ポケモンパーティ構築(シングル)

S2 シングル パモミミカイリュー 最終62位 レート2192

2023/02/02 22:45

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★ loadingいいね! 閲覧数:16643  いいね:22

投稿者:pkt(@7BbV0)

ポケモンSV / シングル / シーズン2 / 最終62位

みなさんこんにちは!pktと申します。今回ポケモンSVシーズン2(パルデア図鑑に登場するポケモン ※パラドックス・準伝説・伝説は使用不可)で使用した構築を紹介します。
シーズンも変わってしまいルールも変わってしまったのでメモ程度に書こうと思います。

構築経緯

最終日前日になっても勝てる構築が無かったので、ポケモン仲間のSSOOさんからミミズズミミズズが強く鉢巻カイリューカイリューを使っていると中盤くらいに聞いたのを思い出し、終盤ガブリアスガブリアスセグレイブセグレイブが流行っていたのもあり強そうだから使ってみようと思いミミズズミミズズカイリューカイリューから構築を組み始めた。

採用順

ミミズズミミズズカイリューカイリュードオードオーウルガモスウルガモスパーモットパーモットサーフゴーサーフゴー

ミミズズミミズズカイリューカイリューを軸にすると決めた時初手カイリューカイリューで圧をかけ不利対面をとった時はミミズズミミズズに引くという動きを想定していた。その時に特殊アタッカーだとミミズズミミズズには引けないため一度流すため環境にいる幅広い特殊アタッカーを見れる貯水けたぐりドオードオーを採用、次に特殊アタッカーが必要と考え受け崩し、デカヌチャンデカヌチャン等のステロまきに強い眼鏡炎テラスタルウルガモスウルガモスを採用、カイリューカイリューでテラスを切って崩した後数的有利を取れ再度復活できたら強いと考えパーモットパーモットを採用、最後にカイリューカイリューサーフゴーサーフゴーの並びは相手視点型の豊富さから型を分からせにくくできると考え、物理ドラパルトドラパルトに強く出れそうなノーマルテラスHBサーフゴーサーフゴーを採用した

スポンサーリンク

使用ポケモン

テラスタルは飛行が一番扱いやすく火力も出ると思い飛行にした。

鉢巻カイリューカイリューミラーやできるだけ多くのポケモンを抜きたいため思い切ってASにした。

ASにした事により初手の遅い起点コノヨザルコノヨザルウルガモスウルガモス眼鏡サーフゴーサーフゴーの上を取れて勝ちを拾った試合が多かった。

テラスタルは一番眼鏡の強さを引き出せると思った炎

ミミズズミミズズのしっぽきりから炎の舞連打が強そうなのとデカヌチャンデカヌチャンバンバドロバンバドロ等の起点作成要員を抑制できるかな?と思って入れた
選出自体はあまり多くなかったが受けも崩せて良かった

テラスタルは鉢巻霊テラス、眼鏡ドラパルトドラパルトを意識したノーマル

この構築をはとにかく物理ドラパルトドラパルトがきつい、そのためHB特化で採用している。お相手にドラパルトドラパルトがいる時はだいたい初手に来ていた為サーフゴーサーフゴーを初手置きして初手テラスタルしてた。

またこの枠はほかのポケモンでも良いと思うがカイリューカイリューサーフゴーサーフゴーの並びを崩したくなかったためサーフゴーサーフゴーを採用した

わるだくみの所は電磁波とかでも良いと思う

テラスタルは切らないと決めていた

ガブリアスガブリアスより早く上から動ける点が偉かったガブリアスガブリアスに対しても、さいきのいのりカイリューカイリュー復活から襷で耐えてインファイト+鉢巻しんそくで高乱数で倒せたり、ヘイラッシャヘイラッシャにも強く出れる点が強かった。
ゲンガーゲンガーに対してもほっぺすりすりから上を取れ処理できる点も良かった

テラスタルは切らないと決めていた

炎テラスタル以外のセグレイブセグレイブガブリアスガブリアスに強くカイリューカイリューに対しても一旦クッションとして投げれるのが良かった。
ブラッキーブラッキーヘイラッシャヘイラッシャなどのあくびをしっぽきりでカットできる点も偉く、カイリューカイリューが見えてる状態で、ヘイラッシャヘイラッシャミミズズミミズズが対面するとゆきなだれで攻撃してくる事が多かった為そこでパーモットパーモットを投げるとみがわりを残した状態でパーモットパーモットが動けたり多くの勝利に貢献してくれた。

テラスタルは切らないと決めていた

ミミズズミミズズの相棒枠、ロトム系統やサーフゴーサーフゴーにトリックされても削れるくろいヘドロを採用し、サザンドラサザンドラに打点を持てるようにけたぐりを採用している
水ロトムを意識して特性は貯水
どくびしは刺さらない事も多かったのでどくどくでも良かったかもしれない

調整意図はライバロリさんの動画にで出た調整をそのまま真似したのがBOXにありそのまま使っただけなのでわからないけど使いやすかった。

戦術と解説

主な選出

選出パターン1
攻め1+クッション1+パーモットパーモット
(例)カイリューカイリュー+ミミズズミミズズ+パーモットパーモット
基本的に攻めはカイリューカイリューをだすことが多く動きとしてはカイリューカイリューのマルチスケイルを盾に初手テラスタルから数的有利を取るカイリューカイリューが倒された後はパーモットパーモットで再起させて常に数的有利を取るようにしていた
カイリューカイリュー初手の場合セグレイブセグレイブがきたらミミズズミミズズに引く
ゲンガーゲンガーがいる時は初手ミミズズミミズズパーモットパーモットを初手に置く
ミミズズミミズズのしっぽきりを使って攻めポケモンとパーモットパーモットの行動回数を稼ぐ事が勝てるかどうかの鍵になる

選出パターン2
ミミズズミミズズ+ドオードオー@1(カイリューカイリューウルガモスウルガモス
カイリューカイリューorウルガモスウルガモスで崩すミミズズミミズズ+ドオードオーでサイクル、詰め

選出パターン3
サーフゴーサーフゴー+ミミズズミミズズ+ドオードオーでサイクル

対受け
サーフゴーサーフゴーミミズズミミズズカイリューカイリューウルガモスウルガモスから選ぶ

ドラパルトドラパルト
サーフゴーサーフゴーカイリューカイリュー@1

Special Thanks

ポケモン仲間のSSOOさん
ミミズズミミズズはSSOOさんが強いと教えてくれなかったら絶対使おうと思わなかったし、使わなかったら前日までの結果から全く勝てなかったと思う、それぐらいミミズズミミズズは強かったしカイリューカイリューと合わせて最終2桁に行けた立役者だった

最後に

S2の対戦数はS1に比べて減ってしまいましたがポケモンを考える時間は多かったのでこのような結果がでて嬉しいです!
最終日なかなか勝ちこせなくて、500位くらいから負けたら寝ようと思っていたら急所引いたり、相性のいい構築と多く当たったり運がよくかなり上振れて、バトルデータで振り返ったら最終戦まで負けなしで10連勝してました、もちろん実力も構築の良さもあったと思いますがS2は実力以上に勝ててたと思います。
今後の目標は自分の実力だと誇れるように頑張りたいと思います!

最後まで見てくださってありがとうございました!

投稿日時 : 2023/02/02 22:45

スポンサーリンク

コメント(0件)

コメントはまだありません。

コメントを投稿

投稿者のアカウントが削除され、最終更新日から30日以上経過した育成論にはコメントできません。