グランブル- ポケモン育成論SV

起点回避できる!でんじは起点作成型グランブル

2023/12/28 19:49 / 更新:2024/01/04 21:52

グランブル

HP:HP 90

攻撃:攻撃 120

防御:防御 75

特攻:特攻 60

特防:特防 60

素早:素早 45

ツイート4.584.584.584.584.584.584.584.584.584.58閲覧:2777登録:2件評価:4.58(3人)

グランブル  フェアリー  【 ポケモン図鑑 】

性格
わんぱく(防御 特攻)
特性
いかく
努力値配分(努力値とは?)
HP:204 / 攻撃:36 / 防御:132 / 特防:4 / 素早:132
個体値:31-31-31-x-31-31
実数値:191-145-123-x-81-82 (素早さ比較)
覚えさせる技
じゃれつく / でんじは / ほえる / アンコール
持ち物
きあいのタスキ
テラスタイプ
フェアリー

スポンサーリンク


ルール
シングルバトル
このポケモンの役割
物理サポート
登録タグ

考察

はじめに

はじめましてこっちです。
初めての育成論の投稿で少し緊張していますが、
タロのグランブルグランブルグランブルを使いたくて考察を進めてみました。

  • 本育成論はHABCDSなどの略称を使わせていただきます。

コンセプトと役割

でんじは』を入れ、あわよくば『がむしゃら』、『じゃれつく』などで相手を削り、
裏のポケモンの起点にします。

ほえる』、『アンコール』があることにより、起点になりません

持ち物

『きあいのたすき』

特殊アタッカー(主にハバタクカミハバタクカミ)に働きます。

特性

いかく

この特性のおかげで物理アタッカーに対し、
比較的安全に裏のポケモンで起点にできます。

また、機会は少ないと思いますが裏に引いたとき
物理アタッカーに対し攻撃ランクを一段階下げるという
クッションにするときに有効に働く仕事をしてくれます。

性格・努力値と調整

性格は『わんぱく』(防御↑特攻↓)でHBsです。
調整意図はたすきを貫通する不届きな水ウーラオスウーラオス(いちげき)ウーラオス(いちげき)に、
最低限の仕事をこなすためです。

また、Sラインは『でんじは』を入れた最速ウーラオス抜きです。

個人的にはスケショ『カイリューカイリュー』ーにとても強い点を評価したいです。
でんじは』→『じしん』、『アイアンヘッド』→削りか『アンコール
でんじは』→『りゅうのまい』→『アンコール』→削り

技構成

じゃれつく』は『ちょうはつ』対策、居座り、圧をかけるのに必須。
暇なときに打つことで裏の圏内にしっかり入れてくれます。
でんじは』はコンセプト上確定。

  • いかくがあるのでおすすめはしませんが、物理火力を下げる『あまえる

おすすめは技構成欄にかいてある型です。

命中90ですがタイプ一致の攻撃技である『じゃれつく』は
Aには4しか振っていませんが種族値が120あるので、
そこそこのダメージが期待できます。

テラスタル

ー基本的にはテラスタルをしないので何でもいいですが、おすすめを記述しておきます。

  • おすすめはしませんが、『カイリューカイリュー』のしんそく意識で、

ゴーストでもいいと思います。

立ち回り例

必ず初手に出してください。
裏からでもいかくがあるので最低限成り立ちますが、
対面操作技を覚えるランドロス(化身)ランドロス(化身)レントラーレントラーの方が強いです。

基本的な立ち回りとしては、初手に対面したポケモンに対して『でんじは』から入ってください。

でんきタイプじめんタイプに対しては、
アンコール』で技をしばり、裏のポケモンに引く動きと、
直接裏のポケモンに引き、たすきを温存する動きができます。
ディンルーディンルーなどの初手に出てきそうなじめんタイプには、
選出しないのもありです。

被ダメージ計算

ウーラオス(いちげき)ウーラオス(いちげき)
鉢巻A特化水ウーラオスすいりゅうれんだ88.4~99.0%確定二発

鉢巻ようき水テラスウーラオスすいりゅうれんだ確定一発

鉢巻A特化水テラスウーラオスすいりゅうれんだ確定一発

鉢巻で水テラスしたウーラオスに出落ちしてしまいますが、
鉢巻であることが確定し、テラスタルを切ってくれたので、
裏で頑張ってみてください。
水オーガポン剣舞からの全抜き気持ち〜〜〜www

与ダメージ計算

ー攻撃技はじゃれつくです。

ーダメージ計算はポケットソルジャーさんのを使用しています。

B4水ウーラオス(いちげき)ウーラオス(いちげき)
120 ~ 144 (68.6 ~ 82.3%) 確定2発
ウーラオス(いちげき)ウーラオス(いちげき)確定一発

H4カイリューカイリュー
63 ~ 75 (37.8 ~ 45.0%) 確定2発

H4ハバタクカミハバタクカミ
96 ~ 114 (73.3 ~ 87.1%) 確定2発

苦手なポケモン

  • 上からひるませてくるパオジアンパオジアンやアイアンヘッド持ちなど

相性の良い味方・構築例

  • 積みポケモン(りゅのまい、つるぎのまい、めいそう、わるだくみ)
  • みがわり持ちのポケモン

他のでんじはまきの差別化点

ドラパルトドラパルトハバタクカミハバタクカミとはほえるとアンコールがあることにより差別化できます。

サケブシッポサケブシッポとの差別化点ですが、『じゃれつく』『がむしゃら』による
居座り性能とかけれる圧が大きいです。

マイナーなので、奇襲性能も高いですね。

おわりに

今回はタロにブルーをもらったことがきっかけで育成論を書こうと思いました。
ガチ対戦で使いたい!と考察わ進めましたがあまりにも弱すぎるw
私と同じ壁にぶち当たった人もいると思います…いるよね?
最初に考えたのはトリルアタッカーを考えました。
A120S35を生かせて、三色パンチを覚えるので行けるかな?と考えましたが、
ラムパルドラムパルドラムパルドの完全劣化になるのでやめ、起点作成に落ち着きました。
ここまで読んでくれた方ありがとうございました。
コメント(アドバイス)のほどよろしくお願いします。

投稿日時 : 

最終更新日時 : 2024/01/04 21:52

こちらもオススメ
ルガルガン(たそがれ)【先発ステロ】襷黄昏ルガルガン【連撃ウーラオス意識】
ようき / かたいツメ / きあいのタスキ
攻撃:172 / 防御:124 / 素早:212
アクセルロック / ステルスロック / じゃれつく / ちょうはつ
デンチュラ努力値調整型ねばねばネット【デンチュラ】SV
おくびょう / ふくがん / きあいのタスキ
HP:92 / 防御:252 / 特攻:60 / 特防:4 / 素早:100
かみなり / テラバースト / でんじは / ねばねばネット
カラミンゴ【がむしゃら+フェイントで最強の対面性能】襷カラミンゴ
いじっぱり / きもったま / きあいのタスキ
HP:12 / 攻撃:252 / 防御:116 / 特防:28 / 素早:100
インファイト / ブレイブバード / がむしゃら / フェイント
投稿者の前後の育成論

スポンサーリンク

コメント (6件)

  • ページ:
  • 1
23/12/28 23:16
1くりクッキー
育成論投稿お疲れ様です。
グランブルグランブル』…サンムーンぶりに見ましたが、
アンコールがむしゃら習得してたんですね!かなり強そうです。
論を拝見させて頂く中でいくつか気になる点がありまして。。

1つ目ですが、『じゃれつく』の使い所を明記した方が良いと感じました。
確定枠となっているものの、打つべきタイミングが、
あまり無いように見受けられます。いつどこで打つため確定技。
と理由付けをすれば説得力が増すと思います。
余裕あれば多少のダメ計を…

2つ目ですが、素早さの個体値を妥協する必要は無いと思います。
同族(45族)には『ディンルーディンルー』がいますし、
麻痺が入れば準速『イダイトウ♂イダイトウ♂』や、Sに振っていない『カイリューカイリュー
も抜くことができるかもしれません。

最後に差別化についてですが、
おそらく1番差別化すべきなのは『サケブシッポサケブシッポ』かと思われます。
がむしゃらじゃれつくの火力の有無くらいだと思いますが、
マイナーポケとして奇襲できるのも強みだと思います。

なんか 思います。ばっかですみません笑
長文失礼しました。
23/12/29 09:19
2こっち (@kochi_tamasii)
>1
コメントありがとうございます。
じゃれつくの使い方は削りを入れること、また圧をかけること手すね。
むやみに後ろに引けなくなるので相手視点かなり動きにくくなると思います。
がむしゃらも同じ使い方をしますが、挑発に強い弱いという違いがあります。

sラインについてですが全く持ってそのとうりだと思いますw
ですが、無振りカイリューはでんじはなどを持っているケースが想定されます。
そこでsラインガラッと見直しました。
A特化鉢巻水ウーラオス(いちげき)ウーラオス(いちげき)のすいりゅうれんだを耐えれるまで振ると、
aラインをようき76まで振れるようになりますね。
これはでんじはが入った最速(主にスケショ)カイリューまでいけます!
フェアリースケショは入りませんし、りゅうのまいしてきたとしても、
アンコールで動きを縛ったり、じゃれつくがむしゃらで削りをいれれます。
運営意図して調整してるな?

最後にサケブシッポとの差別化点ですが…忘れてましたw
環境にあまりいないもので…修正しておきますね。
差別化点としてはそうですね。補足するなら居座れる点も強いと思います。
サケブシッポはミストバーストワンウェポンなことが多いですからね。
自主退場技を覚えないのは弱点ですが、有効に働く場面もあります。

アドバイスありがとうございました!修正しておきますね。
23/12/29 23:54
3赤青 (@kirby20160428)
44444
育成論投稿お疲れ様です。グランブルには私も興味を持っていたので、育成論参考にさせて頂きます。私の感想としては使い勝手のいい変化技(アンコールやでんじは)やランク操作技を覚える所と安定の強特性のいかくを持っているところで大分強いと思いました。しかし、タスキ無しだと特殊相手に一撃で倒される場面が多いと感じた為、そこにタスキ枠を使ってしまうという点も踏まえて評価を4にしました。しかし、育成論自体の見やすさや完成度は高く、グランブルというポケモン独自の強さもとても伝わりました。指摘しかせず口だけのやつみたいになってすみません。長文失礼しました。
23/12/30 09:57
4こっち (@kochi_tamasii)
裏にたすきで使いたいポケモンがいるということでしょうか?
このポケモン(起点作成全般)は『アンコール』で縛ることができるのですが、
結局『ステスルロック』はまかれてしまうので相性が悪いのかなと思います。
特殊を起点にしたいのであれば『バークアウト』を採用するのもありですし、
めいそうハバタクカミハバタクカミは私のお気に入りです。
スカーフイーユイイーユイもスイープ力が高く、天敵のサーフゴーサーフゴーに対して選出圧力があるのでおすすめです。
24/01/04 08:26
6こっち (@kochi_tamasii)
>5

コメントありがとうございます。
私は努力値の効率についてよくわかっていませんでした。
アドバイスありがとうございました。修正しておきます!
24/02/13 19:37
7kasai (@kasai13443595)
投稿お疲れ様です!
投稿から時間が経ってしまってますが、今見つけたので今更コメント失礼します。

私も、似た型で使用していますが、一点だけ、技候補に『じだんだ』はいかがでしょうか。
でんじは』『アンコール』の動きに対し、タイプ相性も相まって『サーフゴーサーフゴー』を誘いやすいですが、『でんじは』『アンコール』読み交代等で出てきた『サーフゴーサーフゴー』に対し、次ターン威力150の『じだんだ』を放つことで葬る事ができます。
じめん技はフェアリー技との相性補完も良く、この型の動きに非常に良い親和性を持つ技ですのでオススメです!
  • ページ:
  • 1

削除キー:


コメントを投稿

補足やアドバイス、間違いの指摘などにお使いください(半角5000文字まで)。育成論に直接関係のないコメントは書き込まないでください(育成論を求めてこのページを訪れた第三者のユーザーに関係のない書き込みすべてが削除対象です)。また、育成論の削除を強要することは運営ポリシー違反であり運営妨害です。削除が必要かどうかは管理者が判断しますので、管理者に直接ご連絡ください。

※評価はポケ徹サービスにログインする必要があります。

名前: 

本文:

削除キーは自分でコメントを削除する際に必要になります。

削除キー:


この育成論のフォークを投稿する >>

修正・削除(投稿者用)

この育成論を修正あるいは削除する場合は、管理用パスワードを入力して「修正・削除」ボタンをクリックしてください。