パルキア(オリジン)- ポケモン育成論SV

【バトンエース】CSオリジンパルキア考察

2023/12/24 05:35 / 更新:2024/04/02 03:11

パルキア(オリジン)

HP:HP 90

攻撃:攻撃 100

防御:防御 100

特攻:特攻 150

特防:特防 120

素早:素早 120

ツイート5.005.005.005.005.005.005.005.005.005.00閲覧:3601登録:3件評価:5.00(1人)

パルキア(オリジン)  みず ドラゴン  【 ポケモン図鑑 】

性格
おくびょう(素早 攻撃)
特性
プレッシャー
努力値配分(努力値とは?)
特攻:252 / 特防:4 / 素早:252
個体値:31-0-31-31-31-31
実数値:165-94-120-202-141-189 (素早さ比較)
覚えさせる技
なみのり / あくうせつだん / かえんほうしゃ / だいちのちから
持ち物
しらたま
テラスタイプ
みず

スポンサーリンク


ルール
シングルバトル
このポケモンの役割
特殊アタッカー
登録タグ

考察

はじめに

初めまして、ガロンと申します。
今回はパルキア(オリジン)パルキア(オリジン)オリジンパルキアを考察していきます。
初投稿なので至らぬ点も多いかと思いますが、ミス等はコメントで指摘していただけると幸いです。

注意点

  • HABCDS等の非公式の略称を用います。
  • 特に指定が無ければ、個体値は理想個体(全て31、物理技を使わないならA0)として扱います。
  • 2023年12月現在、禁止級が使用可能なレギュレーションはSVのランクマッチでは採用されていません※が、この育成論では禁止級環境をある程度想定して書いています。
  • 禁止級環境はあくまで想定なので、実際に解禁された後の環境と大きく異なる可能性があります。

※2024/4/1にレギュレーションGのルールが発表され、2024年5月シーズン以降は禁止級もパーティに1体まで採用可能になりました。
今後のレギュレーションで採用可能な枠が増えていく可能性もあります。

オリジンパルキアとは

第四世代で初登場した伝説のポケモン『パルキアパルキア』のフォルムチェンジ。
水竜という弱点の少ない複合タイプや高い特攻、素早さといった恵まれた種族値、安定性の高い専用技あくうせつだんを引っ提げ、対戦環境ではその暴れっぷりを見せつけ…た話は正直あまり聞きませんね。
ホワイトキュレムホワイトキュレムより速いので使われていそうですが、当時の対戦はやったことが無いので分かりません。
そんなパルキアがオリジン化したことで、腐りがちなAが20削られてSに回され、高速アタッカーとしての性能に磨きがかかりました。もっと削ってくれても良かったのに

コンセプトと役割

結論から言うとバトンエースです。
このポケモンは欲しい積み技に限って習得できず、また攻撃技の範囲が広いこともあるので、基本的にはフルアタで運用し、足りない部分をバトンで補う形を取ります。

持ち物

だいしらたま。
オリジン前提で運用するため確定。
なぜか育成論投稿時の持ち物欄で出てくれなかったのでしらたまで代用。

特性

プレッシャー
夢特性のテレパシーはシングルだと死に特性なのでこちらで確定。

性格・努力値と調整

基本的には臆病CS252で確定。
余りをHに振ると偶数になってしまうので、BかDに振りましょう。
ただし、S+2状態(こうそくいどうバトン)を前提にS調整を考えるなら、最速ブエナテツノツツミテツノツツミツツミ(S309)を抜くS155(116振り)か、最速草分け1積みザシアン(王)ザシアン(王)ザシアン(S330)を抜くS166(204振り)を目安にするといいでしょう。
その場合は性格を控えめにして火力を伸ばしましょう。そうでもしないと「持ち物自由な通常フォルムで良くね?」って言われるので。
余りをどれだけHに振るかは自由ですが、16n-1となる76振りか204振りがオススメです。
足りない場合でもせめて奇数にはしましょう。

テラスタル

みずタイプ
通常時の弱点を等倍に抑えつつ、水技のダメージを上げられます。
テラス後の弱点も少なく、フリーズドライ以外テラス前と一貫しないのもGOOD。
他の候補としては、テラス前の弱点を半減にしつつ、水テラスだと唯一テラス前後で一貫するフリドラも半減にまで抑えられるはがねタイプもオススメ。
その場合、不意のじしんほのおタイプテラバーストに注意。
また、サブウェポンが豊富な一方でだいしらたまの補正がそれらに乗らないため、そちらを強化するほのおタイプじめんタイプなども良いでしょう。

技構成

【確定枠】

威力100、命中95、PP5のドラゴン特殊技。
急所ランク+1の補正があります。

安定性バツグンの専用技で、だいしらたまの1.2倍補正も乗り強力です。
サブウェポンで2倍弱点を突くぐらいならこの技をパなした方が強かったりします。
りゅうせいぐんはバトンエースとの相性が悪く、りゅうのはどう他ドラゴン特殊技は素のダメージはおろか期待値でも劣るので候補外。
PPは増やしておきましょう。
後、竜技を半減するミストフィールドを貼ってくるカプ・レヒレカプ・レヒレが内定しなかったことに感謝しましょう。

【選択肢あり確定枠】

威力90、命中100、PP15の水特殊技。

威力110、命中80、PP5の水特殊技。

安定を取るなら波乗り、火力を取るならハイドロポンプです。
いずれもだいしらたまの1.2倍補正が乗るので、禁止級の名に恥じない火力が出せます。
その他は火力不足です。追加効果を重視して抜き性能が落ちたら本末転倒です。

【選択枠】

威力90、命中100、PP15の炎特殊技。
10%の確率で火傷の追加効果が発生します。

威力90、命中100、PP15の電気特殊技。
10%の確率で麻痺の追加効果が発生します。

威力90、命中100、PP10の氷特殊技。
10%の確率で凍りの追加効果が発生します。

威力90、命中100、PP10の地面特殊技。
10%の確率でD1段階ダウンの追加効果が発生します。

安定枠だけでもこれだけあります。
パーティ内の仮想敵と相談し、どの技を入れるか考えましょう。
PPは増やしておくことをオススメします。特に冷凍ビームと大地の力。
ちなみに2倍弱点程度なら等倍亜空切断と同威力になるので、亜空切断を半減以下に抑えられる相手を考慮してどの技を採用するか決めましょう。
そうすると仮想敵が鋼や妖(を含む複合)に偏ると思うので、亜空切断と範囲が被りがちな冷凍ビームはオススメしません。

威力110、命中85、PP5の炎特殊技。
10%の確率で火傷の追加効果が発生します。

威力110、命中70、PP10の電気特殊技。
雨下では必中、30%の確率で麻痺の追加効果が発生します。

威力110、命中70、PP5の氷特殊技。
雪下では必中、10%の確率で凍りの追加効果が発生します。

威力重視枠。
大文字は炎2倍相手やテラスタル読みを重視するなら火炎放射より優先して採用できます。
雷は命中こそ低いものの、追加効果の麻痺率が高く、パルキア自身もこの技が必中化する雨状態との相性が良いので候補になります。
吹雪は命中が低い割に追加効果の発動率も低く、パルキア自身が命中を補う雪との相性も良くないことからオススメしません。

威力120、命中70、PP5の格闘特殊技。
10%の確率でD1段階ダウンの追加効果が発生します。

四災とかノマテラに一泡吹かせたい人向けです。当たらなくても泣かない。

威力80、必中、PP20の格闘特殊技。

回避率上げてくる奴が憎い人向けです。以上。

威力80、命中100、PP20の岩特殊技。

一応候補には入れてみたけど、他のサブウェポンで事足ります。
完全に空気だけどげんしのちからガチャもあります。

威力80、命中100、PP10のノーマル(テラス時テラスタイプ)特殊技。

実はテラスタイプによってはパルキア唯一のフェアリー打点。
ただしパルキアは先に挙げた通りサブウェポンが豊富な上、そもそも等倍亜空切断が強すぎるので、ほぼはがねタイプテラス専用技です。

5ターンの間、天候を雨状態にします。

水技の打点を更に上げ、雷を必中化させるため相性が良いです。
ただし、パルキア本人に降らせると技スペースの圧迫になるので注意。
禁止級には特性で晴らしてくる上に晴れとは関係なしに弱点を突いてくるコライドンコライドンコライドンや、最近登場した、テラスタル時に天候を強制的に枯らすテラパゴス(ステラ)テラパゴス(ステラ)テラパゴスもいるので、晴れ以外の天候軸は逆風と言わざるを得ないでしょう。
コライドンの晴れ強化を打ち消せるのは大きいかもしれません。

5ターンの間、場を重力状態にして、全員の命中率を1.6倍にします。

ハイドロポンプや威力重視技を実質命中100にできる他、大地の力が飛行タイプ等にも当たるようになります。
こちらもやはり技スペースの圧迫になることは否めませんが、ハイドロポンプでゴリ押す方針なら、サブウェポンは最低限に留めてこの技を入れるのもアリかもしれません。
相手の命中不安技も当たりやすくなることには注意。特にじゃれつく辺り。

立ち回り例

積んでパルキアにバトンします。終わり。
着地時にダメージを抑えられるとベスト。
S上昇を引き継ぐことが多い関係上、バトンも先制になる可能性が高いので注意しましょう。

以下の項目は適宜追加予定です。

与ダメージ計算

基本的に臆病(C補正無し)想定です。
控えめ(C補正有り)で使う場合は、以下の与ダメージに1.1倍して計算してください。
(実際には切り捨てが生じるので、1.1倍よりダメージが低くなる場合があります)

  • あくうせつだん

無振りミライドンミライドン
204 ~ 242 (116.6 ~ 138.3%) 確定1発
D4及び無振りコライドンも確定1発です。

H252テラパゴス(ステラ)テラパゴス(ステラ)
106 ~ 126 (39.8 ~ 47.2%) 確定3発
1回でも急所が出れば高乱数2発です。(瞑想非考慮)

無振りカイオーガカイオーガ
85 ~ 102 (48.6 ~ 58.3%) 乱数2発 : 96.87%

H252マルスケカイリューカイリュー
114 ~ 135 (57.6 ~ 68.2%) 確定2発

無振りオーガポンオーガポン(全お面共通)
118 ~ 139 (76.2 ~ 89.7%) 確定2発
井戸の面オーガポン(いど)オーガポン(いど)でテラスしてD+1になっても確定2発です。
耐久振り+井戸の面オーガポン(いど)オーガポン(いど)テラスで乱数2発~確定3発になります。

無振りテツノツツミテツノツツミ
171 ~ 202 (130.6 ~ 154.2%) 確定1発

  • なみのり・ハイドロポンプ

無振りハバタクカミハバタクカミ
なみのり : 79 ~ 94 (60.8 ~ 72.4%) 確定2発
ハイドロポンプ : 97 ~ 115 (74.7 ~ 88.5%) 確定2発
H252でも波乗りで超高乱数2発。

H252チョッキガチグマ(アカツキ)ガチグマ(アカツキ)
なみのり : 194 ~ 230 (88.2 ~ 104.6%) 乱数1発 : 25%
ハイドロポンプ : 236 ~ 282 (107.3 ~ 128.2%) 確定1発

無振り炎テラスコライドンコライドン(晴れ下)
なみのり : 102 ~ 120 (58.3 ~ 68.6%) 確定2発
ハイドロポンプ : 122 ~ 146 (69.8 ~ 83.5%) 確定2発

無振りザシアン(王)ザシアン(王)
なみのり : 93 ~ 109 (55.7 ~ 65.3%) 確定2発
ハイドロポンプ : 111 ~ 132 (66.5 ~ 79.1%) 確定2発

H252ディンルーディンルー
なみのり : 186 ~ 218 (71.0 ~ 83.3%) 確定2発
ハイドロポンプ : 224 ~ 266 (85.5 ~ 101.6%) 乱数1発 : 12.5%
チョッキの場合は波乗りが高乱数2発、ハイドロポンプが確定2発となります。
何だコイツ

  • その他サブウェポン

以上のダメ計と技の威力の比較から目星を付けてください。
ちなみに確定枠の技の威力は、

亜空切断…180×相性

波乗り…162×相性×天候補正

ハイドロポンプ…198×相性×天候補正

といった感じです。

被ダメージ計算

無補正や補正有りについては性格補正の有無を指しています。
基本的に耐久無振り想定です。
また、記載が無ければアイテム補正は無しです。

A252無補正コライドンコライドンげきりん(晴れ下)
(みずタイプテラス時)141 ~ 166 (85.5 ~ 100.7%) 乱数1発 : 6.25%

C252無補正ミライドンミライドンイナズマドライブ(エレキフィールド下)
130 ~ 154 (78.8 ~ 93.4%) 確定2発

C252補正有りテラパゴス(ステラ)テラパゴス(ステラ)テラクラスター
65 ~ 77 (39.4 ~ 46.7%) 確定3発 (テラス中確定2発)

C252無補正カイオーガカイオーガかみなり
60 ~ 71 (36.4 ~ 43.1%) 確定3発

C252無補正バドレックス(こくば)バドレックス(こくば)アストラルビット
105 ~ 124 (63.7 ~ 75.2%) 確定2発
(メガネorC+1時)157 ~ 186 (95.2 ~ 112.8%) 乱数1発 : 75%

A252無補正ザシアン(王)ザシアン(王)じゃれつく
(みずタイプテラス時)85 ~ 102 (51.6 ~ 61.9%) 確定2発
A+1かつフェアリータイプテラス時確定1発

A252無補正オーガポン(かまど)オーガポン(かまど)ウッドホーン
73 ~ 87 (44.3 ~ 52.8%) 乱数2発 : 18.75%
A+1時 : 109 ~ 130 (66.1 ~ 78.8%) 確定2発

A252補正有りカイリューカイリューノーマルテラス鉢巻しんそく
115 ~ 136 (69.7 ~ 82.5%) 確定2発

C252無補正ハバタクカミハバタクカミムーンフォース
144 ~ 170 (87.3 ~ 103.1%) 乱数1発 : 12.5%

C252無補正テツノツツミテツノツツミフリーズドライ
(みずタイプテラス時)102 ~ 120 (61.9 ~ 72.8%) 確定2発

C252補正有りガチグマ(アカツキ)ガチグマ(アカツキ)ブラッドムーン
117 ~ 138 (71.0 ~ 83.7%) 確定2発
ノマテラ時 : 156 ~ 184 (94.6 ~ 111.6%) 乱数1発 : 62.5%

苦手なポケモン

ミライドンミライドンミライドン:素早さ負けで上から一致弱点を突かれることに加え、テラスを切っても今度はC上昇かつフィールド強化された電気技を受け止めなければなりません。

ルギアルギアルギア:高耐久マルスケに加え、一致で弱点を突けないのでジリ貧になります。相手は瞑想でDを底上げできるので猶更キツいです。

ハバタクカミハバタクカミハバタクカミ:上から一致弱点を突いてきます。ブエナで素早さを底上げする場合も多く、高速移動をバトンできないと上を取ることはほぼ不可能です。また、地味に特殊耐久があるので、生半可な一致等倍技では落とせません。

ラッキーラッキーラッキー:特殊受けの鬼です。特に臆病波乗りだと絶望的に火力が足りません。ルギアと違いマルスケ無しで耐久され続けるので、手遅れになる前にバトン要員にCを最低でも2積み以上してもらうしかありません。

相性の良い味方・構築例

バトン軸なので、パルキアを着地させやすい味方に下準備をしてもらいましょう。

キラフロルキラフロル…ステロ撒きとフェアリーへの牽制を行えます。特性のどくげしょうで後投げされる受けポケモンに強いのもGOOD。

ミュウミュウバトンタッチこうそくいどう、そして火力補強のわるだくみを両立できる中で唯一まともな耐久を持ったポケモンです。火力補強手段をめいそうにすれば相性補完に優れたマギアナマギアナマギアナや特性かそくで技スペースを一枠空けられるクエスパトラクエスパトラクエスパトラ、鈍足なので高速移動後でも後攻バトンを望めるノココッチノココッチノココッチがいますが、上述した苦手なポケモン達に瞑想を積まれる前にバトンしたいことを考えると、悪巧みを使えるミュウが適任でしょう。
どちらもハバタクカミに弱い点には注意。
また、レギュGでは禁止級の枠が制限されているため両立できません。

ペリッパーペリッパー…雨軸にするなら。この場合、パルキアにはかみなりを採用しましょう。
Sはおいかぜで補えるので、採用するなら性格を控え目にして火力特化させるのがオススメ。
また、後攻とんぼがえりでパルキアを安全に着地させたいので最遅にしましょう。
フリーズドライが強く一貫してしまうので、テラスタイプを変えて補いましょう。

おわりに

ここまでの育成論を読んでいただき、ありがとうございました。
初めての考察記事を書きましたが、いかがだったでしょうか。
感想やミスの指摘等ありましたら是非コメントしてください。

(2024/4/2)レギュレーションGの発表に伴い、一部の項に追記しました。

投稿日時 : 

最終更新日時 : 2024/04/02 03:11

スポンサーリンク

コメント (0件)

コメントを投稿

補足やアドバイス、間違いの指摘などにお使いください(半角5000文字まで)。育成論に直接関係のないコメントは書き込まないでください(育成論を求めてこのページを訪れた第三者のユーザーに関係のない書き込みすべてが削除対象です)。また、育成論の削除を強要することは運営ポリシー違反であり運営妨害です。削除が必要かどうかは管理者が判断しますので、管理者に直接ご連絡ください。

※評価はポケ徹サービスにログインする必要があります。

名前: 

本文:

削除キーは自分でコメントを削除する際に必要になります。

削除キー:


この育成論のフォークを投稿する >>

修正・削除(投稿者用)

この育成論を修正あるいは削除する場合は、管理用パスワードを入力して「修正・削除」ボタンをクリックしてください。