ポケモンパーティ構築(シングル)

【最終8位】魂のツツミカイリュードドゲザン〜塩エクレアを添えて〜

2023/03/01 12:33 / 更新:2023/03/01 12:36

★*100★*100★*100★*100★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★ loadingいいね! 閲覧数:119665  いいね:431

投稿者:破滅(@hametu_shame)

ポケモンSV / シングル / シーズン3 / 最終8位

レンタルチーム有

こんにちは、破滅です!
今回はずっと目標にしていた最終1桁を獲得することが出来たので、記念と備忘録を兼ねて使っていた構築を紹介していこうと思います!!

―――――――――――――

前期から使ってた龍舞妖テラバカイリューが環境に非常に刺さっている上に滅茶苦茶強く、そのカイリューが苦手とするヘイラッシャやカバルドンなどを眼鏡ツツミがワンパン出来て攻めの補完が非常に優れていると考えこれらを軸に構築を組み始めました。

カイリューツツミだとハバカミのムンフォが一貫するためクッションとしてHDドドゲザンを採用し、この3枚をポケ徹の構築診断メーカーにかけたところ、妖と電気の1貫があるらしかったので耐性的にマッチしていたドオーを採用。ドオーは単体で採用しても弱いと思ったので、シンプルに単体性能と選出圧力が強く、ドオーとの相性もいいキョジオーンを採用しました。

ラスト1枠はロゼルコノヨザル、襷ガッサ、襷セグレイブなど色々試したんですけど最終日3日前くらいに急増したクエスコノヨに勝てないことに気付いたのでこれらを破壊できるミミッキュを採用して構築が完成しました。

使用ポケモン

S1終盤で流行り始めた渦アンコカイリューを試してみたものの全然使いこなせず、「普通に殴った方が強くね?」と至って生み出された最強ポケモン。

妖単の耐性+マルスケが強いことは渦アンコカイリューが証明していて、ハバカミセグレイブの並びがフェアリー+地面の攻めの相性補完の強さを証明している。
つまりこのカイリューは上記3種のポケモンを足して割らないくらいの性能があった。Q.E.D。

パラドックスが解禁されても依然としてドラゴンが強く、ドラゴン技をテラスタルで透かしながら龍舞を積んで全抜きを狙うと言う動きは非常に刺さった。

HBはマルスケ込みで陽気ガブの逆鱗が丁度受かる程度の硬さで、Sは+1で最速ガブ抜き抜き。ここまで振れば龍舞2回で+1最速87族(セグレイブとイダイナキバ)を抜ける。
意図してたわけじゃないけどマルスケ潰れてもA特化セグレイブの地面テラス地震がが42.5%〜49%なので対面からでも龍舞の起点に出来てしまう。

A振ってない故に+2テラバでもツツミが落とせないなど火力が足りない場面は無限にあったし、Sも+1で最速ブジン抜きまで欲しい場面はあったけど、ギリギリ耐えて勝ってくれた試合も数えきれないくらいあったので難しい。

水+フリーズドライと言う範囲が非常に優れた範囲を、S種族値136と言うドラパ以外なら誰でも抜ける圧倒的素早さから押し付ける最強ポケモン。
持ち物は冷ビでカバワンパン出来たり、フリドラでラッシャをワンパン出来る眼鏡。

努力値はハバカミを抜くための最速で、火力もなるべく欲しいのでCSぶっぱ。あまりはどこでも良い。

眼鏡+水テラスハイドロポンプの火力は圧巻で、ハバカミやH振りサーフゴーをワンパン出来る。当て続ければ半減からの受け出しも許さないので、最強だった。
外しは最強ポケモンカイリューや、後述のドドゲザンのギロチンで巻き返せるのであんまり気にならなかった。寧ろ相手のスカーフ検定の方がキツかった。

悪鋼と言う優秀な耐性と、高い種族値による火力耐久が非常に優れたポケモン。
ツツミカイリューで重いスカーフサフゴやハバカミを見る為のHD、不意打ちドゲザンのリーチが欲しかったので性格はいじっぱりにした。

技構成は一貫性があり最大火力を出せるドゲザンと、先制技の不意打ち、構築にステロ撒きを1匹は入れてステルスロック、そして物理受けを崩すためのハサミギロチン。
終盤はゴツメカイリューやアマガなど、物理受けが増えていてドゲザン打ってもゴツメに触れるだけなのでサフゴやハバカミの前でギロチン連打するバケモンへとなり果てていた。

飛行テラスはギロチンの試行回数を増やす為に何度も切った。3割で負け試合をひっくり返せるのでめちゃくちゃ強かった。
サザンドラ用にけたぐり欲しい場面あったけど、ドドゲザン受け出すタイミングでは大体鋼テラス切らせてるのでドゲザンで十分だった。

飛行テラスドドゲザンに努力値まで振って提供してくださった紅蓮ぎんさん。ありがとうございました!!

フェアリーと電気を半減できるポケモンの中で一番強そうだったから採用したポケモン。
努力値配分はS1最終7位りょんさんのドオーの調整をほぼパクリ。記事でヘドロ持たせないならH実数値223の方が良いって書いてあったからそうした。

中盤まで黒いヘドロを持たせていたけど、クエパトやショックサフゴなどに悪テラス切りたい場面が多いので隠密マントで採用した。
ヘドロの時はど忘れだったけど、隠密マントにすることでサフゴのシャドボDダウンが無効化されるのでBも上げられたら便利そうな蓄えるにしてみた。

蓄える積んでも再生のPPが枯らされるためサイコショックには抗えないけど、特殊起点に積めれば裏の物理ポケモンにも勝てるようになったりしたので悪くなかったと思う。

毒菱撒いてキョジオーンで身代わり守るしてるだけで勝てる試合は無数にあったので毒々欲しい場面は多々あったけど毒菱の方が僕好みだった。

悪テラスドオーを提供してくれたろろンさん。ありがとうございました!!

すいほう以来の欲張り特性きよめのしおと高い種族値に、塩漬けと言う最強技を組み合わせた最強害悪ポケモン。
テラスタイプは前期1位のたなけーさんが水だったので水。
ヘイラッシャの前で身代わりをすれば地割れ以外では割れないのが偉かった。
身代わり採用で、ミラーでのS勝負に絶対に負けたくなかったので無振りカバ抜きまで振った。でも身代わりミラーはどうせお互いに身代わりから入って、塩漬け入れられずに時間切れになるのでここまでSに振った意味はあんまりなかった。

あと塩が流行ったせいで誰が隠密マント持ってるか解らないし、予想外の身代わりで崩されるし、使ってるとTOD多発するしで使ってても相手してても嫌いだった。

とは言え再戦に滅茶苦茶強いし、最終1桁に貢献してくれたのは間違いない。

キョジオーンを水テラスに変更してくれたうららさん、ありがとうございました!

上記5体だとクエスパトラとコノヨザルが非常に重かったので、汎用性の落ちない対策として最終日前日に採用されたポケモン。

命の珠のじゃれつく+かげうちで本来の対面性能を保ちつつ、呪い+痛み分けで崩し&荒らしの役割を担ってくれた。
コノヨザルの憤怒の威力を上げずに削りを入れることも出来る。また、初手の襷ポケモンをじゃれ+影の動きで倒した後に出て来たカイリューなどに呪い+痛み分けを入れられることも多く、呪い+痛み分け+珠じゃれつくによってカイリューを止めてくるヘイラッシャ、キョジオーン、カバルドンなどに対面勝てたりするので、ツツミへの負担が軽くなったし選出の幅も増えた。

思い付きで採用したけど、勝ちを量産してくれた。

戦術と解説

主な選出パターンは3つで、

?ツツミ+カイリュー+ドドゲザン
相手にキョジオーンが居くて、迷ったらこの選出をしておけば良い。立ち回り次第ではどんな構築にもある程度の勝率を叩きだせるだけのポテンシャルがあるけど、カイリュー以外は命中不安をバンバン撃つので勝ち確の盤面を作りづらいのが難点。

?キョジオーン+ドオー+@1
ヘイラッシャやキョジオーン、アーマーガアなどが見えたらこの選出をしてた。
これらのポケモンは速い水テラス身代わりキョジオーンで勝てるので、この選出をしていた。@1は大体カイリューだったけど、刺さってそうならツツミやドドゲザンにすることも多かった。ただ、ツツミを選出する場合TODの総量勝負で不利になることを留意しておかないと負け試合が多発する。
この選出の本領は、再戦で相手の持ち物や技構成がある程度割れてる時に発揮される。

?ミミッキュ+カイリュー+テツノツツミorドドゲザン
相手にコノヨザル、クエスパトラ、テツノブジン、キノガッサ、マスカーニャ、特殊受けと組まされてないキョジオーンなどが見えたらこの選出をしていた。
最終日当たった構築は大体コノヨクエパトブジンのどれかが入ってたので、この選出ばっかりしていた。ミミッキュで1匹持って行って、裏から出て来た積みポケモンに呪いを入れた試合はほぼほぼ勝ってた。

重かったポケモン

キノガッサ。
ミミッキュも胞子から入られれば高確率で対面負けるし、胞子の一貫性も草弱点のキョジオーンでしか切れないし、襷削ってもマッハパンチがツツミにめっちゃ入ったりする。そして何より、ポイズンヒールの宿り木ガッサに身代わりを残されると呪い入れても対応出来ないので当たったらほぼほぼ負けだった。
ポイヒの場合何とか数的有利を取ってカイリューでTODする必要があるけど、1点読みして襷だと負けなのでかなり重かった。

モロバレル&アラブルタケ
キノガッサと同じくキョジオーンが草弱点の為重かったけど、こっちは弱点を突かれてもキョジオーンの圧倒的耐久で何とかならないこともない。
モロバレルはドドゲザンでギロチン当てることで対策としていた。
胞子勢は重かったけど、出てこないことも多かった。

珠やダイス持ち氷テラスセグレイブ
セグレイブはカイリューで起点にするプランを立てて臨むことが多かったので、そこを崩してくるこのポケモンは滅茶苦茶キツかった。

ジバコイルと組まされているヘイラッシャ、カバルドン。
カバやヘイラッシャはツツミかミミッキュで倒すプランを立てていたので、そこを受けてちゃんとサイクル仕掛けてくるジバコが居ると釣り交換をしまくった上でツツミのドロポンやドドゲザンのギロチンを連打しないといけないのできつかった。

レンタルチーム公開しておきます。
結構強い構築なので、是非とも使用感をお確かめください。

パスコード:YXPKS0

――――――――――

感想

12月2日にランクマッチが開始されて以来、3か月間最終1桁が獲りたくて、盛りなく3000試合潜りました。
S1で1150戦、S2で750戦、S3でメイン469戦サブ800戦と、リアルの生活の全てをポケモンに費やす勢いでランクマッチだけをやり続けました。

テラス択とか、妖テラバカイリューみたいな自分で考えた最強ポケモンを形に出来るSVの環境が凄く好きで、楽しかったんですよね。

その結果、最終8位。目標にしていた1桁を獲得することが出来たので本当に良かったです。

とりあえず目標にしていた最終1桁を達成できたので、今後は1桁保存とかは考えずに1位目指して頑張っていきたいです。
でも、1桁取って満足したので暫く(2週間くらい?)はポケモンに触らないかもしれません。

あっ、でもミナモとイサハは捕まえないと……。

ここまで読んでくださった皆さん、Twitterで応援のリプライをくださった皆さん本当にありがとうございます!
また良い感じの構築が出来て結果残せたときは構築記事にしていきたいと思うので、その時は、よろしくお願いしますm(´・ω・`)m

投稿日時 : 2023/03/01 12:33

最終更新日時 : 2023/03/01 12:36

スポンサーリンク

コメント(4件)

1勝てない
この構築神や!
23/03/02 18:18
2キットカット(@sHaAuOons6g7YMC)
SV初心者ですが使ってて強かったです。マスター帯行きました。

TODはきつめだと思いましたが敵がTODしてくるマッチが少ないのでほぽ全勝出来ました。ダメ計してきます。
23/03/11 21:38
3素敵な構築です。
今更かもしれませんが、ミミッキュのH実数値が130のようです。呪い2回で退場するよりも、2回打ったあとに一回行動できる方が活きる場面が多いのかなあと思いました。
23/03/23 17:06
4構築強すぎ
めちゃくちゃ強いですね。1万位前後でウロウロしてた自分(組むの下手すぎ)がこの構築使い出してからシーズン終盤でも3桁まで来て、レートも1900まで乗りました。

9位の構築の中身までは把握されてないことも多かったんですかね?

とても嬉しいです。ありがとうございます。(ミミッキュはマジで神)
23/03/28 14:42

削除キー:

コメントを投稿

投稿者のアカウントが削除され、最終更新日から30日以上経過した育成論にはコメントできません。

スポンサーリンク