アーマーガア- ポケモン育成論SV

ガチグマ(アカツキ)対策!!環境メタ型アーマーガア、飛来せし!

2023/10/12 01:12 / 更新:2023/10/16 19:11

アーマーガア

HP:HP 98

攻撃:攻撃 87

防御:防御 105

特攻:特攻 53

特防:特防 85

素早:素早 67

ツイート5.005.005.005.005.005.005.005.005.005.00閲覧:19230登録:19件評価:5.00(3人)

アーマーガア  ひこう はがね  【 ポケモン図鑑 】

性格
しんちょう(特防 特攻)
特性
ミラーアーマー
努力値配分(努力値とは?)
HP:252 / 防御:4 / 特防:252
個体値:31-31-31-x-31-31
実数値:205-107-126-x-150-87 (素早さ比較)
覚えさせる技
ボディプレス / アイアンヘッド / はねやすめ / てっぺき
持ち物
タラプのみ
テラスタイプ
ドラゴン

スポンサーリンク


ルール
シングルバトル
このポケモンの役割
物理・特殊受け
登録タグ

考察

最初に

こんにちは。今回はなんやかんやずっとたまーに見かけるアーマーガアの育成論となっています。初めて育成論を書くので、拙い文章となっていると思いますが、暖かい目で見守ってください。

注意

この育成論では、h,a,b,c,d,sや特化などの専門用語を使用します。ご了承ください。

ダメ計はゲーム8様のサイトを使用させていただいています。https://game8.jp/pokemon-sv/damage_calculator

役割と採用経緯

役割としてはガチグマ(アカツキ)ガチグマ(アカツキ)』対策に重きを置いた両受けサイクルブレイカーです。今の環境は、何かと火力のインフレ状態が続いており、例えば、『ガチグマ(アカツキ)ガチグマ(アカツキ)』のテラスタルブラッドムーンや『オーガポン(かまど)オーガポン(かまど)』のテラスタルツタこんぼうなど、生半可なタイプ半減や、耐久力じゃ受け切ることは不可能な火力ポケモンが跋扈する環境となっています。

しかし、アーマーガアなら持ち前の耐久力と優秀なタイプによって、現在環境に蔓延る強いポケモンに強く出ることが出来ます。

経緯としましては、僕の構築は『ガチグマ(アカツキ)ガチグマ(アカツキ)』が重い構築でした。『ラッキーラッキー』などの完全な特殊受けを採用したこともありましたが、サイクル的な戦い方が苦手であったため、こちらの交代に相手の物理アタッカーを合わせられてそのまま負けてしまうという展開が数多くあり、とてもではありませんが対策として安定しませんでした。そこで、サイクルではなく居座ることを前提とした両受け型の『アーマーガアアーマーガア』を採用することで、『ガチグマ(アカツキ)ガチグマ(アカツキ)』を起点にして、相手のサイクルを崩しに行く戦い方を可能にしました。

特徴

アーマーガアの特徴といえばやはりはがねタイプひこうタイプといった優秀なタイプや耐久種族値からの受け性能、とんぼがえりを利用したサイクル性能の高さなどが魅力のポケモンです。しかし、優秀な耐久種族値があるとは言っても、『クレベースクレベース』や『ハピナスハピナス』などのように圧倒的な耐久種族値を持っているとは言いがたく、かと言って特性てんねんを持っている訳でも無いので、『パオジアンパオジアン』などの高火力ポケモンや優秀な積みアタッカーなどにゴリ押しされてしまうケースは少なくはありませんでした。そこをてっぺきなどで補ったりするのですが、そのタイミングで相手の特殊アタッカーに交代されてしまったりするなど、こちらの読みや技の選択を通すのが難しいポケモンでもあります。今回はそこを克服した型となっています。

とつげきチョッキ型との差別点

  • とつげきチョッキ型は、受け性能は高いですが、多彩な変化技を使えないため、しょぼい火力で殴りあっていく形となります。それでは結局『ガチグマ(アカツキ)ガチグマ(アカツキ)』とかに殴り負けるんですよね。特殊アタッカーをメタるための特殊受け型なのに、特殊アタッカーに負けてしまうようでは本末転倒です。そこで、特殊耐久をとつげきチョッキと同等レベルに確保しつつ、アーマーガアの多彩な変化技という利点を残したいいとこ取りなタラプのみ型にしました。

持ち物

タラプのみ
コンセプト上確定です。このアイテムでさらなる特殊耐久を確保します。

特性

ミラーアーマー
ハバタクカミハバタクカミ』のシャドーボールなどで特防ランクが下がってしまうなどの運要素を減らすことが出来ます。
プレッシャー
アンコールなどの強力な技の試行回数を減らすことが出来ます。

性格・努力値と調整

しんちょう(d↑c↓)
hd252余りb
実数値:h205d150b126

  • 追記:コメントにてアドバイスをもらいました。(ありがとうございます!)性格をなまいき(d↑s↓にし、s個体値を14,15にすることで、大半の『ガチグマ(アカツキ)ガチグマ(アカツキ)』の下から行動することが出来るようです。これにより、後述する注意点の心配が無くなるため、余裕がある方や特に抜きたい相手がいない場合は、こちらにすること推奨です。

技構成(確定枠)

ボディプレス
メインウェポンです。鉄壁と合わせて高火力を出します。
てっぺき
防御底上げ兼つるぎのまいです。これがないと防御がペラいし、ボディプレスも火力が出ないです。
はねやすめ
受けポケモン御用達の回復技です。後述しますが、注意点が幾つかあります。

技構成(選択枠)

アイアンヘッド
ハバタクカミハバタクカミ』に対しての打点として採用しています。
とんぼがえり
本育成論のコンセプトとは逸れますが、あっても良い技だと思います。
ちょうはつ
ドヒドイデドヒドイデ』などにも役割を持てます。が、さすがにボディプレス1ウェポンは厳しいと思います。
ゴーストタイプテラバースト
後述のゴーストタイプテラスタルを採用する場合の選択技です。
つけあがる
ゴーストに対する打点その2です。鉄壁1積み+タラプの実発動の際の威力は80で、だいぶ火力不足です。鉄壁2積みまで出来れば威力120となるので、場が整ったあとの制圧力は高いです。

羽休めの注意点

  • ガチ勢の方は既にご存知だと思いますので、飛ばしていただいても結構です。
  • 羽休めは、ppがとても少ない技です。他の技にも言えることですが、特にこの技はアイテムを使用してppを最大にしましょう。
  • 羽休めにはかなりややこしい仕様があります。それは、羽休めを使用したそのターンのみ使用したポケモンからひこうタイプタイプが消えるというものです。つまり、アーマーガアの場合は、先行で羽休めを使った場合にはがねタイプタイプのみのポケモンとなります。役割対象である『ガチグマ(アカツキ)ガチグマ(アカツキ)』には基本的に先行で動くことになるので、羽休めのタイミングでだいちのちからを使われないように気をつけましょう。

テラスタル

ドラゴンタイプ
効果抜群を付かれるほのおタイプでんきタイプの両方を半減にできます。
かくとうタイプ
メインウェポンの威力を底上げすることが出来ます。
ゴーストタイプ
特殊アタッカーが多いゴーストタイプタイプを役割対象にするなら、打点として持っておくのも良いと思います。ボディプレスとの相性補完もGood!!
ほのおタイプ
オーガポン(かまど)オーガポン(かまど)』に抗えます。後述しますが、勝てるとは言っていない

立ち回り例

  • ガチグマ(アカツキ)ガチグマ(アカツキ)』に後投げして、そこから起点にするのも強いのですが、やはり対面から起点にするのがベストでしょう。相手目線hbアーマーガアぐらいならテラスタルブラッドムーンでゴリ押ししてくるでしょう。(実際マスター級4桁代でも9割ゴリ押ししてきた)そこで、タラプの実を発動し、そのターンで鉄壁を積んだら、後は心ゆくまでサイクルを破壊しましょう。

ハバタクカミハバタクカミ』などにも通用しますが、ちょうはつなどもありますので、あまり安定はしません。

従来通り、物理アタッカーに対して使うのも強いです。が、bにほぼ振ってないので、あまり過信はしすぎないように気をつけてください。普通に消し飛びます。

具体的には、

  1. ガチグマ(アカツキ)ガチグマ(アカツキ)』と対面させる。
  2. 交代orブラッドムーンのタイミングで鉄壁を使う。ブラッドムーンを受けた場合、この時点でd1段階、b2段階上昇となる。
  3. 交代してこなかった場合、次はハイパーボイスかムーンフォースなどのサブウェポンが飛んでくるため、そのタイミングでボディプレスをする。
  4. 再びブラッドムーンを使えるようになるので、はねやすめで体力管理をする。(だいちのちからを合わせられないようにすること。不安な場合は前ターンのボディプレスの入り具合を鑑みて、この時点で殴り倒しに行っても良い。)
  5. そのままガチグマを突破したら、後は止まるまで相手のサイクルを破壊し続ける。

与ダメージ計算

  • その他、あのポケモンのダメ計をして欲しいなどございましたらコメントにてよろしくお願いします。

h252『ガチグマ(アカツキ)ガチグマ(アカツキ)』を鉄壁1積みボディプレスで確定2発【110 ~ 130 (50 ~ 59%) 】

無振り『ハバタクカミハバタクカミ』をアイアンヘッドで確定1発【132 ~ 156 (101.5 ~ 120%)】

無振り『ハバタクカミハバタクカミ』をゴーストタイプテラバーストで確定1発【132 ~ 156 (101.5 ~ 120%)】

無振り『テツノツツミテツノツツミ』を鉄壁1積みボディプレスで低乱数(18.8%)1発【114 ~ 136 (87 ~ 103.8%)】

h252ノーマルタイプテラスタル『カイリューカイリュー』を鉄壁1積みボディプレスでマルチスケイル込み確定2発【201 ~ 237 (101.5 ~ 119.6%)】

h252『キュウコン(アローラ)キュウコン(アローラ)』をオーロラベール、雪込みアイアンヘッドで確定3発【68 ~ 84 (37.7 ~ 46.6%) 】

無振り『サーフゴーサーフゴー』を鉄壁×1+タラプの実発動後つけあがるで確定3発【56 ~ 68 (34.5 ~ 41.9%)】

無振り『サーフゴーサーフゴー』をゴーストタイプテラバーストで確定2発【84 ~ 102 (51.8 ~ 62.9%)】

被ダメージ計算

  • その他、あのポケモンのダメ計をして欲しいなどございましたらコメントにてよろしくお願いします。
  • hd

特攻ランクが1上がった『ガチグマ(アカツキ)ガチグマ(アカツキ)』の特化テラスタルブラッドムーン+ハイパーボイス(タラプの実込み)を確定耐え【155 ~ 184 (75.6 ~ 89.7%)】

こだわりメガネ持ち『テツノツツミテツノツツミ』の特化テラスタルハイドロポンプを確定耐え【160 ~ 190 (78 ~ 92.6%) 】

ハバタクカミハバタクカミ』のc252シャドーボール確定4発【57 ~ 67 (27.8 ~ 32.6%)】

こだわりメガネ持ち『ウォッシュロトムウォッシュロトム』のc252ハイドロポンプ×2(2発目タラプの実込み)を確定耐え【163 ~ 193 (79.5 ~ 94.1%)】

サーフゴーサーフゴー』の特化シャドーボール乱数(34.2%)3発【61 ~ 73 (29.7 ~ 35.6%)】

ヒードランヒードラン』の無振りタラプの実込みのマグマストームを確定3発【78 ~ 92 (38 ~ 44.8%)】ただし、実際はバインドダメージがあるので実質乱数2発。

イーユイイーユイ』のc252かえんほうしゃを確定耐え【170 ~ 204 (82.9 ~ 99.5%)】

  • hb

こだわりハチマキ持ち『カイリューカイリュー』の特化しているひこうタイプテラバースト確定3発【73 ~ 87 (35.6 ~ 42.4%)】

こだわりハチマキ持ち『カイリューカイリュー』の特化テラスタルしんそく確定4発【54 ~ 65 (26.3 ~ 31.7%) 】

パオジアンパオジアン』のa252つららおとし低乱数(4.7%)2発【88 ~ 105 (42.9 ~ 51.2%)】

パンチグローブ持ち『ウーラオス(れんげき)ウーラオス(れんげき)』の特化テラスタルすいりゅうれんだを確定耐え【156 ~ 186 (76 ~ 90.7%)】

攻撃ランクが2上がった『ハッサムハッサム』のテクニシャン込み特化テラスタルバレットパンチ確定3発【72~85(35.1 ~ 41.4%)】

いのちのたま持ちで尚且つ、攻撃ランクが2上がっている『ミミッキュミミッキュ』の特化シャドークローを確定耐え【129 ~ 152 (62.9 ~ 74.1%)】

有利とも言えない相性のポケモン

テツノツツミテツノツツミ
ブーストエナジーを持っている型は大体がアンコールを搭載しています。アーマーガアを機能停止させる厄介な技です。相手の型を見極めて対面させましょう。
ハバタクカミハバタクカミ
一部の型はちょうはつを採用しています。変化技を封じられるので展開としてはまずいですが、アイアンヘッドを採用していると対面は勝てます。
カイリューカイリュー
シンプルなりゅうのまい型(しんそく、じしん2ウェポンなら超役割対象ですが、アンコール型などの搦手中心なら厳しいです。型多すぎなんだよなぁ…
サーフゴーサーフゴー
ゴーストタイプテラバースト以外やつけあがる以外打点がありません。しかし、サーフゴー側もこちらに打点がないです。
その他こちらのテラスタル前提で動くしかないポケモン(『イーユイイーユイ』など)

不利なポケモン

オーガポン(かまど)オーガポン(かまど)
こいつはさすがに無理です。そもそもタイプ相性的に厳しいのと、アンコールを覚えるため、何も出来ずに倒される可能性があります。
ウーラオス(れんげき)ウーラオス(れんげき)』『ウーラオス(いちげき)ウーラオス(いちげき)
確定急所とかいうイカれてる技を持っているので、鉄壁による防御力底上げが機能しません。普通に殴り飛ばされて終わりです。
その他アンコールを覚えるポケモン
これはもう受けポケモンの運命です。受け入れましょう。

相性の良い味方・構築例

オーガポン(いしずえ)オーガポン(いしずえ)
アーマーガアアーマーガア』が苦手なほのおタイプタイプに効果抜群をつくことができ、特性がんじょうによって行動保証もあるので、アーマーガアが取りこぼしたポケモンにトドメを刺しやすい。また、オーガポン岩が苦手なはがねタイプタイプにアーマーガアが有利に出れる。
ディンルーディンルー
上記とだいたい同じ理由。ステルスロックを絡めたサイクルもあり。
サーフゴーサーフゴー
アーマーガアで地震を透かせたり、何かと相性は良い。でも、ほのおタイプが一貫しちゃうのは玉に瑕。
ウーラオス(いちげき)ウーラオス(いちげき)』@こだわりスカーフ
前述したアーマーガアに有利なポケモンを倒すことが出来ます。とんぼがえりでアーマーガアに繋げるという動きも出来ます。
その他『ガチグマ(アカツキ)ガチグマ(アカツキ)』で止まるポケモン

最後に

ここまでこの育成論を読んでくださりありがとうございました。対策が難しい受けが成立しない高火力ポケモン。その一角の『ガチグマ(アカツキ)ガチグマ(アカツキ)』対策として少しでも力になれれば幸いです。皆様良いポケモンライフをお過ごしください。ランクマで当たった時はお手柔らかにお願いします。

投稿日時 : 

最終更新日時 : 2023/10/16 19:11

アーマーガアの他の育成論を探す (15件) >>

こちらもオススメ
アーマーガアキノガッサ対策!サイクル要員ぼうじんゴーグルアーマーガア!
わんぱく / ミラーアーマー / ぼうじんゴーグル
HP:252 / 防御:252 / 素早:4
ドリルくちばし / とんぼがえり / ちょうはつ / はねやすめ
アーマーガア受けて積んで殴る!ビルドアップアーマーガア
わんぱく / ミラーアーマー / するどいくちばし
HP:252 / 攻撃:92 / 防御:84 / 特防:76 / 素早:4
ダブルウイング / ボディプレス / ビルドアップ / はねやすめ
アーマーガアとつげきチョッキ特殊受けアーマーガアで特殊アタッカーを粉砕
しんちょう / ミラーアーマー / とつげきチョッキ
HP:4 / 攻撃:252 / 特防:252
ブレイブバード / アイアンヘッド / テラバースト / とんぼがえり

スポンサーリンク

コメント (2件)

  • ページ:
  • 1
23/10/15 20:15
1404 (@parukia670)
コメント失礼します
このアーマーガアアーマーガア面白いですね!使ってみたいと思います。ただ一つ気になったことがあるのですが、それは注意事項にもあるように、羽休みのタイミングのときに大地の力を押されるとまずいということです

そのため、敢えてアーマーガアアーマーガアの性格を生意気(D↑S↓)にして、尚且つ個体値を14,もしくは15にすることで、月の光や瞑想持ちではない{ガチグマ(あかつき)}には安定して受けることができます
こうすると羽休め以降に攻撃されないため、タイプ受けを完全に遂行できます

コメント失礼しました
23/10/16 19:06
2甘口 (@AmaKucHi710_mck)
コメントありがとうございます!
なるほど…参考になります!追記しておきます!
  • ページ:
  • 1

削除キー:


コメントを投稿

補足やアドバイス、間違いの指摘などにお使いください(半角5000文字まで)。育成論に直接関係のないコメントは書き込まないでください(育成論を求めてこのページを訪れた第三者のユーザーに関係のない書き込みすべてが削除対象です)。また、育成論の削除を強要することは運営ポリシー違反であり運営妨害です。削除が必要かどうかは管理者が判断しますので、管理者に直接ご連絡ください。

※評価はポケ徹サービスにログインする必要があります。

名前: 

本文:

削除キーは自分でコメントを削除する際に必要になります。

削除キー:


この育成論のフォークを投稿する >>

修正・削除(投稿者用)

この育成論を修正あるいは削除する場合は、管理用パスワードを入力して「修正・削除」ボタンをクリックしてください。