ポケモンパーティ構築(シングル)

S8シングル クエスパトラエース軸 最終86位 レート2106

2023/08/01 14:06 / 更新:2023/11/01 17:44

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★ loadingいいね! 閲覧数:21441  いいね:25

投稿者:ばぶるがむ(@bubblegumpuyo)

ポケモンSV / シングル / シーズン8 / 最終86位

レンタルチーム有

SVから本格的にレート対戦を始めて初めて2桁順位を獲得することができましたので、構築記事に残したいと思います

構築経緯
・初手襷パオジアンパオジアンのつらら怯みによる即負け展開を減らす
・連撃ウーラオス(れんげき)ウーラオス(れんげき)に対して隙を見せない
・シーズン8で一番強いクエスパトラクエスパトラ使いになる

レンタル:825WSG
以下使用ポケモンは選出率順に記載しています(レンタルと並び順が違うので注意)

スポンサーリンク

使用ポケモン

本構築のエース
一般的には両壁サポートで運用することが多いが、連撃ウーラオス(いちげき)ウーラオス(いちげき)の水流連打に確定急所で壁を貫通されてしまうこともあり、後述のあまえるハバタクカミハバタクカミと水テラスクエスパトラクエスパトラの運用で、実質両半減で受けつつ瞑想を積む隙を作ることにした。
天敵のほろびのうたハバタクカミハバタクカミ、こだわりスカーフサーフゴーサーフゴーが環境から数を減らしていることもあり、非常に通りが良かった
連撃ウーラオス(れんげき)ウーラオス(れんげき)特化パンチグローブ一致テラスすいりゅうれんだ
84 ~ 99 (41.6 ~ 49.1%)
ウーラオス(れんげき)ウーラオス(れんげき)特化インファイト※A2段階下降
57 ~ 67 (28.3 ~ 33.2%)

物理耐久を十分に確保したい&環境のブーストエナジーハバタクカミハバタクカミの上を取りたいという考えのもと、シーズン4のシグマさんの配分から素早さ実数値を1だけ伸ばした型。先制技耐性を高めるため水テラス。
もらい火ヒードランヒードランに対して無力だが、PT単位で選出されにくくしているので困ったことは少なかった。
相手目線テラス選択圧があるため、技選択で迷ったらデバフ効果のある技(あまえるorマジカルフレイム)を選択すること。
また、目の前のポケモンを倒すorクエスパトラクエスパトラの起点にするの拓を間違えないようにすること。
(参考元)
https://shigumaaa.hatenablog.com/entry/2023/04/01/183245

ステルスロック撒き要因その1
・相手の初手パオジアンパオジアンに出し負けないようにする
・ヒードランへの圧力を地面技に一任しているポケモンカイリューカイリューディンルーディンルーランドロス(化身)ランドロス(化身)ガチグマガチグマガブリアスガブリアスに対して複数回動きたいため持ち物はふうせん

1ウェポンだがパオジアンパオジアンハバタクカミハバタクカミ意識でラスターカノンを使用していた。
他候補としては
・ラスターカノン⇒てっていこうせん
自主退場技は便利だが対襷パオジアンパオジアン性能が落ちることに注意
・ラスターカノン+おにび⇒ふんえん+自由枠(ラスターカノン/てっていこうせん/ヘビーボンバーetc)
ふんえん採用によりパオジアンパオジアン対面は安定するが、確定火傷のおにびを素で打ちたい場面も結構多い。
例)初手対面カイリューカイリュー
素テラバ(ふうせん割り)→地震
の動きに合わせて
ステルスロック→鬼火を選択(初手神速で風船を割ってくることもあるためステロから)

準速カイリューカイリュー(アンコール警戒)、最速キノガッサキノガッサ、S実数値138調整組(+1で最速テツノツツミテツノツツミ抜き)を全て抜きたいため最速運用。

起点にされるのを防ぐためちょうはつ持ちでの採用。起点作成ガブリアスガブリアスミミッキュミミッキュキノガッサキノガッサに対して初手押していく。
起点作成用ちょうはつゴリランダーゴリランダーに上を取られているのが残念ポイントのため実は検討枠だったりもします。

ウーラオス(いちげき)ウーラオス(いちげき)無補正A252インファイト
194 ~ 230 (98.5 ~ 116.8%)
連撃ウーラオス(いちげき)ウーラオス(いちげき)無補正A252水流連打
186 ~ 222 (94.5 ~ 112.7%)
パオジアンパオジアン無補正A252聖なる剣
124 ~ 146 (63.0 ~ 74.2%)

ステルスロック撒き要因その2
連撃ウーラオス(いちげき)ウーラオス(いちげき)に強いステルスロック要因。ふうせんヒードランヒードランとあわせて片方の抜群技はもう片方で半減で受けれる組み合わせとなっている。(シリーズAの風船デカヌチャンデカヌチャン+キラフロルキラフロルを思い出しますね)
偶然だがB=Dになったのもおしゃれポイント
一般的なあくびステロ。みがわり持ちにめっぽう弱いのはやむなし。テラスタルは切らない前提なので適当だが、氷技半減にできる水で運用していた。Bに振り切ることで強化アイテム無し一致抜群を耐えることもあるので、カウンターを刺せる場面も結構多かった。
だいたい攻撃技を押す前に倒されるので、攻撃技は最大値が取れるじだんだ。
連撃ウーラオス(れんげき)ウーラオス(れんげき)特化パンチグローブ冷凍パンチ
102 ~ 122 (43.1 ~ 51.5%) 乱数2発
パオジアンパオジアン特化つららおとし
200 ~ 236 (84.4 ~ 99.6%) 確定2発

積み構築の天敵ミミッキュミミッキュの対策枠&エース枠その2
ミミッキュミミッキュについて、トリックルーム持ちなどが増えた影響で陽気採用が減っていたので、いじっぱり準速で採用。
・HP偶数について
ハバタクカミハバタクカミの積みサポートがあるため能力値合計最大を取る優先度が高い&テラスタルで弱点を消しやすいことから大した問題でないと判断した

巷では最強と言われているポケモン。
なお、本構築では片手で数えるほどしか選出していない。
VS毒菱構築、VS対面構築に選出する。テラスタルをクエスパトラクエスパトラと食い合うのでテラスを切る判断は慎重に。
素早さは2積みで最速ハバタクカミハバタクカミ最速パオジアンパオジアン抜き、最速テツノツツミテツノツツミと同速

戦術と解説

☆基本選出
〇先発
・基本、ヒードランヒードラン先発。
・相手のパーティーにウーラオス(いちげき)ウーラオス(いちげき)がいる場合はドオードオー先発
・相手のパーティーにウーラオス(いちげき)ウーラオス(いちげき)パオジアンパオジアンの両方がいる場合はヒードランヒードラン先発。お相手が襷パオジアンパオジアンの場合、ステロによる襷潰れを危惧して、先発選出される可能性が高いため。最悪2回接触ガチャ+ラスターカノンで相打ちを狙う。

〇次発
ハバタクカミハバタクカミ
目の前の対面を倒した後、上から落とされないようにor落とされても問題ないか考えて技選択を行うこと。迷ったらあえて倒さずデバフ技を選択しクエスの起点にする。

〇エース
クエスパトラクエスパトラ
あとは全抜き性能を信じる。テラスを切るタイミングだけ間違えないように

投稿日時 : 2023/08/01 14:06

最終更新日時 : 2023/11/01 17:44

スポンサーリンク

コメント(2件)

1ケロタン(@kerotan_poke)
S8お疲れ様でした。
レンタルパーティ使ってみて1つ気になったのですが、ハバタクカミハバタクカミハバタクカミの技がこちらのページではおきみやげになっていて、レンタルではいたみわけになっていますね。
23/08/02 15:23
2ばぶるがむ(@bubblegumpuyo)
ケロタンさん。
ご指摘ありがとうございます。いたみわけが正しいため修正しました。
23/08/05 07:53

削除キー:

コメントを投稿

投稿者のアカウントが削除され、最終更新日から30日以上経過した育成論にはコメントできません。