dummy

バクガメス- ポケモン育成論ソードシールド

環境ポケモンをメタりたい、アッキの実バクガメス

2020/06/28 13:08 / 更新:2020/07/05 17:22

バクガメス

HP:HP 60

攻撃:攻撃 78

防御:防御 135

特攻:特攻 91

特防:特防 85

素早:素早 36

ツイート5.005.005.005.005.005.005.005.005.005.00閲覧:4344登録:4件評価:5.00(1人)

バクガメス  ほのお ドラゴン  【 ポケモン図鑑 】

性格
ずぶとい(防御↑ 攻撃↓)
特性
シェルアーマー
努力値配分(努力値とは?)
HP:252 / 防御:188 / 特攻:68
実数値:167-88-196-120-105-56 / 個体値:31-31-31-31-31-31
覚えさせる技
トラップシェル / りゅうせいぐん / ラスターカノン / まもる
持ち物
アッキのみ

スポンサーリンク


ルール
シングルバトル
このポケモンの役割
特殊アタッカー / ダイマックス指定なし
登録タグ

考察

更新履歴

6/30育成論の下書きでの掲載を行いました。

7/03ドラクナー様からのコメントより、ラスターカノンを技候補に追加しました。またレイアウトと文章の校正を行い、下書きから正式な育成論に変更しました。育成論としての誤字脱字・問題がある場合は、時間がかかるかもしれませんが随時修正していきます。

7/05斜様からのコメントより、タイプ説明の下りの誤文を修正しました。


挨拶

イシガメ230と申します。今回が初投稿になります、よろしくお願いいたします。

この育成論の投稿経緯

 元々カメがモチーフのポケモンが好きで、カメックスカメックスカジリガメカジリガメと一緒に、バクガメスバクガメスをシーズン6から使用していた所、夢解禁で大幅に増加したエースバーンエースバーンゴリランダーゴリランダー、ミミッキュ。また未解禁ですがウーラオス(いちげき)ウーラオス(いちげき)に対して有利に立ち回る事ができたため、バクガメスバクガメスには更なる発展性があると考え、投稿しました。

前置き

・個体は全て理想個体とします。
・非公式な略称や単語を使用します。
・ご質問、ご指摘はぜひコメント欄にていただけると嬉しいです。
・ダメージ計算はポケマス様とポケソル様を使用しています。

バクガメスについて

ほのお・ドラゴン
HP 60
こうげき 78
ぼうぎょ 135
とくこう 91
とくぼう 85
すばやさ 36
平均 / 合計 80.8 / 485

弱点 じめん・いわ・ドラゴン

1/2耐性 はがね・むし・でんき
1/4耐性 くさ・ほのお

ほのお・ドラゴンタイプのポケモンは、7月現在ではレシラムレシラムバクガメスバクガメスのみであり、ドラゴンタイプではフェアリー技・こおり技・格闘技を等倍に抑えられる唯一のタイプです。

変わりに種族値は控えめで、耐久もHPの低さからそこまでありません。物理耐久はナゲキナゲキカビゴンカビゴンと同じくらい、特殊耐久はクワガノンクワガノンくらい。
ただし耐性は優秀であり、ドラゴン技弱点以外はくさタイプ・ほのおタイプといったポケモンとは有利に立ち回れます。現在の環境では、草技・炎技が増え、地面アタッカーが減少傾向にある事から、バクガメスバクガメスには動きやすい環境になっています。

目的

 バクガメスバクガメスで環境でのメジャーポケの、エースバーンエースバーンウーラオス(いちげき)ウーラオス(いちげき)(一撃・連撃)ミミッキュミミッキュゴリランダーゴリランダーを突破(相殺)し、バクガメスバクガメスが不利な残りの二体をこちらの残りのポケモンで倒しきるのを目的にした調整になっています。

他のポケモンとの差別化

 剣盾において、特殊ほのおタイプでバクガメスより特攻が高く、エースバーンエースバーンに有利に立ち回れるとされているポケモンとして、シャンデラシャンデラがいます。
 シャンデラとは、ウーラオス(いちげき)ウーラオス(いちげき)の悪技or水技を等倍かつ急所がなくなる事で受けきれる事から差別化ができていると考えております。


特性

シェルアーマーの一つしかないため確定です。地味な特性とされていましたが、ウーラオスの専用技の確定急所もなくせるため、今回の育成論では重要な特性です。

性格

防御を上げるためにずぶとい性格です。ひかえめにして防御に振るよりも実数値は上がります。

努力値

hp252 b188 c68 d0 s0 で、
実数値は207-108-158-129-120-120です。

努力値の振り方は、それぞれ
HP 耐久を上げるためにH極振り、

B 命の珠持ちようきA252リベロエースバーンエースバーンのとびひざげり確定三発耐え調整

C ダイマックスする場合も考慮し、少しでも火力確保のため残りの68振り、
参考
ランク1↓のウーラオス(いちげき)ウーラオス(いちげき)に対して無振りだと、86.9~102.8%(低乱数1発)、68振りでは94.3~111.3%(高乱数1発)}

となっています。正直Bにぶっぱの方が安定すると思います。



持ち物

物理型に強くでるために、アッキの実を採用。


ハバンの実(ドラゴン技半減)を採用した場合、物理方面でははりきり珠パッチラゴンのげきりん元ダイドラグーンを、特殊方面ではひかえめサザンドラサザンドラのりゅうせいぐんまでのドラゴン技を確定耐えします。

技構成


トラップシェル・りゅうせいぐん・しっとのほのお・まもる

技の採用理由は、

・トラップシェル
 最大火力の炎技です。特殊技には不発で安定しませんが、今回の仮想敵である物理型に対しては、威力150の炎技として機能します。しっとのほのおと比べて、ミミッキュに対して確2を取る事ができます。(あと技モーションがカッコイイ)

・しっとのほのお
 鎧の孤島での追加教え技で、そのターンに能力が上昇した相手をやけど状態にします。元々ミミッキュミミッキュにほのおのうずを採用していましたが、命中不安かつ汎用性からこちらを採用しています。積み技を使用してくる相手に対して使用します。
 

・りゅうせいぐん
 竜特殊技最高威力。炎技半減の相手に使用します。

・まもる
 とびひざげりを透かしたり、ダイマックス技枯らしや、アッキの実を最小限のダメージで発動したりするのに使用します。


選択候補技

・ラスターカノン
 鋼特殊技で、岩タイプ・フェアリータイプにはダイマックス技で打つと炎・竜技よりも35高い威力で打つ事ができます。ダイマ技のB↑効果のシナジーは今回の調整には合っています。

・オーバーヒート
 こちらから能動的に打てる炎技、火力が微妙に足りないため今回はトラップシェルを採用しています。




被ダメージ計算

上側が通常、下がアッキの実での防御ランク1↑時の物になっています。


命の珠込み、ようきエースバーンエースバーンエースバーンとびひざげり
49.7~59.2%(乱数2発)
32.9~39.5%(乱数3発)

かえんボール
10.7~13.1%(乱数8発)
7.7~9.5%(乱数11発)

ふいうち
26.3~32.9%(確定4発)
18.5~21.5%(乱数5発)

いじっぱりA252ゴリランダーゴリランダーゴリランダー(フィールド補正有りで計算)

グラススライダー
7.1~8.9%(乱数12発)
4.7~5.9%(乱数17発)

はたきおとす
1回目
26.3~31.1%(確定4発)
2回目
13.1~15.5%(乱数7発)

ばかぢから
34.7~41.3%(確定3発)
23.3~28.1%(乱数4発)


10まんばりき
38.3~45.5%(確定3発)
56.2~67%(確定2発)

いじっぱりミミッキュミミッキュミミッキュ

じゃれつく

25.1~29.3%(確定4発)
16.7~20.3%(乱数5発)

ようきA252ウーラオス{ウーラオス}ウーラオス(いちげき)ウーラオス(いちげき)

いちげきのかたウーラオス(いちげき)ウーラオス(いちげき)

あんこくきょうだ

25.1~30.5%(確定4発)
16.7~20.3%(乱数5発)

れんげきのかたウーラオス(いちげき)ウーラオス(いちげき)

すいりゅうれんだ

8.9~10.7%(乱数10発)
5.3~7.1%(乱数15発)

共通の技ウーラオス(いちげき)ウーラオス(いちげき)ウーラオス(いちげき)ウーラオス(いちげき)

インファイト

38.3~45.5%(確定3発)
25.1~30.5%(確定4発)

A252いじっぱりドリュウズドリュウズドリュウズ

じしん

79~93.4%(確定2発)
51.4~62.2%(確定2発)

アイアンヘッド
15.5~18.5%(乱数6発)
10.1~12.5%(乱数8発)

A252いじっぱりストライクストライクストライク

ダブルウイング

20.3~25.1%(乱数4発)
14.3~16.7%(乱数6発)

A252ドラパルトドラパルトドラパルト

ドラゴンアロー

39.5~46.7%(確定3発)
26.3~32.3%(確定4発)

C252ひかえめドラパルトドラパルトドラパルト

りゅうせいぐん
140.1~165.2%(確定1発)

ようきA252テラキオンテラキオンテラキオン

ストーンエッジ 
62.2~75.4%(確定2発)
43.1~51.4%(乱数2発)

インファイト
37.7~44.9%(確定3発)
25.1~30.5%(確定4発)


トゲキッストゲキッストゲキッス

エアスラッシュ
45.5~54.4%(乱数2発)





与ダメージ計算

トラップシェル

H4振りエースバーンエースバーンエースバーンリベロで等倍になっている場合
67.9~80.7%(確定2発)

H252振りミミッキュミミッキュミミッキュ
50~59.2%(確定2発)

H252振りゴリランダーゴリランダーゴリランダー
108.2~128.5%(確定1発)

H4振りウーラオスいちげきのかたウーラオス(いちげき)ウーラオス(いちげき)
72.1~85.2%(確定2発)

無振りドリュウズドリュウズドリュウズ
127.5~152.4%(確定1発)

無振りきせき持ちストライクストライクストライク
92.4~111.7%(乱数1発)

りゅうせいぐん

無振りエースバーンエースバーンエースバーン
60~70.3%(確定2発)

H252ゴリランダーゴリランダーゴリランダー
46.8~55.5%(乱数2発)

H4振りウーラオスウーラオス(いちげき)ウーラオス(いちげき)
61.9~73.8%(確定2発)

無振りドリュウズドリュウズドリュウズ
27.5~32.9%(確定4発)

無振りきせき持ちストライクストライクストライク
40~48.2%(確定3発)

無振りドラパルトドラパルトドラパルト
114.1~133.7%(確定1発)

無振りサザンドラサザンドラサザンドラ
94.6~112.5%(乱数1発)

無振りジュラルドンジュラルドンジュラルドン
86.8~102%(乱数1発)

しっとのほのお

無振りエースバーエースバーンエースバーン
32.9~38.7%(乱数3発)

H252ミミッキュミミッキュミミッキュ
24~28.3%(乱数4発)

H252 ゴリランダーゴリランダーゴリランダー
50.2~60.8%(確定2発)

ウーラオスいちげきのかたウーラオス(いちげき)ウーラオス(いちげき)
33.1~40%(乱数3発)

無振りドリュウズドリュウズドリュウズ
61.6~72.4%(確定2発)

無振りストライクストライクストライク
45.5~53.7%(乱数2発)

ラスターカノン

h4振りテラキオンテラキオン
40.7~47.9%(確定3発)

H252無補正ミミッキュミミッキュ
35.8~43.2%(確定3発)

H4ルガルガン(耐久の高い夜で計算)ルガルガン(まひる)ルガルガン(まひる)
48.4~57.1%(乱数2発)

 


立ち回り


実際に6/20〜6/31までのカジュアルマッチと、7/01〜7/03でのランクマで運用した際の動きと、有利・不利な相手を書きます。

主に、対面から有利な相手を一体撃破→そのままもう一体を削るというのがメインの動きになります。また、炎・草物理が飛んでくる場面であれば、受けだしでアッキの実を発動させながら着地させる動きもできます。

ダイマックスするかは指定はしていませんが、相手がダイマックスする場合はこちらもダイマックスし、ダイドラグーンでAを下げつつこちらのパーティにとって重い相手を1体半倒し、残りの2体で戦う流れになることが多かったです。

特に相手パーティにポリゴン2ポリゴン2が不在の場合、エースバーンエースバーンゴリランダーゴリランダーウーラオス(いちげき)ウーラオス(いちげき)はキョダイマックスからのダイナックルでの突破を図ってくる事が多かったため、その場合にはこちらもダイマックスするか、まもるでのダイマ枯らしでないと突破は難しい事が多いです。

また、ダイマックスが切られた後のエースバーンエースバーンエースバーンやコジョンドコジョンドコジョンド等は、基本的な型だとバクガメスバクガメスバクガメスに対して最も通る技がとびひざげりだったりするため、まもるで透かす事で被害を減らしながら突破が出来ました。
ミミッキュミミッキュミミッキュは環境の変化からか数を減らしておりそこまで対面する事はなかったですが、初手剣舞で積んでくる動きが多かったため、採用している場合は皮を剝がすためにしっとのほのおを使うと有利を取れる場合が多かったです。
 

有利・互角な相手
エースバーンエースバーンエースバーンゴリランダーゴリランダーゴリランダーミミッキュミミッキュミミッキュウーラオスウーラオス(いちげき)ウーラオス(いちげき)一撃・連撃

炎技採用の場合、
ナットレイナットレイナットレイやアーマーガアアーマーガアアーマーガアのような弱点をつける受けポケ

型次第で有利・不利が変わる相手
ドラパルトドラパルトドラパルトといったメジャーなドラゴンポケドリュウズドリュウズドリュウズ

不利(ほぼ勝てない)な相手

トゲキッストゲキッストゲキッスアシレーヌアシレーヌアシレーヌ
のような、特殊技をメインにするポケモン

カバルドンカバルドンホルードホルードといった弱点を付けない地面アタッカー
ヌメルゴンヌメルゴンカビゴンカビゴンポリゴン2ポリゴン2といった受けポケ。

特殊型や、弱点をつけない地面アタッカーには基本的に不利です。(ドリュウズドリュウズドリュウズもタスキ型だと突破が難しいです)また、今の環境のドラゴンは特殊型が多いため、交換読みでのこちら側からのりゅうせいぐんが決まれば倒せましたが、対面からだと向こうからのりゅうせいぐんで倒される事が多かったです。




組ませるとよいポケモン


受けポケモンを突破する事ができないため、特にポリゴン2ポリゴン2対策に、かくとうアタッカーが相性がいいと考えます。
私はカジュアルマッチにおいては、エースバーンとミミッキュをバクガメスバクガメスで対処するため、受けポケへの対処として、ウーラオス(いちげき)ウーラオス(いちげき)いちげきのかたと組ませています。もう一体は、相手の{ルカリオ}やルガルガン(まひる)ルガルガン(まひる)のタスキカウンターへの対策と、アシレーヌアシレーヌマリルリマリルリへの削り役として、ユキノオーユキノオーユキノオーを連れていく事が多いです。
残りの枠はパッチラゴンパッチラゴンのような超火力竜やトゲキッストゲキッスへの対策になるポケモンがいいと思います。ポリゴン2ポリゴン2のような受けポケモンはウーラオスやエースバーン、ゴリランダーを誘導しやすい印象がありました。


最後に


最後になりますが読んでいただきたありがとうございました。ご意見や批判がありましたらコメントでのご指摘いただけると幸いです。

追記
私はまだマスターボール級で遭遇したことがないのですが、バクガメス自体の採用が増えているようで、シーズン6では使用率ランキング圏外だったのが7/03現在145位まで上昇しているようです。(大好きなポケモンなので凄く嬉しい)
どんな型が流行っているかはわかりませんが、遭遇しだいバクガメスバクガメスミラー戦についても更新できればと思います。

投稿日時 : 

最終更新日時 : 2020/07/05 17:22

バクガメスの他の育成論を探す (2件) >>

スポンサーリンク

コメント (7件)

  • ページ:
  • 1
20/06/29 17:59
1ドラグナー
 イシガメ230さん投稿お疲れ様です。
バクガメスって凄い硬いイメージがあったけど特殊方面や体力は以外に少ないのですね。
ところで、技候補にラスターカノンはどうでしょう?バクガメスの弱点の1つ、岩タイプのポケモンを返り討ちに出来ます。
ご返答お願いします。
20/07/01 11:19
2イシガメ230 (@nagakitakgk)
ご意見ありがとうございます。技の選択候補として後ほど追記させていただきます。

ラスターカノンについてですが、威力については、今の環境で主要な岩タイプ(テラキオンテラキオンルガルガン(まひる)ルガルガン(まひる))にはりゅうせいぐんと同じになるため、ダイマックス技として打つのがメインとなります。

おそらく7月から増えるであろうテラキオンテラキオンに対しては、テラキオンテラキオンH4振りに、

通常
40.7~47.9%(確定3発)

ダイマ技
64.6~76.6%(確定2発)

逆にバクガメスにようきA252テラキオンのストーンエッジは、

通常
77~93.3%(確定2発)

アッキの実B↑後
53.3~63.7%(確定2発)

ダイスチルB二段階↑↑後
40~48.8%(確定3発)

ダイスチルB三段階↑↑↑後
32.5~40%(乱数3発)

の事から、ダイマックス形態からなら打ち勝てるか微妙な所だと思います。
後ほど時間がある際に再計算と、実戦で確認してみます。
20/07/03 20:15
3
めちゃくちゃ細かい指摘でもうしわけないんですけど

> フェアリーを等倍で受けれる今作唯一のタイプであるほのお・ドラゴンタイプです。

を読んだときに「いやいやフェアリー等倍のタイプなんていっぱいあるじゃん」と思ってしまいました
20/07/05 16:51
4イシガメ230 (@nagakitakgk)
斜さん

ありがとうございます。一般ポケで唯一のほのお・ドラゴンタイプと書こうとして誤字ってたみたいです・・・。
日曜日の内に修正しておきます。
20/08/19 20:50
5dan
環境メタとして同じくバクガメスを使っている者です。
バクガメス、いいですよね...!高いぼうぎょと優秀なタイプで、よく見る物理アタッカーを完封出来るところがたまらないです(本当に完封出来るとは言ってない)

当方はゴリラやウーラオスを起点にして、ゴツメを持たせて鉄壁で積みながら、ボディプレスで突破していく物理受けで使用しています。
あまり特殊わざでの突破を想定していなかったので、参考にさせて頂きます。
20/09/16 21:21
6フライゴンはドラゴン
努力値の欄の実数値がとてつもないことになっています。多分ですが、ミュウのもので計算しています、確認お願いします。論自体は読みやすかったので内心評価5です。
20/09/19 09:46
7あれこっこさん
育成論拝見させてもらいました。今はエースバーン、ゴリラがいませんので、とてもこいつが環境に刺さってるとは言い難いですが、このマイナーポケモンに目をつけた作者さんに拍手です。心内星五つけます。
  • ページ:
  • 1

削除キー:


コメントを投稿

補足やアドバイス、間違いの指摘などにお使いください(半角5000文字まで)。育成論に直接関係のないコメントは書き込まないでください(育成論を求めてこのページを訪れた第三者のユーザーに関係のない書き込みすべてが削除対象です)。また、育成論の削除を強要することは運営ポリシー違反であり運営妨害です。削除が必要かどうかは管理者が判断しますので、管理者に直接ご連絡ください。

※評価はポケ徹サービスにログインする必要があります。

名前: 

本文:

削除キーは自分でコメントを削除する際に必要になります。

削除キー:


この育成論のフォークを投稿する >>

修正・削除(投稿者用)

この育成論を修正あるいは削除する場合は、管理用パスワードを入力して「修正・削除」ボタンをクリックしてください。

スポンサーリンク

◆ ページの先頭へ ◆


トップページ::ソードシールド(剣盾)::ポケモン育成論ソードシールド::バクガメスの育成論::環境ポケモンをメタりたい、アッキの実バクガメス

このサイトについて | プライバシーポリシー | ポケ徹@Twitter

ポケットモンスター・ポケモン・Pokémonは任天堂クリーチャーズゲームフリークの登録商標です。

当サイトは個人ファンサイトであり、株式会社ポケモン他企業様とは一切関係ありません。下記はサイト独自の内容に関する著作権を示すものです。

© 2002-2020 Yakkun

dummy