ポケモンパーティ構築(シングル)

弱保アンコカイリュー+カバラオス(最終レート2032)

2024/02/01 14:37

★★★★★★★★★★★★★ loadingいいね! 閲覧数:2941  いいね:12

投稿者:はやと(@falcon__0904)

ポケモンSV / シングル / シーズン14 / 最終273位

レンタルチーム有

初レート2000到達したので投稿させて頂きます。
今まで人生で作った構築の中で一番強いと思って使っていました。
かなり初心者でも使いやすい構築になってると思うので、ぜひ使ってください。

【構築経緯】
オーガポン(かまど)オーガポン(かまど)』抜きのBig6構築を使った時に『アシレーヌアシレーヌ』『カバルドンカバルドン』『カイリューカイリュー』の構築にボコされて、「あれ?これどうやってもプレイングじゃ勝てなくない?」と気づいたので、そこからパクる形で『アシレーヌアシレーヌ』と『カバルドンカバルドン』を採用。

当初はカイリューを積みエースとして使っていたが、ステロで削られて負けることが多すぎたのでエースを剣舞『ウーラオス(れんげき)ウーラオス(れんげき)』に変更。

このままだと初手『オーガポン(かまど)オーガポン(かまど)』が安定しない+むちゃくちゃ出てくるので返り討ちにできる弱保『カイリューカイリュー』を採用。

構築の軸が遅めのため、上から高火力で殴られることを避けるために残り2体で高速ポケモンを採用したいとなった。

そのため『キョジオーンキョジオーン』にある程度強く出れる身代わり瞑想『ハバタクカミハバタクカミ』とこのままでは重い『オーガポン(いど)オーガポン(いど)』『ドヒドイデドヒドイデ』『モロバレルモロバレル』あたりにある程度やれる『テツノツツミテツノツツミ』を最後に採用してパーティが完成した。

のだが、気づいたら弱保『カイリューカイリュー』が最強ポケモンになってて軸になっていた。

スポンサーリンク

使用ポケモン

最強のポケモン。
初手スケショ『カイリューカイリュー』が多く、弱保警戒せず殴ってくる『オーガポン(かまど)オーガポン(かまど)』を何度も返り討ちにした。
基本的にテラスを切らずに一体持って行くのが仕事だが、気づいたらパーティ半壊させることも良くあった。

流星地震神速まで確定で、ラスト何入れようかと考えてた時にとりあえず入れたアンコールがとても強かった。流星群見て舐めて詰んでくる2体目に打ったり、ちょっとした絡め手を崩したりとにかく最強だった。

二体目出てくるエナジー『ハバタクカミハバタクカミ』には基本的に『カバルドンカバルドン』に引くという動きを取り、最後の神速要因として残しておくことが多かった。

テラスは『パオジアンパオジアン』意識で炎。

ハバタクカミハバタクカミ』と『カイリューカイリュー』に1体で有利を取れる神ポケ。
初手に『カイリューカイリュー』を置く都合上相手の初手『カイリューカイリュー』がケアできていないので、裏に置いていた。

例えステロあくびルーブに入らない場合でも、ステロを撒いて裏にいる『ウーラオス(れんげき)ウーラオス(れんげき)』が有利を取れる対面を作る仕事はできるので、『キョジオーンキョジオーン』入りと『ドヒドイデドヒドイデ』『モロバレルモロバレル』入り以外には積極的に出していった。

カバルドンカバルドン』を見て出てくるブースト『ハバタクカミハバタクカミ』は挑発持ちばかりだったので、基本的に『ハバタクカミハバタクカミ』対面は地震から入った。
トリルと『ラグラージラグラージ』意識で最遅にしたが、意味があったかは良くわからない。

最強ポケモン。
基本的にこのポケモンにテラスタルを切った。
何度も3対1の状況から救ってくれた神ポケ。

ドヒドイデドヒドイデ』『モロバレルモロバレル』『ドオードオー』『ヘイラッシャヘイラッシャ』以外のこいつをメタったつもりでいるポケモンはテラスとカバの対面操作をうまく合わせることで全部勝てるので、ガンガン出した。
ラティアスラティアス』を起点にして裏の『オーガポン(いど)オーガポン(いど)』まで貫いた時は一番痺れた。

努力値は、甘えた調整をしてるポケモンを全部しばけるHA特化。
・相手の『カイリューカイリュー』等は全員抜いてない前提で行動してくる
・耐久振りなことで上から殴ってくるポケモンの技を耐えて強引に積む動きが何度も決まる
・『ウーラオス(れんげき)ウーラオス(れんげき)』等相手にこっちだけ一方的に相手との素早さ関係が分かった状態で立ち回れる
・半減だろうが強引に持っていってくれる。

という点でこれ以外考えられなかった。
ちなみに余談だが、最終日に同速の連撃ウーラに当たってその時だけはSに4振らなかったことを後悔した。

テラスは耐性が多く、エスパータイプやスケショ『カイリューカイリュー』に強い鋼テラス。
テラスを切ることで裏の技が一貫してしまうことがよくあるので、いつ剣の舞を積むかと、テラスを切るタイミングがとても大事。

特に言うことがない普通の『アシレーヌアシレーヌ』。
Big6系の構築に対して強く出れて中盤使用感良くて軸で採用したつもりだったが、
最終日に近づくにつれてオーガポンがいるor出せる構築は初手にピンポ読みで合わせられることが多かったので、最後あまり活躍させてあげられなかった。

サイコノイズの枠は途中までアンコールにしていて、パーティが『ドヒドイデドヒドイデ』『モロバレルモロバレル』にあまりに無力だったため最後に変更したが、その後役に立つ場面は一度もなかった。サイコキネシスとどっちがいいかは要検討。

水テラスが役に立った場面は何度かあったが、テラスは『ドヒドイデドヒドイデ』『モロバレルモロバレル』意識するならエスパーの方が良かったと今振り返って思っている。

こいつのおかげで初手『オーガポン(かまど)オーガポン(かまど)』がたくさん来てくれたので、選出誘導としては優秀だった気がする。エスパーテラスにしてもう少し立ち回り煮詰めたい。

とりま入れ得ポケ。
・相手に『キョジオーンキョジオーン』『ドヒドイデドヒドイデ』『モロバレルモロバレル』がいる場合
・『ウーラオス(れんげき)ウーラオス(れんげき)』にテラスが残らなさそうで残らないと勝てなさそうな場合
・『キラフロルキラフロル』がいる場合のたまに初手

に投げるポケモンとして採用した。
SはスケショカイリューS2段階UP抜き抜き。
他の調整はどこかからパクってきたけど忘れた。

そこそこ活躍してくれたが、技構成等はもうちょっと考えてもいいかなとは思っている。

不利な構築に対して噛み合い次第で勝てるようにするポケモン。

サイクル系の構築に対しては積極的に投げていった。
氷テラス眼鏡『テツノツツミテツノツツミ』は意識されていなかったので、相手が気づかないうちに一貫ができていることも多かった。

こいつを投げてる構築な時点で不利構築なので、釣り交換を積極的にしたり、これやられたら負け等の割り切りははっきりして立ち回った。

元々水テラスにしていたが、初手の『オーガポン(いど)オーガポン(いど)』にテラスを切られて返り討ちにされてから氷テラスにした。しかし一度も『オーガポン(いど)オーガポン(いど)』がそれから初手に出てこなかった。。。

戦術と解説

【基本選出】
カイリューカイリュー』or『アシレーヌアシレーヌ』+『カバルドンカバルドン』『ウーラオス(れんげき)ウーラオス(れんげき)

キョジオーンキョジオーン』と『水ポン』がいないBig6等のスタン系の構築に対してはこれで勝率7割くらいはありました。

キョジオーンキョジオーン』入り
カイリューカイリュー』『ハバタクカミハバタクカミ』+1

サイクル系(『オーガポン(いど)オーガポン(いど)』『モロバレルモロバレル』等入り)
テツノツツミテツノツツミ』+2
(『カバルドンカバルドン』『テツノツツミテツノツツミ』『ハバタクカミハバタクカミ』と投げて、『カバルドンカバルドン』のステロ絡めて『テツノツツミテツノツツミ』を通すことが多め)

【重いポケモン】
オーガポン(いしずえ)オーガポン(いしずえ)
カイリューで流星+神速打ってラオスのアクジェ圏内に入れる

オーガポン(いど)オーガポン(いど)
ラオスで先に積んでおいて強引に持っていくかツツミで飛ばす

ドヒドイデドヒドイデ』『モロバレルモロバレル
釣り交換ガンガンしていってツツミで頑張る

テツノカシラテツノカシラ
重いけどカバラオスで頑張る

【レンタルコード】
MP41J2

【最後に】
自己最高更新できて嬉しいです。とても強い構築だと自信があるので是非試してみて下さい。
キョジオーンキョジオーン』入りや『オーガポン(いど)オーガポン(いど)』に対する動き等をもうちょっと煮詰めたらもっといい構築になるような気がしてます。

投稿日時 : 2024/02/01 14:37

スポンサーリンク

コメント(0件)

コメントはまだありません。

コメントを投稿

パーティ構築は多くの方が気軽に投稿できるサービスを目指しており、質問や称賛、建設的なコメントのみ投稿が可能です。投稿者の望まない否定的なコメントは禁止です。

名前: 

本文:

削除キーは自分でコメントを削除する際に必要になります。

削除キー: