dummy

ポケモンパーティ構築(シングル)

【S19シングル 無敗マスボ到達】ラグカイリュー軸スタン

2021/06/05 13:53

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★ loadingいいね! 閲覧数:3649  いいね:31

投稿者:Hatoba(@Hatoba_0926)

シングル / シーズン19

レンタルチーム有

はじめに


今回は私が使用して、6連勝でマスボ級に行くことができた構築を紹介しようと思います。
S18から対戦を始めて、色んな構築を試してきましたが個人的に一番使用感がよく可能性を感じたので、是非見ていってくださると幸いです。
最後にレンタルIDも載せてあるのでよろしくお願いします。

初投稿になりますので、至らぬ点があると思います。
質問やアドバイスもお待ちしているので気軽にコメントしてください!

構築経緯

注:少し長いので本編が見たい方は読み飛ばしてください
USUMの頃に少し対戦をかじっていて、当時強かったカバルドンカバルドンボーマンダボーマンダギルガルド(シールド)ギルガルド(シールド)の並び、通称カバマンダガルドを剣盾でも使いたくて考察を始めました。
しかし、ボーマンダがメガ没収により火力も素早さも中途半端であること、耐久が薄いためダイマックスにより高耐久を得たポケモンに攻撃を耐えられ一撃で倒されてしまうことが多く、アタッカーとしての運用がいささか厳しいものになっていました。
そこで、同じタイプを持ちながら特性マルチスケイルでダイマックスとも非常に相性が良いカイリューに着目、相方も砂ダメでマルスケが潰れてしまうのでカバルドンではなくラグラージを採用してこの構築に至りました。

残り三匹は当時のカプ・コケコカプ・コケコゲッコウガゲッコウガミミッキュミミッキュの並びからゲッコウガをエースバーンエースバーンエースバーンに変えただけですが、バランスが取れていて使いやすかったのでこのまま使用しています。

スポンサーリンク

使用ポケモン

普通のHBラグラージラグラージラグラージ
初手で起点作成できればもちろんアド、選出せずとも相手のカプ・レヒレカプ・レヒレレヒレやゴリランダーゴリランダーゴリラを誘うので初手が読みやすく、対戦を優位に進めることができるポケモンです。

技構成の内、地震の枠が守るとの選択になります。
相手のカプ・コケコカプ・コケココケコやヒードランヒードランドランに対する打点として採用していますが、ダイマターンを枯らせてあくび後の強引な突破を狙う動きに対して強い守るも捨てがたいのでお好みで。
ASぶっぱのラム龍舞カイリューカイリューカイリュー
相手のカバルドンカバルドンカバやラグラージラグラージラグに対して、初手投げから龍舞を積んでダイマしていくアタッカー。
弱点を突かれない対面はマルスケを盾に無理やり積めるので安定感が段違いです。

技構成を少し工夫していて、ドラゴン技を切って冷パンを採用。
カイリューカイリューミラーやランドロス(霊獣)ランドロス(霊獣)ランド、ガブリアスガブリアスガブに対して強気に立ち回ることができます。
地震は鋼タイプに対する打点と、持ち前の耐久でダイアースでの特防アップを活かしやすいので採用しました。
くろこさんのものを参考にした残飯ギルガルド(シールド)ギルガルド(シールド)ギルガルド
主に相手の起点作成ポケモンに対して初手投げして、身代わりからアドを稼いでいきます。
受けループに対して考えずに投げれるのが本当にありがたい。

本家様のA68降りアイヘ採用のところを、ポリゴン2ポリゴン2ポリやブラッキーブラッキーブラッキーがよく持っているイカサマに対して身代わりを残すためAを下げたかったのでアイアンヘッドを切ってラスターカノンを採用、Aに回していた努力値をCに回しています。
こちらの育成論(育成論ソードシールド/2259)のめいそう珠カプ・コケコカプ・コケコカプ・コケコ
ラグラージラグラージラグが誘うカプ・レヒレカプ・レヒレレヒレに対して初手投げ、相手はほぼほぼ交代するのでその隙に瞑想を積んでダイマしていくアタッカー。
メジャーなスカーフ型と違ってラグラージやドサイドンなどの本来苦手とするポケモンに対して草技で打ち勝てるところが最大の魅力だと思います。
カイリュー以上にダイマを切ったポケモンでした。
ASぶっぱのスカーフエースバーンエースバーンエースバーン
ゴリランダーゴリランダーゴリラとカプ・レヒレカプ・レヒレレヒレの両方に一貫するダストシュートを持たせることでその両方が入っている構築に対して初手投げしやすく、スイーパーとしても広い技範囲をタイプ一致で打てる点で優秀です。
どこかで見たアッキミミッキュミミッキュミミッキュ
選出率はそこまで高くありませんが、ウオノラゴンなどを見るため採用。
ラグラージラグラージラグラージほどではないものの対面への圧力を持つポケモンです。
カイリューに対して飛んでくるドラゴン技を無効にしたり、ゴーストダイブでダイマ枯らしもできるのでなんやかんや活躍してくれます。

戦術と解説

選出と立ち回り


このパーティは基本選出を特に決めておらず、相手のパーティを見てその都度選出を決めています。
これだけだと味気ないのでパターン毎に選出例を挙げていきます。



レヒレにはコケコ、ゴリランダーにはエースバーンを初手に投げます。
両方いる場合はエースバーンが両方に一貫するダストシュートを覚えているのでエースバーンを初手に置くといいです。
また、ゴリランダーのみならカイリューカイリューカイリューを投げれる可能性があるので、エスバ+カイリュー+ミミorガルドの選出も考えられます。

レヒレとコケコが対面したら瞑想を積んでダイマ、暴れた後に裏のスカーフエスバとミミッキュorギルガルドで詰ませに行きます。
エースバーンとゴリラの対面はほぼ確実に引いてくるのでとんぼで対面操作して、コケコの瞑想かカイリューの龍舞を積むタイミングを伺う立ち回りをします。

  • 相手にラグラージラグラージに強いポケモンがいない(=ラグが出せる)場合


初手ラグ展開から入ってダイマ積みエースで暴れて裏で締めるのが基本です。
残りの一匹は相手の構築を見て、ダイマエースで対処するのが厳しいポケモンに対して強いポケモンをチョイスしていきます。



カバルドンに対しては、ラムのみがあるので初手にカイリューを投げて強引に龍舞していきます。
ラグラージには初手にコケコを投げると、スカーフとんぼを読んで居座ってくるので草技で潰します。
後ろの2匹は相手のダイマを流せるラグラージラグラージラグorギルガルド(シールド)ギルガルド(シールド)ガルドと刺さりがよさそうなポケモンを選出。
相手のエースを見れるポケモンを2匹採用すると割と安定すると思います。

おわりに


拙い文章だったと思いますが、お付き合いいただきありがとうございました。
下にレンタルIDがございますので、使ってみたいという方は是非お試しくださると幸いです。
また、アドバイスや質問がございましたらお気軽にコメントしてください!

レンタルID

0000 0003 NF0J 0T

投稿日時 : 2021/06/05 13:53

スポンサーリンク

コメント(9件)

1名無し
レンタルチーム使わせて貰いましたが初心者の自分でも簡単にマスター行けました!!
素晴らしいチームを公開していただきありがとうございました!
21/06/06 03:15
2初心者
レンタル出来るパーティーを作ってくださり、ありがとうございます。
使用してみたのですが、初手カバルドンに対してカイリューで舞いました。
敵が初手ダイマックスをしてきてダイアイスで一撃で倒されてしまいました。

選出と立ち回りに書いてあるポケモンが勢揃いしたパターンもあったのですが、
これは珍しいことで気にせず臨機応変にやっていくしかないでしょうか?
21/06/12 00:12
3Hatoba(@Hatoba_0926)
>初心者さん
レンタルパーティーを使用していただきありがとうございます。

マルチスケイルを貫通して倒せるのは攻撃全振り+いのちのたまを持った完全なアタッカーのカバルドン、いわゆる初見殺しに近い型のカバルドンですのであまり気に病まなくても大丈夫です。

このパーティは相手を見て選出する都合上、今回のように一般的なものと違う型が出てきた場合に崩されてしまいやすい構築になっております。
実際、初手ダイマカバルドンを出されたら僕でも負けるのでそういったケースは仕方ないと割り切って数をこなしていくのが大切だと思います。
少しでも参考になれば幸いです。
21/06/12 02:29
4名無し
アイへ不採用ならギルガルドはひかえめでいいのでは…?イカサマを意識するなら尚更ひかえめがいいと思うのですが素早さを下げたほうがいいんでしょうか?
21/06/13 14:29
5退役トレーナー(@OsCWDYe0L2Pb5PZ)
>>4 名無しさんへ、他人ですがお答えいたします。
 まず前提として、ギルガルド(シールド)ギルガルド(シールド)はできる限り遅い方が良いとされます。
 なぜかというと、ギルガルド(シールド)ギルガルド(シールド)のブレードフォルムは非常に脆いからです。なので攻撃はできる限りシールドフォルムで受けなければなりません。
 このときブレードフォルムに変わる条件は『攻撃技を打った時』、シールドフォルムに変わる条件は『キングシールドを打ったとき』なので、つまり理想は『敵よりも早くキングシールドを撃ち、敵よりも遅く攻撃する事』になります。
 キングシールドは優先度+4なので全ての攻撃技よりも早く、前半の条件は自然と成立します。
 しかし攻撃技は一部を除き相手と自分のSで判定されるので、相手よりも遅く攻撃するためにギルガルド(シールド)ギルガルド(シールド)はSをできる限り下げた方が良いとされます。
 あまり遅すぎてもカバルドンカバルドンなどに上からあくびを打たれてしまいますが。

以上、割り込み失礼しました。私は文字の装飾をあまり使わないので、みづらいかもしれませんがかんべんしてください
21/06/13 19:46
6Hatoba(@Hatoba_0926)
>>5 退役トレーナーさん、代わってご説明いただきありがとうございました。
   僕から申し上げることがないほど、丁寧で完璧な解説だと思います。
 
21/06/13 22:51
7Hatoba(@Hatoba_0926)
>>4 一応僕の方から名無しさんに補足しておくと、素早さを落としたことによって発生したデメリットとして挙げられるのは、

・やどりぎ守る型のテッカグヤテッカグヤに上からやどりぎを打たれてしまう

 ことぐらいだと思いますが、これはもともと素早さに下降をかけなくても種族値で1負けているためこちらもある程度素早さに振る必要があること、アタッカー運用をする型のテッカグヤテッカグヤも存在することから役割対象として見れるポケモンではないため考えなくてもいいと判断しました。
 
 退役トレーナーさんの貴重なご説明と合わせて、少しでも参考になれば幸いです。
21/06/13 22:53
8初心者
>>3

了解致しました!お返事ありがとうございます!
伝え忘れておりましたが、マスターボール級に到達できました。
自分のパーティーだと本当に9割敗北しているので、どれだけ凄いかが実感できます。
それに〜が来たら〜と書いて軽く書いて下さっていたので滅茶苦茶助かりました!
最近のポケモンは全然分からないので危険なポケモンを知ることができました。
このサイトもドット絵で表示されて見やすくて最高です。
21/06/14 05:15
9退役トレーナー(@OsCWDYe0L2Pb5PZ)
>>7
補足ありがとうございます。私はギルガルド(シールド)ギルガルド(シールド)を使った事が無いので、実際のデメリットは把握していませんでした。
それではさようなら。敬具
21/06/14 14:04

削除キー:

コメントを投稿

パーティ構築は多くの方が気軽に投稿できるサービスを目指しており、質問や称賛、建設的なコメントのみ投稿が可能です。投稿者の望まない否定的なコメントは禁止です。

名前: 

本文:

削除キーは自分でコメントを削除する際に必要になります。

削除キー:

スポンサーリンク

dummy