ガオガエン- ポケモン育成論SV

【サイクル】力押しの鉢巻ガオガエン

2024/04/04 12:58 / 更新:2024/04/04 22:11

ガオガエン

HP:HP 95

攻撃:攻撃 115

防御:防御 90

特攻:特攻 80

特防:特防 90

素早:素早 60

ツイート4.874.874.874.874.874.874.874.874.874.87閲覧:1354登録:4件評価:4.87(4人)

ガオガエン  ほのお あく  【 ポケモン図鑑 】

性格
いじっぱり(攻撃 特攻)
特性
いかく
努力値配分(努力値とは?)
HP:164 / 攻撃:252 / 防御:76 / 特防:4 / 素早:12
個体値:31-31-31-x-31-31
実数値:191-183-120-x-111-82 (素早さ比較)
覚えさせる技
フレアドライブ / はたきおとす / インファイト / すてゼリフ
持ち物
こだわりハチマキ
テラスタイプ
みず

スポンサーリンク


ルール
シングルバトル
このポケモンの役割
物理アタッカー
登録タグ

考察

閲覧いただきありがとうございます。
初めまして、なばと申します。
今回は何か面白い育成論は無いかなと眺めている日々の中で突然脳内で閃いた物理のアタッカーと受け、サイクルを兼任するハチマキガオガエンガオガエンガオガエンについての育成論になります。
投稿主自身ある程度戦えるというくらいで特別めちゃくちゃ強いだとかではないので育成論内に粗があるかもしれませんが生暖かい目でご指摘頂ければと思います。
それではよろしくお願い致します。

コンセプトと役割

  • タイトルにある通りハチマキを巻き力で押しつつ持ち味の一つであるいかくでの相手物理アタッカーへのデバフ、すてゼリフとんぼがえりを駆使したサイクル、対面操作が役割となります。

持ち物

特性

  • こちらもコンセプト上いかくで確定になります。

性格・努力値と調整

(以下、HP→H 攻撃→A 防御→B 特攻→C 特防→D 素早さ→S
等の非公式の略称を使用いたしますのでご了承ください。)

  • 性格

今回はアタッカーも兼任する関係上「いじっぱり」にて確定になります。

  • 努力値

H164 A252 B76 D4  S12となります。
Hはサイクルを回す関係上ステルスロックを撒かれてしまった時の為に耐久を残しつつ最小ダメージにする目的とテラスタルをした際におにびを合わせられてしまった時など諸々のスリップダメージを抑える為に16n-1調整になります。
Aはアタッカーとしての火力をより伸ばす為に振り切りとなります。
Sはタイプ上の不利で無振りの場合同速となるアシレーヌアシレーヌを意識しての配分になります。
ただ上を取るだけではミラー意識の高いS4振りアシレーヌアシレーヌと同速になってしまうので最低限S無振り60族抜き抜きにて調整になります。
残った努力値は物理を受ける為にBに振りますが、4余りが発生してしまいますのでその分はDに振っております。

技構成

  • 確定枠

フレアドライブほのおタイプ

ガオガエンガオガエンが持つ物理炎技の最大打点になります。
相性不利で無い限り基本的にはメインウェポンになりますので確定枠になります。
懸念点としては反動ダメージによる場持ちの悪さになりますが、その点は相手の構築、選出次第で後述する技を盤面次第でサイクルを回しつつ打ち分ける事で解決していきます。

はたきおとすあくタイプ

フレアドライブに続くガオガエンのメインウェポンになります。
相手のてっぺき等の積み技を無視できるDDラリアットも候補に挙げる事もできますが、持ち物を持っている時の火力はこちらの方が高く尚且つ持ち物を無力化できる点も加味しこちらになりました。
フレアドライブには火力で劣るものの、無効にできず交代受けをされてしまったとしてもディスアドになりにくい等非常に強力な技です。

  • 選択技

インファイトかくとうタイプ

環境に多いブリジュラスブリジュラスを始めとしたほのおタイプが等倍になってしまうはがねタイプフレアドライブが半減になってしまういわタイプへのサブウェポンになります。
基本的には後攻で殴りを入れる関係上BDダウンのデメリットが幾分か無視でき火力としても優秀な命中安定技の為非常に優先度が高くなります。
注意点としてアシレーヌアシレーヌ等のみずタイプフェアリータイプへの打点が無くなってしまうので別のポケモンで見る事ができない限りこちらの技を入れる事はオススメできません。

すてゼリフあくタイプ

サイクルを回す上で非常に重要となる技です。
選択技に入れている理由としましては、こだわりハチマキを巻いている関係上後述しますとんぼがえりでのダメージの圧力が同レベルで有用になる為選択肢として記載しています。
ダメージを狙いたい方はとんぼがえり、デバフでの受けや交換の強制をしたい方はすてゼリフなど個人の好みでカスタマイズできます。
個人的にはこちらの方が好みで、インファイトと同じ優先率です

じしんじめんタイプ

インファイトに次ぐサブウェポン候補になります。
耐久ダウンのデメリットも無く命中安定で打ちやすく非常に扱いやすい為選択技としております。
注意点としては相手目線でこだわりハチマキを巻いている事が透けてしまっている状況だとひこうタイプふゆうへ交換され逆に交換を強要されてしまうので採用の場合は打ちどころに気を付けましょう。

とんぼがえりむしタイプ

すてゼリフと同様にサイクルを回す為の重要な技です。
相手へのデバフや交換強要よりダメージを稼ぎたいと言う方はこちらを採用しましょう。
こだわりハチマキを巻いている関係上割とバカにならない火力が期待できます。

テラスタル

くさタイプも候補に挙がりますが、オーガポン(かまど)オーガポン(かまど)パオジアンパオジアンにタイプ一致で弱点を突かれてしまう為、こちらになります。
オーガポン(かまど)オーガポン(かまど)に関してはウッドホーン等で結局弱点を突かれてしまいますが、ウーラオス(れんげき)ウーラオス(れんげき)(水)が確定急所でのいかく無視の方が脅威だと見ております。

立ち回り例

  1. 基本的には相手物理アタッカーへの受け出し、または交代技からの後出しになります。
  2. いかくを入れつつ状況に応じて攻撃、交代技で圧力をかけつつサイクルを回します。
  3. こだわりハチマキの火力での撃破、デバフでの交代の強要で有利対面の構築・維持を行います。

与ダメージ計算

※以下、対象ポケモンはポケモンHOMEでのシングルバトル(シーズン16時点)での使用率の高いデータを参照しております
※使用率上位6位までのポケモンにて計算

フレアドライブハバタクカミハバタクカミH4187.7%〜222.1%
確定1発
カイリューカイリューH252
マルチスケイル
20.2%〜23.7%
確定5発
オーガポン(かまど)オーガポン(かまど)H4114.8%〜136.1%
確定1発
ウーラオス(いちげき)ウーラオス(いちげき)(水)H443.7%〜51.7%
乱数2発(93.18%)
パオジアンパオジアンH4238.4%〜280.7%
確定1発
ガチグマ(アカツキ)ガチグマ(アカツキ)H25260.4%〜71.3%
確定2発
はたきおとす
※1.5倍補正有
ハバタクカミハバタクカミH4151.9%〜179.3%
確定1発
カイリューカイリューH252
マルチスケイル
39.1%〜46.3%
確定3発
オーガポン(かまど)オーガポン(かまど)H4
※倍率無し
62.1%〜73.7%
確定2発
ウーラオス(れんげき)ウーラオス(れんげき)(水)H436.0%〜42.2%
確定3発
パオジアンパオジアンH448.3%〜56.7%
乱数2発(89.84%)
ガチグマ(アカツキ)ガチグマ(アカツキ)H25257.4%〜67.5%
確定2発
与ダメージ計算

被ダメージ計算

※以下、対象ポケモンはポケモンHOMEでのシングルバトル(シーズン16時点)での使用率の高いデータを参照しております
※使用率上位6位までのポケモン、採用率それぞれ上位3位までの技にて計算
(物理攻撃については一部を除き威嚇込みでの算出になります。)

ハバタクカミハバタクカミ
おくびょうC252
ムーンフォースフェアリータイプ47.6%〜56.5%
乱数2発(82.03%)
シャドーボールゴーストタイプ19.8%〜23.5%
乱数5発
マジカルフレイムほのおタイプ12.5%〜14.6%
乱数7発
カイリューカイリュー
いじっぱりA252
※いかさまダイス
しんそくノーマルタイプ17.8%〜21.4%
乱数5発
じしんじめんタイプ45.0%〜53.4%
乱数2発(25.0%)
スケイルショットドラゴンタイプ33.5%〜54.9%
乱数2発(1.02%)
オーガポン(かまど)オーガポン(かまど)
ようきA252
ツタこんぼうほのおタイプ17.2%〜20.4%
乱数5発
ウッドホーンくさタイプ12.5%〜15.1%
乱数7発
じゃれつくフェアリータイプ20.4%〜24.6%
乱数5発
ウーラオス(れんげき)ウーラオス(れんげき)(水)
いじっぱりA252
すいりゅうれんだみずタイプ116.2%〜141.3%
確定1発
インファイトかくとうタイプ79.5%〜94.2%
確定2発
とんぼがえりむしタイプ15.7%〜18.8%
乱数6発
パオジアンパオジアン
いじっぱりA252
つららおとしこおりタイプ17.2%〜20.9%
乱数5発
ふいうちあくタイプ14.6%〜17.2%
乱数6発
せいなるつるぎかくとうタイプ50.2%〜59.6%
確定2発
ガチグマ(アカツキ)ガチグマ(アカツキ)
ひかえめC252
ブラッドムーンノーマルタイプ75.9%〜90.0%
確定2発
だいちのちからじめんタイプ98.4%〜117.2%
乱数1発(93.75%)
しんくうはかくとうタイプ29.3%〜35.6%
乱数3発(16.33%)
被ダメージ計算

苦手なポケモン

基本的には確定急所でいかくを無視してくるウーラオス(れんげき)ウーラオス(れんげき)(水)になります。正直言ってインチキです。
それだけに留まらずテラスか交換を強要されるので対ウーラオス(れんげき)ウーラオス(れんげき)(水)においては不利と言わざるを得ません。ですがこちらの裏にトリトドントリトドンを始めとしたみずタイプ無効特性持ちや半減+数値受けが出来るブリジュラスブリジュラス等が控えてる場合はいかくが活きそのまま起点にできる場合があるので構築の組み方、相手構築との相性で十二分にひっくり返せる程度には収まっております。
その他鈍足物理受けというのもあり、高速特殊アタッカーにはあまり強く出られません。
その場合はガオガエンガオガエンでは止められないと割り切るのも必要でしょう。

相性の良い味方・構築例

前述した様にみずタイプ無効特性持ちのポケモンやブリジュラスブリジュラス等の数値受けポケモンが相性良しと言えます。
その他、必要に応じてテラスタルを使う事でみずタイプの一貫性を切りでいかくを繰り返しつつ相性補完の取れるランドロス(霊獣)ランドロス(霊獣)も個人的には相性良しと考えます。

以上、ガオガエンガオガエンの育成論になります。
サイクル適正、火力、(物理に限り)耐久力と優秀な性能を持ったガオガエンガオガエン
チョッキ等で特殊耐久を補う型もありますが一つ、ハチマキで力こそパワーな虎を採用してみてはいかがでしょうか。

ここまで閲覧頂きありがとうございます。
ご意見等ございましたらコメントを残していただけると幸いです。

投稿日時 : 

最終更新日時 : 2024/04/04 22:11

ガオガエンの他の育成論を探す (7件) >>

こちらもオススメ
ガオガエン【ダブル】ガオガエンの強さを言語化する
わんぱく / いかく / オボンのみ
HP:244 / 防御:188 / 特防:76
フレアドライブ / はたきおとす / すてゼリフ / ねこだまし
ガオガエン【硬すぎる】両受けチョッキガオガエン
しんちょう / いかく / とつげきチョッキ
HP:228 / 防御:180 / 特防:100
フレアドライブ / はたきおとす / ドレインパンチ / とんぼがえり
ガオガエン【シングル】サポート&サイクル戦 クッションガオガエン
のんき / いかく / オボンのみ
HP:252 / 防御:188 / 特防:68
はたきおとす / フレアドライブ / すてゼリフ / おにび
投稿者の前後の育成論

スポンサーリンク

コメント (3件)

  • ページ:
  • 1
24/04/04 21:34
1夏@四災推し (@ahjYtgr7eJ38291)
これは強そうですね。
一点、被ダメ計算の所にハバタクカミハバタクカミが入っていませんがあえて抜いてる感じですかね。
24/04/04 21:59
2なば (@Naval_786)
>>1 閲覧・コメントありがとうございます。
表拡張時のコピペで抜けていましたので追記致しました。
ご指摘ありがとうございます
24/04/04 22:48
3レッティー (@retty55)
55555
長すぎず、読みやすく、しっかり強そうな育成論だと思います。

ガオガエンガオガエンはダブルバトルのイメージが強かったのですがシングルでも活躍してくれそうですね!新しい視点をありがとうございます!
  • ページ:
  • 1

削除キー:


コメントを投稿

補足やアドバイス、間違いの指摘などにお使いください(半角5000文字まで)。育成論に直接関係のないコメントは書き込まないでください(育成論を求めてこのページを訪れた第三者のユーザーに関係のない書き込みすべてが削除対象です)。また、育成論の削除を強要することは運営ポリシー違反であり運営妨害です。削除が必要かどうかは管理者が判断しますので、管理者に直接ご連絡ください。

※評価はポケ徹サービスにログインする必要があります。

名前: 

本文:

削除キーは自分でコメントを削除する際に必要になります。

削除キー:


この育成論のフォークを投稿する >>

修正・削除(投稿者用)

この育成論を修正あるいは削除する場合は、管理用パスワードを入力して「修正・削除」ボタンをクリックしてください。