ポケモンパーティ構築(シングル)

添削希望✍️凶悪エンペルト×グライオン「エンペオン受けループ構築」

2023/09/19 11:59 / 更新:2023/09/21 00:04

★★★★★★★★★★★★★★★★★★ loadingいいね! 閲覧数:14696  いいね:17

投稿者:?シャル?(@syaru2110)

ポケモンSV / シングル

こんにちは、しゃる(@syaru2110)です!
今回で2回目の構築案になります。
今回のコンセプトは、追加コンテンツで入国した、「エンペルト」、「グライオン」を最大限活かした構築になっています。
2回目ということもあり、拙い文章、浅慮な調整になっているかもしれませんが、どうか暖かい目で添削、代替案をお願いします🙏

スポンサーリンク

使用ポケモン

コンセプトの片割れ、ステロあくびエンペルトです。
・技構成
確定枠
ステルスロック-説明不要、襷潰し、マルチスケイル対策最強

クイックターン-ステロ撒き後にグライオン交代時に使うことで、グライオン着地直ぐにどくどく玉が起動するため、受けたダメージをポイズンヒールで回復することが出来ます。

自由枠
あくび-ステロダメージ稼ぎにオススメ

ほえる-積み起点にされそうな場合などに

羽休め-毒ダメターン稼ぎに

努力値振りは相手先発で来る可能性が高い、カバルドン、ディンルー対策のために少し防御寄りの両刀受け振りにしています。

テラスタルに関して、相性がいいタイプがまだ分からないため、初手格闘、地面対策に水テラスタルにしています。
代替案お願いします🙏
特に計算してるわけじゃないのでコメントを参考にしたり、後々研鑽を積み、変更していこうと思います。

コンセプトの片割れ(2回目)、どくまもみが害悪グライオンです。
・技構成
確定枠
どくどく-毒、鋼タイプ以外に有効。害悪技。

まもる-ポイズンヒールのターン稼ぎに

身代わり-自分より遅い相手の変化技対策、身代わり→守るで毒ダメターン稼ぎ

自由枠
じしん-どくどくの効かない毒、鋼タイプに

努力値に関してはポケモンSM時代の育成論から引用(a4振り分をsに振ってます)

こちらも相性のいいテラスタルはまだ見つかってないため、火力上げのじめんタイプにしています。代替案お願いします🙏

キノガッサ、モロバレルなどの草タイプ対策に入れました。
特性の再生力で、交代回復で毒ダメターン稼ぎにも使えます。

・技構成
確定枠
キノコのほうし-モロバレルの代名詞。強すぎる眠り技、毒が入ってない相手に打って、グライオンに交代してワンチャン身代わり無償設置可能。

こうごうせい-毒ダメターン稼ぎ時に

自由枠
イカサマ-物理受けなので、攻撃が高い相手に

ギガドレイン-攻撃しながら回復も出来るちょい有能技

努力値に関して、エンペルトが先発のため、物理受けの仕事が出来るほど体力が残ってない可能性が高いです。なので、モロバレルも物理受けにし、グライオン×モロバレルの受けループに切り替えていくこともできます。

テラスタルは、持ち物がくろいヘドロのため、毒タイプ以外に変えれませんので、毒確定

物理受け2枠目、モロバレルじゃなく、サンダーがいいと思う場面、水ウーラオス、ヘイラッシャなどの水タイプが多い時に出します。

・技構成
確定枠
羽休め-毒ダメ稼ぎ、ゴツメダメ稼ぎに。

ボルトチェンジ-エンペルトのように、ボルトチェンジでグライオン交代時に即毒毒玉起動可能。

自由枠
ほうでん-電気技、ヘイラッシャ対策

ぼうふう-悪ウーラオスなど、ワンチャン混乱ダメも狙える

努力値に関しては、見ての通り物理受け。

テラスタルに関しては、サンダーが苦手な氷、岩タイプを半減できる鋼テラスタルにしました。

特性をプレッシャーにした方がいいのかなとも思いつつ。
どちらの方がいいでしょうか

物理受け(3回目)、パオジアン野郎など、物理火力をぶっ飛ばすために採用しました。

・技構成
確定枠
ボディプレス-これがないと始まらない。パオジアンをワンパンしましょう

自己再生-毒ダメ稼ぎに。

てっぺき-さらに固くなり、ボディプレスダメージを上げられる強い技。

自由枠
ゆきなだれ-氷技が使えるポケモンがいなかった為採用。電気テラスタルパオジアンが多いため、ここを地震にするのもありだと思う。

努力値に関して、物理受け(以下略)

テラスタルは、物理受けですがこっそりキノコのほうしを無効出来てターン稼ぎできるかも?正直、氷の弱点である、炎、鋼を半減にできる水テラスタルの方が良かったのでは?とも思いつつ。

特殊受け、テツノツツミ、ハバタクカミなどの特殊アタッカーをぶっ飛ばすために採用しました。

・技構成
確定枠
タマゴうみ-毒ダメ稼ぎに。

ちきゅうなげ-固定ダメージはつおい。

テラバースト-ちきゅうなげが当たらないゴーストタイプへの攻撃手段。

自由枠
めいそう-耐久あげつつテラバースト火力も上げれる有能

努力値に関しては、特殊受け。

テラスタルはハバタクカミなどのゴーストタイプ対策です。

戦術と解説

基本、先発エンペルト+グライオンをセットで選出します。
相手にパオジアンが居ればクレベース、テツノツツミやハバタクカミなどの特殊アタッカーが居ればラッキーを3匹目に選出。
草タイプが相手に居ない場合は3匹目にモロバレル。
ヘイラッシャや水ウーラオスがいる場合はサンダーを3匹目に選出。
初手ステロを巻いてからはケースバイケースでその場その場で時間稼ぎをしながら体力温存しつつTODを狙っていきます。

投稿日時 : 2023/09/19 11:59

最終更新日時 : 2023/09/21 00:04

スポンサーリンク

コメント(6件)

1カケル
コメント失礼致します。
エンペルトについて気になった事を言わせて頂きます。

性格は物理技のクイックターン1ウェポンなら「ずぶとい」よりも「わんぱく」にした方が良いと思いました。

持ち物も耐久計算等わからない初心者の意見ですが、「たべのこし」で回復する微々たる量は確定数をズラせて強いと思うのですが、それ程耐久があるのか分からないので質問的な意味で答えていただければ幸いです。

あと、ステロまき確定で他が交代技と自由枠なら
1.脱出ボタンで即グライオンを出す
2.ステロ後に「てっていこうせん」で火力を出しながら落ちて後続に交代
3.受けループ要因で「はねやすめ」と「たべのこし」で体力を維持してTODを有利にする
等も選択肢にあったと思います。

素人意見ですみませんが、理由があれば参考にしたいので教えて頂けると幸いです。
23/09/19 18:54
2げんえき(@1xSHE_Tell)
一応グライオングライオンに関して。
そのSに対する努力値8振りは4振りの数値と同じなので無駄となってしまいます。A4振りのままでよろしかったかと

それに加えてテツノツツミテツノツツミが少々重い(ハイドロポンプ、フリーズドライ、アンコール)ように感じられるのでそちらの対策もするべきかと...(1の方が言われたように羽休めの耐久型で誤魔化す、ほかのポケモンを採用する)

ラッキーラッキーの悪テラスタルはあくまでサーフゴーサーフゴー対策の意図が強いのでハバタクカミハバタクカミなどに対するという表現は不適切?)
23/09/19 22:45
3?シャル?(@syaru2110)
コメントありがとうございます。

カケルさんからの質問に対して

1ずぶといじゃなくわんぱくにした方がいい
自分もあとから気づきました。ミスなので変更しておきます。
2食べ残しの理由は?
特にありません。なので今は混乱実を持たせています。
こちらも直しておきます。
脱出ボタンもありですね、試してみます。
羽休め食べ残しの案もとてもいい案だと思いましたので試してみて良ければそちらに変更していきます。

3クイックターンの理由は
初手で来やすい地面先発に対して少しでも削るためです。zzzz
23/09/20 23:49
4?シャル?(@syaru2110)
コメントありがとうございます。

げんえきさんからの提案に関して。

1グライオン努力値
そうなのですね。私の知識不足のだったため変更しておきます。有益な情報ありがとうございます。

2テツノツツミ対策
テツノツツミに関しては確かに悩ましいところです。
対策として現在、特殊受けのラッキーを採用していますが、草食チョッキヒスイヌメルゴン、シェルアーマー残飯両受けヒスイヌメルゴンでもいいかなと思っています。
他に案があれば教えていただきたいです。

またモロバレルに毒毒を持たせるか、モロバレル枠をドヒドイデすることで、特殊受け毒毒グライオン、物理受け毒毒ドヒドイデという形にするべきなのかも考えています。
お時間があればこちらの案に何か添削お願いします。

参考になるご意見ありがとうございます。
23/09/21 00:00
5げんえき(@1xSHE_Tell)
>4
返信遅れて申し訳ありません

テツノツツミテツノツツミ対策に関して、テツノツツミテツノツツミ受けとして有名なのはやはり仰ら
れているようにヌメルゴン(ヒスイ)ヌメルゴン(ヒスイ)ですね
草食か、シェルアーマー残飯両受けかで言ったら草食の方がおすすめですかね(あまり役割を持たせると過労死してしまいますし、そもそも残飯はエンペルトエンペルトに持たせてもしまっていますしね…)
ラッキーラッキーとどちらを採用するかは悩みどころではありますが…ヌメルゴン(ヒスイ)ヌメルゴン(ヒスイ)採用の方が丸そうですね

僕個人としてはチョッキヤドキング(ガラル)ヤドキング(ガラル)を対策として用いていたのですがそちらもおすすめではあります(サーフゴーサーフゴーが少し重くなりますが…)

またモロバレルモロバレルに関しては、ウーラオス(れんげき)ウーラオス(れんげき)を意識するならドヒドイデドヒドイデ、あまり意識しないならそのままでよろしいかと(技構成もそのままで)
ドヒドグライという有名な並びもありましたがやはりポイヒキノガッサキノガッサなどを意識するならモロバレルモロバレルの方が良さげに思えます

(一応グライオングライオンのテラスは水、炎がおすすめだったりします…)
23/09/22 19:02
6
どくどくとあくびの相性がわるく、若干軸としてはつかいずらい?
23/10/03 12:59

削除キー:

コメントを投稿

投稿者のアカウントが削除され、最終更新日から30日以上経過した育成論にはコメントできません。

スポンサーリンク