ポケモンパーティ構築(シングル)

【最終189位、R2062】ゴリ押しゴリライコ構築

2024/02/01 12:18

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★ loadingいいね! 閲覧数:13332  いいね:19

投稿者:かしわ(@kekenkanikawaii)

ポケモンSV / シングル / シーズン14 / 最終189位

レンタルチーム有

ID Q3DBKL
初めまして。最終順位とレートで自己ベストを更新したため構築記事を書かせていただきました。至らぬ点は多々あると思われますが、ご容赦ください。
この構築に至った経緯としては、準伝パラドックスの4体タケルライコタケルライコウガツホムラウガツホムラテツノカシラテツノカシラテツノイワオテツノイワオを全部一気に使いたいと思い、全員を構築に組み込んだ準伝パラドックス全部使いたい構築パーティ構築/5618を使っているときに、ゴリランダーゴリランダーゴリランダーとタケルライコタケルライコタケルライコの並びが強いと感じたため。

スポンサーリンク

使用ポケモン

ゴリライコのゴリ。
初投稿した構築記事の準伝パラドックス全部使いたい構築パーティ構築/5618
のゴリラゴリランダーゴリランダーをそのまま使っている。
役割対象は主にハバタクカミハバタクカミである。
タケルライコタケルライコの電気技を一貫させるために相手の地面タイプにテラスを切らせたり、タケルライコとブリジュラスの弱点である地面タイプの技じしんの威力を半減させるグラスフィールドを張ったり、ドラムアタックでタケルライコタケルライコが上から殴れるようにしたりと、主にタケルライコタケルライコを通すためのサポーター兼アタッカーとして採用している。
はがねテラスにした理由は、上からめいそうを打ってタケルライコを返り討ちにしかねないラティオスラティオスラティアスラティアステツノカシラテツノカシラに対して強く出れるようにするためである。

ゴリライコのライコ。エース枠。
役割対象はほぼすべてのポケモン。
対面していて苦しいポケモンは地面タイプと上からめいそうを積んでくるようなポケモン(テツノカシラテツノカシララティアスラティアスなど)と高火力の先制技を打ってくるようなポケモン(鉢巻神速カイリューカイリューパオジアンパオジアン)である。
めいそうを1回積むことで、無振りハバタクカミを電気テラスとこだいかっせいが発動している状態でワンパンできる(106.1%~126.1%)ようになっている。
上記の理由から相手の眼鏡ハバタクカミに対して役割を持てるので、テラスは電気で採用した。
すばやさは最速ガチグマガチグマ(アカツキ)ガチグマ(アカツキ)抜きまで振っており、上から瞑想を打ってガチグマのだいちのちからを耐えた後に上から流星群を打ちワンパンする動きが強かったが、最終日前後はその動きがバレていることが多く、あくびで流されたりしてしまったので無難に流星群から入ったりゴリランダーゴリランダーゴリランダーでアカツキガチグマガチグマ(アカツキ)ガチグマ(アカツキ)のテラスを切らせたりして対応していた。

選出率は4位以下を大きく引き離し3位。硬すぎるポケモンブリジュラスブリジュラス。役割対象はパオジアンパオジアンオーガポン(かまど)オーガポン(かまど)を筆頭にほぼすべての物理で殴ってくるポケモンである。ゴリランダーのグラスフィールド込みでパオジアンのつらら落とし+せいなるつるぎを耐えるようになっている。
相手の選出次第ではこのポケモンだけで3タテすることもあったので、かなり信用しているポケモン。つるぎのまいには注意したい。
最初はほえるの枠はドラゴンテールだったが、終盤みがわり+積み技で起点にされることが珍しくなかったためほえる採用にしている。
格闘タイプを半減で受けるためにテラスタイプはフェアリーにしている。

圧倒的初見殺し。理不尽の極。選出率は4位。
基本選出はゴリランダーゴリランダータケルライコタケルライコブリジュラスブリジュラスだが、この選出にすると初手イーユイイーユイがどうしようもないのでメテオビームで無理やり突破することや、大きく刺さっている毒びしの回収を目的にして採用した。
終盤はランドロス(霊獣)ランドロス(霊獣)が非常に多くなっており、地面タイプ2体採用が珍しくなくなっていたので、氷テラバで破壊できるようにした。
耐久調整はa特化ノマテラ神速鉢巻カイリューカイリューの神速を確定で耐えるところまで降っている。
また、たまにみかけたグライオンを入れたサイクルも守るのタイミングを見計らって氷テラバーストを打ち込むことで破壊していた。

ゴーストタイプの一貫を切り、相手のブリジュラスブリジュラスイーユイイーユイを倒す目的で採用した。
無理やりつるぎのまいを打って無理な構築を強引に突破することもあった。

構築に入れているだけで相手の選出を制限できる神ポケモン。選出率はほぼ0。
この構築で勝つことのできない受けループに対してじわれを打つことでワンチャンを狙う。

戦術と解説

基本選出は初手ゴリランダーゴリランダー+タケルライコタケルライコブリジュラスブリジュラス
相手のパーティにイーユイイーユイランドロス(霊獣)ランドロス(霊獣)グライオングライオンモロバレルモロバレルウガツホムラウガツホムラ(その他岩弱点ポケモン)のうちどれか2体以上が採用されている場合、
ゴリランダーゴリランダータケルライコタケルライコブリジュラスブリジュラスから相手のパーティに刺さっていない1体を選び、初手にテツノドクガテツノドクガを選出。
パオジアンパオジアンが相手のパーティに刺さっており、なおかつタケルライコタケルライコブリジュラスブリジュラスの刺さりが悪いと判断した場合はパオジアンパオジアンを選出。
テツノカイナテツノカイナは対応できないので諦めてパオジアンパオジアンのゴーストテラスつるぎのまいで相手が格闘技を撃ってくれることをお祈りする。
おなじく受けループも勝てないのでキョジオーンキョジオーンの地割れでお祈りする。

投稿日時 : 2024/02/01 12:18

スポンサーリンク

コメント(0件)

コメントはまだありません。

コメントを投稿

投稿者のアカウントが削除され、最終更新日から30日以上経過した育成論にはコメントできません。

スポンサーリンク