ポケモンパーティ構築(シングル)

S4 ワダチ入り対面構築

2023/03/19 18:37 / 更新:2023/03/19 18:47

★★★ loadingいいね! 閲覧数:1180  いいね:2

投稿者:micro334(@obkohyfTsNFqqaB)

ポケモンSV / シングル / シーズン4

 初投稿です。
 そこそこの勝率でマスターボール級に到達できたので、記念に掲載します。

 このパーティー自体はテツノワダチ及びチルタリスをなんとかして対戦で使用したい、という意志のもと作成しました。アドバイス等あればぜひお願いします。

スポンサーリンク

使用ポケモン

虫テラスで対面性能を高めた、いわゆる変態型のテツノワダチです。この構築の軸となるポケモンになっています。
物理型と対面させて地面技・格闘技を誘い、テラスタルで受けた後に返しの弱点技で数的有利を作ります。

テラスなしではドドゲザンドドゲザンマスカーニャマスカーニャ
テラスありだとカイリューカイリューセグレイブセグレイブガブリアスガブリアスコノヨザルコノヨザルテツノブジンテツノブジントドロクツキトドロクツキテツノカイナテツノカイナハッサムハッサムなど多くの物理アタッカーに有利です。

一方、苦手な相手はハバタクカミハバタクカミテツノドクガテツノドクガなどの高速特殊アタッカーや、キョジオーンキョジオーンヘイラッシャヘイラッシャなどの完全な受けポケモンになります。

基本初手で選出し、多くの場合で1-1交換ないし1-2交換をしてくれるため、安定感があって非常に動かしやすかったです。

ほのうず滅びで受けポケモンや積み構築を流せる、対受けループにおいて最終手段となるポケモンです。

ほのおのうずのバインドがゴーストテラスタルで躱されてしまう点は若干の問題でしたが、対面構築が苦手な相手に投げていけるため、パーティー内でも一定の役割がありました。

恵まれたASの種族値から、対面性能が非常に高い高速物理アタッカーです。

Sを少しけずっていますが、これはテラスかげうちで無振りハバタクカミハバタクカミを確定1発圏内におさめるためです(そのような展開にはあまり遭遇しなかったので、無意味な調整だったかもしれません)。

ワダチが暴れた後のスイープ要員として非常に優秀であり、選出率も高いポケモンでした。

このパーティーのチョッキ枠です。特殊ポケモンとの撃ち合いではほぼ無敵です。
テツノワダチテツノワダチが不利をとる多くの相手と撃ち合うことが可能で、実戦ではこの2匹のどちらかにテラスタルを切る展開がほとんどでした。
努力値は、チョッキ込みの特殊耐久が最大値となるよう調整してあります。

ワダチガブの並びは非常に安定しており、この二匹の選出率は6割を超えていました。

スカーフ持ちの高速特殊アタッカーです。相手にワダチが刺さっていない時、初手に選出します。

調整はテツノツツミテツノツツミを意識しており、それぞれ
特殊耐久:特化フリドラ耐え
C:10まんボルトで確定1発
S:最速ツツミ抜き
となっています。

テツノツツミ以外に対しても対面性能はかなりのもので、対面構築が苦手なこのパーティーの、受けポケモン対策としても活躍してくれました。

当初はテツノドクガテツノドクガに対する役割も期待していたのですが、草テラスタルとブーストエナジーに阻まれこちらは思うように遂行できませんでした。

このパーティーの炎枠兼物理受け……なのですが、現在リストラ候補です。
現環境ではこの子に弱点をついてくるポケモンが多すぎ、ノーマルテラスも他のポケモンにテラスタルを切ることが多くあまり活躍しませんでした。

選出率もぶっちぎりで最下位なので、新シーズンではイーユイイーユイと入れ替えようと思っています。

戦術と解説

選出は、相手の構築を見て刺さっているポケモンを選んでいくスタイルで行います。これといって解説することもありません。
テツノワダチテツノワダチは役割範囲が広いため過労死しがちなので、そこをケアできるポケモンもできれば選出するといいでしょう。

投稿日時 : 2023/03/19 18:37

最終更新日時 : 2023/03/19 18:47

スポンサーリンク

コメント(0件)

コメントはまだありません。

コメントを投稿

投稿者のアカウントが削除され、最終更新日から30日以上経過した育成論にはコメントできません。