ドサイドン- ポケモン育成論SV

耐久下げて無理矢理イバン食べるドン

2023/12/23 18:40 / 更新:2024/01/09 23:21

ドサイドン

HP:HP 115

攻撃:攻撃 140

防御:防御 130

特攻:特攻 55

特防:特防 55

素早:素早 40

ツイート3.923.923.923.923.923.923.923.923.923.92閲覧:6424登録:4件評価:3.92(3人)

ドサイドン  じめん いわ  【 ポケモン図鑑 】

性格
いじっぱり(攻撃 特攻)
特性
ハードロック
努力値配分(努力値とは?)
攻撃:252 / 防御:212 / 素早:44
個体値:29-31-31-x-21-31
実数値:189-211-177-x-70-66 (素早さ比較)
覚えさせる技
じしん / がむしゃら / ストーンエッジ / ステルスロック
持ち物
イバンのみ
テラスタイプ
ゴースト

スポンサーリンク


ルール
シングルバトル
このポケモンの役割
物理アタッカー
登録タグ

考察

皆様育成論を閲覧いただきありがとうございます。
ダダリンダダリンシンボラーシンボラーガメノデスガメノデスがパルデア出禁になって
番外編での微かな希望をランクマを回しながら望んでいる、、
今回で7回目の投稿となりますワルビアルワルビアル愛好家のべべと申します。
※本育成論ではAや3値などの用語を使います。ご了承ください。
※参考ダメージ計算→ https://sv.pokesol.com/calc

コンセプトと役割

新しく解禁されててイバンのポケモンって良くね?ってなって作り、
対面力が中々に高い為、後出しからでも対面からでも基本的に1体を持っていく事ができ、稀に上振れると相手のポケモンを荒らしまくる事も可能です。

ドサイドンの基本性能

ドサイドンドサイドン
岩地面タイプ
HP 115(57位)
こうげき 140(19位)
ぼうぎょ 130(24位)
とくこう 55(559位)
とくぼう 55(583位)
すばやさ 40(698位)
平均 / 合計 89.2 / 535(171位)
といった種族値であり、典型的な重戦車型です。
また、岩地面というとても受け辛いタイプをタイプ一致でA140という数値で打てる為火力もとても高いです。
本育成論ではイバンのみを持たせて使っていますが、イバンに囚われすぎず、単純な対物理の撃ち合い性能の面も普通に強いです。

持ち物

イバンのみ(確定)
体力が4分の1以下になると発動し、優先度技には勝てないものの、それ以外の技に対し先制で動く事ができます。(素早さが999になっているような感じ)
あくまでもイバンに頼りっきりと言う訳ではなく、単純な物理の撃ち合い性能に加えてたまに噛み合って刺さる事があると言った感じの為、安定感を求める場合はチョッキなどの方が良いと思います。って言ってもドサイドンドサイドンなんて命中不安ばかりなのでそんな人が使わないかもですが。

特性

ハードロック(確定)
弱点の技の倍率を2倍から1.5倍に落とすと言う特性で
ドサイドンドサイドンの強みであり、似たポケモンの差別化点であり、まぁとりあえず強い特性。

性格・努力値と調整

努力値調整(理想個体)
いじっぱり
A252 特化
B212 殴り合いの為に多めに振ってある(Hは特殊のダメージを減らす為に振らない)
S44 無振り45族抜き調整
個体値調整
H28〜29
H実数値189にすることにより偶数の190よりはまだマシな数値の4n+1となる。
D20〜21
この個体値下げはハバタクカミハバタクカミテツノツツミテツノツツミに対して打たれやすい
ムーンフォースフリーズドライに対して後投げ、またはハバタクカミハバタクカミの場合は対面からでダメージ量がイバン圏内に収まるように調整されています。
また、イーユイイーユイのあくのはどうが乱数約6%になってしまうので、ごく稀にハバタクカミハバタクカミのムーンフォースでイバンが発動しない事があるものの、6%が怖い方は個体値2もアリです。
こらえるがあるならDの個体値を下げる意味がないように思いますが、こらえるを打った時点でイバンな事がバレるようなものなのでイバンである事をバレずにイバン圏内に入れれるという点に着目して本育成論の調整をしました。
努力値調整(妥協個体 H31 S0)
いじっぱり
H244 16n−1と単純な耐久力増加
A252 ぶっぱ
B12 余り
個体値調整
Dの個体値0(1)
S44振りすることによる無振りディンルー抜きなどができなくなるものの、S0を狙うだけなので厳選難易度は低め。

技構成

ストーンエッジ(選択1)
威力100の急所に当たりやすい技と言うと聞こえがいいが、命中率が80%な為、常に20%程の負け筋が入ってしまうのが欠点。ただ、決定力で言うとこの技が一番使いやすく高い。 ガメノデスガメノデスもよく使う技です。

いわなだれ(選択1)
威力75と先程のストーンエッジに比べて多少決定力が下がるものの、
命中90な為、謎の安心感はある。ただ、イバンの都合上削った後裏のポケモンで削り切ると言う動きがしづらくなる為自分はストーンエッジ派です。

じしん(選択2)
とりあえず強い命中100威力100地面の技。追加効果もない。
ただ、グラスフィールドでダメージが半減する欠点はある。

10まんばりき(選択2)
命中95威力95と多少下がるのものの、グラスフィールドで半減されない為、そこを大きく見る場合はありかもしれない。

がむしゃら(選択3、4)
イバンと相性が良い技。
正直この技はほぼ確定だと思っている。
ハバタクカミハバタクカミ等との対面で攻撃を受けて反撃で撃破→裏のポケモンが出てくる
といった対面時にがむしゃらを打つ事で事実上1.8体分くらいの仕事をできると言える。
また、岩地面のイバン枠で言うとゴローニャゴローニャが競合相手になるが、ゴローニャゴローニャの場合はこの技を覚えない為差別化点となる技でもある。

テラバースト(選択3、4)
対HBハバタクカミハバタクカミに対して8割程削れる為、裏のスイーパー圏内に入れる事が可能。
また、単純に一貫性の高いA140からの攻撃なので単純な性能としても十分。
テラスを切らないと腐るのが弱み

メガホーン(選択3、4)
岩地面が通らない相手用。
基本的に岩地面を両方とも半減できるポケモンは少ない為、そこに対しての打点のメガホーンは実際は余りいらないのかもしれない。ただ、対チオンジェンチオンジェン等に対しての打点としても使う事はできる為、構築の重いポケモン次第で価値が変わってきます。

がんせきほう(選択3、4)
ドサイドンの代名詞
威力150命中90に次のターン行動不能というロマンたっぷりの技。
威力150ととても火力が高い為、A140も合わさってものすごい火力が出る。
基本的にイバン発動時に撃つ技だが、ラス1対面時以外に打つと裏のポケモンで起点にされてしまう可能性がある為扱いは難しい。

ステルスロック(選択3、4)
最強技の一角
相手のポケモンが場に出る度岩タイプの相性を参照した定数ダメージを与える。
割と序盤に出した時、相手のポケモンが3匹いて裏のポケモンで3タテが狙える時等とりあえず撒けば最低限の事ができる。

こらえる(選択3、4)
イバンととても相性が良い
攻撃を受けた時体力を1だけ残して耐えるという技だが、この技があると普段イバンを発動するのが難しいポケモンに対してもイバンを発動させる事ができ、役割範囲が広がる。本育成論での調整以前に元々こらえるを使うの上等なポケモンサーフゴーサーフゴー等に対して打つが、イバン自体不安定なのでそこを捨ててロマンを取るのもアリかもしれない。

テラスタル

ゴースト(ほぼ確定)
イバンの弱みである先制技に対してしんそくやマッハパンチ、その他諸々多めに存在するノーマル格闘打点の先制技を無効化する事ができます。

主な役割対象

ドサイドンドサイドンの4倍弱点である草水タイプの技を持っていない物理ポケモン。
 ↑ あくまでもテラスを切っていない場合であり、テラスを切れば大半の物理ポケモンは見れる。
ドサイドンドサイドンよりも遅い受けポケモンドオードオーキョジオーンキョジオーン
ドサイドンドサイドンに攻撃してイバン発動圏内になるポケモンテツノツツミテツノツツミ
これらのポケモンに対しては基本的に1体以上は役割を果たす事ができます。
私的には一体だけでも先に対面勝ちした時点で十分だと思っている為、テツノツツミテツノツツミを見れる!というだけではなくあくまでもテツノツツミテツノツツミも!見れると言った感じです。

立ち回り例

1.役割対象のポケモンに対面、または交代出し
2.対面からの場合は攻撃を受けて撃破、交代出しの場合はイバンを食べて撃破
3.対面からの場合はここからイバンが残る為補完技(がむしゃら等)で相手の後続に負担を掛ける。

与ダメージ計算

選択技のメガホーン、がんせきほう等は打つポケモンに対してのみ計算をします。
じしんとストーンエッジの威力は同じな為相性が変わらない場合は省略させていただきます。

対H4振りカイリューカイリュー
がんせきほう 156 ~ 184 (93.5 ~ 110.2%) 乱数1発 : 56.25%(2倍)(マルスケ込み)
がんせきほう 312 ~ 368 (186.9 ~ 220.4%) 確定1発(2倍)
ストーンエッジ 103 ~ 123 (61.7 ~ 73.7%) 確定2発(2倍)(マルスケ込み)
ストーンエッジ 206 ~ 246 (123.4 ~ 147.4%) 確定1発(2倍)
じしん 51 ~ 61 (30.5 ~ 36.6%) 乱数3発 : 63.79%(等倍)(マルスケ込み)
じしん 103 ~ 123 (61.7 ~ 73.7%) 確定2発(等倍)

対耐久H4振りハバタクカミハバタクカミ
ストーンエッジ(じしん) 159 ~ 187 (121.4 ~ 142.8%) 確定1発(等倍)

対耐久無振りオーガポンオーガポン
ストーンエッジ(じしん) 115 ~ 136 (74.2 ~ 87.8%) 確定2発(等倍)

対H4振りサーフゴーサーフゴー
ストーンエッジ 51 ~ 61 (31.3 ~ 37.5%) 乱数3発 : 87.03%(半減)
じしん 206 ~ 246 (126.4 ~ 151.0%) 確定1発(2倍)

対耐久無振りウーラオス(れんげき)ウーラオス(れんげき)れんげきいちげき
ストーンエッジ 50 ~ 59 (28.5 ~ 33.8%) 乱数3発 : 0.31%(半減)
じしん 100 ~ 118 (57.2 ~ 67.5%) 確定2発(等倍)

対H244振りガチグマ(アカツキ)ガチグマ(アカツキ)
ストーンエッジ 42 ~ 51 (19.2 ~ 23.2%) 乱数5発 : 99.42%(半減)
じしん 85 ~ 102 (38.9 ~ 46.6%) 確定3発(等倍)

対耐久無振りパオジアンパオジアン
ストーンエッジ 236 ~ 282 (152.3 ~ 182.0%) 確定1発(2倍)
じしん 118 ~ 141 (76.2 ~ 91.0%) 確定2発(等倍)

対H4振りイーユイイーユイ
ストーンエッジ(じしん) 236 ~ 282 (180.2 ~ 215.3%) 確定1発(2倍)

対HB特化ディンルーディンルー
ストーンエッジ 42 ~ 49 (18.2 ~ 21.4%) 乱数5発 : 24.87%(半減)
じしん 84 ~ 99 (36.6 ~ 43.1%) 確定3発(等倍)

対耐久無振りテツノツツミテツノツツミ
ストーンエッジ 180 ~ 212 (137.5 ~ 161.9%) 確定1発(2倍)
じしん 90 ~ 106 (68.8 ~ 81.0%) 確定2発(等倍)

被ダメージ計算

イバン圏内の場合はダメージの横に(イバン)と書いておきます。
対A特化カイリューカイリュー
じしん 76 ~ 91 (34.4 ~ 41.2%) 確定3発(2倍)
しんそく 20 ~ 24 (9.0 ~ 10.9%) 乱数10発 : 70%(半減)
スケイルショット 95 ~ 120 (43.0 ~ 54.3%) 乱数2発 : 1.53%(5発)(等倍)

対Cぶっぱハバタクカミハバタクカミ
ムーンフォース 168 ~ 198 (76.1 ~ 89.6%) 確定2発(等倍)(イバン)
シャドーボール 141 ~ 166 (63.9 ~ 75.2%) 確定2発(等倍)

対Aぶっぱオーガポンオーガポン系統
ツタこんぼう 228 ~ 273 (103.2 ~ 123.6%) 確定1発(1.2倍)(4倍)
ツタこんぼう 38 ~ 45 (17.2 ~ 20.4%) 乱数5発 : 0.34%(1.2倍)(半減)
ウッドホーン 174 ~ 207 (78.8 ~ 93.7%) 確定2発(1.2倍)(4倍)(イバン)

対Cぶっぱサーフゴーサーフゴー
ゴールドラッシュ 312 ~ 369 (141.2 ~ 167.0%) 確定1発(2倍)
シャドーボール 139 ~ 165 (62.9 ~ 74.7%) 確定2発(等倍)

対Aぶっぱウーラオス(れんげき)ウーラオス(れんげき)
すうりゅうれんだ 243 ~ 297 (110.0 ~ 134.4%) 確定1発(4倍)
すいりゅうれんだ 81 ~ 99 (36.7 ~ 44.8%) 確定3発(等倍)
あんこくきょうだ 76 ~ 91 (34.4 ~ 41.2%) 確定3発(等倍)
あんこくきょうだ 114 ~ 136 (51.6 ~ 61.6%) 確定2発(2倍)
インファイト 123 ~ 145 (55.7 ~ 65.7%) 確定2発(等倍)
ドレインパンチ 76 ~ 91 (34.4 ~ 41.2%) 確定3発(等倍)

対C特化ガチグマ(アカツキ)ガチグマ(アカツキ)
ブラッドムーン 135 ~ 159 (61.1 ~ 72.0%) 確定2発(半減)
ハイパーボイス 87 ~ 102 (39.4 ~ 46.2%) 確定3発(半減)
だいちのちから 261 ~ 307 (118.1 ~ 139.0%) 確定1発(2倍)

対Aぶっぱパオジアンパオジアン
つららおとし 109 ~ 130 (49.4 ~ 58.9%) 乱数2発 : 98.43%(2倍)
かみくだく(じごくづき) 69 ~ 82 (31.3 ~ 37.2%) 乱数3発 : 77.88%(等倍)
せいなるつるぎ 76 ~ 91 (34.4 ~ 41.2%) 確定3発(2倍)

対Cぶっぱイーユイイーユイ
オーバーヒート 152 ~ 179 (68.8 ~ 81.0%) 確定2発(半減)
かえんほうしゃ 105 ~ 124 (47.6 ~ 56.2%) 乱数2発 : 83.2%(半減)
あくのはどう 187 ~ 222 (84.7 ~ 100.5%) 乱数1発 : 6.25%(等倍)(イバン)

対A特化ディンルーディンルー
じしん 100 ~ 118 (45.3 ~ 53.4%) 乱数2発 : 34.37%
じごくづき 54 ~ 64 (24.5 ~ 29.0%) 乱数4発 : 99.07%

対Cぶっぱテツノツツミテツノツツミ
ハイドロポンプ 543 ~ 642 (245.8 ~ 290.5%) 確定1発
フリーズドライ 175 ~ 207 (79.2 ~ 93.7%) 確定2発

苦手なポケモン

ガチグマ(アカツキ)ガチグマ(アカツキ)
ゴーストテラスを切ってもしんくうはが当たる為イバンが実質無くなってしまう。
また、ハバタクカミハバタクカミ等に対しての調整を施している為、だいちのちからで確1を取られてしまうのもあり、基本的に相手の構築に入っている場合は出さない方が良いです。

その他苦手なポケモンで言うとサーフゴーサーフゴー等ですが、こらえる採用の場合は基本的に勝てます。

相性の良い味方・構築例

ウーラオス(れんげき)ウーラオス(れんげき)
ドサイドンドサイドンの苦手なガチグマ(アカツキ)ガチグマ(アカツキ)等を見る事ができ、テツノツツミテツノツツミのフリーズドライを誘う為、中々に相性が良い。

カイリューカイリュー
普通に強い。単純な性能で強い中、地面技を透かせたり、ウーラオス(れんげき)ウーラオス(れんげき)同様テツノツツミテツノツツミのフリーズドライを誘ったりもできる。
ただ、単体性能が強すぎてドサイドンドサイドンの強さが霞むかもしれない(いらん心配)

皆様本育成論のドサイドンドサイドンを是非カジュアル等で一度使ってみてください。予想以上に強いです。

投稿日時 : 

最終更新日時 : 2024/01/09 23:21

ドサイドンの他の育成論を探す (2件) >>

こちらもオススメ
ドサイドン壁下なら、戦えるドン。
いじっぱり / ハードロック / いかさまダイス
HP:252 / 攻撃:252 / 素早:4
ロックブラスト / テラバースト / じしん / つのドリル
マルノーム【起点作成型】速攻でイバンの実を食べるマルノーム
わんぱく / くいしんぼう / イバンのみ
HP:252 / 攻撃:4 / 防御:196 / 特防:4 / 素早:52
はたきおとす / どくびし / アンコール / みちづれ
ジバコイルジバコイル、イバンをかじる
ひかえめ / がんじょう / イバンのみ
HP:252 / 防御:4 / 特攻:252
10まんボルト / ラスターカノン / でんじは / ミラーコート
投稿者の前後の育成論

スポンサーリンク

コメント (5件)

  • ページ:
  • 1
23/12/23 18:49
1べべと申します (@bebetomousimasu)
感想や意見、質問等あればコメントお願いします。
23/12/23 22:21
2ささぐり (@syouchiku0124)
投稿お疲れ様です。
こらえるがあるのにわざわざDを下げる意味はあるのでしょうか?D個体値31でこらえるでイバン圏内まで持っていくという動きで十分だと思います。
カミはメガネもいれば防御に厚い個体もあり、その場合は地震耐えられて返されます。ツツミもメガネいますし、そうでなくても結局命中不安のエッジを当てなければいけないのか…と思います。ドサイドンドサイドンのイバンはそこそこ有名ですし、イバンに合わせて受け出しでもされたら目も当てられません。倒せても結局すばやさ60の死にかけが残るだけですので、素直に特殊は別のポケモンで見るのがいいと思います。少なくとも、わざわざテツノツツミテツノツツミを誘ってまでこの動きを通そうとするべきではないかと。
23/12/23 22:43
3べべと申します (@bebetomousimasu)
>2
ささぐりさんコメントありがとうございます。
まず、Dを下げる意図ですが、こらえるを打つ場合基本的にイバンである事がバレる為、イバンを警戒されずに通せると言う点に着目してDを下げる調整をしました。
こらえるはあくまでも一部のポケモンサーフゴーサーフゴー等に打ちます。
また、対メガネハバタクカミハバタクカミに対しては基本的に自分はブエナが発動しなかった時点で裏のポケモンに引いて見るので私はそこは考えていませんでした。
そして対HBハバタクカミハバタクカミですがこれも同じで私的にはHBの場合は大体初手に出てくる事が多く感じているので別のポケモンで見ています。
また、エッジの命中も含めて確かに対テツノツツミテツノツツミ性能だと他ポケモンには劣りますが、テツノツツミテツノツツミがいない場合にも物理との撃ち合い性能、攻撃範囲等で他のポケモンとは差別化ができ、イバンを発動した後のドサイドンドサイドンですが相手のポケモンを1体持っていく事ができている時点で私は十分だと思いました。また、ドサイドンドサイドンを倒す攻撃に合わせてクッションを挟めばドサイドンドサイドンをクッションとして使うのも可能です。
つまり、ドサイドンドサイドンのイバンはあくまでも噛み合えばたまに大きめのアドが取れるだけなので、安定感のあるチョッキに比べると不安定ですが、噛み合えば一気に刺さる事のあるロマンのある持ち物と言った感じです。
そこら辺の事は書いてない私が悪いので追記しておきます。
24/01/09 21:26
4勘傑 (@kanketsu37)
D個体値を20or21にして意地っ張りA252B212振りで同じ火力耐久になるので、努力値の余り44をBかSに回せるだけこちらが理想値だと思います。育成環境によりますが、個体値0or1と20or21だとそんなに厳選難易度変わらない気がしますし。ミラーや対ディンルーディンルーでイバンなしでも上からがむしゃらできることに僅かながら意味はあると思いますし、物理耐久面で調整意図がないならもっとSを上げることも選択肢に入りそうですね。
24/01/09 21:33
5べべと申します (@bebetomousimasu)
>4
勘傑さんコメントありがとうございます。
Hにぶっぱで良いと思っていましたが、確かにその調整の方が理想値ですね。変更しておきます。
ただ、S0メタモンメタモンがいた場合は厳選難易度が下がる為妥協個体調整としては残しておきます。改めてコメントありがとうございました。
  • ページ:
  • 1

削除キー:


コメントを投稿

補足やアドバイス、間違いの指摘などにお使いください(半角5000文字まで)。育成論に直接関係のないコメントは書き込まないでください(育成論を求めてこのページを訪れた第三者のユーザーに関係のない書き込みすべてが削除対象です)。また、育成論の削除を強要することは運営ポリシー違反であり運営妨害です。削除が必要かどうかは管理者が判断しますので、管理者に直接ご連絡ください。

※評価はポケ徹サービスにログインする必要があります。

名前: 

本文:

削除キーは自分でコメントを削除する際に必要になります。

削除キー:


この育成論のフォークを投稿する >>

修正・削除(投稿者用)

この育成論を修正あるいは削除する場合は、管理用パスワードを入力して「修正・削除」ボタンをクリックしてください。