dummy

テッカニン- ポケモン育成論ソードシールド

虫使いの変態型ポケモンその壱 襷剣舞型テッカニン

2019/12/19 01:13 / 更新:2019/12/19 12:21

テッカニン

HP:HP 61

攻撃:攻撃 90

防御:防御 45

特攻:特攻 50

特防:特防 50

素早:素早 160

ツイート4.434.434.434.434.434.434.434.434.434.43閲覧:24304登録:19件評価:4.43(10人)

テッカニン  むし ひこう  【 ポケモン図鑑 】

性格
いじっぱり(攻撃↑ 特攻↓)
特性
かそく
努力値配分(努力値とは?)
HP:4 / 攻撃:252 / 素早:252
実数値:137-156-65-x-70-212 / 個体値:31-31-31-x-31-31
覚えさせる技
つるぎのまい / じたばた / きゅうけつ / あなをほる
持ち物
きあいのタスキ

スポンサーリンク


ルール
シングルバトル
このポケモンの役割
物理アタッカー / ダイマックス指定なし
登録タグ

考察

初めまして。虫統一でレートに潜り続けるものの、セキタンザンに3タテされるフェリオです。


今回は育成論ということで、僕の大切な友達の1人、テッカニン君を紹介していこうと思います。
虫統一目線の考察が多くなってしまうかもしれませんが、虫取り少年になった気分になって読んでいただけると幸いです。
初投稿になりますが何卒よろしくお願いします。

はじめに


  • この育成論では個体値の略語としてHABCDSを使用します。
  • H→hp、A→こうげき、B→ぼうぎょ、C→とくこう、D→とくぼう、S→すばやさ
とします。

努力値振り

  • H52 A252 S204
A→攻撃型ためぶっぱ
S→S1段階上昇(かそく1回)で最速すなかきドリュウズ抜き又はSにぶっぱして初速をさらに上げるのも効果的。
H→余り

何故テッカニンなのか

  1. むしタイプであるから
  2. 最上位クラスのすばやさ種族値
  3. 特性かそく+つるぎのまいによる抜き性能
  4. 何より読まれにくい

第8世代のテッカニン事情

  • 第7世代と第8世代で変わったこと
  1. ポケモンの種類が減った
  2. メガシンカやZ技の廃止とダイマックスの普及
  3. ポケモンの全体的な低種族値化
  • テッカニンの強み
特性かそくとつるぎのまいによる、
1ターンでA2段階、S1段階上昇
  • なぜ今まで使われなかったのか
  1. 今まではステルスロックを撒けるポケモンが多く存在していた
  2. 種族値の暴力とも考えられる高耐久ポケモンがゴロゴロいた。
  3. 特性いかくを持つポケモンが多数いた

  • しかし今作では全体的な低種族値化によって、テッカニンクラスの攻撃力であっても抜きエースとしての運用が可能に!!
ですが、耐久力に関しては弱いままなので、襷で1発耐えて無理矢理でも剣舞を積む型を考えました。というよりたまたま出来ました。


持ち物


コンセプトのためきあいのタスキで確定

覚えさせる技


  1. コンセプトのつるぎのまいは確定。
  2. 次点で、メインウェポンであるじたばたはほぼ確定。
  3. 選択技であなをほるシザークロスきゅうけつアクロバット

主なダメージ計算


じたばた
襷+剣舞との相性がいいメインウェポン
  • A2段階上昇
h252b4ロトム 116.5~137.5% 確定1発
h4ダイマックストゲキッス 126.7~149.0% 確定2発
h252ニンフィア 136.6~160.8% 確定1発
h252b4ラプラス 97.8~115.1% 高乱数87.5%1発
b特化エルフーン 115.4~136.0% 確定1発
h4ウオノラゴン 117.4~138.5% 確定1発
h252ギャラドス 117.3~138.1% 確定1発

きゅうけつシザークロス
きゅうけつは襷を消費した後の先制技や砂等のダメージを耐える時、ダイマックスのためにHP回復が欲しい時に役立つ。
シザークロスは裏のポケモンにじたばたで攻撃したい時に役立つ。
  • A上昇無し
h252b4バンギラス 52.1~61.8% 確定2発
  • A2段階上昇
h252b4バンギラス 124.5~147.4% 確定1発
h252b252b特化ブラッキー 78.2~93.0% 確定2発

あなをほる
相手のダイマックスターンやトリックルームのターンを稼ぐのを使ったり、4倍弱点を通す時に使う
  • A2段階上昇
h4ドリュウズ 127.5~150.2% 確定1発
h252ドサイドン42.3~50.4% 低乱数2発
b特化ドヒドイデ 54.7~64.9% 確定2発
h252セキタンザン 125.3~147.4% 確定1発

コメントから
アクロバット
襷消費と相性がいいのとタイプ補正が入る
  • A2段階上昇
無振りドラパルト 125.1~147.2% 確定1発

立ち回り解説

基本は襷を盾に初手剣舞。先制技がありそうな敵には受けポケにさっさと交代してしまった方がいい。
襷発動時の剣舞じたばたの威力が凄まじく、ほとんどのポケモンを1発でひんしにすることが出来る。


天敵

ミミッキュミミッキュミミッキュ 先制技を持ち、ばけのかわで1発耐えてくる。
アーマーガアアーマーガアアーマーガア 硬すぎる。最早起点にされて終わる。
パルシェンパルシェンパルシェン ロクブラ当てられると負け。

おわりに

いかがだったでしょうか。少しはテッカニンを使ってみたいと思っていただけたでしょうか?第7世代てわはバトン型で稀に見る程度のポケモンでしたが、第8世代ではここまで戦えるようになりました。さらには抜き性能だけじゃなく、裏のポケモンに先制技やダイジェットを覚えさせ、テッカニンが取りこぼしたポケモンを起点にするような動きも強いです。
改善の余地はまだまだある発展途上なポケモンなので、アドバイスや指摘等どんどんお願いいたします。

マルヤクデマルヤクデ虫ポケモンの未来に、幸あり。バタフリーバタフリー

投稿日時 : 

最終更新日時 : 2019/12/19 12:21

テッカニンの他の育成論を探す (6件) >>

スポンサーリンク

コメント (11件)

  • ページ:
  • 1
19/12/19 04:02
1みかっす
拝見させて頂きました……が、色々とツッコミ所があるように思います。

まず、準速にしているのはなぜでしょうか?
準速テッカニンは最速ドラパルトに抜かれてしまいますし、ダメージ計算を見ても確定数が変わらなそうです。
タスキで耐えて加速するから良いと思うかもしれませんが、ドラパルトにはドラゴンアローというタスキ無効攻撃があります。
いじっぱりにする意味はなんでしょう?

次に、きゅうけつの採用理由がいい加減です。
メインウェポンであるじたばたと恐ろしいくらいにアンチシナジーですし、そういう意味では明らかにシザークロスにすべきです。
まぁ虫技を打つ相手はバンギラスかサザンドラくらいで、バンギラス相手を考えれば砂ダメを耐える必要があるためきゅうけつにする意味はありますが、それならそうとちゃんと育成論に記述してください。
少なくとも採用理由は「HP管理ができるから」なんてぼんやりした文章にはならないはずです。

また、つばめがえしを採用している理由もわかりません。
確かに条件付きではありますが、タスキテッカニンの場合アクロバットの方が良いのではないでしょうか?
アクロバットにすれば(非ダイマックス状態で無振りという条件ですが)ドラパルトが確定1発になります。
なぜあえてつばめがえしなのでしょう?

さらに言えば、じたばたによる抜き性能が自慢なら、こいつの理想個体は耐久面オール逆Vとかです。
まぁさすがにそこまではこだわりすぎかもですが、耐久面Vは全くコンセプトに沿ってません。
適当に決めないでください。

とりあえず気になったのは以上です。
使っていてドラパルトに抜かれて即死した事は無いんですか?
きゅうけつしたせいでじたばたの威力が下がって負けた事はないんですか?
あるいは、きゅうけつしたおかげで砂ダメを耐えられたという経験はないんですか?
普通に使っていればほぼ気がつくであろう事ばかりツッコんでしまった気がします。
19/12/19 04:44
2あらあら
コンセプトについてですが、テッカニンというポケモン自体先発積みバトンが有名であり、選出が極端に読まれやすいポケモンなので当然ミミッキュやバンギなど苦手な相手が初手に出されやすいのでは?
型が読まれにくいという変態型の最たる長所を活かせてると思えない 少なくとも、それを考察全体から読み取れない時点でコンセプトか書き方にそもそもの問題があると思います

技についてですが、対面バンギラスは剣舞にしろ吸血にしろ下から殴られ砂ダメで1ターンで倒されるのに仮想敵としていることが謎 無駄に弱点保険発動させてしまうだけでは
つばめ返しに至ってはドラパ対面で剣舞+燕2回の三ターンもかかる立ち回りで到底実践的な計算ではない。これでは採用する理由が全くわからない。
どちらもバトンタッチを切ってまで採用したいと思える理由が見つかりません
19/12/19 04:56
3うぃん (@TK11089431)
フルアタとはなんぞや。
タイトル詐欺と言われても仕方ないのでは?
19/12/19 07:47
4きゃた (@REKTPIGX)
55555
ありがとうございます。
評価5で
19/12/19 07:53
5ベベノム@チームショワショワ リアルすぎたゴールド (@263mau5yPegfXy7)
11111
投稿主は何度か使った上で書き込んだものなんでしょうか?
19/12/19 09:10
6フェリオ (@fuu05202)
>1
指摘ありがとうございます。普段使っていてドラパルトが先発されることが少ない。確かに対面だと2確取られて負けますが、出てきたとしても守る読みのダイバーンを打ってくることが多いです。(裏に交換した方がいい)
それときゅうけつの採用理由ですが、剣舞を積むために襷を使ってもバンギラスやブラッキー、サザンドラ、ゴリランダー等から吸収してテッカニンのhpをほぼ全開まで回復できるので裏から出てくる先制持ちポケモンの攻撃を1発耐えたり、ダイマックス時の利益を上げたりできるので採用しています。
確かにシザークロスを採用すればじたばたを裏にも通せるので最初は使ってたんですが裏の先制持ちにやられることが多かったのできゅうけつに変えました。
つばめがえしに関しては採用したことがなかったのですみません。修正しておきます。
>2
初手バンギラスやミミッキュはこちらとしても読みやすいです。ただ、初手テッカニンを読んで初手にはギャラドスやトゲキッス等の積みアタッカーが出てきて安直に積んでくることが多く、それらが見えたらテッカニンを先発に出しています。
>3
すみませんでした
>4
ありがとうございました
19/12/21 16:49
7通りすがりの虫使い
同じように虫ポケモンを使ってます。
変態型という名目があったので目を通させていただきましたが、ただの王道型の劣化でガッカリです。
特に虫ポケモンの天敵であるバンギや撒いてほしくないステロの対策などもなく襷一択にしている時点で鼻で笑います。
テッカニンを使うなら身代わり搭載、回復きのみアクロバットバトンの方が仕事出来ますし、こっちの方がアタッカーの王道に近いです。襷にすればなんとかなるとお思いですが、砂嵐やステロ、あられなどで襷潰れますし、最速でないのならドラパルト相手にも何も出来ずにお亡くなりです。
変態型と仰るのなら、HSぶっぱ最速テッカニンきのみ持ちの身代わり、命がけ、バトン、まもる等ダイマックスを受け流すなり初手バンギ対面のいのちがけなり相手の不意を突く一撃の方がまだ面白いです。
今の環境は虫統一にとっては厳しいです。その厳しい中でいかに虫ポケモン一匹に複数の役割を持たせるかが鍵になると思ってます。このテッカニンにはその魅力が一切ないです。
19/12/21 22:32
8フェリオ (@fuu05202)
>7
コメントありがとうございます。
同じ虫ポケモン使いが拝見していただきありがとうございます。
僕のパーティとおそらくかなり違うので言わせていただくと、バンギやドラパルト、ミミッキュなどのメジャーなポケモンの相手は他のポケモンに任せ、このテッカニンはロトムやサザン、ウオノラゴン等の主要スカーフポケモンや積みアタッカーに対して強く出れるという点で使用しています。正直、虫統一はバンギやミミッキュ、ドラパルトやセキタンザン、トゲキッスに滅法弱いため、それらを対策するのは課題のひとつです。しかしその対策はパーティ単位であってポケモン単体ではないと思います。
それと王道テッカニンだと思われていますが、今までアタッカーテッカニンを見たことがあるんでしょうか??確かに虫統一なら使ったことがあると思いますが、普通じゃ見かけないと思いますよ?
つまりは、ドラパルトやバンギ等のトップメタポケモンはパーティ単位で対策が必須であるため、テッカニンで対策するのっていうのは少々違うと思いますよ。
特に、挙げられている身代わりテッカニンですが使ってみて火力が足りなく厳しい面があったのでこちらの型で使っているだけです。
長くなってしまってすみません。
19/12/30 21:10
9しらっきー (@diaspeed9)
投稿お疲れ様です。
選択技にトンボ返りはいかがでしょうか。
技スペースがきつくなりますが、苦手なポケモンの際、速さを生かして攻撃しつつ受けポケモンを出せます(先制持ちの可能性があれば通常の交替と選択可)。
例えばミミッキュと対面した時に相手がテンプレ剣舞を選んだりした際に打ち逃げが可能になります。
19/12/31 22:25
10フェリオ
>9
コメントありがとうございます。
全然ありだと思います。もし搭載するのであればきゅうけつとの選択になり、陽気最速にした方が良いと思います。
20/06/22 00:17
11たくみ
ありがとうございます。虫タイプには可能性があると信じているのでこな育成論は嬉しいです。テッカニンの自慢の速さを利用したアタッカーは作ってみたいと思っていたので参考にさせて頂きます。
  • ページ:
  • 1

削除キー:


コメントを投稿

補足やアドバイス、間違いの指摘などにお使いください(半角5000文字まで)。育成論に直接関係のないコメントは書き込まないでください(育成論を求めてこのページを訪れた第三者のユーザーに関係のない書き込みすべてが削除対象です)。また、育成論の削除を強要することは運営ポリシー違反であり運営妨害です。削除が必要かどうかは管理者が判断しますので、管理者に直接ご連絡ください。

※評価はポケ徹サービスにログインする必要があります。

名前: 

本文:

削除キーは自分でコメントを削除する際に必要になります。

削除キー:


この育成論のフォークを投稿する >>

修正・削除(投稿者用)

この育成論を修正あるいは削除する場合は、管理用パスワードを入力して「修正・削除」ボタンをクリックしてください。

スポンサーリンク

関連ページ

◆ ページの先頭へ ◆


トップページ::ソードシールド(剣盾)::ポケモン育成論ソードシールド::テッカニンの育成論::虫使いの変態型ポケモンその壱 襷剣舞型テッカニン

このサイトについて | プライバシーポリシー

ポケットモンスター・ポケモン・Pokémonは任天堂クリーチャーズゲームフリークの登録商標です。

当サイトは個人ファンサイトであり、株式会社ポケモン他企業様とは一切関係ありません。下記はサイト独自の内容に関する著作権を示すものです。

© 2002-2020 Yakkun

dummy