dummy

パッチラゴン- ポケモン育成論ソードシールド

対巨大マックスラプラス パッチラゴン

2020/04/02 22:02:34

パッチラゴン

HP:HP 90

攻撃:攻撃 100

防御:防御 90

特攻:特攻 80

特防:特防 70

素早:素早 75

ツイート4.164.164.164.164.164.164.164.164.164.16閲覧:8874登録:0件評価:4.16(4人)

パッチラゴン  でんき ドラゴン  【 ポケモン図鑑 】

性格
いじっぱり(攻撃↑ 特攻↓)
特性
はりきり
努力値配分(努力値とは?)
HP:4 / 攻撃:252 / 素早:252
実数値:166-167-110-x-90-127 / 個体値:31-31-31-x-31-31
覚えさせる技
げきりん / でんげきくちばし / じしん / つばめがえし
持ち物
こだわりハチマキ

スポンサーリンク


ルール
シングルバトル
このポケモンの役割
物理アタッカー / ダイマックス指定なし
登録タグ

考察

はじめに

記事を開いていただきありがとうございます。初投稿なので、ミスなどがありましたら、優しくコメントいただけると助かります。
  • この記事では、
HP=H
攻撃=A
防御=B
特攻=C
特防=D
素早さ=S
理想個体数値31=V
と、表記して書かせていただきます。
ダメージ計算は全てVの状態として計算しております。

パッチラゴンについて

今作第8世代から登場した化石ポケモンででんき・ドラゴンタイプを持ちゼクロムとメガデンリュウと同じタイプ組み合わせになっています。姿は特徴的で好みが分かれるかもですが、今作の大マックスと相性のいいはりきりといった特性を持ち、先制すると威力の上がるでんげきくちばしを覚えられるとても魅力的なポケモンです。

性格

今回はいじっぱりで紹介します。巨大ラプラスラプラスラプラスを確実に倒す為の型なのと、性格をようきにして大マックスしてダイジェットを打っても最速ドラパルトドラパルトドラパルトを微妙に抜けないS75という種族なのでという理由もあります。
  • (S78以上だと最速スカーフなどで抜けます)

特性

今回は火力重視なので、はりきりです。命中が不安定になるデメリットがありますが、今作の仕様の大マックスバトルで大マックス技を命中が必中になるので、相性がいいのです。

努力値

H4 A252 S252
実数値6V
H166/A167/B110/C90/D90/S127
火力に極振りなのと、Sが負けるとメインウエポンのでんげきくちばしが効果がでなくなる可能性がある為
Hは余りです。
※奇数調整場合Hに振らずB.Dどちらかに振りましょう。

持ち物

今回はこだわりハチマキです。技が固定されるデメリットの変わりに攻撃力が1.5倍になる火力極振りの必需品です。いのちのたまだとダメな理由はダメージ計算の方で分かります。

技構成

  1. でんげきくちばし
パッチラゴンのメインウエポンとなっています。
大マックスした後にダイサンダーとしてエレキフィールドを
貼ることも可能

ダメージ計算
巨大ラプラスラプラスラプラス H252B↑252の場合
104.2%~123.2%

持ち物がいのちのたまの場合
90.5%~106.9%
43.7%で倒せる乱数1発
性格がようきの場合
95.3%~112.6%
75%で倒せる乱数1発
大マックはしないででんげきくちばしで打った時のダメージです。

これを見ると性格がようきでも倒せる、持ち物いのちのたまでも倒せる、HB↑のラプラスラプラスラプラスなんていなくね?
と、思う方の意見は間違っていないと思います。しかし今回は絶対巨大ラプラスを倒すパッチラゴンパッチラゴンパッチラゴンの育成論なので、そこまで計算に入れて型を作ってるだけなので、これを読んだ方が他のポケモンにこだわりハチマキを持たせたいと思うのでしたら。それでも倒せる確率はあるので大丈夫です。基本今の環境にはHB↑ラプラスは多くないと思いますので。

他のポケモンでも計算
HB↑カビゴンカビゴンカビゴン
104.8%~123.9%
大マックス中HB↑トゲキッストゲキッストゲキッス
116.1%~137.5%
  • トゲキッスにはS負けしてるので、ダイジェットでSを上げられてるとようきにしていても、ひかえめのトゲキッスでもS負けして、フェアリー技を打たれて倒される危険があります。
ギャラドスギャラドスギャラドス
HP満タンならダイマックス切らなくてもギャラドスのダイアイス(こおりのキバ)
乱数75%耐えてから反撃できます。

他にもいろんなポケモンを倒す火力がでます。

  1. げきりん
ドラゴンクローとの個人選択技になります。理由を読んでから自分に合った方を選んでください。
げきりんは2〜3ターン連続で攻撃し、その後自分は1〜4ターンの間『こんらん』状態になる技です。ここに穴があり知らない方もいると思いますが、はりきりは物理技の威力が1.5倍になるが、物理攻撃の命中率が0.8倍になる。特性なので、げきりんの命中は100から80に下がっています。そして何が起こるかというとげきりんが当たった次のターンにはりきりでミスが起きると混乱する事なくげきりん状態が解除されます。なので、上手く行くと大マックスに切り替えて攻撃も可能になります。そして、げきりんのダイドラグーンは威力が140とドラゴンクローより高いです。使う機会が少ないけど、威力がこっちの方がでるので、使う選択肢の一つとなっています。
ドラゴンクローは安定択です。混乱など嫌う方はこちらになります。
  • ドラゴンクローとげきりんは命中は同じ100のはりきり時は80の技になっています。

  1. つばめがえし
パッチラゴンが覚える唯一の必中技です。はりきりで負け筋を作りたくない場合つばめがえしを選択すれば、威力135の技になるので打点としては充分と言えると思います。
そしてダイジェットでSを上げる為の技でもあります。

  1. じしん
個人的には迷わずじしんを採用しますが、ほのおのキバは交換技の選択肢になると思います。自分のPTがナットレイナットレイナットレイとかの対処が困難な時とかに採用はありだと思います。
採用理由
対ドリュウズA↑252S252の対面の時を想定しています。ラプラスラプラスラプラスを初手に出してパッチラゴンパッチラゴンパッチラゴンを見た相手がでんげきくちば読みでドリュウズに交代は想定できるので…
次のターン大マックスをしましょう。
そして、ダイジェットを打ってください。
  • がんせきふうじを打ってきたら相手の読み勝ちでSが負けたままなので、相手のじしんで負けてしまいます。
だからと言って、きあいのタスキを持ってる可能性が高い環境なので、ダイジェットから入ってSを抜かしダイアースで突破可能なので、その選択をするか、こちらも交換しましょう。
相手のじしん(こだわりハチマキは耐えない)と大マックスしてからのダイアースは急所に当たらない限り耐えます。
なので有利に戦う事が可能です。

相性のいいポケモン

  1. エルフーンエルフーンエルフーン
先発に出しいたずらごころでおいかぜを使ってすばやさを全て勝たせてくれるようにサポートしてくれます。おすすめの持ち物はだっしゅつボタンこの場合エルフーンはHB↑orHD↑で育成して技をもらっても耐えて発動しパッチラゴンともう1匹のサポートに回る事もできます。

  1. オーロンゲオーロンゲオーロンゲ
壁やでんじはなどを打てるのでサポートとしては完璧

  1. バトンタッチポケモン 例バイウールーバイウールーバイウールーテッカニンテッカニンテッカニン
すばやさや攻撃を積んでから止められないアタッカーにできます。
  • テッカニンはHB↑で育成するとA↑こだわりハチマキのドラパルトのドラゴンアローを耐える事ができるので、きあいのタスキと合わせると結構な確率でバトンをつなげられます。

  1. ひこうタイプのポケモン
アーマーガアアーマーガアアーマーガア・トゲキッストゲキッストゲキッスなど、じめん技を回避できるポケモン

  1. ミミッキュミミッキュミミッキュを止められるポケモン
ミミッキュはパッチラゴンだと相当不利に戦いになります。なので、ミミッキュに起点にされない為にパーティーに対策が必要になります。

注意点

Sが75と消して早くないポケモンの為相手とのSを見極めて戦ってください。エースバーンエースバーンエースバーンのきあいのタスキ/カウンター/ふいうちなど先制技がないので、きあいのタスキ持ちや先制技を覚えるポケモンは警戒してください。

今回の技構成がドラゴン・でんき・じめんタイプの技が無効化が可能なタイプの為読みが外れたりすると一気に負け筋を作るので注意が必要です。

終わりに

長い感じの育成論になってしまいました。今の環境巨大ラプラスを止められるとは、言われてますが、結構な方が攻撃に甘えていて、ようきやいのちのたまで使ってるのを見てHB↑に振られると巨大ラプラスがじゃくてん保険の時返り討ちにあうのと、命中不安のはりきりを使ってるのに、倒せない確率あっていいの?って思い個人的に絶対倒すと決めて育成しました。はりきりででんげきくちばが外れてしまったら負け筋濃厚なので、他のポケモンで対策を考えるのはありだと思います。
初投稿なのと上の方の考えと違うのは承知です。なので、コメントはなるべく優しくお願いします。

最終更新日時 : 2020/04/02 22:02:34

パッチラゴンの他の育成論を探す (6件) >>

スポンサーリンク

コメント (9件)

  • ページ:
  • 1
20/03/17 14:21
1ikkawa (@GfajGzUd3a6pW33)
あのダイマラプラスをHB極振りでも倒せるとは驚きました!
すごい火力ですね!
育成論とは直接関わりはしないのですが
「それでも倒せる確立はあるので大丈夫です」
のところ「確率」ではないですか?
20/03/17 15:36
2Tasmania (@QtLU3l92cA4iwtk)
確定1の乱数とありますが、乱数が100%を超えて初めて確定だと思います。
20/03/17 19:20
3ブラック (@black09011)
>1 ご指摘ありがとうございます。修正させていただきました。
20/03/17 19:22
4ブラック (@black09011)
>2 私が伝えたかった事は75%の確率で1発で落ちると書きたかったのですが、本人じゃないとそう捉えられる書き方をしていたので、修正させていただきました。ご指摘ありがとうございます。
20/03/31 18:00
5艦これ&ポケ淫会 (@kannpokket)
55555
私はHBラプラスを使ってるので評価1です。

ラプラスはシンプルな型がメタられすぎてこれから様々な型が考察されていくと思うので、それらのほぼすべてに対して絶対的に強いこの型は今というより、将来的にだんだん刺さっていくかもですね。

ちなみに、ラプラス側準速CSスカーフの冷凍ビームで勝てます(ピンポメタ)。
20/03/31 20:49
6ふりぃ (@free___eerf)
持ち物がいのちのたまの場合、のダメージ計算の表記ですが、乱数1発が正しいです。
乱数1発とは1発で倒せる可能性があるという意味なので、ダメージの上限が100%を超えているならば乱数1発となります。また、ダメージの下限が100%以上ならば確定1発、上限が100%未満ならば確定2発に表現が変化します。
20/03/31 22:59
7naru (@naru43814041)
HP偶数だけど気にしない感じですか?
20/04/02 21:56
8ブラック (@black09011)
>6 ご指摘ありがとうございます。修正させていただきました。
20/04/02 22:01
9ブラック (@black09011)
>8 こちらの質問なのですが、余りの4を適当に振ってるので、正直防御や特防に振る方が正しいと思います。私がただ大マックスした時2増えるのお得やんとか感じてるレベルなので、奇数調整される場合はHに振らないように書き加えさせていただきました。
  • ページ:
  • 1

削除キー:


コメントを投稿

コメント設定により登録ユーザーに限定されています。「ポケ徹サービス」に、ログインしてください。


この育成論のフォークを投稿する >>

修正・削除(投稿者用)

この育成論を修正あるいは削除する場合は、管理用パスワードを入力して「修正・削除」ボタンをクリックしてください。

スポンサーリンク

関連ページ

◆ ページの先頭へ ◆


トップページ::ソードシールド::ポケモン育成論ソードシールド::パッチラゴンの育成論::対巨大マックスラプラス パッチラゴン

このサイトについて | プライバシーポリシー

ポケットモンスター・ポケモン・Pokémonは任天堂クリーチャーズゲームフリークの登録商標です。

当サイトは個人ファンサイトであり、株式会社ポケモン他企業様とは一切関係ありません。下記はサイト独自の内容に関する著作権を示すものです。

© 2002-2020 Yakkun

dummy