dummy

フライゴン- ポケモン育成論ソードシールド

【シリーズ10】ザシアン受けを起点にするフライゴン

2021/09/07 18:15 / 更新:2021/09/13 06:54

フライゴン

HP:HP 80

攻撃:攻撃 100

防御:防御 80

特攻:特攻 80

特防:特防 80

素早:素早 100

ツイート4.824.824.824.824.824.824.824.824.824.82閲覧:2679登録:3件評価:4.82(8人)

フライゴン  じめん ドラゴン  【 ポケモン図鑑 】

性格
しんちょう(特防↑ 特攻↓)
特性
ふゆう
努力値配分(努力値とは?)
HP:252 / 防御:124 / 特防:132
実数値:187-120-116-x-128-120 / 個体値:31-31-31-x-31-31
覚えさせる技
じわれ / みがわり / いやなおと / がんせきふうじ
持ち物
ラムのみ

スポンサーリンク


ルール
シングルバトル
このポケモンの役割
物理サポート / ダイマックスしない
登録タグ

考察

※この育成論はシリーズ10(禁止伝説あり、ダイマックス禁止)の環境で運用することを前提に考察しています。

フライゴンについて

 現環境でフライゴンを運用する場合、普通にアタッカーやサイクルパーツとして採用すると、どうしても同じ地面タイプであるランドロス(霊獣)ランドロス(霊獣)ガブリアスガブリアスに見劣りしてしまいます。そこで、本育成論ではフライゴンにしかできない役割を見出すことを目指しました。
 実用性では一線級のポケモンに劣ってしまいますが、どうしても現環境でフライゴンを活躍させたいという方のお役に立てればと考えています。

採用理由と役割

  • ザシアン軸に採用する崩し枠
 ザシアンザシアン(王)ザシアン(王)は現環境においてトップクラスの性能を誇る禁止伝説ポケモンです。フライゴンフライゴンザシアン(王)ザシアン(王)は相性補完に優れており、お互いの弱点をもう一方が全て半減以下で受けることができます。また、ザシアン(王)ザシアン(王)受けとしてよく採用されるポケモンは、フライゴンフライゴンに打点を持っていないことが多いです。そのため、相手のザシアン対策枠を起点にして、サイクルを崩すことを目指しました。
 具体的な役割対象は以下のポケモンです。
ランドロス(霊獣)ランドロス(霊獣)ヌオーヌオーラグラージラグラージドヒドイデドヒドイデヒートロトムヒートロトムウインディウインディ、暴風のないサンダーサンダー、ラスターカノンのないヒードランヒードラン、等
 これらのポケモンに対して身代わりを残すことができ、かつヒートロトムヒートロトムサンダーサンダーのボルトチェンジを止められるのは、じめん/ドラゴンタイプで特性「ふゆう」のフライゴンフライゴンだけです。ちなみに、同じ耐性を持つビブラーバビブラーバは「しんかのきせき」を持たせても、耐久でフライゴンフライゴンに劣ります。

 似たような役割を持つポケモンに、悪巧みボルトロス(霊獣)ボルトロス(霊獣)がいます。ザシアン(王)ザシアン(王)軸に採用される崩し枠としては、ボルトロス(霊獣)ボルトロス(霊獣)の方が暴風持ちのサンダーサンダーに対しても安定し、汎用性が高いです。しかし、フライゴンフライゴンボルトロス(霊獣)ボルトロス(霊獣)よりも耐久値が若干高く、岩技や炎技に耐性があるため、差別化はできていると考えています。

  • 受けループ対策
 詳しくは立ち回りの項で後述します。


持ち物

  • ラムのみ
 ラグラージラグラージの欠伸、ヌオーヌオードヒドイデドヒドイデの熱湯/毒々、ヒートロトムヒートロトムウインディウインディの鬼火に対して一度だけ繰り出すことができます。
  • たべのこし
 状態異常には弱くなるものの、場持ちがよくなります。状態異常技は対面からなら身代わりを置くことで対処できるため、役割対象への繰り出しを想定しない(この場合相手のザシアン(王)ザシアン(王)受けへの交換を読んで、こちらもフライゴンフライゴンに交換を合わせる必要がある)のであればこちらでも構いません。

特性

 「ふゆう」です。役割対象であるランドロス(霊獣)ランドロス(霊獣)ラグラージラグラージヌオーヌオーの地震を無効化できるため、打点を無くすことができます。

性格・努力値と調整

しんちょう HP252 防御124 特防132(187-120-116-x-128-120)
  • 調整意図
HP:総耐久を上げるため全振り
防御:無振りラグラージラグラージのクイックターンを身代わりが確定で耐える
特防:余り
素早さ:役割対象のうち、状態異常技を使ってきそうな相手には、無振りでも先制で身代わりが残せるため無振り
  • ダメージ計算
物理耐久
無振りラグラージラグラージのクイックターン:20.9%〜24.6%
無振りランドロス(霊獣)ランドロス(霊獣)のとんぼ返り:20.3%〜24.1%
モロバレルモロバレル等の不一致イカサマ:20.3%〜24.1%

特殊耐久
無振りサンダーサンダーの暴風:37.4%〜44.9%
無振りヒートロトムヒートロトムのオーバーヒート:19.3%〜22.5%
無振りムゲンダイナムゲンダイナのヘドロウェーブ:18.2%〜21.9%
無振りヌオーヌオーの熱湯:16.6%〜19.8%
無振りドヒドイデドヒドイデの熱湯:14.4%〜17.6%
無振りウインディウインディの火炎放射:12.8%〜15.5%
無振りサンダーサンダーの熱風:10.7%〜12.8%(身代わりが28.5%の乱数2発)

技構成

[確定技]
  • みがわり
 受けポケモンを相手にする際、補助技を防ぐために使います。受けポケモンの攻撃技や半減の技であれば身代わりが耐えるため、行動回数が稼げます。

  • じわれ(命中:30 一撃必殺)
 身代わりを残した後に、相手のサイクルを崩すために使います。フライゴンフライゴンが覚える技で、相手の後続に負担をかけられる技がこれしかないので確定です。基本的には有利対面や身代わりが残っている場面で打ち、試行回数を稼ぐことで命中を狙います。最悪、役割対象が選出されなかった場合も、地割れを連打することで運勝ちを狙えます。

  • いやなおと(命中:85 相手の防御を2段階下げる)
 身代わりと地割れだけでは浮いているポケモンランドロス(霊獣)ランドロス(霊獣)ヒートロトムヒートロトムサンダーサンダーに対して何もできないため、それらを流すために採用します。竜の舞でもいいですが、フライゴンフライゴン自身に突破力がないため、ザシアン(王)ザシアン(王)の起点を作ることができる嫌な音の方が優先度が高いです。
 音技なので相手の身代わりを貫通します。

[選択技]
  • がんせきふうじ(威力:60 命中:95 相手の素早さを1段階下げる)
 嫌な音と合わせてヒートロトムヒートロトムサンダーサンダーを流すために採用します。ストーンエッジでもいいですが、どちらにせよ火力にはあまり期待できないので、後続の起点を作ることができる岩石封じの方が優先度が高いです。

図太いHP252防御252ヒートロトムヒートロトム:21.7%〜25.5%
図太いHP252防御252サンダーサンダー:19.3%〜23.4%
同上の防御4段階下降サンダーサンダー:55.8%〜66.0%

  • とんぼがえり(威力:70 命中:100 攻撃後、手持ちのポケモンと入れ替わる)
 嫌な音を打ち、流し際にとんぼ返りを選択することで、対面操作ができます。相手が交代してこなかった場合は、防御が2段階下がったザシアン(王)ザシアン(王)受けとザシアン(王)ザシアン(王)が対面することになるので、相手のサイクルを崩せます。


立ち回り例

  • 基本的な立ち回り
 基本的にはザシアン(王)ザシアン(王)とセットで選出します。相手のザシアン(王)ザシアン(王)受けに対してフライゴンフライゴンを繰り出し、身代わりを残しましょう。相手は交換せざるを得ないため、そこに地割れを合わせることでサイクル崩壊を狙います。フライゴンフライゴンが苦手な相手に対しては、身代わりが残っていない限り、無理せずにザシアン(王)ザシアン(王)に交代し、サイクル戦に持ち込みましょう。

 受けループに対しては、エアームドエアームドを選出されない限りフライゴンフライゴンの地割れが一貫します。
 受けループ側はザシアン(王)ザシアン(王)フライゴンフライゴンを受けるためにエアームドエアームドヌオーヌオーのどちらかを選出しなければなりません。パーティをエアームドエアームドに強くすることでヌオーヌオーの選出を誘導できるように構築を組みましょう。サイクルの中でフライゴンフライゴンの地割れの試行回数を稼ぎ、崩しを狙います。なお、身代わりムゲンダイナムゲンダイナに対してはフライゴンフライゴンではジリ貧になるため、後続に身代わりムゲンダイナムゲンダイナに強いポケモンを選出する必要があります。

相性の良い味方

 高い突破力を持ち、フライゴンフライゴンとの相性補完に優れます。フライゴンフライゴンが崩しを担当しているため、剣の舞を採用する必要がなく、技範囲を広げることができます。
 前述のvs受けループにおいて、エアームドエアームドの選出を抑制し、ヌオーヌオーの選出を誘導できます。挑発+大地の力を採用することで、身代わり持ちのムゲンダイナムゲンダイナに対しても強く出られます。
 また、フライゴンフライゴンで受けられないザシアン(王)ザシアン(王)対策枠であるギルガルドギルガルド(シールド)ギルガルド(シールド)に強い点も魅力的です。
 ザシアン(王)ザシアン(王)フライゴンフライゴンが苦手とするカバルドンカバルドンに強く出られます。また、ミストフィールドを展開することで、ザシアン(王)ザシアン(王)が攻撃する際にサンダーサンダーの静電気を警戒する必要がなくなる点も大きいです。

さいごに

読んでいただきありがとうございました。何かあればコメントでお願いします。

投稿日時 : 

最終更新日時 : 2021/09/13 06:54

フライゴンの他の育成論を探す (9件) >>

スポンサーリンク

コメント (2件)

  • ページ:
  • 1
21/09/08 11:04
1
フライゴンの唯一性を生かしたいい育成論だと思いました。強いていうなら比較対象として霊獣ボルトロスが上がるのではないでしょうか。耐久がひと回り劣るものの、でんき・じめん無効、みず等倍、C145と悪巧みで裏ごと崩したり対受けルもある程度できたり、といった感じです。いわ・ほのおが通るのでランドやウインディの前では身代わりを残しにくい(ヒトムはオバヒのC↓で残せる)ことと技スペがかなりきついことが難点ですが、替わりにザシアン受けとして最も多いサンダーがぼうふうを持っていても安定する点は強みだと思います。
21/09/08 12:26
2cube (@NWFoQDB5tyW0YN6)
コメントありがとうございます。
確かに霊獣ボルトロスについては言及した方がよさそうですね。追記します。
フライゴン独自の採用理由を見出したいという点から考察をスタートしたので、かなり尖った役割を持たせましたが、ザシアン軸の崩し枠としてはボルトロスの方が汎用性が高いですね。
しかし、コメントでも触れられている通り、耐久値や耐性の違いで差別化はできていると考えています。
  • ページ:
  • 1

削除キー:


コメントを投稿

補足やアドバイス、間違いの指摘などにお使いください(半角5000文字まで)。育成論に直接関係のないコメントは書き込まないでください(育成論を求めてこのページを訪れた第三者のユーザーに関係のない書き込みすべてが削除対象です)。また、育成論の削除を強要することは運営ポリシー違反であり運営妨害です。削除が必要かどうかは管理者が判断しますので、管理者に直接ご連絡ください。

※評価はポケ徹サービスにログインする必要があります。

名前: 

本文:

削除キーは自分でコメントを削除する際に必要になります。

削除キー:


この育成論のフォークを投稿する >>

修正・削除(投稿者用)

この育成論を修正あるいは削除する場合は、管理用パスワードを入力して「修正・削除」ボタンをクリックしてください。

スポンサーリンク

dummy