ポケモンパーティ構築(シングル)

チリーン&エースバーン最終レート2000(314位)達成構築!環境対応型エースバーン!?

2023/12/07 00:03

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★ loadingいいね! 閲覧数:6223  いいね:36

投稿者:かかね#ほなたみ(@kakane0420)

ポケモンSV / シングル / シーズン12 / 最終314位

ずっとチリーンが大好きで、前期に続いてレート2000を達成する事ができました!詳細は自分のYoutubeチャンネルにゆっくり実況で解説していますので、よろしければそちらをご覧ください。

スポンサーリンク

使用ポケモン

HBぶっぱ
最初は別の型で採用していましたが、残りの5匹だとキョジオーンが重く、キョジオーン入りに勝てるマント型にしました。
キョジオーンに対して後投げし、大抵のチリーンはゴーストタイプに打点が無い事が多く、ハバタクカミに相手が交換してきたタイミングで欠伸を打ち、戻って出てきたキョジオーンに対して巻き付くと挑発を打って削ります。
また挑発と定数ダメージがあるおかげで受けループへの性能が高く、欠伸の枠をコスモパワーにしていた前期の型より選出率が高かったです。
テラスタルは前回同様に毒を無効化&キョジオーンの塩漬けを半減できて耐性の優秀な鋼にしました。

同速のトドロクツキを考慮しASぶっぱ
ハバタクカミ、イーユイ、サーフゴー、炎オーガに強いポケモンを探して見つけた神ポケ。他の炎タイプのフレドラと違い火炎ボールは反動が無く、耐久を確保しつつ耐久に振りすぎていないハバタクカミをワンパンできます。
電磁波の痺れ以外カミ、サーフゴーともに後投げが安定し、祟り目に対して不意打ちのリベロが発動すれば1度の痺れくらいなら誤魔化すことも可能でした。
この構築は動画で解説した通りランドロスを90%以上初手に呼ぶように構築してあるため、初手の氷テラバーストで倒してから数的有利を押し付ける展開も強力で、もっと評価されるべきポケモンだと思います。
※テラスタルしてからリベロが発動しないのだけは注意

CSぶっぱ
対面性能の高い襷で採用しました。カミを入れる事でHDランドを呼びやすくなり、エスバの氷テラバで倒してから、残った襷を裏から通す展開がとても強いです。
挑発はトリル軸やディンルーあたりに打ちましたが、あまり打ったわけでも無いので別の技でもいいかもしれません。
テラスは電磁波でオーガポンが麻痺した場合、ゴーストテラス祟り目でワンパンできるのでゴーストで採用しました。

同速意識のASぶっぱ
基本的に対面で動くため龍舞を積むよりも相手をすぐに削って倒したい場面が多く、エナジーではなく鉢巻きで採用しました。
S119の鉢巻逆鱗はかなり強力で、相手のカミをエスバで倒した後、ツキの逆鱗だけで全て持っていく試合もざらです。
特にオーガポンへの圧力が高く、仮に交代してきたとしても裏に叩きや逆鱗が入るためダメージレースに勝ちやすく、不利な相手は特殊ならエスバ、物理ならラッシャに引くことでゲームを進め、最終的にツキの一環を作るように立ち回るという意識を持つと戦いやすいと思います。
テラスはフェアリー、神速を半減できる鋼にしました。

HBぶっぱ
前期同様にパオジアン、両方の型のウーラオスに後投げできる枠として採用しました。前期に比べ水ポンと当たる事が多い反面、パオジアンが減少したり、ヒスイヌメルゴンと役割が似ていたので前期ほどは選出しませんでしたが、やはり剣舞も挑発も鉢巻きもケアしなければならないウーラオスにおいて最も後投げ性能が高く、ヒスイヌメルゴンで突破できない相手のラッシャを先に地割れで倒したりと、中々活躍してくれました。
テラスは前期同様一撃ウーラオスを意識してフェアリーです。

HBぶっぱ
最初は草食にしてガッサやチオンジェンに強く、カミとツツミに強い枠として採用していたが、ツタこん棒の急所が多く途中でシェルアーマーに変更しました。
身代わりを採用する事で吹き飛ばしが無いカバルドンに対して積んでいけたり、たてこもるで防御を上げ、物理相手に身代わりを残した状態で、裏の特殊ポケモンを見れたりと1匹で何回も三タテを決めており、ヘイラッシャ以上に活躍してくれました。
テラスはウーラオスを意識してフェアリーです。

戦術と解説

相手の手持ちに以下のポケモンがいた場合、選出の目安
ランドロス→初手エースバーン
ウーラオス→ヘイラッシャ
ハバタクカミ&サーフゴー→エースバーン
カイリュー→ハバタクカミ
受けループ→チリーン
キョジオーン→裏にチリーン
テツノツツミ→ヌメルゴン
オーガポン→トドロクツキ
基本これをメインにすれば選出は問題無いと思います。チリーンはキョジオーンと受け構築以外には出さないので基本的に5匹で戦い、活躍させられる場面で頑張ってもらいましょう!
繰り返しになりますがより詳しい詳細は解説動画で→

投稿日時 : 2023/12/07 00:03

スポンサーリンク

コメント(0件)

コメントはまだありません。

コメントを投稿

投稿者のアカウントが削除され、最終更新日から30日以上経過した育成論にはコメントできません。