ユキメノコ- ポケモン育成論SV

死後強まる念……後続にも負荷をかけるみちづれユキメノコ!

2022/11/26 20:21 / 更新:2022/12/13 19:10

ユキメノコ

HP:HP 70

攻撃:攻撃 80

防御:防御 70

特攻:特攻 80

特防:特防 70

素早:素早 110

ツイート4.704.704.704.704.704.704.704.704.704.70閲覧:52929登録:116件評価:4.70(12人)

ユキメノコ  こおり ゴースト  【 ポケモン図鑑 】

性格
ようき(素早↑ 特攻↓)
特性
のろわれボディ
努力値配分(努力値とは?)
攻撃:132 / 防御:124 / 素早:252
実数値:145-117-106-x-90-178 / 個体値:31-31-31-x-31-31
覚えさせる技
ゆきなだれ / くさわけ / みちづれ / まきびし
持ち物
きあいのタスキ
テラスタイプ
かくとう

スポンサーリンク


ルール
シングルバトル
このポケモンの役割
物理サポート
登録タグ

考察

この育成論を投稿するにあたって

 パルデアに来てダイマックスがなくなった今、みちづれは無効化されることはなくなった…ならばここで最カワの最強のみちづれ使いユキメノコユキメノコユキメノコを使わなくてどうする! ということで最強のヤンデレユキメノコユキメノコユキメノコを紹介していきたいと思います。

注意書き

・公式用語ではない言葉を利用しています。
・荒らしと判断したコメントは、一応一度返信し連絡を入れてから削除します。
・使用しているダメージ計算サイトはポケマス様を使用させていただいています。

採用理由と役割

 ユキメノコユキメノコユキメノコは</b>みちづれ</b>と確定後攻技であるゆきなだれを両立できる数少ないポケモンです。これによりほぼ確定で相手と1:1交換を仕掛けることができます。その上、みちづれコンボの安定感をあげるくさわけを覚え、ちょうはつでんじはなど技のカスタマイズ性も高いです。
 他にもまきびしという技を覚えることができ、これにより1:1交換だけでなく後続に対しても負担をかけることができ、襷持ちや受けループに対して強く出ることができます。

差別化点

 まず、みちづれまきびし・後攻技を両立できるポケモンとしてノクタスノクタスノクタスやデリバードデリバードデリバードがいますがどちらも素のSで差別化可能です。まきびしなどをまくためには上を取っていてる必要があるので、この2匹では同じことはできません。
 次に、みちづれどくびし・後攻技を両立できるポケモンですが、ノクタスノクタスノクタス、マルノームマルノームマルノーム、ゲンガーゲンガーゲンガーがいます。ノクタスノクタスノクタスとマルノームマルノームマルノームは先ほどと同じ理由で差別化しています。ゲンガーゲンガーゲンガーについてですが、どくびしまきびしの違いにより差別化できているものとします。どくびしまきびしに対して毒や鋼に無効化されるという特徴があるので、できるだけ広い範囲で襷をつぶすという点で劣っているといえます。 

持ち物

きあいのタスキ
 確定です。大体の技に対して1発耐えることができるようになり、ほぼ確実に役割が遂行できるようになります。今回のユキメノコユキメノコユキメノコの型はこれを持っている前提で考えているので、もしほかのパーティーメンバーに襷を持たせたいという場合はこのユキメノコユキメノコユキメノコを使うことを諦めたほうがいいでしょう。
 そして襷の弱点として連続技だと貫通されてそのまま倒されるというのがありますが、そこの部分をカバーするために努力値調整をしています。連続技がどのラインまで耐えられるか知りたいという方は調整意図のところを見ておいてください。

特性

のろわれボディ
 ゆきがくれに比べてこっちの方が発動する機会は多いです。予想外のスカーフ持ちなどと対面した時に30%運ゲーを仕掛けてくれます。30%といえどかみなりやふぶきが外れる確率と同じなので意外と発動してくれて便利です。
 この特性について詳しく説明すると、こだわりアイテムを持ってる場合にのろわれボディが発動すると相手はわるあがきか交代しかできなくなります。役割遂行とまではいかなくても最低限の動きはできるので、こちらの方をお勧めします。

ゆきがくれ
 たまに技をかわしてくれるようになります。みがわりを張ったりする耐久型なら出番はあるかもしれませんが、今回は発動してもみちづれのタイミングがずれたりするなどマイナス効果もあるのであまりお勧めはしません。発動タイミングとしては自分が雪パだった場合か、相手がユキノオーユキノオーユキノオーでスカーフ持ちだったくらいにしか発動機会がないです。夢特性を持っていなかったときはこれですね。

性格・努力値と調整意図

  • 本育成論の基本的な調整
 B124…意地テクニキノガッサキノガッサキノガッサのタネマシンガン3発最高乱数耐えです。他にも意地ドラパルトドラパルトドラパルトのドラゴンアロー確定耐えや、意地テクニストライクストライクストライクのダブルウイング確定耐えとなっています。

 S↑252…最速です。S110未満に余裕をもってまきびしを撃つための調整です。まきびしを採用しない場合はくさわけでスカーフ100族を抜けるような調整がいいと思いますが、<s>これ以上耐久に振ってもあまり効果はないため最速推奨です<s>。(耐久に振っても意味がないと書いていましたが、明確な役割対象が出たため、下記の調整に変更することをお勧めします。)

 A132…あまりです。ほとんど意味はないですが、くさわけゆきなだれの負担が増えます。相手が交代してきた場合に有用なので、まるっきり無駄ってわけでもないです。

  • コメント欄での指摘より
 H4…あまりです。耐久をできるだけ上げるためにHに振りました。 

 B252…ぶっぱです。これにより不意の鉢巻持ちの連続技に対しても対応することができます。

 S252…最速です。Sを削る意味はないので、ここは以前と同じ調整にしています。

テラスタイプについて

 弱点である岩や悪を意識して格闘にしました。ですがそもそもユキメノコユキメノコユキメノコは相手と1:1交換をするのが目的なので、テラスタルを切る意味は薄いです。しいて言うならば、パルシェンパルシェンパルシェンのロクブラを耐えてまきびしを撃ちたいといった場合に使いますが、そんなことは億が一にもありませんので別にこだわらなくていいです。

  • かくとう
 上にも書いてる通り、ロクブラ対策です。ユキメノコユキメノコユキメノコの弱点もいくらかカバーすることができます。

  • ノーマル
 コメントから。かげうちメタですね。ゴースト技をすかすことができるので、ドラパルトドラパルトドラパルトのゴーストダイブにも対応できます。

  • フェアリー
 コメントから。ドラパルトドラパルトドラパルトのドラゴンアローをすかすことができます。これにより追加でまきびしが撒けるようになりますね。


技構成

みちづれ
 今回の型の基本コンセプトのうちの1つです。この技で相手のポケモンを確実に1体持っていきます。連続して打つことができないので、ゆきなだれを利用してみちづれ状態を維持します。詳しい立ち回りは立ち回り例のところで紹介します。

ゆきなだれ
 みちづれをサポートするための技です。威力は60と低いのであまり負担にはなりませんが、確定後攻が魅力的です。上に同じく立ち回り例で詳しく説明します。
 
くさわけ
 新規習得の技です。威力は低めですが、使用後に確定でSが一段階上昇します。これにより自分よりSが高い相手にも道連れを仕掛けることができます。※この技はユキメノコユキメノコユキメノコの状態では取得することができず、進化前のユキワラシユキワラシユキワラシの時しか覚えません。厳選しようと思った方はユキワラシユキワラシユキワラシから厳選してください。

まきびし 
 ステルスロックの類似技。ステルスロックと違う点は、3回まで使うことができ、1回の時は相手の最大HPの1/8、2回の時は相手の最大HPの1/6、3回の時は相手の最大HPの1/4のダメージを与えることと、タイプがひこうまたは特性がふゆうのポケモンには効果がないという点です。
 相手の選択によって自由に動ける回数が増えるので、3回まで効果があるこの技と相性がいいです。最大回数の3回まで張れることはあまりありませんが、2回くらいでもかなり圧がかけれるのでかなりおすすめです。

  • 技候補
ちょうはつ
 安定感を持たせるなら。相手の変化技を封じることができる便利な技。今回の型では、相手のちょうはつ封じにちょうはつを撃つことが多かったです。技の選択としてはまきびしと交換ですが、1:1交換は安定するもののそれ以外にできることがなくなるので、あまりお勧めしません。

でんじは
 行動回数を増やすなら。相手の上を取るために採用する技ですが、正直不便な点も多いです。くさわけとの選択になりますが、電や地に効かない点や命中不安などのところがあり安定択をとるならくさわけの方がいいです。非推奨。

こわいかお
コメント欄より。くさわけと違い接触技ではないので、ゴツメなどで襷を削られる心配がありません。しかも二段階下降なので、からをやぶる等の積み技に追いつくこともできます。スカーフドラパルトドラパルトドラパルトなどを意識する場合もこっちですね。注意したい点としてはクリアボディ持ちには効果がない点です。そのドラパルトドラパルトドラパルトが持ってるんですけどね

こごえるかぜ
コメント欄より。上記のこわいかおと似ていますが、攻撃技である点で違います。4倍弱点を突くことができれば、大きな削りを入れることができます。くさわけに負けている部分は命中が95である点と、上と同じようにクリアボディ持ちに無力なところです。この技を採用するなら性格をおくびょうにしてください。

立ち回り例

  • 相手が自分より遅い場合
 パターンA
ユキメノコユキメノコユキメノコがまきびし 相手が攻撃→襷まで削れる
ユキメノコユキメノコユキメノコがみちづれ 相手が攻撃→みちづれ成功
 パターンB
ユキメノコユキメノコユキメノコがまきびし 相手が攻撃→襷まで削れる
ユキメノコユキメノコユキメノコがみちづれ 相手が変化技→みちづれ失敗
3相手が攻撃→道連れ状態なので道連れ成功 ユキメノコユキメノコユキメノコゆきなだれなので確定後攻

  • 相手が自分より早い場合
1相手が攻撃→襷まで削れる ユキメノコユキメノコユキメノコがくさわけ→S上昇
ユキメノコユキメノコユキメノコがみちづれ 相手が攻撃→道連れ成功

 基本的にはこのような動きでOKだと思います。起点作りが相手の場合はまきびしが複数回まけることが多いので、自分がダメージを受けたら上のパターンに移る感じでいいと思います。
 他にもわからない場合があったらコメントしてください。

与ダメージ計算

 ACともに134振りで考えています。
  • こごえるかぜ
 無振りガブリアスガブリアスガブリアス  136 ~ 168 (74.4 ~ 91.9%) 確定2発
 
 無振りボーマンダボーマンダボーマンダ  148 ~ 180 (87.1 ~ 105.9%) 乱数1発 : 25%

 無振りリククラゲリククラゲリククラゲ  108 ~ 132 (69.7 ~ 85.2%) 確定2発

 無振りアップリューアップリューアップリュ―  184 〜 220 (126.9 〜 151.8%)確定1発

 無振りチルタリスチルタリスチルタリス  120 ~ 144 (80.0 ~ 96.0%) 確定2発

  • くさわけ
 HBヌオーヌオーヌオー  68 ~ 80 (33.9 ~ 39.9%) 確定3発
 
 無振りカジリガメカジリガメカジリガメ  84 ~ 100 (51.0 ~ 60.7%) 確定2発

 無振りトリトドントリトドントリトドン  104 ~ 124 (56.0 ~ 66.7%) 確定2発

 無振りナマズンナマズンナマズン  96 ~ 116 (51.9 ~ 62.8%) 確定2発

 4倍弱点ついてもこの火力……泣きそう……

被ダメージ計算

 襷を採用しているので連続技だけを載せます。当たる回数がランダムな技は1発のダメージ、1回命中したらすべて当たる技はそのすべてのダメージで計算します。

 A252意地テクニシャンキノガッサキノガッサキノガッサ タネマシンガン1発 40 ~ 48(27.5 ~ 33.1%)確定4発
 
 A252意地オノノクスオノノクスオノノクス スケイルショット1発 30 ~ 36(20.6 ~ 24.8%)確定5発

 A252意地バンギラスバンギラスバンギラス ロックブラスト1発 56 ~ 68(38.6 ~ 46.8%)確定3発

 A252意地ドラパルトドラパルトドラパルト ドラゴンアロー 102 ~ 122(70.3 ~ 84.1%)確定2発

 C252ひかえめリキキリンリキキリンリキキリン ツインビーム 90 ~ 106(62 ~ 73.1%)確定2発

  • Bぶっぱでのみ耐えることができるポケモン
 A252陽気ドラパルトドラパルトドラパルト ドラゴンアロー 120 ~ 144 (82.2 ~ 98.7%) 確定2発

 他にもダメ計してほしいポケモンがいたらコメントで教えてください。

苦手なポケモン

 1回で2段階以上素早さを上げれるポケモンくさわけによるS上昇が追い付かないので、みちづれを成功させるのがかなり難しくなります。パルシェンパルシェンパルシェンなどが覚えるからをやぶるはよく見るので、警戒していきたいです。

 ちょうはつ持ちのポケモンみちづれまきびしなど重要な技が打てなくなるのでこれをされるとかなり厳しいです。対策方としては自分からちょうはつを撃つしかありませんが、技スぺがないので難しいです。

相性の良い味方・構築例

 基本的にステロまき役と同じ動きをするのでスカーフを採用した抜きエースなどと組ませるのが強いです。私は龍舞セグレイブセグレイブセグレイブとスイーパーとして、スカーフイーユイイーユイイーユイを使っています。
 また、この型は先発でまきびしをまく型ですが、ちょうはつにかえて中盤の安定した1:1交換枠にしてもいいかもしれません。ぜひ私の嫁ポケユキメノコユキメノコユキメノコを使ってみてください!

投稿日時 : 

最終更新日時 : 2022/12/13 19:10

投稿者の前後の育成論

スポンサーリンク

コメント (18件)

  • ページ:
  • 1
22/11/27 06:39
1よも
素敵な育成論拝見させていただきました!
質問なのですが、テラスタルはなんでも良い感じでしょうか?見たところ立ち回りにテラスタルは表記されてなかったのでかくとうじゃなくても良いのか気になりまして…
22/11/27 12:11
2コットン (@cotton3189)
よもさんコメントありがとうございます!
テラスタイプは別に何でもいいですね追記しておきます。ユキメノコユキメノコユキメノコ自体はテラスタルを切る機会は無いですが、弱点である岩や悪を意識して格闘にしました。ですがユキメノコユキメノコユキメノコにテラスタルを切るムーブ自体が弱いので、そこはあまりこだわらなくていいと思います。
22/11/30 04:00
3らどりー
凄く分かりやすくまとめられていて、ユキメノコ作ってみたくなりました!
ふと思ったのですが、技候補に怖い顔は入らないでしょうか?草分けだと追いつけない相手のS上昇に追いつけるようになったり、ゴツメや鮫肌に草分けで触ってせっかく襷で残したHPが削れてしまう事故を防げたりできるメリットがあると思います。
22/11/30 04:16
4ななみ
ユキメノコの素早さと技を活かした良い構成ですね!

フェアリーテラスタルってどうですか?
初手ドラパルトと見合った時にドラゴンアロースカせてまきびし撒き+襷残りという択が出来ます。
22/12/02 20:48
5コットン (@cotton3189)
らどりーさんコメントありがとうございます!
確かにこわいかおも強力ですね。襷を削るならくさわけ、ゴツメを警戒しつつ後続につなげるならこわいかおと差別化できてるのもグッドポイントです。追記しておきますね。
22/12/02 20:52
6コットン (@cotton3189)
ななみさんコメントありがとうございます
フェアリーテラスタルですが確かに相性は悪くないものの、今回のユキメノコユキメノコユキメノコの型はみちづれが前提なので、一回攻撃をすかす程度でテラスタルを切るムーブは弱いと思っています。なのでテラスタルにこだわる必要はないと思います。
22/12/04 03:34
7ザクト
とても参考になる育成論でした!ありがとうございます!やはりユキメノコは最高の嫁ポケモン。
22/12/07 06:56
8とおさかりん
ユキメノコをどう活躍させたものかと悩んでいたので大変助かりました、素晴らしい育成論をありがとうございます。本作から対戦を始めた素人質問で恐縮なのですがAにふる意味が特にないのならBに252ふれば、いじっぱりこだわり鉢巻ドラゴンアローも乱数耐えできるのでより意味が残るのではないでしょうか?Bにふっていながらこだわり鉢巻ドラゴンアローにぶち抜かれた身としてはそう疑問に思ってしまいます。
22/12/07 20:52
9コットン (@cotton3189)
ザクトさんコメントありがとうございます!
ユキメノコユキメノコユキメノコは結構器用でいろんなことができるのが強みですよね、最高の嫁ポケです!
22/12/07 21:00
10コットン (@cotton3189)
とおさかりんさんコメントありがとうございます!
これまで明確な役割対象がいなかったためA振りにしてますが、ドラパルトドラパルトドラパルトなどが鉢巻を持ってる場合はBぶっぱのほうがいいですね。追記しておきます。
22/12/08 13:54
11ぬかるみ
>A252意地テクニシャンストライクストライクストライク ダブルウイング 116 ~ 138(80 ~ 95.1%)確定2発

とのことですが、今作ではストライクは残念ながらダブルウイングを覚えません……物理ひこう技はつばさでうつが最高打点かと思います……
22/12/10 06:48
12コットン (@cotton3189)
ぬかるみさんコメントありがとうございます!
そうなんですね…ストライクストライクストライクって今作ダブルウイング覚えないんですね。修正しておきます。
22/12/10 08:00
13ロゼワイン? (@rozewines)
55555
とても面白い育成論だと思いました
ちなみになんですが、S操作の観点から技候補にこごえるかぜも加えてみてはいかがでしょうか?タイプ一致で接触もなく、くさわけと同じで1段階操作できると思います。
この育成論はA振りようきなので特殊技とは噛み合わないかもしれませんが、くさわけで自分のSを上げてみちづれが失敗した場合後続の優位度が変わらないので少し勿体ないとおもいました!

あくまで選択しとしてなので、よろしければくさわけとこごえるかぜの与ダメを比較していただけると嬉しいです!
22/12/11 01:59
14ハウル
雪パ作ってみようかな、思っていたので参考にさせていただきます!
テラスタルタイプはノーマルでどうでしょう?
あんまり受けを気にしてもコンセプトと合わないのでなんでもいいか…と思いましたが、ここぞという場面でかげうち透かし用にノーマルがいいのかなと思いました。
※ま、そんな場面ほぼ無いとは思いますが
22/12/11 13:50
15コットン (@cotton3189)
ロゼワイン?さんコメントありがとうございます!
私も最初はくさわけではなくこごえるかぜを採用して使っていました。ですが、命中95なのでちょくちょく外すんですよね。ですが、採用する価値はあると思うので書いておきます。ダメ計に関してはユキメノコユキメノコユキメノコの火力があまりないので、確1、2がとれるポケモンだけに絞りたいと思います。
22/12/11 13:57
16コットン (@cotton3189)
ハウルさんコメントありがとうございます!
念のため、テラスタル考察欄に有用なテラスタル候補を書いておきます。ですが、テラピースも有限ですので、こいつに使うよりはほかのポケモンの育成にまわした方がいいかもしれませんね……(ノーマルテラピースはチュートリアルでもらえるので、別にいいと思いますが)
22/12/13 07:53
17セイ (@seirsum)
55555
投稿お疲れ様です。
僕もユキメノコユキメノコユキメノコ大好きなのですごく参考になりました。気になる点ですが、やはりスカーフ持ちやおいかぜなどに弱いという所が気にかかります。くさかりを使っても素早さが追いつかない場合の対処法を教えて下さい。
それと、壁張り(ひかりのかべリフレクター)よりもまきびしを優先する理由も聞かせてていただけると非常に有り難いです。
22/12/13 19:04
18コットン (@cotton3189)
セイさんコメントありがとうございます!
スカーフ持ちやおいかぜを意識するなら、こわいかお採用ですかね。本文にそのことを記載していなかったので追記しておきます。
あと、壁よりまきびしを優先する理由は、壁より多くのポケモンに刺さるからです。技スぺ的に片方しか採用できないので、安定感が薄れてしまうんですよね。壁ターン数もゆきなだれを使ってみちづれを成功させるプランなら、かなり少なくなってしまい、後続のアドが減ってしまうので壁にはしていません。
  • ページ:
  • 1

削除キー:


コメントを投稿

補足やアドバイス、間違いの指摘などにお使いください(半角5000文字まで)。育成論に直接関係のないコメントは書き込まないでください(育成論を求めてこのページを訪れた第三者のユーザーに関係のない書き込みすべてが削除対象です)。また、育成論の削除を強要することは運営ポリシー違反であり運営妨害です。削除が必要かどうかは管理者が判断しますので、管理者に直接ご連絡ください。

※評価はポケ徹サービスにログインする必要があります。

名前: 

本文:

削除キーは自分でコメントを削除する際に必要になります。

削除キー:


この育成論のフォークを投稿する >>

修正・削除(投稿者用)

この育成論を修正あるいは削除する場合は、管理用パスワードを入力して「修正・削除」ボタンをクリックしてください。

スポンサーリンク