ポケモンパーティ構築(シングル)

【S13 R1942】受け偽装対面メテオガッサ【622位】

2024/01/04 11:25

★★★★ loadingいいね! 閲覧数:1898  いいね:3

投稿者:ゆうき(@yuki_pokemn)

ポケモンSV / シングル / シーズン13 / 最終622位

はじめに

こんにちは、ゆうきです。
今期はランクマのスタートが遅く、年末年始の短期間でレートを上げるための対面構築を考えていたのですが、終盤じっくり練度を高められる構築を組めず最後まで使用していました。来シーズンからルールが変わってしまいますが、構築の組み方など記録として残したいと思います。

結果

tn ゆうき 最終622位(48勝21敗)レート1942

構築のコンセプト

  • 対応範囲の広い対面構築に選出誘導、行動誘導を取り入れる
  • 初手のアドバンテージを取りこぼさない詰め

構築経緯

スポンサーリンク

使用ポケモン

  • "種マシンガン"と"きのこ胞子"は入れ替えながら使用
  • 今期のMVP。受け構築の並びに入れることでアタッカー型がケアされづらく、数的有利を取りに行くパワーが非常に高い
  • 構築にテツノドクガテツノドクガがいるため、相手がサーフゴーサーフゴーを初手置きする可能性は低い。そこで、初手はサーフゴーサーフゴーオーガポン(かまど)オーガポン(かまど)オーガポン(いど)オーガポン(いど)に引かれる展開が非常に多く、初手から裏に通る"地ならし"、"岩石封じ"を積極的に押していった。仮に突っ張られたとしても、2手目はS操作で上から殴れるため、ローリスクハイリターンの展開が作りやすい
  • "地震"と"けたぐり"を入れ替えながら使用
  • パルデア最強の対面ポケモン。"スケイルショット"が命中不安ではあるが、環境トップに対して軒並み強く出ることができる、鋼テラスダイス型
  • 技範囲を広げることが対面的な強さを極限まで高めると考え、フルアタ型で採用。"神速"を切った動きをされることもあり、良く刺さった
  • H:16n-1
  • HB:陽気珠パオジアンパオジアンの電気テラバ耐え
  • HD:臆病眼鏡テツノツツミテツノツツミのフリーズドライ耐え
  • A:11nで最大
  • 初手置きが安定する対面駒。想定外の火力で相手がフリーズすることも多く、こういうポケモンを使っている時が楽しい
  • 選出誘導枠かつ受け構築メタ
  • "曲がったスプーン"を持たせることで、C+2アシストパワー(威力100)でちょうどH振りドヒドイデドヒドイデが飛ぶ
  • "スキルスワップ"は毒が入ったグライオングライオンと特性を入れ替えて崩すために採用
  • 受け構築の崩し枠として入る眼鏡テツノツツミテツノツツミに強い崩し枠というところが偉い

戦術と解説

選出:

キノガッサキノガッサorヘイラッシャヘイラッシャテツノドクガテツノドクガカイリューカイリュー:ほぼ全試合これ。選出が10秒で決まる
キノガッサキノガッサorカイリューカイリュードヒドイデドヒドイデ+@1:崩しきるのが難しいと感じた時に、数手有利を取ってTODを狙う
ハピナスハピナスドヒドイデドヒドイデ+@1:受け構築に対する選出として想定していたが、最終日は当たらなかった

重い相手:

  • ステロ+鉢巻パオジアンパオジアン:全員ワンパンされる。対策にブエナハバタクカミハバタクカミなどを入れればよいが、うまく組めなかった
  • 残飯毒テラスディンルーディンルー:きのこ胞子を切っているときにマッチングするとかなりキツい
  • 初手の"とんぼ返り"持ちウーラオス(れんげき)ウーラオス(れんげき):これが来ないように構築を組んでいるが、かなりキツい

最後に

  • ここまで読んでいただき、ありがとうございました。対戦いただいた方々にも感謝しています。
  • 緋翠杯運営のあおちゃん、おすかるさん、大会お疲れさまでした!オフ楽しみにしてます。
  • 考察鯖の皆さん、いつもまとまってない構築相談に乗っていただいて助かってます。

投稿日時 : 2024/01/04 11:25

スポンサーリンク

コメント(0件)

コメントはまだありません。

コメントを投稿

投稿者のアカウントが削除され、最終更新日から30日以上経過した育成論にはコメントできません。