dummy

ポケモンパーティ構築(シングル)

S15 ランド展開!進撃のネクロズマ! 最終150位

2021/03/01 21:15

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★ loadingいいね! 閲覧数:16653  いいね:54

投稿者:リリー(@rilly252)

シングル / シーズン15 / 最終150位

こんバンビ〜 ソードリリーと申す者です
今回はS15シングルランクマッチ最終150位(レート2019)を達成した私の構築を紹介したいと思います 瞬間最高はレート2050くらいでした

スポンサーリンク

使用ポケモン

脳死先発ランドロス
相手に特性ゆきふらしのポケモンがいなければほぼ初手で出しました 
基本的に自分より早い相手には岩石封じからステロを蒔き、遅い相手にはステロから自爆かじしんを打ちます 後ろのゲロゲやネクロズマを通す上でステロを蒔くのが結構重要でした 
シーズン途中から増えた思考停止初手チンパンダイマカイオーガカイオーガカイオーガはダイアイスから入ってくるので特性順でスカーフではないのが分かったらステロを蒔いて後発打開ダイマで戦ってました 
相手のランドロスランドロス(霊獣)ランドロス(霊獣)と初手対面した場合はステロから入りその後岩石封じ連打から相手がダイマ切ってから自爆して素早さを上げられないようにしてました 相手はほぼ剣舞から入ってきます 2回くらい舞ってくる相手が多かったです
ポケ徹の育成論に載ってた調整をパクりました シーズン序盤はあさのひざしをフォトンゲイザーにして使ってましたがダイマが切れた後やダイマしない前提で選出した際の汎用性を考慮してあさのひざしに変更しました 正直あさのひざしはマストです 
相手の構築にナットレイナットレイナットレイ、テッカグヤテッカグヤテッカグヤ、アーマーガアアーマーガアアーマーガアがいなければ大体選出してました 
予想以上にこのポケモンは硬いのでダメージ計算しながら戦ってみてね! 
ダイジェット1回積んでエースバーン抜けるくらいまでS振ったHBサンダー
相手の構築にウーラオスウーラオス(れんげき)ウーラオス(れんげき)がいる場合はなるべく初手のランドからの引き先で選出していました
ネクロズマと同時選出するときはどっちにダイマを切っても強いので戦いやすかったです
シーズン序盤は意地っ張りで使っていましたが終盤にミラー対面が増え、全部相手に上を取られて負けたので魂の陽気最速個体に変更しました 最終日一回もミラー対面にならなかったよ とほほ…
サイクルっぽい戦い方や初手の偵察要因での選出をしないのでとんぼがえりを切りました ムドー入り受けルとかきつかったんで抗う術としてこの技構成にいたりました オーガナットや黒バドレックスバドレックス(こくば)バドレックス(こくば)入りの構築にも出したり出さなかったりしました〜
ランドロスがやたら多かったので魂のまけんきボルトを採用 持たせるものがなかったので適当にチョッキを着せました ところがどっこい重かった黒バドレックスバドレックス(こくば)バドレックス(こくば)のC1上昇のダイホロウを耐えてまけんき発動からダイジェットで打開するなどの活躍をみせてくれました^^

戦術と解説

選出はテッカグヤテッカグヤテッカグヤアーマーガアアーマーガアアーマーガアナットレイナットレイナットレイなどのネクロズマネクロズマ(日食)ネクロズマ(日食)で倒せないポケモンがいない場合は、初手ランドロスランドロス(霊獣)ランドロス(霊獣)、後ろにネクロズマネクロズマ(日食)ネクロズマ(日食)と刺さってそうなポケモンを選出します ウーラオス入りにはサンダーサンダーサンダーを出しましょう

ネクロが刺さらない鋼ポケモンなどがいる場合は初手ランドロスランドロス(霊獣)ランドロス(霊獣)、後ろにサンダーサンダーサンダーとネクロ以外のポケモン この際サンダーサンダーサンダーにダイマを切りたいならダイマしなくて戦えるヒヒダルマを選出せざるを得ません

シーズン中盤の有象無象のラプザシアン構築にはランドでラプラスラプラスラプラスに地震ステロを打ってからネクロを捨て気味に投げて相手のラプラスラプラスラプラスのダイマが切れたところでゲロゲの瓦割から後ろのザシアンザシアンザシアンウーラオスウーラオス(いちげき)ウーラオス(いちげき)をダイマで倒してました 終盤はラプザシアン使いの選出と立ち回りが十人十色だったのでこっちもフィーリングで選出して立ち回ってました🤣 

ちなみに壁展開からのアーマーガアアーマーガアアーマーガアゼルネアスゼルネアスゼルネアスに勝つ術はありません ほとんど当たらなかったので切ってます🤣

現場からは以上です

みなさんはウサギとカメの教訓を知っているでしょうか。多少能力が劣っていて歩む速度が遅くとも地道にコツコツ着実に歩みを進めることによって大きな成果を得られるというものです。ポケモンのレートはまさにそういうことだと思います。私は常にこの教訓を胸に刻んでポケモンをやっています。

レンタルID 0000 0005 HR74 76

投稿日時 : 2021/03/01 21:15

スポンサーリンク

コメント(0件)

コメントはまだありません。

コメントを投稿

投稿者のアカウントが削除され、最終更新日から30日以上経過した育成論にはコメントできません。

スポンサーリンク

dummy