ポケモンパーティ構築(シングル)

S14シングル カキツバタのブリジュラスwithスタンパ 最終976位

2024/02/04 21:06 / 更新:2024/02/04 21:13

★★★★ loadingいいね! 閲覧数:1899  いいね:3

投稿者:たなち(@_chitana_)

ポケモンSV / シングル / シーズン14 / 最終976位

レンタルチーム有

こんにちは、たなちといいます。
自分の目標だったSVでの3桁を初めて達成できたので投稿させていただきます。久しぶりの構築記事という事で拙い部分もあるかと思いますが、読んでいただけると嬉しいです。
カキツバタの証付きのブリジュラスブリジュラスブリジュラスが結構活躍してくれたので愛着がわきました。

構築経緯

  1. 電磁波ハバタクカミハバタクカミハバタクカミ起点を作る→竜舞カイリューカイリューカイリューの展開や鉢巻ウーラオス(いちげき)ウーラオス(いちげき)ウーラオス(いちげき)で上から攻撃するのがちょっと強かった
  2. ステロ&クッションとしてブリジュラスブリジュラスブリジュラスの使用感がよかった
  3. あくびループや搦め手の対策として雑にサーフゴーサーフゴーサーフゴーを採用
  4. 地面枠&身代わり持ち対策として雑にガチグマ(アカツキ)ガチグマ(アカツキ)ガチグマ(アカツキ)を採用
  5. ここまでHDランドロス(霊獣)ランドロス(霊獣)ランドロス(霊獣)が重かったので終盤にカイリューカイリューカイリューを冷凍ビームを覚えさせた型に変更して完成

スポンサーリンク

使用ポケモン

DLC後半で話題になっていて、ステロ&吠える型で使ってみたら使用感がよかったのでそのまま使い続けました。
相手の積みポケモンに後投げで吠えてごまかせたり、物理ポケモンに受け出して『じきゅうりょく』で圧力をかけられるのは強かったです。
環境にチョッキでのアタッカー型やステロ&ドラテ型など色々なブリジュラスの型が存在したこともあり、意外と挑発されなかったのも噛み合っていました。
残りの枠は『ハバタクカミハバタクカミ』意識と『パオジアンパオジアン』の霊テラスに透かされないアイアンヘッド&特性とシナジーのあるボディプレスを採用して対面性能を意識してます。
ミラーの対面や最初にいた吠える『スイクンスイクン』を意識してSにも少し降っていました。

余談

リーグ部部室で交換できる証付きのポケモン、そのトレーナーに託された感あるし唯一無二でいいですよね。カキツバタは何か企んでる風だったけど結局元のリーグ部に戻したかっただけのいい奴の印象で好きです。最初にゲットしたブリジュラスブリジュラスがこの個体だったので育てたのですが、カキツバタの証ならエレクトロビームをむちゃくちゃにぶっ放す!型の方が似合ってた気がします。笑

元々は初手に置いていたこともあり、以下の理由でエナジーではなく『ジャポのみ』を使っていました。

  • 相手の襷ポケモン(『ウーラオス(れんげき)ウーラオス(れんげき)』や『キノガッサキノガッサ』など)に対面勝ちやすく、『カイリューカイリュー』に電磁波から入ってもマルスケを削れる
  • エナジーではないことで相手目線で眼鏡などの火力のある型にも見える
  • 電磁波があればエナジーがなくても素早さを逆転できる

テラスはあまり切りませんがカイリューカイリューのアイアンヘッドやガチグマ(アカツキ)ガチグマ(アカツキ)ハッサムハッサムを意識して鋼にしていました。

カミ、カイリューの匿名性が強い。

本構築のエースです!
ステロとあわせて多くの相手の受け出しを許さない火力が強く受けループへの回答にもなりました。ステロなしでも耐久に振っていない『オーガポン(かまど)オーガポン(かまど)』や『ハバタクカミハバタクカミ』は確定1発で落とせます。
相手の『ウーラオス(れんげき)ウーラオス(れんげき)』や『イーユイイーユイ』、『オーガポン(かまど)オーガポン(かまど)』を抜けることがあるため最速です。
テラスタルは次の理由で毒です。

  • フェアリー、格闘の弱点を消せる
  • ドヒドイデドヒドイデのどくどく、どくびし展開をケア

相手の『ドヒドイデドヒドイデ』に妖テラスを切られる展開が多かったですが、2サイクル目から毒テラス『どくづき』が通るようになるので合わせることを意識してました。

最後に入った最強補完枠です。このポケモンを入れてからレートがかなり上がりました。
元々竜舞スケショ型でしたが、相手の初手『ウーラオス(れんげき)ウーラオス(れんげき)』や『ランドロス(霊獣)ランドロス(霊獣)』に安定するポケモンがいないためエアスラッシュ、冷凍ビームをもった型に変えたところハマりました。
残り2枠は『ハバタクカミハバタクカミ』意識のアイへ、最後っ屁に打てる神速を採用しACぶっぱガチ両刀型となりました。副産物として相手の『ガチグマ(アカツキ)ガチグマ(アカツキ)』にも冷凍ビームで押していけるようになったのも良かったです。
Dに下降補正をかけると控えめ眼鏡カミのムーンフォースをテラスタルなしで耐えない、神速があるのでSはいらないと判断して性格はA↑S↓としましたが、HD『ランドロス(霊獣)ランドロス(霊獣)』意識なら素早さ調整したほうが良かったかもしれません。
カミ、カイリューの匿名性が強い。(2回目)

よくある控えめCSぶっぱのスカーフ型。
ドヒドイデドヒドイデ』や『カバルドンカバルドン』のあくびループなどの搦め手をケアする枠です。
構築単位でSラインが低いこともありスカーフで採用しました。

よくあるチョッキアタッカー型。
地面枠としての採用もありますが、相手の『サーフゴーサーフゴー』や身代わり持ちを意識してのアタッカー型です。
ウーラオス(れんげき)ウーラオス(れんげき)』との対面で困るのでテラスタイプを毒や水に変えてもよかったです。

戦術と解説

基本選出

初手カイリューカイリュー + ウーラオス(いちげき)ウーラオス(いちげき) + @1

のように投げていました。

VS受けループ

初手ウーラオス(いちげき)ウーラオス(いちげき) + サーフゴーサーフゴー + @1
グライオングライオン』がいたらガチグマを選出するのもありですが、『ハピナスハピナス』で怪しくなるので両刀カイリューカイリューで頑張ったりもしていました。

感想など

クッション枠がブリジュラスブリジュラスくらいで、回復技があるのもサーフゴーサーフゴーだけなので対面的なメタを噛み合わせることができて勝率が良かったかなという感想です。
ブリジュラスブリジュラス以外は見慣れすぎた並びなので来月は好きなポケモンで遊びたいです。(スグリ君のカミッチュカミッチュとかゼイユのチャデスチャデスを育てたい)

レンタルID

82GKM1

投稿日時 : 2024/02/04 21:06

最終更新日時 : 2024/02/04 21:13

スポンサーリンク

コメント(0件)

コメントはまだありません。

コメントを投稿

投稿者のアカウントが削除され、最終更新日から30日以上経過した育成論にはコメントできません。