ドドゲザン- ポケモン育成論SV

【レギュG考察】チョッキ×ドドゲザン【vs黒バドetc.】

2024/04/05 16:45 / 更新:2024/04/09 09:22

ドドゲザン

HP:HP 100

攻撃:攻撃 135

防御:防御 120

特攻:特攻 60

特防:特防 85

素早:素早 50

ツイート2.462.462.462.462.462.462.462.462.462.46閲覧:2236登録:3件評価:2.46(4人)

ドドゲザン  あく はがね  【 ポケモン図鑑 】

性格
いじっぱり(攻撃 特攻)
特性
まけんき
努力値配分(努力値とは?)
HP:12 / 攻撃:252 / 特防:244
個体値:31-31-31-x-31-31
実数値:177-205-140-x-136-70 (素早さ比較)
覚えさせる技
ドゲザン / アイアンヘッド / テラバースト / ふいうち
持ち物
とつげきチョッキ
テラスタイプ
フェアリー

スポンサーリンク


ルール
シングルバトル
このポケモンの役割
物理アタッカー
登録タグ

考察

はじめに

  • 当育成論はレギュG解禁前(4/5)に投稿されたものになります。したがって、実際の環境と異なっている可能性があり、あくまで事前考察の一端に過ぎないことをご了承ください。
  • 当育成論は投稿者の目線に依るところが大きいため、煮詰まっていない内容がありましたらコメントにてお知らせください。また、対戦初心者からレート上位の方まで幅広く閲覧していただけるよう、適宜装飾をさせていただいてます。そういった面でのアドバイスもよろしくお願いします。
  • 当育成論に登場するポケモンは基本的に理想個体値(6V)を想定しております。
  • 当育成論はH(=HP),A(=攻撃),B(=防御),C(=特攻),D(=特防),S(=素早さ)などの非公式用語を一部使用します。分かりづらい表現などがありましたらご指摘ください。
  • 単なる感想もありがたいですが、vs「黒バド」の考察を一言残していただけると更にありがたいです。ポケモンを愛する皆様の温かいコメントをお待ちしております。

コンセプトと役割

  • 主に『バドレックス(こくば)バドレックス(こくば)』(以下:「黒バド」)を役割対象として想定しています。『ドドゲザンドドゲザン』というポケモンは、タイプ上「黒バド」のメインウエポンであるエスパータイプを無効、ゴーストタイプを半減で受けることができ、多くなると想定されるであろうフェアリータイプテラスの『ドレインキッス』『テラバースト』も等倍で受けられます。また、あくタイプはがねタイプの範囲は、「黒バド」のフェアリータイプテラス前後で弱点を突ける優秀なタイプとなっています。
  • もしかすると他の特殊アタッカーにも役割を持てる可能性もありますが、反対に「黒バド」に対するピンポイントメタになる可能性もあります。あくまで当育成論はvs「黒バド」に重点を置いていることをご理解ください。

持ち物

とつげきチョッキ
持たせると、『とくぼう』が1.5倍になるが、変化技を出せなくなる。
  • 被ダメージ計算にて後述しますが、これにより後出しの安定感が上昇します。

特性

  • 当育成論は『まけんき』を採用しています。しかし、他2つの特性も活躍する場合があると思いますので、特性はお好みのものを採用してください。
まけんき
相手の技や特性で能力ランクが下がった時、自分の『こうげき』ランクが2段階上がる。自分や味方の技や特性で下がった場合は効果がない。
そうだいしょう
場に出た時に、これまでに『ひんし』状態になった味方のポケモン数×10%だけ技の威力が上がる。(最大1.5倍)
プレッシャー
技を受けた時、技のPPを2減らす。

性格・努力値と調整

  • 当育成論は、性格『いじっぱり』、努力値『H12,A252,D244』で考察を行います。
  • 調整は、与ダメージを大きくし、相手のポケモンに負荷をかけられるようにAを特化。残りの努力値は『とつげきチョッキ』を持った時に特殊耐久が最大になるように振っています。Hの実数値が16n+1(毒やステルスロックなどによる割合ダメージが16n-1より1増えてしまうライン)となっていますが、『ドドゲザンドドゲザン』はタイプにはがねタイプを複合していて耐性があるため、そこまで気にしていません。

技構成

ドゲザンあくタイプ
威力85:PP10:命中-
自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。
  • 安定したメインウエポンになります。
アイアンヘッドはがねタイプ
威力80:PP15:命中100
30%の確率で相手をひるませる。
  • 同様に安定したメインウエポンになります。30%で怯みの上振れ要素もありますが、基本的にSの都合で下から動くことになるので機会は少ないと思います。
テラバーストノーマルタイプ/フェアリータイプ
威力80:PP10:命中100
自分がテラスタル状態の時、技のタイプが自分のテラスタイプになる。その際、この技の分類は、自分の攻撃と特攻の高い方となるため、『こうげき』のほうが高い場合は物理技となる。
  • 基本的にテラスしたときに撃つ技になります。メインウエポンであるあくタイプはがねタイプを両半減してくる相手に打ちます。vs「黒バド」のみを意識するなら、この枠の技はお好みのものを採用してください。
ふいうちあくタイプ
威力70:PP5:命中100
必ず先制できる(優先度:+1)。そのターン相手が選んだ技が攻撃技ではない場合や、優先度などの関係ですでに攻撃を終えていた場合は失敗する。相手が『ねむり』『こおり』状態でも攻撃技を選択していれば成功する。
  • 重宝する先制技になります。vs「黒バド」におけるいくつかの注意点を挙げておきます。
  1. 相手が身代わりやアンコール、トリックなどの補助技を選んだ場合失敗する。
  2. アンコールで縛られたときのために、この技のみはPPを最大まで上げずにPP6にしておく。これにより回数の誤認が行えます。あくまで推奨ですので、必須ではないことをご了承ください。

テラスタル

  • 当育成論はフェアリータイプテラスを採用しています。攻守ともに『ドドゲザンドドゲザン』と相性が良く、タイプ自体の耐性も優秀です。
  • 「黒バド」の『ドレインキッス』やフェアリータイプテラス『テラバースト』を考慮しないのであれば、火力の伸びるあくタイプテラスも一考の余地があると思います。

立ち回り例

  • 当育成論はvs「黒バド」を意識しているため、現在段階では「黒バド」に対する立ち回り例のみ記載しておきます。
  1. 相手の「黒バド」に対して受け出しをする。
  2. 相手のタイプに合わせて技を選択する。
  • 相手のテラスが残っていれば、『アイアンヘッド』が安定択になります。
  • 相手のテラスが残っていなければ、『ドゲザン』が安定択になります。
  • 相手のテラスが残っていない、且つ「黒バド」が『こだわりスカーフ』または『こだわりメガネ』であれば、『ふいうち』が安定択になります。(相手の交代は裏目となってしまうためご注意ください。)
  • 相手が後ろのポケモンと交代してくるようであれば、無理をせずこちらも交代してください。
  • 相手のプレイングのレベルによっては、釣り交代(こちらの交代に合わせて相手も交代すること)が起こることがあり得ます。投げやりにはなりますが、プレイングでカバーするようにしていただけると幸いです。

与ダメージ計算

  • 当育成論はvs「黒バド」を(以下省略)
  • 当育成論は『ダメージ計算ツールSV by ポケソル(https://sv.pokesol.com/calc)』を使用しています。
  • 追加すべきポケモンがいましたら、お手数ながらコメントにてご指摘ください。
ドゲザンバドレックス(こくば)バドレックス(こくば)B4205.8 ~ 242.3%
確定1発
バドレックス(こくば)バドレックス(こくば)B4
フェアリータイプテラス
27.5 ~ 32.5%
確定4発
バドレックス(こくば)バドレックス(こくば)HB特化129.5 ~ 156.6%
確定1発
バドレックス(こくば)バドレックス(こくば)HB特化
フェアリータイプテラス
16.0 ~ 19.4%
乱数6発 : 99.77%
アイアンヘッドバドレックス(こくば)バドレックス(こくば)B453.2 ~ 62.3%
確定2発
バドレックス(こくば)バドレックス(こくば)B4
フェアリータイプテラス
106.3 ~ 124.6%
確定1発
バドレックス(こくば)バドレックス(こくば)HB特化31.0 ~ 36.8%
乱数3発 : 61.91%
バドレックス(こくば)バドレックス(こくば)HB特化
フェアリータイプテラス
61.9 ~ 73.5%
確定2発
ふいうちバドレックス(こくば)バドレックス(こくば)B4185.2 ~ 219.5%
確定1発
バドレックス(こくば)バドレックス(こくば)B4
フェアリータイプテラス
22.9 ~ 27.5%
乱数4発 : 53.73%
バドレックス(こくば)バドレックス(こくば)HB特化110.2 ~ 129.5%
確定1発
バドレックス(こくば)バドレックス(こくば)HB特化
フェアリータイプテラス
13.5 ~ 16.0%
乱数7発 : 96.05%
与ダメージ計算
  • ダメージ計算の結果から、いろいろな要素を総合的に見ても、テラスの残っている「黒バド」に対しては、余程HBに振っていない限り『アイアンヘッド』が安定択になると言えます。

被ダメージ計算

  • 当育成論は(ry
  • いのちのたま』や『こだわりメガネ』を持った「黒バド」には、複数回の後出しが安定しません。ご了承ください。
  • ステルスロックを踏むことを想定していません。ご理解をお願いします。
バドレックス(こくば)バドレックス(こくば)
C特化
アストラルビット22.0 ~ 26.5%
乱数4発 : 14.97%
ドレインキッス
フェアリータイプテラス
22.5 ~ 27.2%
乱数4発 : 30%
テラバースト
フェアリータイプテラス
30.5 ~ 36.2%
乱数3発 : 44.26%
バドレックス(こくば)バドレックス(こくば)
C特化
いのちのたま
アストラルビット28.9 ~ 34.5%
乱数4発 : 2.83%
ドレインキッス
フェアリータイプテラス
29.4 ~ 35.0%
乱数4発 : 8.81%
テラバースト
フェアリータイプテラス
39.6 ~ 46.9%
確定3発
バドレックス(こくば)バドレックス(こくば)
C252
こだわりメガネ
アストラルビット30.5 ~ 36.2%
乱数3発 : 51.04%
ドレインキッス
フェアリータイプテラス
31.0 ~ 37.3%
乱数3発 : 74.07%
テラバースト
フェアリータイプテラス
41.3 ~ 49.2%
確定3発
被ダメージ計算

相性の良い味方・構築例

  • こだわりスカーフ』を持った「黒バド」で止まってしまう構築との相性が良いと思います。また、『ドドゲザンドドゲザン』を正面から突破してくる「黒バド」はこだわりスカーフ』を持った「黒バド」に弱いため、一緒に組むことで『くろのいななき』の餌にすることが可能になります。
  • 弱点を補い合う目的で言えば、『カイリューカイリュー』単体が候補に挙がると思います。「黒バド」にフェアリータイプテラスを切らせれば、『しんそく』が通るようになるのも相性が良いです。

おわりに

  • 当育成論を閲覧していただきありがとうございました。
  • お気づきの方もいらっしゃるかと思いますが、かくとうタイプテラスを始めとした『ドドゲザンドドゲザン』の弱点を付くテラスの「黒バド」には粉砕されます。(要望があればダメージ計算に追記させていただきます。)
  • はじめにも申し上げましたが、当育成論はレギュG解禁前(4/5)に投稿されたものになります。したがって、実際の環境と異なっている可能性があり、あくまで事前考察の一端に過ぎないことをご了承ください。
  • 改善点や不明点などがありましたらコメントまでよろしくお願いします。

投稿日時 : 

最終更新日時 : 2024/04/09 09:22

ドドゲザンの他の育成論を探す (23件) >>

こちらもオススメ
ドドゲザン【テラレイド】物理鋼アタッカー型ドドゲザン
しんちょう / まけんき / かいがらのすず
HP:92 / 攻撃:80 / 特防:252 / 素早:84
アイアンヘッド / バークアウト / つるぎのまい / てっぺき
ドドゲザンまだやれるのか・・・? 火力に振らないメタバドドゲザン!
しんちょう / まけんき / オボンのみ
HP:252 / 攻撃:4 / 特防:252
ドゲザン / テラバースト / ちょうはつ / メタルバースト
ドドゲザンメタルバーストで一発逆転⁉ 高火力アタッカー&高速アタッカー処理ドドゲザン
ゆうかん / まけんき / とつげきチョッキ
HP:252 / 攻撃:252 / 防御:4
メタルバースト / ドゲザン / アイアンヘッド / ふいうち
投稿者の前後の育成論

スポンサーリンク

コメント (4件)

  • ページ:
  • 1
24/04/05 18:52
1U 再開 (@U05251248)
55555
クッ...先越された...
しかもほとんど同じ型...
そして自分の育成論よりも説明がすごく分かりやすく、とてもいい育成論だと思うので星5評価つけときます。
24/04/05 19:46
2うどん (@yc7CnreA3L60509)
44444
育成論の投稿お疲れ様でした。
とても見やすく優れている育成論だと感じました。

立ち回りでの質問があります。

立ち回り例の欄には、相手の黒馬バドレックスに対して、受け出し。
その後相手のタイプに合わせて技選択と書いてあります。

そこで疑問に思ったのが、相手の黒馬バドレックスに対して受け出しをする状況は、基本的にこちら側が不利対面であると言えると思います。

言い換えれば相手にとっては有利対面であるため、テラスタルをすることは考え難い為、「タイプを見て技選択」をすることはテラス択を生む事になり、安定的な処理には不安があるのではないでしょうか。

又、「ドゲザン」と「ふいうち」は同じ悪タイプの技ですから、「タイプを見て技選択」ではなく、具体的にどちらの技を押すのか明記して頂きたいです。

話を戻します。
前述しましたが、受け出した際、テラスタルを残したバドレックスとの対面が予想されます。

その場合、「ドゲザン」「ふいうち」のいずれを選んだとしても、フェアリー等のテラスタルで半減以下に抑えられる事が予想されますが、そうなった時相手の型によっては、「アンコール」から「めいそう」などを積まれ突破されてしまうと思います。

そういった絡め手に対する解答を用意しないとバドレックス対策と言い切るのは難しいかと思いますので、それらに対する解答があれば教えて頂きたいです。
24/04/05 19:50
3N'Poke_sub
>1
当育成論の閲覧、コメント及び評価ありがとうございます。

実際に蓋を開けてみなければ分からないところが多いので、あくまでシンプルに作ろうと意識して作りました。
当育成論では『とつげきチョッキ』を採用しましたが、『ドドゲザンドドゲザン』のvs「黒バド」性能を考えるとまだまだ型の多様化は図れると思うので、考察をしていきたいと思います。
追記してほしい内容などありましたら、今からでもご指摘ください。
24/04/05 20:08
4N'Poke_sub
>2
当育成論の閲覧及びコメントありがとうございます。

ご指摘痛み入ります。
技選択の欄は投稿者なりに分かりやすく改善しておきたいと思います。
後者のご指摘の内容についてですが、与ダメージ計算にて少しだけ触れており、
ダメージ計算の結果から、いろいろな要素を総合的に見ても、テラスの残っている「黒バド」に対しては、余程HBに振っていない限り『アイアンヘッド』が安定択になると言えます。(当育成論より引用)』
と当方は考えております。
しかしながら「黒バド」は『おにび』を覚えるため、『ドドゲザンドドゲザン』がどの型の「黒バド」にも勝てるとは言えません。
ラムのみ』であれば一回は許されますが、安定した受け出しには『とつげきチョッキ』が不可欠かと思います。

返答は以上になりますが、いかがでしょうか。的を射た返答になっていなかったら、お手数ですが再度コメントをいただけると助かります。
  • ページ:
  • 1

削除キー:


コメントを投稿

投稿者のアカウントが削除され、最終更新日から30日以上経過した育成論にはコメントできません。


この育成論のフォークを投稿する >>

修正・削除(投稿者用)

この育成論を修正あるいは削除する場合は、管理用パスワードを入力して「修正・削除」ボタンをクリックしてください。