ!!

修正ログ

2023/10/06
キュウコンの調整を以下のように変更しました。

  • テラスタイプ:ほのお→あく
  • 技構成:ウェザーボール→バークアウト

レンタルチームID

変更前→「W5LY32」
変更後→「7SLFW1」
ぜひ、たくさんの方に実際に使っていただいてアドバイスをいただければと思っています!お気軽にレンタルどうぞ。

スポンサーリンク

使用ポケモン

特徴・役割

起点作り要員その1。
特性サイコメイカーにより、場に出た瞬間にサイコフィールドを展開!相手の先制技を全て無効化し、純粋な素早さ勝負に持ち込むことができます。
さらに両壁トリルでひでり要員のサポートもできる偉い子です。
筆者の推しポケです

立ち回り例

  1. トリックルーム
  2. (相手に合わせて)どちらかの壁を貼る
  3. いやしのねがい

ほぼこの動きでOKです。この後にコータスを死に出しすれば、ちょうどトリルは残り2ターン。コータスが上からステロあくびをしてエースの起点を作れるようになります!

  1. どちらかの壁を貼る
  2. キュウコンに素交代

トリルは必要ありません。キュウコンの『だっしゅつボタン』を発動させてそのままエースに繋ぐため、いやしのねがいをせずにそのまま交代します。

努力値調整の意図

素早さの個体値2かつ下降補正により、S実数値は81。トリル下で無振り61族以上に先手を取ることができます。
耐久は以下の仮想敵を考慮して振り分けています。トリルも壁も貼れずに一撃で倒されることはほぼありません!

オーガポン(いしずえ)オーガポン(いしずえ)
A特化
ツタこんぼう
いわタイプテラス
83.6%〜99.6%
確定2発
ウーラオス(れんげき)ウーラオス(れんげき)
A特化
すいりゅうれんだ
みずタイプテラス
84.8%〜101.7%
乱数1発(0.24%)
ガチグマ(アカツキ)ガチグマ(アカツキ)
C特化
ブラッドムーン
ノーマルタイプテラス
82.4%〜97.1%
確定2発
被ダメージ計算(耐える)
オーガポン(かまど)オーガポン(かまど)
A特化
ツタこんぼう
ほのおタイプテラス
124.2%〜146.8%
確定1発
パオジアンパオジアン
A252
じごくづき111.8%〜132.2%
確定1発
イーユイイーユイ
C特化
あくのはどう102.8%〜122.0%
確定1発
被ダメージ計算(耐えない)

苦手な相手

  • この世のすべての『ちょうはつ』を使ってくるポケモン

最悪サイコフィールドさえ展開できればいい…とも言えるが、自主退場も壁も封じられるのは流石にキツイ。ただし、オーロンゲオーロンゲのちょうはつは特性で先制技になるので無効だ!

  • イエッサンを上から一撃で倒してくるポケモン

何もできずに倒されると、そのまま3タテ…なんてことも。上のダメ計で「耐えない」に入っているポケモンがいたら、マタドガスに先発を任せた方がいいかも。

特徴・役割

起点作り要員その2。
特性ミストメイカーにより、場に出た瞬間にミストフィールドを展開!あらゆる状態異常が無効になり、流行りの電磁波もポイヒグライオンもガッサのほうしも完封です。先発に出すだけで圧倒的な安心感!
技も優秀なものが揃っていて、相手を妨害しつつこちらのギミックを通しやすくしてくれます。どうしようもなくなったら爆発しましょう

立ち回り例

  1. (必要なら)ちょうはつ
  2. おきみやげ

ミストフィールドの効果でコータスのあくびが無効化されてしまうため、あまり相性のよくない2匹です。が、状態異常無効もステロも欲しい…!という場合にはこの選出になることもあります。おきみやげの効果で多少の猶予が生まれるのが救いか。

  1. ちょうはつ
  2. キュウコンに素交代

この2匹は相性バツグンです。1ターン目にちょうはつを打つことにより、2ターン目に相手は必ず攻撃をしてくるので確実にキュウコンのだっしゅつボタンを発動でき、エースを日照り下で無償降臨させられます!

努力値調整の意図

S実数値は108で、4振り86族抜きまで振っています。初手キラフロルキラフロル対面で上からちょうはつをしてステロを封じる狙いがあります。
また、タスキを貫通して攻撃してくるウーラオス(れんげき)ウーラオス(れんげき)を警戒して耐久調整を行なっています。

ウーラオス(れんげき)ウーラオス(れんげき)
A特化
すいりゅうれんだ
みずタイプテラス
83.5%〜99.4%
確定2発
被ダメージ計算

余った分はCに詰め込み、さらにC補正をかけています。ミストフィールド下でのミストバーストは威力1.5倍!先発の高耐久ポケモンをヤケクソ大爆発で吹き飛ばすこともできます。

ミストバースト
ミストフィールド
コノヨザルコノヨザルH252100.4%〜119.8%
確定1発
ミストバースト
フェアリータイプテラス
ミストフィールド
ディンルーディンルーH25293.1%〜109.9%
乱数1発(56.2%)
与ダメージ計算

苦手な相手

  • サーフゴー

おうごんのからだとかいうチート特性のせいで、サーフゴーの前ではこいつは爆発することしかできない哀れな生物と化します。みちづれでワンチャン狙うこともできますが、交代を誘発するためキュウコンのだっしゅつボタンとの相性がよくありません。

  • 先制技主体のパーティー

ハッサム、カイリュー、ミミッキュ、マリルリなど強力な先制技を持つポケモンがいる場合は、エースが動きにくくなるためイエッサンに先発を任せた方が無難です。

特徴・役割

ひでり要員その1。
持ち物『だっしゅつボタン』により、わずか1ターンでひでり展開とエースの無償降臨を両立することができます。ひでりが切れて再展開した後も、『いやしのねがい』または『おきみやげ』の2種類の自主退場技があるためその場の状況に合わせて死に方を選べる優秀なサポート役です。

立ち回り例

  • 1回目のひでり展開

先発のイエッサン♀イエッサン♀またはマタドガス(ガラル)マタドガス(ガラル)から素交代することで、そのままひでりを展開しつつだっしゅつボタンを発動させてエースに繋ぐ動きが主流です。
もし素交代したターンに相手が攻撃してこなかった場合でも、『つぶらなひとみ』を打つことで先制で相手をデバフしつつボタン発動が狙えます。

  • 2回目のひでり展開

ひでりターンが切れ、エースが動きづらくなってきた場合、キュウコンを再度繰り出してひでりを展開することができます。
また、この際先発のイエッサン♀イエッサン♀またはマタドガス(ガラル)マタドガス(ガラル)を残しておけば、

  1. エースから先発に素交代してクッションにする
  2. キュウコンを死に出しして『いやしのねがい』で退場
  3. ひでりが復活し、さらにエースがいやしのねがいの効果で全快!

という、めちゃ強コンボを狙うことができます。
キュウコンが相手の上から動けないという場合でも、最低限『つぶらなひとみ』で抗うことができるので、十分に勝機を掴めます。

努力値調整の意図

先発からの交代出しの際、確実に相手の攻撃を1発耐えてだっしゅつボタンを発動させられるよう、物理・特殊両方の耐久が最大になるように振っています。

オーガポン(かまど)オーガポン(かまど)
A特化
ひでり
ツタこんぼう
ほのおタイプテラス
81.1%〜95.5%
確定2発
ウーラオス(れんげき)ウーラオス(れんげき)
A特化
ひでり
すいりゅうれんだ
みずタイプテラス
73.4%〜86.7%
確定2発
ガチグマ(アカツキ)ガチグマ(アカツキ)
C特化
だいちのちから91.1%〜107.7%
乱数1発(50.0%)
ディンルーディンルー
A特化
じしん84.4%〜101.1%
乱数1発(12.5%)
被ダメージ計算

唯一の攻撃技『ウェザーボール』はC無振りのため最低限の火力しか出ませんが、ひでりの効果も乗ってとどめを刺すくらいには使えます。

ウェザーボール
ひでり
ガチグマ(アカツキ)ガチグマ(アカツキ)H25250.4%〜60.0%
確定2発
与ダメージ計算

今のところウェザーボールの有用性をあまり感じていないので、『アンコール』に変えてもいいかもしれません。

10/6修正:キュウコンの『ウェザーボール』を『バークアウト』に変更しました。ガチグマ(アカツキ)ガチグマ(アカツキ)と対面した際、上から『バークアウト』でCを下げ、『だいちのちから』を一発耐えてボタン発動というかなり強い動きができるためです。
また、それに伴ってテラスタイプも『ほのお』から『あく』に変更しました。いざという時に『バークアウト』の火力を上げられることと、鋼技やフェアリー技を半減されるのを嫌って『シャドーボール』を打ってくるハバタクカミハバタクカミサーフゴーサーフゴーに対して行動するチャンスを得るためです。

相性の良い味方

ひでり要員をキュウコンにする場合、エースはほぼオーガポン(かまど)オーガポン(かまど)一択です。
ひでりが切れてもツタこんぼうで無双しやすく、ひでり再展開のために引っ込んでも場に出ればAが上がるオーガポンはキュウコンのサイクル戦と相性バツグンです。
一方、ひでり下でせいちょうを積み、ソーラービームやウェザーボールで戦うことが前提のオリーヴァオリーヴァではひでりターンが足りず、引っ込むとせいちょうのC上昇も失われるため相性がよくありません。あついいわ持ちのコータスと組ませましょう。

特徴・役割

ひでり要員その2。
持ち物『あついいわ』により、ひでりが8ターンに!ステルスロック』『あくび』で仕事をした上で、エースにひでりターンを十分に残すことができます。
イエッサン♀イエッサン♀のトリックルームを引き継げば、相手の積みアタッカーの上からあくびを入れたりとさらに動きやすくなります。
エースが倒され、追い詰められても『じわれ』でワンチャン狙える隙の無いポケモンです。じわれに頼ってるとポケモン上手くならないぞ!

立ち回り例

イエッサン♀イエッサン♀と組むことが圧倒的に多いため、その場合の立ち回りを記載します。

  • 1回目のひでり展開

先発のイエッサン♀イエッサン♀には、トリックルーム→壁の順に展開し『いやしのねがい』で退場してもらいます。その後、コータスを死に出しします。

  1. ステルスロック
  2. あくび(ここでトリルが切れる)
  3. (相手があくび解除のために交代するのに合わせて)エースに素交代(ここで壁が切れる)

この流れでいけば、体力満タンのエースをひでり+ステロ展開済み状態で着地させることができます!
3ターン目に相手が交代を選択せず居座ってきたとしても、壁が残っているためエースがそのまま倒されることはほぼありません。相手が寝てしまえば積み放題です!

  • 2回目のひでり展開

キュウコンキュウコンとは異なり、コータスはエースが倒された後に第二のアタッカーとして活躍することが多いです。
イエッサン♀イエッサン♀の『いやしのねがい』の効果は「HPが削れていたり状態異常のポケモンが場に出るまで効果が保存される」という仕様があるため、コータスが2回目に場に登場した時に『いやしのねがい』で全回復することができます。
持ち前の耐久力を活かして、なんとか倒される前に倒し切りましょう!

努力値調整の意図

素早さの個体値0かつ下降補正により、S実数値は驚異の22。トリル下で無振り2族(!?)以上に先手を取ることができます。…つまり、パルデア地方のどんなポケモンより速く動けるってことですね。
耐久はガッツリHD特化で、もともと高い防御も相まって圧倒的な耐久力を見せてくれます。壁があればステロ→あくびをこなして2回攻撃を受けてもまだピンピンしています。

オーガポン(いしずえ)オーガポン(いしずえ)
A特化
リフレクター
ツタこんぼう
いわタイプテラス
59.8%〜71.1%
確定2発
オーガポン(いしずえ)オーガポン(いしずえ)
A252
ツタこんぼう82.4%〜98.3%
確定2発
ガチグマ(アカツキ)ガチグマ(アカツキ)
C252
ひかりのかべ
だいちのちから40.6%〜48.0%
確定3発
ガチグマ(アカツキ)ガチグマ(アカツキ)
C252
だいちのちから81.3%〜96.0%
確定2発
被ダメージ計算

唯一の攻撃技『ウェザーボール』はC無振りのため最低限の火力しか出ませんが、ひでりの効果も乗ってとどめを刺すくらいには使えます。(再放送)

ウェザーボール
ひでり
ガチグマ(アカツキ)ガチグマ(アカツキ)H25252.2%〜61.8%
確定2発
与ダメージ計算

ダメ計してウェザーボールで倒し切れないことがわかったら、素直にじわれを打ちましょう。

相性の良い味方

ひでり要員をコータスにする場合、エースはオリーヴァオリーヴァの方が動きやすくなります。
積み技に『せいちょう』を持ち、攻撃技は『ソーラービーム』『ウェザーボール』のみ、さらに毎ターン『しゅうかく』を発動させるオリーヴァは、まさにひでりが無くては活躍できないポケモンです。
時には『ステルスロック』『あくび』のどちらかを諦め、オリーヴァにひでりターンを最大限に残してあげるプレイングも重要になってきます。
もちろんオーガポン(かまど)オーガポン(かまど)と組ませても十分活躍してくれますが、耐久がオリーヴァオリーヴァほど無いためあくびの次のターンに相手が交代せず突っ込んでくるとそのまま倒されてしまうことがあります。慎重な読みが必要です。

特徴・役割

このパーティの主役、エースその1です。
先発とひでり要員に手厚く場を整えてもらった後に登場し、『せいちょう』を積んで『イバンのみ』で超火力技を先制でブチ込みます。ただし、ひでりが切れると溜め技も打てず、特性も発動せず、ただの木になってしまうかわいいヤツです。ターン管理にさえ気をつければ向かうところ敵なしの、楽しすぎる晴れパのエースです!

立ち回り例

ひでりを展開した後、あくびやだっしゅつボタンで無償降臨を狙います。

  • 1. 相手の攻撃を耐えつつ『せいちょう』を積めるだけ積む

場合によっては、炎テラスを切りつつ積みます。Cが4段階上昇すれば、半減でも大抵の相手は一撃で倒せるようになります。 

  • 2. 次の攻撃で倒されるようになったら『こらえる』で耐える

この見極めが重要です。失敗したら負けです。

  • 3. イバン圏内に入ったら、あとは攻撃を連打するだけ!

ひでりの間は、特性『しゅうかく』によりイバンを毎ターン必ず収穫することができます。上手くいけばそのまま3タテです!
相手がテラスタルを切ってきそうな場合『こらえる』で様子見をすることもできます!ひでりターンは消費しますが、この動きかなり強いです。

  • 4. ひでりが切れてしまったら…

ソーラービーム』は溜めが必要なので打てません。ウェザーボール』は威力50のノーマル技になってしまいますが、Cの上昇具合によってはそのまま倒せる場合もあります(ダメ計参照)。倒せなさそうな場合は、一度ひでり要員に引いた後再度オリーヴァを死に出しし、こらえるでイバンを復活させて先制すればOKです!

努力値調整の意図

素早さの個体値5かつ下降補正により、S実数値は41。トリル下で無振り29族以上に先手を取ることができます。オリーヴァまでトリルが残ることは稀ですが…。
努力値はHCぶっぱで残りは防御に振っています。耐久力はかなり高く、せいちょうを積む隙を十分につくることができます!

オーガポン(かまど)オーガポン(かまど)
A特化
ひでり
ツタこんぼう46.4%〜55.1%
ほのおタイプテラス
確定2発
イーユイイーユイ
C特化
ひでり
オーバーヒート62.7%〜74.0%
ほのおタイプテラス
確定2発
ガチグマ(アカツキ)ガチグマ(アカツキ)
C特化
ブラッドムーン68.0%〜80.0%
確定2発
ウーラオス(れんげき)ウーラオス(れんげき)
A特化
インファイト66.4%〜78.3%
ほのおタイプテラス
確定2発
被ダメージ計算

右列のほのおタイプは、オリーヴァが炎テラスを切った場合のダメ計という意味です。

火力は以下の通りです。せいちょう一積み、二積みに分けて記載します。
目安としては、等倍なら耐久振りでもほぼ吹き飛ぶのがせいちょう1回、半減でも確1取れるのがせいちょう2回というイメージです。

ソーラービーム
ひでり
ミロカロスミロカロスHD特化133.6%〜158.4%
確定1発
シャンデラシャンデラ無振りもらいび88.1%〜104.4%
乱数1発(31.2%)
ディンルーディンルーHD特化103.0%〜122.1%
確定1発
ウェザーボール
ひでり
ほのおタイプテラス
ガチグマ(アカツキ)ガチグマ(アカツキ)HD特化116.3%〜137.7%
確定1発
ハバタクカミハバタクカミH252131.4%〜155.5%
乱数1発(31.2%)
与ダメージ計算(せいちょう1回)
ソーラービーム
ひでり
シャンデラシャンデラH252もらいび106.5%〜125.7%
確定1発
ウェザーボール
ひでり
ほのおタイプテラス
ガブリアスガブリアスH252108.3%〜127.9%
確定1発
ヌメルゴン(ヒスイ)ヌメルゴン(ヒスイ)HD特化118.7%〜140.1%
確定1発
トドロクツキトドロクツキH25295.7%〜112.7%
乱数1発(75.0%)
ウェザーボール
ひでり無し
オーガポン(かまど)オーガポン(かまど)無振り91.6%〜108.3%
乱数1発(50.0%)
ガチグマ(アカツキ)ガチグマ(アカツキ)H25287.7%〜103.6%
乱数1発(25.0%)
与ダメージ計算(せいちょう2回)

基本的に等倍ならソーラービームよりテラス晴れウェザーボールのほうが威力が高くなるので、もらいびシャンデラシャンデラのようにどうしても炎技が通らない相手以外はウェザーボールを連打していれば安定して倒せます。
せいちょうを1回積むか2回積むかは、相手のパーティーメンバーを見て慎重に判断しましょう。

ソーラービーム
ひでり
ヘイラッシャヘイラッシャHD特化てんねん159.5%〜189.1%
確定1発
与ダメージ計算(おまけ)

苦手な相手

  • ヒードラン

特性『もらいび』の上に草技1/4とかいう人類の敵です。仮にせいちょうを3回積んでC+6でも『ソーラービーム』のダメージは62.0%〜73.4%。こいつが選出画面にいたらオーガポンに任せましょう。

  • カイリュー

特性『マルチスケイル』の上に炎技半減、草技1/4とかいう人類の敵です。仮にせいちょうを3回積んでC+6でも晴れ下『ウェザーボール』のダメージは81.9%〜96.3%。ただし、コータスにステロを撒いてもらえば余裕で倒せます。

  • ミミッキュ

特性『ばけのかわ』で1ターンの行動補償がある人類の敵です。オーガポンに任せましょう。

特徴・役割

言わずと知れたトップメタポケモンです。正直エースとしての選出率はオリーヴァの3倍くらいあります。残念ながら当然です
炎技の威力が1.5倍になるひでり、威力100で急所に当たりやすいツタこんぼう、炎テラス、特性によりA上昇……もうお分かりですね?必中のぜったいれいどです。半減で受けようなどという甘い考えは成立しません。
さらにくさわけでS操作もバッチリ、本当に強いエースです…。知名度が高く、対策されがちなのが唯一の欠点と言うべきか。

立ち回り例

ひでりを展開した後、あくびやだっしゅつボタンで無償降臨を狙います。

  • 1. 相手が変化技を打ってきそうな場合は『ちょうはつ』を入れておく

エンペルトエンペルトの『あくび』、ディンルーディンルーの『ふきとばし』など、積みを阻害する厄介な変化技を持つポケモンに対しては先にちょうはつを打った方が安全です。ヤバソチャヤバソチャの『ちからをすいとる』もかなりの脅威なので封じておきましょう。

  • 2. 相手の攻撃を耐えつつ『くさわけ』を積む

後述しますが、くさわけ1回でちょうど最速ドラパルトドラパルトかつ最速スカーフシャンデラシャンデラまで抜けるよう調整しています。

  • 3. 上から攻撃して3タテ!!

相手の裏にミミッキュミミッキュオーガポン(いしずえ)オーガポン(いしずえ)等がいる可能性がある場合は、『かたやぶり』を残しておけるようテラスタルを切らずに立ち回る必要があります。

  • 4. 一撃で倒せない相手と対面したら…?
マタドガス(ガラル)マタドガス(ガラル)キュウコンキュウコンと組んでいる場合
1. マタドガス(ガラル)マタドガス(ガラル)を受け出しし、『ミストバースト』で相手にダメージを与えつつ退場してもらいます。
2. キュウコンキュウコンを死に出ししてひでりを再展開し、『いやしのねがい』で退場します。
3. 全回復したオーガポン(かまど)オーガポン(かまど)が再登場!ミストバーストのダメージと合わせて相手を倒します。
イエッサン♀イエッサン♀コータスコータスと組んでいる場合
1. 倒せなくていいので、とりあえず『ツタこんぼう』で削れるだけ削ります。相手の攻撃で落ちます。
2. 死に出ししたコータスコータスがいやしのねがいの効果で全回復します。
3. あとはカメさんになんとかしてもらいましょう。

努力値調整の意図

S実数値は146。以下の素早さラインを明確に意識しています。

回数実数値抜けるライン
0回146最速80族(145)、準速93族(145)
1回219最速142族(214)、最速スカーフ80族(217)
2回292最速スカーフ125族(291)
3回365最速Sブーストテツノツツミテツノツツミ(309)ハバタクカミハバタクカミ(307)
くさわけの回数と素早さ比較

多くの場合くさわけを3回も積む余裕はないため、相手のパラドックスポケモンがSを上げると先制されてしまいます。
ただし、Sブーストしがちなテツノツツミテツノツツミハバタクカミハバタクカミオーガポン(かまど)オーガポン(かまど)に大ダメージを与える技を持たないため、体力管理に注意すれば突破できます。(ダメ計参照)
2023/10/12追記:『パワージェム』を覚えたハバタクカミハバタクカミがランクマに増えてきました。どう考えてもオーガポン(かまど)オーガポン(かまど)一点メタです。強すぎるのでやめてください。

火力が命なのでAに全振りし、性格補正も載せています。余った分で可能な限り耐久を上げられるようにHBDに振り分けています。

オーガポン(かまど)オーガポン(かまど)
A特化
ひでり
ツタこんぼう
ほのおタイプテラス
53.8%〜63.1%
ほのおタイプテラス
確定2発
ガチグマ(アカツキ)ガチグマ(アカツキ)
C特化
ブラッドムーン80.7%〜95.3%
確定2発
キラフロルキラフロル
C252
パワージェム81.8%〜98.2%
確定2発
ハバタクカミハバタクカミ
C252
シャドーボール42.6%〜50.8%
乱数2発(2.7%)
テツノツツミテツノツツミ
C252
ハイドロポンプ
ひでり
53.8%〜64.3%
ほのおタイプテラス
確定2発
被ダメージ計算

右列のほのおタイプは、オーガポンが炎テラスを切った場合のダメ計という意味です。

火力は以下の通りです。

ソーラーブレード
ひでり
A+1
ミロカロスミロカロスHB特化うろこ109.9%〜130.6%
確定1発
ディンルーディンルーHB特化94.6%〜112.2%
乱数1発(68.7%)
ヘイラッシャヘイラッシャH252てんねん91.8%〜109.7%
乱数1発(56.2%)
シャンデラシャンデラ無振りもらいび80.0%〜94.8%
確定2発
ステロ込みで確定1発
ツタこんぼう
ひでり
A+1
オーガポン(かまど)オーガポン(かまど)H252
ほのおタイプテラス
98.3%〜116.0%
乱数1発(87.5%)
ディンルーディンルーH252101.5%〜119.8%
確定1発
ピクシーピクシーHB特化てんねん93.0%〜109.9%
乱数1発(62.5%)
ガチグマ(アカツキ)ガチグマ(アカツキ)HB特化92.7%〜110.0%
乱数1発(62.5%)
与ダメージ計算

苦手な相手

オーガポンが強すぎるばかりに生まれてしまった悲しき獣。ツタこんぼうが通らないのであれば、倒すことは不可能です。降参です。
ヒードランに親を瀕死された人は『ちょうはつ』を抜いて『けたぐり』を入れることをオススメします。

オーガポンが強すぎるばかりに生まれてしまった悲しき獣その2。ひでりを利用され、Sを上げて上から弱点をぶち込んできます。一応、C252振りならダメージは57.3-67.8%(確定2発)なので、体力を多めに残しておけば耐えて反撃できます。

選出画面にランドロス(霊獣)ランドロス(霊獣)ギャラドスギャラドスがいたら要注意。いかくサイクルを回されるとオーガポンが居座りづらく、圧倒的に不利になります。

戦術と解説

選出パターン

選出方法は、先発要員、ひでり要員、エースがそれぞれ2体ずついるので、相手のパーティに合わせてそれぞれの役割から1体ずつ選ぶという形になります。

  • 先発要員の選出基準

相手の先発を意識して選出します。
イエッサン♀イエッサン♀
ハッサムハッサムカイリューカイリューミミッキュミミッキュなどの先制技を持つポケモンが多い場合
サイコフィールドで完封!
オーガポン(いしずえ)オーガポン(いしずえ)ガチグマ(アカツキ)ガチグマ(アカツキ)などの高火力ポケモンが多い場合
トリル壁展開で有利な盤面に。

マタドガス(ガラル)マタドガス(ガラル)
キラフロルキラフロルグライオングライオンキノガッサキノガッサなどの状態異常技を使うポケモンが多い場合
ミストフィールドで無効に!
ドヒドイデドヒドイデディンルーディンルーエンペルトエンペルトなどの変化技を使うポケモンが多い場合
上からちょうはつで封じる。

  • ひでり要員の選出基準

先発との相性を意識しつつ、試合展開を見通して選出します。
キュウコンキュウコン
・先発がマタドガスの場合
・相手に遅いポケモンが多い場合

コータスコータス
・先発がイエッサンの場合
カイリューカイリューオーガポン(いしずえ)オーガポン(いしずえ)パオジアンパオジアンなどにステロを撒きたい場合
・ひでりターンを長持ちさせたい場合

  • エースの選出基準

相手のポケモンをより倒しやすい方を選びます。
オリーヴァオリーヴァ
ハバタクカミハバタクカミテツノツツミテツノツツミオオニューラオオニューラなど、オーガポンで抜けないほどSを上げてくるポケモンがいる場合
イバンのみでS関係を無視!
・スリルを求めたいとき
オーガポンで3タテした時の100倍くらいの快感が得られるぞ。たまには選出してあげよう。

オーガポン(かまど)オーガポン(かまど)
・相手にヒードランヒードランがいるとき
・堅実に勝ちたいとき
とりあえず出しておけばなんとかなります。

基本的には、
イエッサン→コータス→オリーヴァ
マタドガス→キュウコン→オーガポン
この2種類の選出が安定します。

全体の立ち回り

上記の基本選出2パターンについてのみ、主な立ち回りを載せておきます。(あくまで理想なので、全てこの通りに行く試合は稀です。)

  • イエッサン→コータス→オリーヴァの場合
  1. 先発にイエッサン♀イエッサン♀を出す
  2. トリックルーム展開
  3. リフレクター、ひかりのかべのどちらかを貼る
  4. いやしのねがいで退場、コータスコータスを死に出し
  5. ステルスロックを撒く
  6. あくびで流す
  7. 相手の交代に合わせてオリーヴァオリーヴァに素交代
  8. せいちょう』を積めるだけ積み、相手を倒す
  9. 倒されそうになったら『こらえる』でイバン圏内に入れる
  10. 万が一オリーヴァオリーヴァが倒されたらコータスコータスを死に出しする
  11. いやしのねがいで全回復し、なんとかして倒す
  • マタドガス→キュウコン→オーガポンの場合
  1. 先発にマタドガス(ガラル)マタドガス(ガラル)を出す
  2. ちょうはつ』を入れる
  3. キュウコンキュウコンに素交代し、相手の攻撃で『だっしゅつボタン』発動
  4. オーガポン(かまど)オーガポン(かまど)を無償降臨させる
  5. 相手の攻撃を耐えつつ『くさわけ』を積み、相手を倒す
  6. ひでりが切れたらマタドガス(ガラル)マタドガス(ガラル)を受け出しし、『ミストバースト』で退場
  7. キュウコンキュウコンを死に出しし、『いやしのねがい』か『おきみやげ』で退場
  8. 再度オーガポン(かまど)オーガポン(かまど)で暴れる!

レンタルチームID

途中で調整を加えたため、バージョンが二つあります。
変更前→「W5LY32」
変更後→「7SLFW1」
ぜひ、たくさんの方に実際に使っていただいてアドバイスをいただければと思っています!お気軽にレンタルどうぞ。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!
皆様からのコメント・アドバイスお待ちしています。

投稿日時 : 2023/10/02 02:06

最終更新日時 : 2023/10/12 20:58

スポンサーリンク

コメント(7件)

1あるり??(@aruri_28)
説明が分かりやすく使いやすかったです。
ありがとうございます。
23/10/03 01:52
2アイビー(@ynu_snivy0508)
あるりさん、コメントありがとうございます。
早速使っていただけて嬉しいです!投稿した甲斐がありました^ ^
23/10/03 04:10
3名無し
説明が分かりやすかったですですがエンぺルトであくびループさらにガチグマで瞑想をつまれて負けてしまいましたどうすれば勝てましたか?
23/10/04 20:35
4アイビー(@ynu_snivy0508)
>>3
コメントありがとうございます。初手エンペルトはかなりメジャーなケースなので、どちらの選出タイプでも対応できるようにしています。

マタドガスマタドガス(ガラル)マタドガス(ガラル)&キュウコンキュウコンキュウコンの場合
1. マタドガスでちょうはつを入れ、ステロあくびを封じます。
2. 相手の攻撃(だいたいクイックターン)に合わせてキュウコンを受け出し、そのままだっしゅつボタンを発動させてエースに繋ぎます。
相手のクイックターンでだっしゅつボタンが発動した場合、相手の交代が無効化される効果があります。ちょうはつを喰らったエンペルトエンペルトは起点にしやすく、かなりオイシイです。

イエッサンイエッサン♀イエッサン♀&コータスコータスコータスの場合
1. イエッサンからコータスに素交代します。(相手は多くの場合ステロを撒いてきます)
2. コータスでステロを撒きます。(相手はあくびをしてきます)
3. コータスであくびを入れます。相手がクイックターンで帰ったとしても、交代先にあくびが入ります。(このターンでコータスは眠りますが、問題ありません)
4. 相手があくびを解除するために交代するのに合わせて、こちらもエースを出します。

初手エンペルトエンペルト対面の場合、トリルは貼らない方が良いです。トリルを貼るとコータスコータスが先に動くようになるので、コータスコータスが先手であくびを入れ、エンペルトエンペルトが後攻クイックターンであくびを解除という不利な展開になってしまうためです。

以上です!ぜひお試しください。
23/10/05 15:10
5名無し
ありがとうございますマスターで4連勝できました❗
23/10/05 16:48
6名無し
こちらがオーガポンセットで相手のヒスイウィンディがもろはのずつき連打してきて負けました、、、どうすれば勝てたでしょうか
23/10/06 14:23
7アイビー(@ynu_snivy0508)
>>5
4連勝…!多分主より使うの上手いです笑

>>6
コメントありがとうございます。こちらのパーティがどう見ても岩が一貫しているので初手にオーガポン(いしずえ)オーガポン(いしずえ)ウインディ(ヒスイ)ウインディ(ヒスイ)を呼びやすいんですよね……

うちのオーガポン(かまど)オーガポン(かまど)は、オーガポン(いしずえ)オーガポン(いしずえ)の『ツタこんぼう』や、ウインディ(ヒスイ)ウインディ(ヒスイ)の『もろはのずつき』を一発耐えません。
そのため、キュウコンのだっしゅつボタンで無償着地したとしても、くさわけを積む間もなく倒されてしまいます。テンプレの立ち回りでは勝てません。

初手に高火力ポケモンが出てきそうな場合は、イエッサン→コータス→オーガポンという選出もかなりアリです。
イエッサンは岩テラスA特化オーガポン(いしずえ)オーガポン(いしずえ)の『ツタこんぼう』まで確定耐えするので、余程のことがない限り耐えてトリックルーム→リフレクターが決まります。
さらにコータスのステルスロック→あくびで相手の先発を流すことができるので、オーガポン(かまど)オーガポン(かまど)を一撃で倒してくる相手と対面させずに済みます。

また、マタドガス&キュウコンでも抗えないわけではなく、
タスキで耐えて『おきみやげ』→キュウコンを死に出し→相手が能力ダウンリセットのために交代するのに合わせてオーガポンに交代
と、少し強引な展開もできます。

オーガポン(かまど)オーガポン(かまど)を一撃で倒すことができない相手の前に無償着地させること』が先発2匹の大きな役割です!ちょっと臨機応変な行動が求められることもありますが、ぜひうまく使いこなしてみてください…!
23/10/06 15:00

削除キー:

コメントを投稿

投稿者のアカウントが削除され、最終更新日から30日以上経過した育成論にはコメントできません。

スポンサーリンク