dummy

ポケモンパーティ構築(ダブル)

【S10ダブル】最終3桁達成 弱保アシレーヌ&スカーフサーナイト軸フェアリー統一【瞬間227位 最終939位】

★★★★★★★★★ loadingいいね! 閲覧数:2298  いいね:8

投稿者:寒桜(@Miiverse_sam)

ダブル / シーズン10 / 最終939位

4回目の投稿です
使用率上位のポケモンが制限されて環境が激変したシーズン10もフェアリー統一で挑戦しました
何度か技や性格、そしてメンバーを変えながら完走し、ついに念願の最終3桁順位を達成できました!!(939位 レート1753 65勝43敗)
バンギラスバンギラスジバコイルジバコイルドリュウズドリュウズガオガエンガオガエンゴリランダーゴリランダーエースバーンエースバーンイエッサン♀イエッサン♀などの難敵が軒並不在で、今までよりずっとフェアリータイプを活躍させられました
前回の投稿( パーティ構築/468 )と同じ箇所も多いですが、変更点や実際の使用感を加えて改めて紹介させて頂きます
※努力値等にHABCDSの記号を使っています
※※ダメージ計算にはトレーナー天国様のダメージ計算機( https://pokemon-trainer.net/swsh/damage/ )を使いました

スポンサーリンク

使用ポケモン

主に先発で出し、隣のアタッカーの火力や耐久を補助します
当初はピッピピッピを倒す目的で入れましたが、先制の金属音が思いの外強かったことや後半ピッピピッピをあまり見なくなったことから現在の役割に落ち着きました
特にスカーフを持ったサーナイトサーナイトとの相性がよく、金属音+サーナイトサーナイトの攻撃で本来一撃で倒せない相手もワンパンできるのが強かったです
またパーティ全体の素早さが低いため、電磁波も後続へのサポートになります 壁は両方入れるスペースがなく、全体的に防御が薄いのでリフレクターのみ採用しました
命中不安技ばかりなので持ち物はこうかくレンズです 最初は少しでも威力を上げるためメタルコートを持たせてましたが、上述の通りピッピピッピが減ったことや一度金属音を外して負けたことから変えました
アシレーヌアシレーヌを強力にサポートするポケモン
優先度+3のギガドレインで弱点保険を発動させ、サイドチェンジで守ったりフラワーヒールで回復したりしながらアシレーヌアシレーヌを通していきます 相手のほうが素早い場合はトリックルームも有効です
前半は比較的多く選出しましたが、置物にされると厳しいこと、特に上位にはサイドチェンジが読まれやすかったことから終盤はあまり出せませんでした
アシレーヌアシレーヌの被ダメを抑えるためCは最低にしましたが、フラワーヒールでカバーできることや相手の削りに使うことを考えると下げないほうがよかったと思います
派手さはないものの、パーティ全体を支える縁の下の力持ち(キョダイ個体)
先発ではねこだましやトリックで相手のペースを乱し、後発でもねこだましや一致ふいうちで相手を詰められます 特に先発の脱出ボタントリックは初手ダイマックスに強く、何度も相手のダイマックスを封じてきました 壁貼りのイメージが強いためか意外と警戒されず決まりやすいのも大きかったです(たまに読まれましたが…)
汎用攻撃技は最初DDラリアットでしたが、ラプラスラプラスニャオニクス♂ニャオニクス♂オーロンゲオーロンゲなど壁構築が重かったのでかわらわりに変えたところ、壁破壊のほか鋼の弱点も突けたのでよかったです
努力値調整はA全振り、S4振りハッサムハッサム抜き、残りはH=B+Dに極力近づけました
キョダイマックスの機会はほとんどありませんが、パーティ唯一の物理型であり一度ラッキーラッキーをダイナックル2発で倒したことがありました(カッコよかった…)
このパーティの主軸となるエースアタッカー(こう見えて♂)
火力・範囲ともに優秀で耐久も高めなので安定した強さを見せました
先発させることは少なく、オーロンゲオーロンゲで相手を乱したりブリムオンブリムオンでトリックルームを張ったりしてから出すことが多かったです
ダイマックス時の制圧力はかなりのもので、一致技で天候やフィールドを上書きして有力な展開に持ちこめるほか、ダイアイスも草の弱点を突けるうえにあられで襷を潰せて吹雪が必中になるので便利です
弱点保険は当初キュワワーキュワワー前提でしたが、選出できなかったときも相手のラプラスラプラスジュラルドンジュラルドンの電気技等で発動することがありました
努力値はC全振り、Sは最速モロバレルモロバレル抜き、Hは16n-1調整(天候ダメージ最小)です
パーティ最速のスカーフアタッカー
先発を務める場合がほとんどで、アイアントアイアントパッチラゴンパッチラゴンウオノラゴンウオノラゴンストリンダー(ハイ)ストリンダー(ハイ)などがターゲットです またオーロンゲオーロンゲが押し付けた脱出ボタンの起動にも最適です
最初は臆病でしたが、火力が欲しいことや準速で困る場面が特にないことから控えめにしました
特性は相手依存ですがデメリットになることは少なく、むしろ貯水や呼び水、避雷針などをトレースすると相手の技を一部無効化できたり、すいすいにただ乗りできたりすると儲け物です
挑発は先発のピッピピッピサマヨールサマヨールを機能停止させられますが、2ターン目に交代かダイマックスを強要されるため使いにくく実質ダイウォール用です
相手によってはダイマックスさせることもあり、素早さは下がる一方高威力で撃ち分けが可能になります 特にダイバーンでHD特化ナットレイナットレイも倒せるのが優秀です
使っていて現環境によく刺さっていると感じました トゲキッストゲキッスが不在の中高い素早さから広範囲の技を撃てるフェアリーは貴重です
トリックルーム始動役兼アタッカー(キョダイ個体)
ダブルでは定番の型ですが、挑発や状態異常技を気にしない特性とフェアリー一番の特攻は大きな魅力です
先発でオーロンゲオーロンゲと並べて展開することもありますが、ねこだましで崩されてしまうので大体控えから使います
トリックルームを使う前にHPが削れてしまうことが多いためキョダイマックスの機会は意外と少なく、大抵アシレーヌアシレーヌに譲っています その際はマジカルシャインで全体を削ったり、マジカルフレイムで特殊火力を下げてアシレーヌアシレーヌの保険を安全に発動させたりします
もちろん自身のキョダイマックスも十分強く、相手全体混乱のキョダイテンバツを筆頭に大きな圧力をかけられます ただしアシレーヌアシレーヌと違いキュワワーキュワワーのフラワーヒールを特性で跳ね返す点には注意!

戦術と解説

相手の手持ちを見て選出を決めていきます
ニューラニューラマニューラマニューラ+テラキオンテラキオンコバルオンコバルオンビリジオンビリジオンセキタンザンセキタンザンキュワワーキュワワー+ラプラスラプラスヌメルゴンヌメルゴンなど味方を攻撃するコンボが見えたときは、オーロンゲオーロンゲサーナイトサーナイトを先発させて脱出ボタントリック+攻撃でコンボ崩しを狙います またオーロンゲオーロンゲは唯一のねこだまし使いなので大体先発させ、サーナイトサーナイトは他で処理しにくく放置すると危険なアイアントアイアントパッチラゴンパッチラゴンウオノラゴンウオノラゴンストリンダー(ハイ)ストリンダー(ハイ)がいる場合も出します
相手にオーロンゲオーロンゲより速いねこだまし使いがいない場合はオーロンゲオーロンゲブリムオンブリムオンでいきなりトリックルームを張る選出もしますが、機会は多くありません またピッピピッピがいる場合はクレッフィクレッフィを先発させます
控えはアシレーヌアシレーヌがほぼ確定で、最後はアシレーヌアシレーヌを通したい場合キュワワーキュワワー、アタッカー1枚では不安な場合ブリムオンブリムオン(先発オーロンゲオーロンゲブリムオンブリムオンの場合はキュワワーキュワワー)を選出します
多かった選出は次の2つです
対初手ダイマックス:オーロンゲオーロンゲサーナイトサーナイトアシレーヌアシレーヌキュワワーキュワワーorブリムオンブリムオン
トリックルーム軸:オーロンゲオーロンゲブリムオンブリムオンアシレーヌアシレーヌキュワワーキュワワー

以下、代表的な並びに対する選出と動かし方を紹介します
選出:オーロンゲオーロンゲサーナイトサーナイト アシレーヌアシレーヌ
オーロンゲオーロンゲセキタンザンセキタンザンにトリック、サーナイトサーナイトマニューラマニューラにムーンフォース
マニューラマニューラは恐らくタスキで耐えて波乗りを使いますが、セキタンザンセキタンザンは蒸気機関が発動した瞬間脱出ボタンで強制送還されます またセキタンザンセキタンザンがキョダイマックスした場合相手はもうダイマックスが使えないため、決まればかなり有利に戦えます
オーロンゲオーロンゲマニューラマニューラにねこだましを撃たれてトリックできなくても、スカーフサーナイトサーナイトマニューラマニューラより速いので、タスキで耐えられても波乗りを撃たれる前に倒せます
選出:クレッフィクレッフィブリムオンブリムオン アシレーヌアシレーヌキュワワーキュワワー
クレッフィクレッフィピッピピッピにてっていこうせん、ブリムオンブリムオンはトリックルーム ピッピピッピはH252振り程度なら確定で倒せます ブリムオンブリムオンはタスキで1発耐えるので確実に展開できます
2ターン目はクレッフィクレッフィポリゴンZポリゴンZに金属音、ブリムオンブリムオンはマジカルシャイン 仮にピッピピッピがHD特化で指を使ったとしても、金属音+マジカルシャインで確定で倒しつつポリゴンZポリゴンZにもダメージを与えられます

特に重かったポケモン

女王の威厳でオーロンゲオーロンゲクレッフィクレッフィの行動を封じ、アシレーヌアシレーヌの一致弱点を突いてくる天敵中の天敵
攻撃も耐久も高めで一致弱点を突けるポケモンも不在で、正直ダイマックスされると明確な勝ち筋はありません…
S95の素早さからバークアウトで特殊火力を削いでくる難敵
オーロンゲオーロンゲも威嚇や鬼火で攻撃が下がるほか全体技のバークアウトでボタンが起動してしまうため特に先発されると相当厄介です
アシレーヌアシレーヌで一致弱点は突けますがトリトドントリトドンがいると吸収されるので迂闊に撃てないのも悩ましいです…
単体だけならクレッフィクレッフィの金属音+サーナイトサーナイトのサイコキネシスでH252ウインディウインディを確定で倒せますが隣を放置してしまうため不安定です
鋼技が脅威なのは勿論、炎が等倍で弱点を突けず、特にチョッキ持ちだとなかなか倒せない厄介な相手
ほぼ必ずダイマックスさせてくるためオーロンゲオーロンゲの脱出ボタントリックが生命線となります
ピッピピッピと組まれた場合はクレッフィクレッフィと並べて光線で倒し、金属音をジュラルドンジュラルドンに撃って後続のサーナイトサーナイトアシレーヌアシレーヌに託す手もあります(実際はクレッフィクレッフィを入れてから両者が並ぶ機会はなかった)
当たった中で最も危険だと感じた並び
オーロンゲオーロンゲで脱出ボタンを押しつけようにもヤミラミヤミラミにねこだましやサイドチェンジを使われると失敗し、日本晴れ+サンパワーで壊滅させられてしまいます 対抗してダイマックスさせるとヤミラミヤミラミに脱出ボタンを押しつけられて何もできず退場したこともあり、完全な対策は立てられずにいます…

最後に

今まで瞬間3桁すら未経験だった中、フェアリー統一でこの結果を出すことができて本当に嬉しいです
タイプ統一は通常より苦手な相手が多いですが、限られたポケモンで対策を考えてパーティを組み立て、実戦を通して能力や技、時にはメンバーも変えつつ少しでも勝てる構築を作るのが大きな醍醐味だと思います
シーズン終盤でようやくメンバーの役割や動かし方が分かってきたので、来期もこのパーティをベースに挑戦し、さらに上を目指したいです

大変長くなりましたが最後まで見て下さりありがとうございました レンタルチームを公開しているので、興味を持った方は使ってみてください!
ID:0000 0001 VCVL 5W

投稿日時 : 2020/10/01 19:01

スポンサーリンク

コメント(0件)

コメントはまだありません。

コメントを投稿

パーティ構築は多くの方が気軽に投稿できるサービスを目指しており、質問や称賛、建設的なコメントのみ投稿が可能です。投稿者の望まない否定的なコメントは禁止です。

名前: 

本文:

削除キーは自分でコメントを削除する際に必要になります。

削除キー:

スポンサーリンク

dummy