dummy

ポケモンパーティ構築(シングル)

スパイクチャレンジ最終84位 寒色キュウコン

2021/03/25 15:12

★★★★★★★★★★★ loadingいいね! 閲覧数:2114  いいね:10

投稿者:ポケモンをする人、あるいはチョモランマ(@YpZFPoneKjRSBIU)

シングル / スパイクチャレンジ / 最終84位

こんにちは。今回は先日開催されたスパイクチャレンジで目標としていた最終レート1700以上と最終二桁を達成することができたので記念に書くことにしました。
ここまでいい成績を出せたのは初めてなので素直にうれしいです。構築自体の完成度はそこまでではありませんが見て行ってください。

スポンサーリンク

使用ポケモン

優しいお友達から教えてもらった最強ポケモン。
環境に多いサンダー、ウーラオス、ガブリアスの上から一致抜群をとれることからこのポケモンを固定して周りを変えて仲間大会などには参加していた。
持ち物は火力補正アイテムをつけないと無振りサンダーサンダーサンダーに対して吹雪が 92.1~109%と乱数になってしまい、耐久に振られるとあられ込みでも耐えられてしまうというもはやポケモンじゃない性能をしていないのでこだわり眼鏡を持たせた。
この持ち物選択は正解で、H252ナットレイナットレイナットレイに眼鏡吹雪が50.2~59.6%入りあられダメージで食べ残しを相殺して二回で倒すことができるようになった。他のポケモンに対しても等倍なら相当な削りができ、上がとれたらそのまま倒せた。
あられダメージはメリットとデメリットがある。
メリットは先ほど述べたように相手の食べ残しを相殺できることや、タイプ受けしてくるジバコイルジバコイルジバコイルやヒートロトムヒートロトムヒートロトムに対して一定の削りを入れられることがあげられる。
デメリットはこちらのポケモンが削れていくことである。一時期採用していた滅びマリルリマリルリマリルリや食べ残しヒートロトムヒートロトムヒートロトムは回復技がないためあられに相殺され回復できず、受け出しできなくなって負けるということが多発したためパーティを試行錯誤する中で苦しまされた。
技構成は必中の高火力技吹雪、ドヒドイデドヒドイデドヒドイデなどに打つフリーズドライ、タイプ一致でウーラオスウーラオス(いちげき)ウーラオス(いちげき)ウーラオス(れんげき)ウーラオス(れんげき)などに打つムーンフォースまでは確定。悪の波動は構築単位で異常に重いギルガルドギルガルド(シールド)ギルガルド(シールド)を頑張って倒すため。
H252ギルガルドギルガルド(シールド)ギルガルド(シールド)に対してこのキュウコンの悪の波動は45.5~53.8%しか入らないという生きることを捨てたかのような火力なためサザンガルドなどのサイクルのなかで打っていた。ちなみに半減吹雪の威力は110*1.5/2=82.5、等倍悪の波動は80。
素早さは最速ガブ抜き。キュウコンミラー以外は困らなかったので問題ない。耐久を上げるメリットはそこまでわからないが赤ゲージになることは多かったので案外よかったかもしれない。
終盤ではあまり出せなかった気がするが出した試合では活躍してくれた印象。構築の組み始めとしていい活躍をしてくれた。僕自身が厨ポケ大好きなのと絶対零度でHDポリゴン2が倒された経験から最初は正直嫌っていたがこの大会で最低限は許せるようになった。
選出率45% 20/44
努力値の端数はどこに振ったか忘れたジバコイル。どこにも降ってないかもしれない。
別のパーティでキュウコンを使っていた時ジバコイル+スカーフ水という構築が多く、キュウコンがボコボコされていたので自分も使うことにした。
使ってみた感想としては中途半端。これに尽きる。役割対象のサンダーサンダーサンダーやトゲキッストゲキッストゲキッスは炎技を持っていることが多くチョッキを持ってもそう何度も受け出しできるわけではなかった。火力はアナライズ込みでそこそこ出るが、地面の一貫を切られていると素直にボルトチェンジを押せず、ラスターカノンを押すとヒートロトムヒートロトムヒートロトムなどを出されたりひたすらイライラしてた。
持ち物は少しでも耐久を上げるため突撃チョッキ。
技は一致の10万、ボルトチェンジ、ラスターカノンまで確定で残りはナットレイナットレイナットレイやドリュウズドリュウズドリュウズに打てたらと思いボディプレスにしていたがナットレイにはカスみたいなダメージしか入らずドリュウズはそこまで当たらなかったので腐っていた。おそらくミラーコートが最適だった。
努力値も最初は四振りエアームド抜きまで降っていたが耐久不足によりHCぶっぱになった。ニンフィアに抜かれてうざかったので大会中はまた振りたくなっていた。
選出率は61% 27/44 主にサンダーがやばいので不満があっても出さざるをえなかった。ちゃんと活躍はしてくれた。
こちらも端数をどこに振ったかわからないウーラオス。おそらくHかB。
スカーフ枠。強かった。キュウコンの苦手なポケモンは?上から殴ってくるやつ?タイプが嫌な奴  おおまかにこの二つに分類されているがこのウーラオスは?に対してはスカーフで上から、?に対しては鋼と炎が多いので一致弱点を打つことで対処できた。
具体例はエースバーンエースバーンヒヒダルマ(ガラル)ヒヒダルマ(ガラル)ナットレイナットレイヒートロトムヒートロトムジバコイルジバコイル
技構成は一致の水流連打とインファイト、とりあえずのとんぼ返りまでは確定。毒づきはこれを打つくらいならとんぼ返りしたほうがいいということになり一回しか使わなかった。バカ重いギルガルドギルガルド(シールド)ギルガルド(シールド)のために地震かサンダーサンダーサンダーやボーマンダボーマンダボーマンダに打てる冷凍パンチが良かったと思う。
選出率 59% 26/44
みんなのアイドルドヒドイデ。謎の素早さ振りはランクマで使っていたスピードスワップポリゴン2抜き調整の名残。活きた場面はないと思う。
上の攻めポケモンたちが苦手なポケモンを受けるため採用。主な役割はエースバーンエースバーンウオノラゴンウオノラゴンゴリランダーゴリランダーヒヒダルマ(ガラル)ヒヒダルマ(ガラル)への誤魔化しや雑なクッションにも使える万能受けポケモン。
持ち物は安定のヘドロが普通に強い。
技構成は自己再生は確定でねっとうも鋼に火傷が入ると嬉しいので採用。サンダーサンダーサンダーを筆頭とした特殊に交代読みなどで毒を入れると無茶苦茶サイクルが回しやすくなるのでどくどく。残りはヒヒダルマヒヒダルマ(ガラル)ヒヒダルマ(ガラル)の技を見てから交代したりできるようにトーチカ。黒いヘドロの回復や相手の毒を回すのにもつかえた。黒い霧は欲しい場面は何度もあったがそれ以上に採用した技が多かったので外すことになった。正直大会中もずっと技構成は悩んでた。
選出率は59% 26/44 万能クッションとして信頼をよせていた。
ボックスに転がってたので引っ張ってきた。
ドヒドイデやジバコイルで重いガブリアスガブリアスガブリアスやドリュウズドリュウズドリュウズに対する受けとして採用。
このポケモンはエアームドエアームドエアームドと比較されやすいが今回採用した技「とんぼ返り」によって差別化ができている。地面に後出しした後相手はすぐに電気や炎にひいてくるのでとんぼ返りは読まれず有利対面を作れた。
ゴツゴツメットはガブリアスの炎の牙などの試行回数を減らし急所被弾を減らせるため採用。この削りで地面をジバコイル圏内に入れたりもできた。
技構成はとんぼ返りと羽休めは確定で、積みで崩されないように鉄壁と相性のいいボディプレスを入れた。
選出率は40% 18/44 とあまり出せなかったがこちらも安定したクッションとして活躍してくれた。
端数を忘れまくっている。
電気の一貫切りに採用した………はず。最後に入ってきたのであまり印象が残ってない。
大会序盤は信用が薄かったが「これガブリアス出せてたら勝ててたかも」という試合が何試合かあり、それによってならべく出すように意識し始めた。
持ち物はカバルドンカバルドンカバルドンや鬼火持ちのヒートロトムヒートロトムヒートロトムへの対応としてラムのみ。
技構成は一致技の地震とスケイルショット、トゲキッストゲキッストゲキッスやサンダーサンダーサンダーなどに打てるストーンエッジ。残りはラムのみと相性のいい剣の舞だが、鉄壁ナットレイナットレイナットレイに対して手も足も出ないので大文字でもよかったかもしれない。
選出率は34% 15/44 やっぱり信用はあまりできていなかったが活躍はしてくれた。ストーンエッジをちゃんと当てるいい子。

戦術と解説

基本選出といえるほどのものはなく、刺さっているポケモンと補完を雑に入れていた。
立ち回りは普通のサイクルといった感じでスカーフで安定感のあるウーラオスや高火力(?)のキュウコン、バランスタイプのジバコイルをうまく通せるように互いにサポートしあっていく形。

重いポケモン

サンダーサンダーサンダー ジバコイルも何度も受け出せるわけではなくガブリアスもあまり選出できなかったので重かった。ドヒドイデとアーマーガアがどちらも電気抜群なためサンダー以外の電気もだいたい重かった。
ギルガルドギルガルド(シールド)ギルガルド(シールド) 受けポケモンは手も足も出ず、キュウコンの一致は両半減。ウーラオスもシャドーボールがかなり入ってしまうと大惨事だった。ガブリアスは選出できていない。本当になんでだ。
ウルガモスウルガモスウルガモスちょうのまいを積まれるとほとんどのポケモンが受からない。このポケモンを見たときだけはガブリアスを絶対出していた。
ポリゴン2ポリゴン2ポリゴン2倒せない ウーラオスでうまくサイクルを回したり毒を入れて対処。
ナットレイナットレイナットレイ 鉄壁されると手も足も出ません! ウーラオスがスカーフなこと、ガブリアスが炎技持っていないこと、ジバコイルは不利を取りキュウコンも対面では勝てないこと、ドヒドイデの毒が入らないこと。いろいろなことが作り出したかなり重い最悪のポケモンだった。
それ以外も多くのポケモンが重いが特に重いのはこいつら。

終わりに

単純に目標を達成できてうれしかったというのが感想。とても楽しかった。パーティ的にはもう少し詰めれる部分があったが何より精神面がやられてしまった。二桁を維持するために精神をすり減らしながらやっていた。もう少し心を落ち着かせながらポケモンができるようにこれからも精進していきたい。

投稿日時 : 2021/03/25 15:12

スポンサーリンク

コメント(2件)

1ニンフィア好きの人の友達
とても良い構築だと思います。
キュウコン強いですよね。自分も使っていてそこそこ活躍してくれました。
スパイクチャレンジのようなルールの公式大会は今後ないかもしれませんが、水ウーラオスとジバコイルの並びはかなり使ってみたくなりました。ランクマの構築を組むときの参考にさせてもらいます。
21/03/26 13:38
2ポケモンをする人、あるいはチョモランマ(@YpZFPoneKjRSBIU)
かなり返信遅くなってすみません。コメントありがとうございます。
ジバコウーラの選出はそこそこしましたし使いやすかったので良ければ使ってみてください。
あと僕の友達もニンフィアが好きなのですがその人ではないみたいでちょっとびっくりしました。
21/03/30 12:42

削除キー:

コメントを投稿

パーティ構築は多くの方が気軽に投稿できるサービスを目指しており、質問や称賛、建設的なコメントのみ投稿が可能です。投稿者の望まない否定的なコメントは禁止です。

名前: 

本文:

削除キーは自分でコメントを削除する際に必要になります。

削除キー:

スポンサーリンク

dummy