dummy

ズルズキン- ポケモン育成論ソードシールド

カウンターも可能⁉環境トップに立ち向かうチンピラ!いかくズルズキン

2020/07/23 17:16 / 更新:2020/07/27 21:53

ズルズキン

HP:HP 65

攻撃:攻撃 90

防御:防御 115

特攻:特攻 45

特防:特防 115

素早:素早 58

ツイート3.843.843.843.843.843.843.843.843.843.84閲覧:2080登録:2件評価:3.84(2人)

ズルズキン  あく かくとう  【 ポケモン図鑑 】

性格
わんぱく(防御↑ 特攻↓)
特性
いかく
努力値配分(努力値とは?)
HP:252 / 攻撃:76 / 防御:148 / 特防:4 / 素早:28
実数値:172-120-169-x-136-82 / 個体値:31-31-31-x-31-31
覚えさせる技
ドレインパンチ / じごくづき / カウンター / りゅうのまい
持ち物
フィラのみ

スポンサーリンク


ルール
シングルバトル
このポケモンの役割
物理受け / ダイマックス指定なし
登録タグ

考察

挨拶

初めまして。普段はズルズキン、シルバディなど現在の環境であまり見ないポケモンたちと相棒枠のドラミドロとともにレート戦にもぐったりしています、みょんすけと申します。

レート戦は剣盾からのデビューでほぼ初心者に近いといっても過言ではないです。この育成論が初投稿となるため多々至らぬ点があると思いますが、指摘、アドバイスを頂けるとありがたいです。

初めに

  • この育成論ではHABCDSなど略称を使用します。
  • 指定がない限り個体値は31であるものとします。
  • ダメージ計算はポケマスさんのものを使用しています。
  • ダメージ計算は環境の主なポケモンのみ簡潔に載せます。
  • A特化など「特化」という言葉を使いますが努力値252+性格での上昇補正を意味します。
  • その他不明な点や不備などがございましたらコメントにてご指摘をよろしくお願いします。

採用理由

現環境にはウインディウインディウインディやギャラドスギャラドスギャラドス、ガオガエンガオガエンガオガエン、ワルビアルワルビアルワルビアルなど、よく威嚇ポケモンが使われています。
これらのポケモンになくてズルズキンにあるもの。それはBDの種族値の高さでしょう。ズルズキンはBD種族値115と高く、この数値は現在使用可能な威嚇ポケモンの中でトップの数値なのです。

また、りゅうのまいやビルドアップなどの積み技により自身の強化、ちょうはつや特性の威嚇による相手の妨害、現環境で使用率トップのエースバーンやゴリランダーなどの物理アタッカーに対してカウンター、など様々な役割を果たすことができます。

全く環境に見ないマイナーポケモンですので何をしてくるかわからない分、一番厄介ないかく持ちといっても過言ではないでしょう。

役割

BD種族値の高さと特性のいかくを利用した物理受けです。(特殊受けもある程度は可能です)いかくで相手のAダウンを狙い、余裕があれば積み技を使い殴る。
A1段階下降程度では止まらないエースバーンエースバーン珠エースバーンなどに対してはカウンターを撃つなどをして圧をかける。
これが基本的な役割となります。積み技があるとはいえ受けポケモンに対してはあまり強く出ることができないので注意。

持ち物

フィラのみなどの混乱実やオボンのみなどの回復実です。もともと耐久力があるため混乱実を推奨しています。

性格・努力値と調整

コンセプト通り物理受けのためにB上昇補正、特殊攻撃を使わないためC下降補正です。
これから増えるであろう特性アナライズのポリゴン2ポリゴン2ジバコイルジバコイル対策でS個体値0+S下降補正でもよさそうですが、今回はりゅうのまいを採用するためSに下降補正はお勧めしません。(ビルドアップ型なら視野に入れてもよし)

H252です。HPが増えることで混乱実による回復量が最大になり、サイクルを回しやすくします。
エースバーンエースバーンリベロ陽気エースバーンの珠ダイジェットもいかく込みで確定耐えするようにB148です。
S無振りバンギラスバンギラスバンギラスより早くちょうはつや攻撃をできるようにS28です。また、この調整ではりゅうのまいを2回積めばウーラオス(いちげき)ウーラオス(いちげき)最速ウーラオスまで抜くことができます。
残りはドレインパンチによる回復量や少しでも相手に圧をかけるためにA76D4です。

確定技

ドレインパンチ
威力75のかくとうタイプ一致技でメインウエポンです。
サイクルを回すうえでの体力回復にも使えます。

じごくづき
威力80のあくタイプ一致技でゴーストタイプへの有効打となります。
追加効果で相手は2ターンの間音技を使えなくなります。

りゅうのまい
積み技です。ASともに1段階上昇します。
AS上昇により上から殴り相手に圧をかけながらドレインパンチで回復などを狙えます。

選択技

かみなりパンチ
威力75のでんき技でみず、ひこうタイプのポケモンに対する有効打です。
10%の確率で相手をまひ状態にします。
主にギャラドスに対して使います。

れいとうパンチ
威力75のこおり技でくさ、ひこう、ドラゴンタイプのポケモンに対する有効打です。
10%の確率で相手をこおり状態にします。
主にゴリランダーに対して使います。

カウンター
受けた相手の物理技のダメージの2倍を相手に与える技です。
A1段階下降のダイマックスエースバーンなどに対して有効です(ダメージ計算必読)

アイアンヘッド
威力80のはがね技でフェアリータイプに対する有効打です。
30%の確率で相手をひるませます。
フェアリータイプ対面ではほぼ手持ちに引くため優先度は低いです。

ちょうはつ
3ターンの間相手は攻撃技しかできないようにする補助技です。
起点づくりのポケモンに有効ですが、相手の型を見極める必要があります。

立ち回り

環境に多いゴリランダーゴリランダーのグラススライダーやドラパルトドラパルトのドラゴンアローなどや、その他タイプ不一致2倍弱点の物理技をいかくを入れれば余裕をもって耐えることができるので、物理アタッカーへの後投げやいかくで後続へのサポートなどを行います。
いかくによるAダウンを目的として、切らずに残すという選択肢もありますので相手の後続の予測も行うとより活躍しやすくなります。

一応おにびドラパルトやAにあまり振ってない耐久振りゴリランダーに対してはりゅうのまいを積んでごり押すことができます。

与ダメージ計算

基本的にサイクル重視でりゅうのまいを積むことが少ないので積みなしのダメージのみ載せておきます。

表記の仕方 (例)技名 与ダメージ (確定or乱数何発:乱数で落ちる確率)

エースバーンエースバーンH4エースバーン
ドレインパンチ 34.6〜41.0%(確定3発)
じごくづき 37.1〜44.2%(確定3発)

ドラパルトドラパルトH4ドラパルト
じごくづき 70.7〜84.1%(確定2発)
れいとうパンチ 43.9〜52.4%(乱数2発:16.8%)

ゴリランダーゴリランダーH252ゴリランダー
ドレインパンチ 23.1〜27.5%(乱数4発:54.2%)
れいとうパンチ 30.9〜36.7%(乱数3発:56.2%)

ポリゴン2ポリゴン2しんかのきせきHB特化ポリゴン2
ドレインパンチ 22.9〜28.1%(乱数4発:57.0%)

ウーラオス(いちげき)ウーラオス(いちげき)H4ウーラオス(連撃)
ドレインパンチ 24.4〜29.5%(乱数4発:約100%)
かみなりパンチ 32.9〜39.7%(乱数3発:約100%)

ウーラオス(いちげき)ウーラオス(いちげき)H4ウーラオス(一撃)
ドレインパンチ 48.8〜59.0%(乱数2発:99.6%)

被ダメージ計算

表記の仕方は与ダメージ計算と同様です。
ダイナックルを撃ってくる可能性が高いポケモンや特性でステータス下降しないポケモンのみ通常、1段階下降状態の両方を載せます。

エースバーンエースバーンA252珠エースバーン(キョダイマックス個体)
  • 通常状態
キョダイカキュウ 68.0〜80.2%(確定2発)
ダイナックル(とびひざげり) 81.3〜96.5%(確定2発)
ダイジェット(とびはねる) 110.4〜131.3%(確定1発)

  • A1段階下降状態
キョダイカキュウ 45.3〜54.6%(乱数2発:49.6%)
ダイナックル(とびひざげり) 54.6〜65.1%(確定2発)
ダイジェット(とびはねる) 73.8〜87.7%(確定2発)

ゴリランダーゴリランダーA特化鉢巻きゴリランダー(グラスフィールド下)
  • A1段階下降状態
グラススライダー 31.3〜37.2%(乱数3発:78.6%)
ウッドハンマー 54.0〜63.3%(確定2発)
ばかぢから 55.8〜66.2%(確定2発)
キョダイコランダ 47.6〜56.3%(乱数2発:84.8%)
ダイナックル(ばかぢから)30.2〜36.0%(乱数3発:36.7%)

ドラパルトドラパルトA252ドラパルト
  • 通常状態
ドラゴンアロー 34.8〜41.8%(確定3発)
ダイドラグーン(ドラゴンアロー) 44.1〜52.3%(乱数2発:15.6%)
ダイジェット(そらをとぶ) 59.3〜69.7%(確定2発)

  • A1段階下降状態
ドラゴンアロー 11.0〜13.9%(乱数8〜10発)
ダイドラグーン(ドラゴンアロー)29.6〜34.8%(乱数3発:7.5%)
ダイジェット(そらをとぶ)39.5〜46.5%(確定3発)

ドラパルトドラパルトC252ドラパルト
りゅうせいぐん 47.6〜56.3%(乱数2発:84.8%)
たたりめ(状態異常あり) 23.8〜27.9%(乱数4発:90%) ※やけどダメ込み確定4発
ダイドラグーン(りゅうせいぐん) 51.1〜61.0%(確定2発)

ポリゴン2ポリゴン2C252ポリゴン2(ダウンロード)
  • C1段階上昇状態
トライアタック 45.3〜54.0%(乱数2発:43.4%)
ほうでん 30.2〜36.0%(乱数3発:43.5%)

  • 通常状態
トライアタック 30.2〜36.6%(乱数3発:53.7%)
ほうでん 20.3〜24.4%(確定5発)

ウーラオス(いちげき)ウーラオス(いちげき)A252鉢巻きウーラオス(両型兼用)
  • 通常状態
インファイト 126.7〜151.1%(確定1発)
つばめがえし 43.0〜51.1%(乱数2発:5.1%)
すいりゅうれんだ 45.9〜54.6%(乱数2発:60.2%)
あんこくきょうだ 15.6〜18.6%(乱数6発:93.3%)
ダイナックル(インファイト)67.4〜81.3%(確定2発)
ダイジェット(つばめがえし)52.3〜62.7%(確定2発)
キョダイレンゲキ(すいりゅうれんだ) 45.9〜54.6%(乱数2発:60.2%)
キョダイイチゲキ(あんこくきょうだ) 11.0〜13.3(乱数8〜10発)

  • A1段階下降状態
インファイト 84.8〜101.1%(乱数1発:6.3%)45.3〜53.4%(乱数2発:30.9%)
つばめがえし 29.0〜34.8%(乱数3発:8.0%)34.8〜41.8%(確定3発
ダイナックル(インファイト)
ダイジェット(つばめがえし)
キョダイレンゲキ(すいりゅうれんだ)30.2〜36.6%(乱数3発:53.7%)
キョダイイチゲキ(あんこくきょうだ)7.5〜8.7%(乱数12〜14発)

ギャラドスギャラドスA252珠ギャラドス
  • A1段階下降状態
たきのぼり 25.0〜29.6%(確定4発)
ダイジェット(とびはねる) 77.3〜92.4%(確定2発)

トゲキッストゲキッスC252トゲキッスやミミッキュミミッキュA252ミミッキュ、マリルリマリルリA252ちからもちマリルリのフェアリー技は確定1発です。(いかくを入れてもミミッキュが珠持ちだった場合やマリルリの攻撃は高乱数1発で落ちます)起点にされるため交代しましょう。

相性の良い味方

ズルズキンはフェアリータイプのポケモンに対してタイプ一致技半減、フェアリー技が4倍弱点と致命的な弱点を持っているため、フェアリータイプに対して受けだせるポケモン(主に毒や鋼、炎タイプ)が相性がいいです。

ドラミドロドラミドロドラミドロ
特殊耐久が高く、H252、D4でとつげきチョッキを持てば環境に多いトゲキッスのマジカルシャイン(ダイフェアリー)を余裕で耐えて毒技で反撃することができ、その他特殊アタッカーに対しても強いです。
ダイマックスをすればC2段階上昇トゲキッスのダイフェアリーも確定で2発耐えます。
ドリュウズやパッチラゴンなどの物理アタッカーに弱いので注意。

ウインディウインディウインディ
ズルズキンと同じく特性のいかくを持ち、おにびやあさのひざしなどの技を覚える物理受けが可能なポケモンです。ミミッキュやエースバーンなどの物理アタッカーに対して強く出れます。
ウォッシュロトムなどの特殊アタッカーやヌオーなどの受けポケモンに弱いので注意。

ギルガルド(シールド)ギルガルド(シールド)ギルガルド
フォルムチェンジにより、物理、特殊ともに高い攻撃力と高い防御力をもつポケモンです。
ズルズキンが苦手なかくとう、ひこう、フェアリーを半減以下に抑え、ギルガルドが苦手なあく、ゴーストはズルズキンが受けるという相性補完がよいコンビです。
相性の補いに関してはサザンガルドの下位互換

このポケモンの対策

いくら耐久が高いといえどもミミッキュミミッキュトゲキッストゲキッスなどのフェアリーアタッカーに弱いです。つるぎのまいやわるだくみの起点にできます。りゅうのまいを積まれていたらアイアンヘッドやれいとうパンチなどで倒されるので注意

ウォーグルウォーグルウォーグルやミロカロスミロカロスミロカロスなど、特性がまけんきやかちきのポケモンに対してはA、Cを上げてしまうだけなので出しづらくすることができます。

また、ヌオーヌオーヌオーなどの特性がてんねんのポケモンや、アーマーガアアーマーガアアーマーガア、エアームドエアームドエアームドをはじめとする物理受けポケモンに弱いです。

実際に使ってみて

エースバーンやゴリランダーをはじめとして、ドラパルト、ギャラドスなどの物理アタッカーに対してAダウンやダイマックスのターン枯らしなど有利展開に持っていくうえで素晴らしい働きをしてくれました。
特殊アタッカーに対しても決して弱くはなく、残り体力が少なくなってもいかくを入れながらクッションになるなど最後まで仕事をしてくれます。

マイナーかつフェアリー4倍弱点というのもあってなめられた選出をされるのは少し複雑な気持ちになりますが

これはこの育成論を書いているときには想定していなかったのですが、イエッサン♂イエッサン♂CS252H4臆病スカーフイエッサンへのけん制になり、もし対面しても
マジカルシャイン確定耐え(81.3〜97.6%)
返しのじごくづきで確定1発(107.3〜127.9%)
で打ち勝つことができます。

最後に

ここまで閲覧していただきありがとうございます。ダメージ計算は環境トップポケモンの主な技をできるだけ書いたつもりですが、ほかに書いたほうがいい技があれば指摘をお願いします。
では、ズルズキンが活躍することを願っております。

投稿日時 : 

最終更新日時 : 2020/07/27 21:53

ズルズキンの他の育成論を探す (3件) >>

スポンサーリンク

コメント (1件)

  • ページ:
  • 1
20/07/23 17:51
1みょんすけ (@myon_roguW12)
見直したところ、ギルガルドも相方に良いのではと考え追加しました。
  • ページ:
  • 1

削除キー:


コメントを投稿

補足やアドバイス、間違いの指摘などにお使いください(半角5000文字まで)。育成論に直接関係のないコメントは書き込まないでください(育成論を求めてこのページを訪れた第三者のユーザーに関係のない書き込みすべてが削除対象です)。また、育成論の削除を強要することは運営ポリシー違反であり運営妨害です。削除が必要かどうかは管理者が判断しますので、管理者に直接ご連絡ください。

※評価はポケ徹サービスにログインする必要があります。

名前: 

本文:

削除キーは自分でコメントを削除する際に必要になります。

削除キー:


この育成論のフォークを投稿する >>

修正・削除(投稿者用)

この育成論を修正あるいは削除する場合は、管理用パスワードを入力して「修正・削除」ボタンをクリックしてください。

スポンサーリンク

◆ ページの先頭へ ◆


トップページ::ソードシールド(剣盾)::ポケモン育成論ソードシールド::ズルズキンの育成論::カウンターも可能⁉環境トップに立ち向かうチンピラ!いかくズルズキン

このサイトについて | プライバシーポリシー | ポケ徹@Twitter

ポケットモンスター・ポケモン・Pokémonは任天堂クリーチャーズゲームフリークの登録商標です。

当サイトは個人ファンサイトであり、株式会社ポケモン他企業様とは一切関係ありません。下記はサイト独自の内容に関する著作権を示すものです。

© 2002-2020 Yakkun

dummy