ポケモンパーティ構築(シングル)

S7 ミミツツミ隠密カイリュー 最終765位 最終レート1861

2023/07/01 14:42

★★ loadingいいね! 閲覧数:3054  いいね:1

投稿者:ばれちゃうかも(@kamo_poke20)

ポケモンSV / シングル / シーズン7 / 最終765位

こんにちは、ばれちゃうかもです。
SVでの投稿は2回目になります。
今作に入って初めて3桁に行くことができたので、使用した構築を簡潔にまとめさせていただきます。

スポンサーリンク

使用ポケモン

主に受けに対して、選出してました。
そのため選出する機会が少なかったと感じています。
しかしディンルーの耐久がありすぎて、出したときには自分でもびっくりしてました。

本構築のメインです。
隠密マントとマルチスケイルを合わせることで、ストレスフリーに竜舞を積むことができました。
また上からアイへを打って、怯みを狙う動きも強かったです。

初手に投げるポケモンです。
当初はこっちに隠密マントを持たせていましたが、それをカイリューに渡して珠にしました。
努力値は隠密マント時のものになっています。
1回は動けるので、何かしら仕事していました。

裏から出すポケモンです。
技範囲が2つの技で完結しており、身代わりとアンコールが最強でした。
テラスタルをゴーストにすることで、神速カイリューを機能停止に追い込むことができて便利でした。

ヘイラッシャやテツノカイナといった、耐久のあるポケモンに圧をかけるために採用しました。
ディンルーに対しても、キラースピンによってステロを弾きながら場を整えることができました。
構築に身代わり持ちのポケモンが多いので、毒を入れて身代わりで定数ダメージを稼ぐ動きも良かったです。

カイリューが出せないときに投げるポケモンです。
蝶舞と虫の知らせで放つさざめきがあり得ないくらい火力が出て、自分でもびっくりしてました。

戦術と解説

基本選出
ミミッキュ+テツノツツミ+カイリューorウルガモス
残りの2体は状況を見て出す

こんな感じでした。
相手のサイクルに付き合うと厳しくなることが多かったです。

最後までご覧いただきありがとうございました。

投稿日時 : 2023/07/01 14:42

スポンサーリンク

コメント(0件)

コメントはまだありません。

コメントを投稿

投稿者のアカウントが削除され、最終更新日から30日以上経過した育成論にはコメントできません。