dummy

シュバルゴ- ポケモン育成論ソードシールド

【物理エース】ハチマキシュバルゴ

2020/05/01 19:09:36

シュバルゴ

HP:HP 70

攻撃:攻撃 135

防御:防御 105

特攻:特攻 60

特防:特防 105

素早:素早 20

ツイート5.005.005.005.005.005.005.005.005.005.00閲覧:18009登録:29件評価:5.00(7人)

シュバルゴ  むし はがね  【 ポケモン図鑑 】

性格
ゆうかん(攻撃↑ 素早↓)
特性
シェルアーマー
努力値配分(努力値とは?)
HP:252 / 攻撃:252 / 特防:4
実数値:177-205-125-80-126-22 / 個体値:31-31-31-31-31-0
覚えさせる技
メガホーン / アイアンヘッド / シェルブレード / はたきおとす
持ち物
こだわりハチマキ

スポンサーリンク


ルール
指定しない
このポケモンの役割
物理アタッカー / ダイマックス指定なし
登録タグ

考察

はじめに

  • 原則として
H(HP)/A(攻撃)/B(防御)/C(特攻)/D(特防)/S(素早さ)
とします。
  • 個体値は基本的にお互い理想個体であると想定します。
  • ダメージ計算は
トレーナー天国様のダメージ計算機 for ソード/シールド(https://pokemon-trainer.net/swsh/damage/)
を利用させていただきました。ありがとうございました。

採用理由

  • 1.圧倒的破壊性能
A135と驚異的な数値から繰り出される一致メガホーンは、半減でもおおよそのポケモンを確定2発圏内にいれることが出来ます。
  • 2.優秀な耐性と耐久
弱点はほのおタイプのみであり、高いB,Dにより、相手の等倍一致高威力技でも一発は耐えてくれます。
また、不一致であれば弱点のほのお技を耐えることもしばしば。
(詳しい被ダメージは後述)
  • ちなみに
同タイプ、そして役割の似ていることでよく比べられるアイアントアイアントアイアントとは、虫技の火力、命中率、そして耐久面においてシュバルゴシュバルゴシュバルゴが勝っているので十分、差別化は可能です。
ダイマックスを消費することでそれらデメリットを補えるアイアントアイアントアイアントですが、本論のシュバルゴシュバルゴシュバルゴについては、基本的にはダイマックス消費を前提とする立ち回りではないので、その点でも有利に扱えます。

性格・努力値

性格はゆうかん(A↑S↓)としましたが、いじっぱり(A↑C↓)でも結構です。
  • 相手のトリックルームを使った戦術に安定して立ち回りたい場合 → ゆうかん
  • 同速のナットレイナットレイナットレイコータスコータスコータスなどに抜かれたくない場合 → いじっぱり
ゆうかんの場合はS0いじっぱりの場合はSV(31)で育成してください。
お好みでどうぞ。

努力値については、高い攻撃と耐久を最大限に引き出すため、
H252/A252/D4
(実数値:H177/A205/B125/C80/D126/S22)
とします。
HP数値16n+1となりますが、タイプで毒や砂嵐が無効であり、また、技を受けた時点でシュバルゴシュバルゴシュバルゴ自体が機能停止するやけど対面で若干不利になるやどりぎのたねくらいしかデメリットがないので、勝負に支障が出ることはまずないと思われます。

特性

  • 《シェルアーマー》(推奨)
シャドークローを採用したミミッキュミミッキュミミッキュ安定して勝てるようになります。
不意の急所により、本来勝てるはずだった場面で負ける、といったことが無くなります。

  • 《ぼうじん》
あられダメージが入らなくなり、粉系の技を防ぐことが出来ます。キノコのほうしを使うキノガッサキノガッサキノガッサが現時点ではいないため、発動するタイミングが極めて少なくシェルアーマーと比べて優先度は低めです。

  • 《むしのしらせ》
発動条件が厳しいこと、前述した2つの特性に比べて汎用性が低いため、優先度は低めです。

基本的にはシェルアーマー(推奨)、ぼうじんから選択してください。

持ち物

本論のコンセプトとなります、こだわりハチマキで確定とします。
とつげきチョッキを持ったシュバルゴシュバルゴシュバルゴと違い、ダイマックスミミッキュミミッキュミミッキュ交代先のリザードンリザードンリザードンなどを一撃で落とせるようになったりと、役割対象への確定数が大きく変わります。

技構成

【確定枠】
  • 《メガホーン》
威力120/命中85
高威力タイプ一致のメインウェポンであり、コンセプトでもあります。
特性はりきりにより攻撃アップ、命中ダウンしたアイアントアイアントアイアントのであいがしらよりも、シュバルゴシュバルゴシュバルゴのメガホーンの方が火力、命中ともに高くなります。

  • 《アイアンヘッド》
威力80/命中100/30%の確率で相手を怯ませる。
タイプ一致のメインウェポンです。
外す理由が無いのでこちらも確定技とします。

【選択枠】
  • 《シェルブレード》(推奨)
威力75/命中95/50%の確率で相手の防御が下がる。
ほのおタイプに対しての牽制技(役割破壊)。
シュバルゴシュバルゴシュバルゴは、ほのおタイプを非常に呼ぶので、交代してきたほのおタイプを返り討ちに出来ます。
また、ダイストリームで雨を降らせることによって、自ら弱点を軽減させることも可能です。

  • 《はたきおとす》(推奨)
威力65/命中100/相手が持ち物所持で威力1.5倍になる。
一貫性の高いサブウェポン。
環境に蔓延るドラパルトドラパルトドラパルトを一撃で落としたり、カビゴンカビゴンカビゴンきのみを叩き落とせたりと、なかなか汎用性の高い技です。

  • 《インファイト》
威力120/命中100/100%の確率で自分の防御と特防が下がる。
はがねタイプなどへの遂行技。
ナットレイナットレイナットレイラプラスラプラスラプラスなどを安定して狩れるようになりますが、命中不安を除けば、両者共にHB特化でもメガホーンで確定2発圏内なので、優先度は低めです。
基本後攻なのでB,Dダウンは気にしません。

  • 《ドリルライナー》
威力85/命中95/急所ランク+1
ほのおタイプへの牽制、また、はがねタイプ、どくタイプへの遂行技。
ドヒドイデドヒドイデドヒドイデにはある程度強く出られますが、この技が刺さる相手はだいたいシェルブレードインファイトでも刺さるので、ひこうタイプに無効化される恐れがある分、こちらも優先度は低めです。

  • 《メタルバースト》
威力-/命中100/そのターンに受けたダメージを1.5倍にして返す。〔物理・特殊:両対応〕
技の性質上、一度相手に見せると警戒されるうえ、こちらは持ち物によって技が縛られているため、以降、相手が必ずしも攻撃技を撃ってくるとは限らず、こちらは技の不発でターンを無駄にする危険性を孕んでいるため、本論では非推奨とします。

  • その他変化技に関して
持ち物によって出す技が縛られている点、もともと素早さが遅いなど、技との相性があまりよくないので、本論では対象外とさせていただきます。

ダメージ計算

【与ダメージ】
  • 《メガホーン》
b4ダイマックスバンギラスバンギラスバンギラス
→ 90.9〜106.9% 【乱数1発】(43.75%)
HB特化ウォッシュロトムウォッシュロトムウォッシュロトム
→ 76.4〜90.4% 【確定2発】
HB特化ナットレイナットレイナットレイ
→ 56.9〜68.0% 【確定2発】
h4B252カビゴンカビゴンカビゴン
→ 68.6〜81.4% 【確定2発】
b4パッチラゴンパッチラゴンパッチラゴン
→ 113.3〜134.5% 【確定1発】
補正無H124B84ラプラスラプラスラプラス
→ 84.6〜100.5% 【乱数1発】(6.25%)
b4ギャラドスギャラドスギャラドス
→ 61.2〜72.4% 【確定2発】
H252b4カバルドンカバルドンカバルドン
→ 69.8〜82.3% 【確定2発】

  • 《アイアンヘッド》
b4ダイマックスミミッキュミミッキュミミッキュ
→ 104.6〜124.6%【確定1発】
H252b4ニンフィアニンフィアニンフィア
→ 158.4〜188.1%【確定1発】
H252b4トゲキッストゲキッストゲキッス
→ 125.0〜147.9%【確定1発】
H252b4ブリムオンブリムオンブリムオン
→ 146.3〜173.2%【確定1発】
H252b4アシレーヌアシレーヌアシレーヌ
→ 77.5〜92.0% 【確定2発】
壁下H252B140オーロンゲオーロンゲオーロンゲ
→ 60.9〜71.8% 【確定2発】

  • 《シェルブレード》
b4リザードンリザードンリザードン
→ 115.0〜135.9%【確定1発】
H252b4ヒートロトムヒートロトムヒートロトム
→ 86.6〜103.2% 【乱数1発】(18.75%)
b4ドリュウズドリュウズドリュウズ
→ 115.7〜137.3%【確定1発】

  • 《はたきおとす》
(※相手の持ち物所持による威力1.5倍想定)
H252b4ドラパルトドラパルトドラパルト
→ 120.0〜141.5%【確定1発】
h4B252カビゴンカビゴンカビゴン
→ 37.3〜44.1% 【確定3発】
H252b4アーマーガアアーマーガアアーマーガア
→ 43.4〜51.2% 【乱数2発】(4.69%)
H252b4ダイマックスギルガルドギルガルド(ブレード)ギルガルド(ブレード)
→ 94.6〜111.4% 【乱数1発】(68.75%)

  • 《インファイト》
HB特化ナットレイナットレイナットレイ
→ 76.2〜90.6% 【確定2発】
補正有H140b100ラプラスラプラスラプラス
→ 100.4〜118.4%【確定1発】
補正有h4B252カビゴンカビゴンカビゴン
→ 91.5〜108.5% 【乱数1発】(50.00%)

  • 《ドリルライナー》
HB特化ドヒドイデドヒドイデドヒドイデ
→ 53.5〜63.7% 【確定2発】
羽休下H252b4アーマーガアアーマーガアアーマーガア
→ 66.3〜78.0% 【確定2発】

【被ダメージ】
A特化ランク+2珠ミミッキュミミッキュミミッキュのシャドークロー
→ 72.9%〜85.9%【確定2発】
A特化ダイマックス珠ミミッキュミミッキュミミッキュのダイホロウ(ゴーストダイブ)
→ 68.4〜80.2% 【確定2発】
補正無C252ドラパルトドラパルトドラパルトのかえんほうしゃ
→ 92.7〜110.7% 【乱数1発】(56.25%)
C特化ニンフィアニンフィアニンフィアのマジカルフレイム
→ 92.7〜110.7% 【乱数1発】(56.25%)
C特化ブリムオンブリムオンブリムオンのマジカルフレイム
→ 104.0〜124.3%【確定1発】
補正無A252ドリュウズドリュウズドリュウズのじしん
→ 47.5〜56.5% 【乱数2発】(85.55%)
C特化眼鏡アシレーヌアシレーヌアシレーヌのうたかたのアリア+激流アクアジェット
→ 80.3〜94.3% 【確定2発】
A特化蓄電珠パッチラゴンパッチラゴンパッチラゴンのでんげきくちばし
→ 93.2〜110.7% 【乱数1発】(62.50%)
C特化ギルガルドギルガルド(ブレード)ギルガルド(ブレード)のシャドーボール
→ 42.9〜50.8% 【乱数2発】(2.73%)
A特化2舞ギャラドスギャラドスギャラドスのたきのぼり
→ 79.7〜93.8% 【確定2発】
C特化眼鏡ウォッシュロトムウォッシュロトムウォッシュロトムのハイドロポンプ
→ 71.8〜85.3% 【確定2発】

運用方法

基本的に、ステルスロックを撒けるポケモンなどでステルスロックを撒いて、相手のきあいのタスキを無効化してから、シュバルゴシュバルゴシュバルゴを投げて一撃、または二撃で粉砕します。
ステルスロック持ちがパーティにいなければ先発投げで構いません。
また、本論では高い耐性と耐久で相手の攻撃を耐えながら重い一撃を下すという運用ですが、トリックルームを上手く活用して「上から殴る」でも強い性能を発揮することが出来ます。

相性の良い味方

ステルスロックを撒きながら、ふきとばしなどで裏を確認しつつ、相手のきあいのタスキを無効化させることが出来ます。
裏を確認することで、相手に対しての技の通りを確認することができ、こだわりハチマキで縛られた技の中から、撃つべき最適な技を考え出すことが可能となります。
シュバルゴシュバルゴシュバルゴのはがねタイプにより砂ダメージが無効なのも相性が良いと言えます。弱点のくさ技もシュバルゴシュバルゴシュバルゴで1/4で受けられます。

シュバルゴシュバルゴシュバルゴがほのおタイプと対面してしまった場合などに投げ、特性もらいびで無償降臨させます。
トリックルームを覚えるので、パーティと相談して、覚えさせるのもいいかもしれません。

お互いの弱点を半減以下で受けられます。
シュバルゴシュバルゴシュバルゴのダイストリーム(シェルブレード)で雨を降らせることで、ウオノラゴンのエラがみの火力強化にも期待できます。

特性あめふらしにより、シュバルゴシュバルゴシュバルゴ弱点を軽減することが可能です。場に出た時点で天候をに出来るので、本来耐えることの出来ない不一致炎技および中火力一致炎技であれば耐えられるようになります。
また、シェルブレードの火力が1.5倍になります。

不利な相手

相手のアーマーガアが、「てっぺき」を覚えていれば突破不可能です。
アーマーガアと対面すれば裏に引くことをオススメします。

ドリルライナーを覚えさせない限り、突破は困難です。
また、ドリルライナーを覚えていても、ねっとうによるやけどの機能停止が危惧されます。
相手にせず、裏で対処することが賢明です。

おわりに

最後までお読みいただきありがとうございます。
御不明点などがあればコメント欄で承ります。

最終更新日時 : 2020/05/01 19:09:36

シュバルゴの他の育成論を探す (5件) >>

スポンサーリンク

コメント (8件)

  • ページ:
  • 1
20/03/29 21:24
1パイン (@YFrP9e6mQNBEIgl)
55555
 育成論拝読しました。
 トリル以外でシュバルゴを活用したかったから嬉しいです。あと相性のいい味方に、ペリッパーはどうですか? 雨を降らせば炎を半減でき、ブリムオンなど不一致炎使いを倒せる目も出ると思うのです。
20/03/29 21:51
2烏龍茶 (@vvsxw)
>>1
コメント・評価ありがとうございます。
仰る通り、あめふらしぺリッパーも相性が良いですね。
追記しておきます。
20/03/30 11:16
3烏龍茶 (@vvsxw)
【修正点】
「ダメージ計算」から
・【与ダメージ】にギャラドス、アシレーヌを追加しました。
・【被ダメージ】にギャラドス、アシレーヌを追加しました。
「相性の良い味方」から
・ぺリッパーを追加しました。
「不利な相手」から
・A特化2舞ギャラドスのたきのぼりでも耐えるという点、アーマーガアやドヒドイデと違いダイマックスすることにより相手がダイマックスしても応急の勝ち筋が残されているという点から、「不利な相手」から《ギャラドス》を削除しました。
20/04/03 12:38
4おカキ (@sakaki_poke623)
55555
読ませて頂きました。
全体的によく考察されていて、強さもとても分かりやすかったです。
自分も7世代のときに鉢巻シュバルゴを使っていたのですが、あの火力は病み付きになりますよね(笑)
ですが、ダメージ計算が乱数1発、乱数2発のときの確率も載せて頂きたいです。
評価5入れさせて頂きます。
20/04/03 16:24
5烏龍茶 (@Yyvs_)
>>4
コメント・評価ありがとうございます。
ダメージ計算が乱数時の確率を載せてほしい、とのことでしたので追加しておきました。
ご指摘ありがとうございました。
20/04/09 20:26
6
ほのおタイプにシュバルゴはほぼ遂行(捕食)される側なので、シェルブレ・ライナーには「交代読みで撃つ役割破壊技」「ダイスト・ダイアースとして撃つことでタイマン性能を高める技」のような言い回しが適切ではないかと。
毒・鋼に対してはシュバルゴを繰り出していける(有効打を持っていればこちらが捕食者)ので、ライナーが遂行技というのは合ってます。
20/04/09 20:42
7烏龍茶 (@Yyvs_)
>>6
コメントありがとうございます。
仰る通りですので修正致しました。
ご指摘ありがとうございました。
20/05/29 22:12
8(@PlPsyRaB)
55555
このポケモン、ほんと種族値の性能高いですよね。
トリル下だったら実質600族並みの性能があってかなり強いですよね。
育成論も、とても見やすくて完璧だと思います。
文句なしの☆5です。
  • ページ:
  • 1

削除キー:


コメントを投稿

補足やアドバイス、間違いの指摘などにお使いください(半角5000文字まで)。育成論に直接関係のないコメントは書き込まないでください(育成論を求めてこのページを訪れた第三者のユーザーに関係のない書き込みすべてが削除対象です)。また、育成論の削除を強要することは運営ポリシー違反であり運営妨害です。削除が必要かどうかは管理者が判断しますので、管理者に直接ご連絡ください。

※評価はポケ徹サービスにログインする必要があります。

名前: 

本文:

削除キー:


この育成論のフォークを投稿する >>

修正・削除(投稿者用)

この育成論を修正あるいは削除する場合は、管理用パスワードを入力して「修正・削除」ボタンをクリックしてください。

スポンサーリンク

関連ページ

◆ ページの先頭へ ◆


トップページ::ソードシールド::ポケモン育成論ソードシールド::シュバルゴの育成論::【物理エース】ハチマキシュバルゴ

このサイトについて | プライバシーポリシー

ポケットモンスター・ポケモン・Pokémonは任天堂クリーチャーズゲームフリークの登録商標です。

当サイトは個人ファンサイトであり、株式会社ポケモン他企業様とは一切関係ありません。下記はサイト独自の内容に関する著作権を示すものです。

© 2002-2020 Yakkun

dummy