ポケモンパーティ構築(シングル)

S16シングル 雨イダイトウ構築 最終3桁 レート1946

2024/04/01 23:51 / 更新:2024/04/03 14:36

★★★★ loadingいいね! 閲覧数:713  いいね:3

投稿者:マタンゴ(@znvIEK8MsQ)

ポケモンSV / シングル / シーズン16 / 最終965位

レギュレーションF シーズン16の構築記事になります。
専用技が雨パとシナジーのあるブリジュラスと言うポケモンが現れたため、S9の時も使っていたイダイトウに加え、新たにエレクトロビーム型ブリジュラスを運用して行こうと考えました。

使ってみた上での弱点としては

・当たり前だが地面で止まる
・タケルライコが非常にキツイ
・勿論ゴリランダーもキツイ

S14〜15ではこの3つの壁のせいで4桁止まりだったので、今シーズンはこの課題をいかにクリアできるかに焦点を絞りました。

↓S9の時に私が作った構築記事です。よろしければこちらもどうぞ
パーティ構築/5171

イダイトウ人気に伴い、対策されやすくもなっていますが、やはり高火力・高スピードで相手を倒すのは、天候パならではの気持ちよさがあると思います。

スポンサーリンク

使用ポケモン

安定と安心のイダイトウ、ブリジュラスのサポーターです。
努力値の配分はS9の時と全く変わっていませんが、積んで来るポケモンの対策、あるいは以前よりたべのこしのカイリューが減ったことにより、テラバーストをとんぼがえりに変更しました。
個人的にはブリジュラスをどうするか一貫して悩まされましたね。状況に応じて暴風連打か、後述のランドロス、もしくはラティオスに交代かに迫られました。
他にもハバタクカミがブーストエナジーのメッセージが出なかった時、眼鏡or眼鏡以外(特にタスキ)などを決めたりと、コイツがどこまで活躍できたかが勝敗を分けることも多かったです。
最初はテツノツツミのフリドラ、あるいはカイリューのスケショが怖かったので、鋼テラスに変えましたが、でんじは・ブリジュラス対策に地面テラスにしても良かったかもしれません。
一時期れいビoutこごかぜinにしてみましたが、図ったかのようにクリアチャームカイリューが増えて来たので速攻で戻しました。

このパーティーのメインアタッカーです。
雨が降っている間での珠ウェーブタックル・2体が瀕死の時のおはかまいりがとにかく強いです。
ただし、碧の仮面以降、グラススライダーを覚えたゴリランダー、タケルライコ、Aキュウコンなど、先制技で抜群を取られたり、天候を潰したりするポケモンが増えたため、思うように活躍できない時も増えてきます。
S12-15辺りは上記のポケモンをどう倒していくかが課題でした。

一方でイダイトウの方にも強化点はあります。碧の仮面で覚えたクイックターンは、雨下での素早さも併せて存分に活躍してくれました。
雨下でなくとも、カバルドンやバンギラスにダメージを与えつつ交代、タスキ・マルスケを削る→他のポケモンにダメージを肩代わり→ウェーブタックルやアクアジェットでトドメ、というやり方が出来ました。S9の時に比べて、単体で行けるかどうかよりも、サイクルに以下に組み込めるかが重要でした。

雨パ期待の新人にしてロマン砲です。
Cを上げつつ高火力を叩き込めるエレクトロビームがとにかく強く、じめんタイプがいないと雨を降らしてエレクトロビーム撃つだけで終わった試合も普通にあります。半減程度なら全然問題ありません。これまで苦手だったテツノツツミ相手でも、技を一発耐えられて返しでワンパン出来るのも素晴らしいです。
おまけにブリジュラスのスカーフ率が少ないのもあり、非タスキパオジアンや水ウーラオスが先制出来ることを前提に突っ込んで来ることも多く、先制して倒せることも多かったです。スカーフでS実数値225、仮想敵の一体である陽気パオジアンが205なので、残り実数値をHに回すのもアリかと思いましたが、スカーフ準速ウーラオスより2早いことが判明したため、このままで良いかと判断しました。

ここまで聞くと圧倒的な強さを持っているようですが、ランドロスやガチグマの採用率は相変わらず高いため、そこまで思い通りにはなりません。陽気ランドロスの地震ぐらいは一発ギリギリ耐えられますが、アカツキガチグマのだいちのちからなどではあっけなくやられてしまいます。それ以上に危険なのが、地面テラスタルです。攻撃が効かないのは言わずもがな。情け容赦なく起点にされてしまいます。敵選出を見た際に、ランド、クマ、ガブリアスなど有名なじめんタイプが一体もおらず、1体目をエレクトロビームで倒した直後にカイリューが出てきた場合、地面テラスだと勘繰った方が良いでしょう。

4つ目の技のステロは、後述のランドロスに不利な相手(水ラオス、パオジアンなど)が出てきた際に、代理でステロを撒けて、なおかつ起点作成型だと見せかけてビームでのスイーパー型をカモフラージュするようにするつもりでしたが、ブリジュラスが出る際にはペリッパーイダイトウブリジュラスで、ステロを使わずに行くことが多く、やはりボディプレスで良かったんじゃないかとも思ってます。

なお、スカーフと組み合わせるならがんじょうの方が良いんじゃないかと思う方もいると思います。実際にがんじょうならば勝ってた局面も無い訳では無いです。しかし、じきゅうりょくの方がロマンがある点、イダイトウのクイタン→ブリジュラスでスケショを受けてBが4〜5段階アップ、という作戦を何度か成功させたため、私としてはじきゅうりょくのままでいたいんですよね。ハチマキ以外のカイリューのじしん→しんそくを耐えられますし。

ある程度相手の方を読むことが必要、またはタケルライコやガチグマの用にテラスタルによるタイプチェンジを誘う必要がありますが、攻撃面から見ても防御面から見てもロマン溢れるポケモンだと思います。

起点作成役兼、敵ブリジュラス、タケルライコ担当です。
最初の頃はコノヨザルを使っていましたが、しょっちゅう麻痺させられる+ブリジュラスと相性補完が良いので、此方をチョイスすることにしました。眼鏡ハバタクカミ、パオジアンなど素早く、かつ一撃でタスキを壊してくるポケモン相手には、一発目に岩石封じを打って、次のターンに先制できるようになってからステロを撃つのも良いかもしれません。
基本方針としてはステロ→じしんor岩石封じ、起点にしてきそうな相手、あくびを食らった場合はとんぼがえりという形になっています。イダイトウのおはかまいりの威力強化になるからと雑に落とさずに、HP1のまま交代させ、後で前述のクイックターンの交代先に残しておくのもありかもしれません。
採用率が高いポケモンである分、他のランドロスの構築の出来の差を実感しました。ブーエナカミのムンフォを2発耐えられる調整にするなど、もう少し改善の余地はあったよなあって気はします。

ちょうはつ→めいそうを積んで攻撃する、受けループクラッシャーですね。
ちいさくなるフワライド、加速バトンバシャーモ、チオンジェンなどを封じ込め、何度か相手を降参させました。
また、水テラバを持っていなくても水テラスをするカミが多いからか、雨が降っている状況で、かつみずタイプを抜群で入れられるポケモン(ドリュウズ、ランドロス、テツノドクガなど)にテラバを当てられることも多かったです。個人的に一体でチオンドクガを押し切れるのが魅力。

しかし、このカミもまた上記のランドロスと同様、採用率が高いため他トレーナーのカミの構築がいかに洗練されているか考えさせられました。
特にA4チョッキランドロスに雨下水テラバを当てても一撃で倒せない(めいそうを一回積めば高乱数でワンパンですが)など、構築の欠陥を所々感じました。A4霊獣ランドのじしんを一発耐えられる調整にする、瞑想ならムンフォではなく、ドレインキッスを入れるなど、育成の余地はかなりあったと思います。

裏のガードマンポケモンです。
タケルライコやガチグマ+ブリジュラス、ゴリランダー、モロバレルなど、雨イダイトウがきつい対処するために使いました。
今の構築、一対一なら上の5体の誰かで勝てる相手でも、ドヒドディンルー、ゴリラライコ、ランドライコ、ブリジュガチグマなど、互いに弱点をカバーされ続けるという形になると一気に劣勢になることが多く、2体どちらを相手にしてもある程度戦えるというポケモンを採用しました。

やはりふゆう+鋼テラスが強く、瞑想を積めばガチグマやライコなどを受けられる点が非常に安定していました。また、たべのこしの毎ターン11回復も地味に強く、瞑想とのシナジーが非常に強かったです。
また、このポケモンを入れてからランドロスやガチグマの選出率が下がり、スカーフブリジュラスが通しやすくなったため、そのような点でもありがたいポケモンでした。

また、鋼テラスした後は抜群になるほのお技を、雨下だと等倍で受けられるので、雨パでの運用も向いていると思います。技構成は身代わりを置いている方が多かったですが、瞬間的な爆発力を体感したいため、流星群を入れました。C二段階ダウンのデメリットに目をつぶれば、抜群波動弾より等倍流星群の方が威力ありますしね。

個人的には特殊受けは文句のつけ所がありませんが、やはり物理には難があります。
鋼テラスした後でさえ、ハチマキカイリューの逆鱗を貰って満タンから一気に黄色のラインまで持っていかれた時は肝が冷えました。トドロクツキなど、等倍で攻撃を当てられる物理型は一貫して危険です。なお、これは体感ですがパオジアンはテラスタルしてようとしてまいと結構な確率でせいなるつるぎを撃ってくるので、対面した場合は敢えてテラスタルを切らずに波動弾を一発撃ってみるのもアリかと思いますが、かなりリスキーなので非推奨。素直にイダイトウかブリジュラスあたりを使えばいいと思います。

戦術と解説

1. 基本パターン

ランドロス+ペリッパー+イダイトウ(ややリスキーだが、地面タイプがいないならブリジュラスでもいいか?)

ランドロス(やや起点にされるリスクありですがブリジュラスでも)でステロを撒き、余裕があれば岩石封じで攻撃します(ブリジュラスならばペリッパーに即交代)
それからペリッパーで雨を降らせ、倒され次第イダイトウで倒しに行く。ただし相手がずっと積んできたりするポケモンならば、ペリッパーが倒されるより先にとんぼがえりイダイトウに交代するのもアリです。前述の通りクイックターンで攻撃を肩代わりしてもらうことも可能です。

2.とにかく殴りたいパターン

ペリッパー+イダイトウ+ブリジュラス

初手でペリッパーを出します。構築上、初手で相手方がウーラオスを出してくる場合もあるため、有利対面を取れることも多いです(相手のラオスが雷パンチ持ちの可能性もありますが…)
雨を降らせた後は、イダイトウかブリジュラスのどちらかで攻めることになります。
相手がでんじは中心で攻撃してくる場合は、電気テラスブリジュラスで攻撃するのがオススメですが、そうでない場合はイダイトウから出した方が良いような気がします。ブリジュは交代技を持っていませんが、イダイトウはクイックターンがあって交代しやすさはこちらの方が上なので。この組み合わせの場合、ほぼステロを撒く機会が無いので、どこでクイックターンを切るかもカギになります。
強力ですが一度相手側が有利になるとそのまま負ける可能性も高いです。ブリジュラスを出した場合は、地面タイプと地面テラスには気を付けましょう。マジで気を付けましょう。

3.裏選出(上記に挙げたライコ、ゴリラ、他の天候役がいる場合)

基本はラティオス+カミランドブリジュのうち2体選出という形になります。(ゴリラ+ランドロスという形式ならペリッパーを入れてもいいかも)
ブリジュラスはエレクトロビームを使うのが難しいですが、ラスターカノンや流星群でもそこそこ戦える上に、持久力が有用なのは変わりないので、選出するのも悪くないと思います(そもそも彼がいないとパオジアンが渋い)

4.受けループ

ハバカミ+α
ちょうはつがほぼ不可欠なので、ハバタクカミはほぼ確定で選出になります。
残りの2体は、鋼テラスでグライオンを封じ込められるラティオス、とんぼがえりでサイクルを回せて水テラスハバタクカミの火力を上げられるペリッパーあたりが良いかもしれませんが、ハピナスorラッキーとラッシャ以外に何が出てくるかにもよります。

投稿日時 : 2024/04/01 23:51

最終更新日時 : 2024/04/03 14:36

スポンサーリンク

コメント(0件)

コメントはまだありません。

コメントを投稿

パーティ構築は多くの方が気軽に投稿できるサービスを目指しており、質問や称賛、建設的なコメントのみ投稿が可能です。投稿者の望まない否定的なコメントは禁止です。

名前: 

本文:

削除キーは自分でコメントを削除する際に必要になります。

削除キー: