ポケモンパーティ構築(シングル)

【S16最終1位】アマガラッシャコントロール

2024/04/03 00:47 / 更新:2024/04/05 05:05

★*100★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★ loadingいいね! 閲覧数:39060  いいね:186

投稿者:はっしー(@ampm_game)

ポケモンSV / シングル / シーズン16 / 最終1位

こんにちは、はっしーです。
今回、S16(レギュレーションF)で最終1位を修めることができましたので、構築記事を書かせていただきました。

TN:神出現俺呆然 最高最終R2229 レンタル:DBC548(レギュFが終わるまで残します)

構築経緯ですが、SVで1番好きなポケモンであるヘイラッシャをうまく使える方法から考えました。
物理ポケモンには無類の性能を発揮するポケモンですが、特殊ポケモンに対面を取られた後の立ち回りが非常に難しく、SVが始まった当初からは数を減らしたポケモンの1匹だと思います。特にレギュEで赫月ガチグマが増えだしてからはその傾向は強く、自分自身活躍させるのは難しく感じておりました。環境トップのハバタクカミの対応含め、ヘイラッシャとの相性が良いと思ったポケモンが、アーマーガアでした。
この2体のポケモンはその耐久及び耐性から対面を引かせる圧力が強く、また、各々あくびととんぼがえりという対面を操作する技を覚えており、有利な高火力アタッカーをぶつけるのに向いていると感じました。そこで最初に選んだのが、2体の弱点であるでんき技の一貫を切れ、自らも対面操作が可能な霊獣ランドロス、そのランドロスと相性がよく、同じく対面操作ができるタケルライコ、火力アップを持たせずとも強く、こだわりスカーフで上振れが狙いやすいイーユイ、その他キツいポケモンの補完に入れたハバタクカミでパーティが完成しました。

コンセプトはヘイラッシャやアーマーガアをクッションにしつつ対面操作を行い、有利な高火力アタッカーをぶつける、です。この際注意しなくてはいけないのが、この2体をあまり場に残さないことです。体力管理(あくび連打、はねやすめ)をしようとして不利対面を取られると一気に崩されるので、体力管理はほどほどに対面操作することを重視してください。

この後個体紹介に移りますが、重大な欠陥があることに気付いたのを先に申し上げます。申し訳ありません、コイツが今回の最終1位です。

スポンサーリンク

使用ポケモン

愛すべきナマズ。パオジアンの電気テラバーストですら、食べ残しこみで2耐えする物理耐久ナマズです。特殊技はアマガに一任するため細かい耐久調整はしておりません。
技構成はあくび、まもる、ウェーブタックルまでは確定で、ラス1は水ウーラオスやトドロクツキと対面した際に抗え、また、ラティアスやクレセリアがはがねテラスめいそうをしてきた際にも抗えるボディプレスとしました。
正直この中では扱うのが難しいポケモンです。他3体は自ら対面操作をすることができますが、ヘイラッシャは相手に対面操作を促すポケモンです。そのため、相手が突っ込んでくると思ったらまもるを押さなければいけないし、引くと思ったらそれに合わせて釣り交換を決める必要がある場合があります。このあたりの駆け引きが難しく、ヘイラッシャの使用率が減った原因にもなっていると考えます。ただ、今回はそれを失敗してもアーマーガアが補ってくれたため、負け数を減らすことができたのだと思います。

ちなみに今回の構築では、ヘイラッシャを長く居座らせるコンセプトではないので、耐久や眠るを活かしたじわれは不要です。

A:H252B220(わんぱく)ドヒドイデ乱数87.5%
  H244マルスケカイリュー確定1発(B180振りから乱数) 
S:準速ブリジュラス抜き抜き
H:できるだけ高く(A252振り1up(剣舞+いかく)かまどオーガポンつたこんぼう乱数6.25%)
※ちゃんとBDに4振ろう

高火力アタッカーその1。そして最後まで調整が決まらなかったポケモンです。
最初耐久は無視して準速イーユイを抜いているオーガポンを抜く調整しようかと思いましたが、前期の構築記事でそれより速いオーガポンがそれなりにいたためやめました。ただ、耐久をここまで振ったおかげで勝った試合もあったため、火力に振り切ることもできませんでした。Sは準速サーフゴーまで抜いた方がいいかと思いますが、役割対象を準速カイリューまでに絞るなら、その分火力に振って良いと思います。
ちなみに、最終日にドヒドイデに地震を耐えられて暴れていました。
ステルスロックは初手で撒けそうな対面なら撒くくらいなので、ストーンエッジやアームハンマーに変えるのもありです。

C:ステラ10万→D特化チョッキママンボウ確定1発
  ステラりゅうせいぐん→H252キョジオーン確定1発(D188から乱数)
            →H244D4チョッキ赫月ガチグマ乱数87.5%
  ステラじんらい→パオジアン確定1発
S:イダイトウより速く

高火力アタッカーその2。ヘイラッシャに強い井戸オーガポンに強く、急に出てくるとキツいポケモン筆頭のイダイトウもほぼ上から殴ることができます。
最初はC特化チョッキで運用していましたが、特殊技を受ける機会が少なく、ママンボウサイクルにずっと負けていたため、ママンボウをワンパンすることを考えていたらこうなりました。
そのせいでイーユイがきつくなりましたが、準速イダイトウに拘らないのであれば、特化メガネステラじんらいで耐久無振りイーユイは乱数50%なので、ワンチャン魂をかけてもいいかもしれません。
余談ですが、アシレランドがきつく、アシレーヌに向かってりゅうせいぐんを撃ってました。剣盾からやってることが変わってませんね。

S:遅いカイリューやブリジュラスにでんじはを入れられても抜けるように準速

高火力アタッカーその3。あらためて語ることはありませんが、初手のパオジアンや水ウーラオス対面では、ヘイラッシャがいても引かず、数的有利を意識してテラスタルを切って処理するようにしていました。パオジアンの先制技が両方半減のためスカーフ1択です。また、少し重いメガネハバタクカミを上からオーバーヒートでワンパンできることがあるのも大きいポイントです。何より強いのがあくのはどうで上振れを狙いやすい点で、前期も何度も助けられました。ハバタクカミの追加効果技(ムーンフォース、シャドーボール)もそうですが、上振れを狙える要素を構築に残しておくのは重要なことだと思います。

HB:A特化パオジアン電気テラバースト乱数6.25%
   A実数165かまどオーガポンつたこんぼう確定耐え
HD:C252メガネハバタクカミシャドーボール乱数2発(1.17%)
   C252ブリジュラス1upエレクトロビーム18.75%
   C特化シルク赫月ガチグマブラッドムーン44〜51.8%

今回のヘイラッシャ相棒枠。素晴らしい耐性から攻撃を受け、とんぼがえりを撃って有利対面を作る。特に赫月ガチグマに対しては下からとんぼがえりを撃つことを理想としていましたが、問題発生しました。当方、ガチグマの素早さ種族値を53と勘違いしており、素早さ無振りだと同速になってしまうことに気付きました。前期はミラーを意識したガチグマが多く大きな被害はありませんでしたが下手するとアタッカーに血の月が降り注ぐ可能性があるので、要見直しです。格好良く締まらなく申し訳ありません。

技構成ですが、基本とんぼがえりしか撃たないため、BSハバタクカミをワンパンできるヘビーボンバーを採用しました。ただ、アーマーガアは軽く、ハバタクカミ以外にはまったく刺さらないため、汎用性を考えるならアイアンヘッドが良いです。
ちょうはつを持たせたのは、VS受けループでグライオンにTODされないようにするためです。(一応ドヒドディンルーなどにも刺さります)
相手の選出にパワーがない場合は、はねやすめで体力管理をしましょう。

HB:A4キョジオーンのしおづけ身代わり確定耐え
C :できるだけ高く(ドレキの回復量を上げる)
S :最速110族抜き

補完枠。キョジオーンのしおづけやチオンジェンのやどりぎ、モロバレルのほうしが厄介だと考え、身代わり枠を検討したところ、ドレインキッスで体力管理もできるハバタクカミへ行き当たりました。また、旧BIG6や構築で重いイーユイにも刺さるため、選出率は低いものの要所要所で活躍してくれました。今回は攻撃範囲を意識してこの技構成になりましたが、ドレインキッスだと火力が低いため、ムーンフォースを入れたいのであれば、シャドーボールを切っていたみわけを入れるのもありかもしれません。

戦術と解説

●基本選出
初手:ランドロスorイーユイ
裏 :ランドロスorイーユイorヘイラッシャorアーマーガアor(タケルライコ)
※ハバタクカミだけ、赫月ガチグマだけだとアーマーガアを投げないケースもありますが、両方一緒にいる構築には必ず投げます。
※タケルライコは、かまどオーガポンをランドロスとどちらでみるか次第で投げます。
※パオジアン入りにラッシャを投げない場合は、初手のイーユイでテラスタル、初手のランドロスでテラスタルとんぼがえりからのイーユイを意識してください。

●ディンルー入り
初手:ランドロス(とにかく削る)
裏 :イーユイorヘイラッシャorアーマーガア

●ブリジュラス入り
初手:イーユイ
裏 :ランドロスorヘイラッシャorアーマーガア

●イーユイ入り
初手:ランドロスorイーユイ
   →ランドロスを出して初手イーユイなら、イーユイ引き
裏 :イーユイ(orヘイラッシャorアーマーガア)orハバタクカミ

●井戸オーガポン入り
初手:ランドロスorイーユイ
裏 :タケルライコor(ランドロスorイーユイorヘイラッシャorアーマーガア)

●礎オーガポン入り
初手:ランドロスorタケルライコorアーマーガア
裏 :イーユイ(orランドロスorヘイラッシャ)

●イダイトウ入り
初手:ランドロスorイーユイ
裏 :タケルライコ(&ランドロスorイーユイorヘイラッシャorアーマーガア)

●キノガッサ入り
初手:ランドロスorタケルライコ
裏 :アーマーガア(orイーユイorヘイラッシャ)
※アーマーガアを眠らせます

●ママンボウ入り
初手:タケルライコ
裏 :イーユイ&アーマーガア

●受けループ(グライオン入り)
初手:ランドロス
裏 :タケルライコorアーマーガア

●重いポケモン
イーユイ:無理矢理イーユイで受けます
かまどオーガポン:ヘイラッシャでなんとかできない物理アタッカーがキツいです。
キノガッサ:アーマーガアには寝てもらいます。
タケルライコ:ランドをうまく当てるか、ハバタクカミで積み合います。
キョジオーン:あくびがきかない且下からとんぼがえりができない。
アシレーヌ:裏にいるランドとセットでキツいです。

●最後に
ここまで見てくださった方ありがとうございました。正直強い構築とは言いがたいですが、自分と噛み合ったのか、最速レート2100、最終日前にレート2210を達成、最終日は19だけ上げて最終1位を取ることができました。変なTNを使っていたこともあり、X(旧Twitter)で少し盛り上がったのはとても嬉しかったです。
ちなみに自分のレギュFの成績ですが、2ヶ月連続最終4桁だったので、構築が噛み合えば、最終2桁でも1位でも行ける可能性はあると思います。こんな構築記事でも参考になれば幸いです。

また、最初に今回のレンタルパーティを載せておりますが、見て分かるとおり、バレると弱い要素があるため、全く同じ並び、個体でレンタルパーティ(偽装)を2つ作ったので良かったら使って見てください。(細かい要素は省きます、回していないので弱いかもしれません)※残念ながらアマガの素早さは72です。
●レンタル2(S3HSXC)
ランドロス(Hの実数値を167に、Sを実数値154に)
タケルライコ(テラスタルをでんきに)
アーマーガア(ヘビーボンバーをアイアンヘッドに)
ハバタクカミ(ドレインキッスをムーンフォースに、テラスタルをステラに)
●レンタル3(XC37KX)
ランドロス(AS剣舞タスキに)
アーマーガア(ヘビーボンバーをアイアンヘッドに)
ハバタクカミ(最速HBSいたみわけに、テラスタルを水に)

●スペシャルサンクス
戦ってくれた皆さま
最終日に僕の愚痴の付き合いやら2200から潜るのを諫めてくれたこころさん
TN神出現俺呆然

あらためましてありがとうございました、不明点などありましたらX(旧Twitter)などで言っていただけると助かります。

投稿日時 : 2024/04/03 00:47

最終更新日時 : 2024/04/05 05:05

スポンサーリンク

コメント(0件)

コメントはまだありません。

コメントを投稿

パーティ構築は多くの方が気軽に投稿できるサービスを目指しており、質問や称賛、建設的なコメントのみ投稿が可能です。投稿者の望まない否定的なコメントは禁止です。

名前: 

本文:

削除キーは自分でコメントを削除する際に必要になります。

削除キー: