プレイ!ポケモンポイント!

ユーザー登録ログイン

dummy

ミミッキュ- ポケモン育成論サンムーン

ビルドミミZ型ミミッキュ育成論!!

2018/11/10 21:47:10

ミミッキュ

HP:HP 55

攻撃:攻撃 90

防御:防御 80

特攻:特攻 50

特防:特防 105

素早:素早 96

ツイートブックマーク4.694.694.694.694.694.694.694.694.694.69閲覧:5240登録:5件評価:4.69(11人)

ミミッキュ  ゴースト フェアリー  【 ポケモン図鑑 】

性格
いじっぱり(攻撃↑ 特攻↓)
特性
ばけのかわ
努力値配分(努力値とは?)
HP:164 / 攻撃:252 / 防御:12 / 特防:12 / 素早:68
実数値:151-156-102-x-127-125 / 個体値:31-31-31-x-31-31
覚えさせる技
じゃれつく / かげうち / ドレインパンチ / ビルドアップ
持ち物
ミミッキュZ

スポンサーリンク


このポケモンの役割
物理
ルール
シングルバトル
登録タグ

考察

はじめに

初めましての方は初めまして。poke_jinと申します。今回はミミッキュの育成論投稿になります。拙い点も散見されるでしょうが、どうかご容赦願います。

注意事項

  • 努力値は、基本的に個体値がすべて31であることを前提に設定していますが一部例外もあります。ケースに応じて調整してください。
  • ダメージ計算はポケモントレーナー天国様の計算ツールを使用させて頂いております。
  • この育成論ではHPを「H」、攻撃を「A」、防御を「B」、特攻を「C」、特防を「D」、素早さを「S」と表記しております。
  • 非公式の用語を使用している場合がございます。
  • 不備や質問等ございましたらコメント欄にてお願いします。リアルの都合もあり返信が遅れる場合もございますがご容赦下さい。

ミミッキュとは

ミミッキュミミッキュとは第七世代から登場したゴースト/フェアリータイプのポケモンで、専用特性「ばけのかわ」による行動保証と相性の良い強力なZワザや、豊富な積み技ないし補助技を用いて様々な戦術を仕掛けて来る第七世代を代表するポケモンです。
種族値はH55、A90、B80、C50、D105、S96。際立って高い数値はありませんが、様々な攻撃を一回限りダメージ0に抑える特性「ばけのかわ」の存在が何より強力です。
「ばけのかわ」で相手の攻撃を防ぐターンにAランクを二段階上昇させる「つるぎのまい」によって攻撃力を倍増させて、次ターンに大火力のZワザを仕掛けるという戦術は単純明快にして強力無比と言えるでしょう。

新たに習得した専用Zワザ「ぽかぼかフレンドタイム」と「ドレインパンチ」による新戦術

ミミッキュミミッキュはウルトラサン・ムーンにおいて専用Zワザ「ぽかぼかフレンドタイム」と、教え技によって「ドレインパンチ」を習得しました。
「ぽかぼかフレンドタイム」は威力190のフェアリータイプの攻撃技、「ドレインパンチ」は回復効果付き威力75のかくとうタイプの攻撃技です。
前者は文字通り破格の威力を誇るZワザ、後者はミミッキュミミッキュが苦手とするはがねタイプの弱点を突く攻撃技です。
1ターンの行動保証を有する特性「ばけのかわ」と組み合わせる事でこの二つの新規習得技を活かす方策は無いか?環境に多い対ミミッキュミミッキュ対策のポケモン達に勝てる戦術は無いか?
筆者が試行錯誤の上辿り着いたのが攻撃力と物理耐久力を同時に上昇させる積み技「ビルドアップ」とのコンボ戦術、『ビルドミミZ型ミミッキュ』です。

持ち物

ミミッキュZを採用します。専用Zワザ「ぽかぼかフレンドタイム」を撃つのに必要なZクリスタルです。

特性・性格・努力値

  • 特性
特性は「ばけのかわ」。この特性しか現状存在しません。特性「かたやぶり」所持ポケモンや「かたやぶり」と同じ追加効果を持つ専用技を所持する禁止伝説級ポケモン以外のポケモンからの攻撃によるダメージを一回限り0にしてくれます。
  • 性格
性格はいじっぱりで確定。ミミッキュの攻撃力を最大限活かす為のAに補正を掛けます。
  • 努力値
151(164)-156(252)-102(12)-×-127(12)-125(68)
括弧内の数値は努力値、括弧の左に記載されている数値がLv.50時点の実数値です。
まずは耐久面から見ていきます。
H151-B102による物理耐久指数は15402。この数値は、A216メガメタグロスメガメタグロスの特性かたいツメ補正有り「バレットパンチ」を確定で耐えられる数値です。
「ビルドアップ」を一度積むとB実数値は153となり、H151-B153による物理耐久指数は23103に強化されます。
この数値は、A205ドリュウズドリュウズや「りゅうのまい」を一度積んだA207メガギャラドスメガギャラドスの「アイアンヘッド」を確定で耐えられる数値です。

H151-D127による特殊耐久指数は19177。この数値は、C200カプ・テテフカプ・テテフのサイコフィールド補正有り「サイコキネシス」やC211メガリザードンYメガリザードンYの天候「はれ」補正有り「かえんほうしゃ」を確定で耐えられる数値です。
単にA205ドリュウズドリュウズの「アイアンヘッド」を「ビルドアップ」後の数値で耐えるだけならH143(100)-B105(36)調整でも可能です。こちらの方がH151(164)-B102(12)調整より努力値を40節約できますし、H実数値も天候ダメージを抑える16n−1調整になっています。
しかし、C211メガリザードンYメガリザードンYの天候「はれ」補正有り「かえんほうしゃ」を確定で耐えられる特殊耐久指数を両立する場合D実数値を127(12)とするとH実数値は151が必須となります。
H143はそのままに余った努力値40をD方面に割けばいいという意見も有るでしょうが、H143(100)-D132(52)ラインでは、C211メガリザードンYメガリザードンYの天候「はれ」補正有り「かえんほうしゃ」は12.5%の乱数一発となってしまいます。
AやSから努力値を回す余裕は無く、色々検討した結果物理耐久指数の観点からすると努力値を少々無駄にする調整にはなっていますが、このH-B-Dラインに落ち着きました。
実際この調整が活きた試合も有り(メガリザードンYメガリザードンYの天候「はれ」補正有り「かえんほうしゃ」を耐えて返り討ち)、確定で耐えられる耐久指数を保持する重要性を今一度再確認しました。

「ビルドアップ」を積めば相当固くなり、例えばA200メガリザードンXメガリザードンXの特性かたいツメ補正有り「フレアドライブ」も最大9割ダメージに抑制します(天候ダメージ一回分有っても確定耐え。「ステルスロック」でHが削れていても上から3つまでの乱数を引かなければ耐えられます)。

次は速度面。
S実数値125。最速61族抜き。
具体的に言うと最速バンギラスバンギラス・最速テッカグヤテッカグヤ抜き調整。準速キノガッサキノガッサも抜いている。
S実数値に関してはまず準速キノガッサキノガッサを抜く数値を最低限のラインとしました。最速キノガッサキノガッサ抜きまでSに努力値を回すと攻撃面や耐久面に不足が生じてくるので今回は止めました。
実際S12ではミミッキュミミッキュと対面したキノガッサキノガッサに抜かれた事は記憶のある限り皆無(=性格いじっぱり個体)で別段支障は無かったです。
次に意識したのは最速61族。最速バンギラスバンギラス・最速テッカグヤテッカグヤ抜き調整まではSに振りました。特にテッカグヤテッカグヤの上から行動する事は絶対必要だと思ったからです。
バンギラスバンギラスメガバンギラスメガバンギラスにメガシンカする事で71族になりこのミミッキュミミッキュでは抜かれてしまいますが、「ドレインパンチ」の存在を考えるとむしろメガバンギラスメガバンギラスの下から行動した方がお得です。

最後に攻撃面。
・ぽかぼかフレンドタイム
ミミッキュミミッキュの専用Zワザで威力190を誇るフェアリータイプの攻撃技。火力指数は44460。「ビルドアップ」を一度積む事で指数は66690に上昇。
・じゃれつく
威力90のフェアリータイプ攻撃技。火力指数は21060。「ビルドアップ」を一度積む事で指数は31590に上昇。
・かげうち
威力40のゴーストタイプ攻撃技。火力指数は9360。「ビルドアップ」を一度積む事で指数は14040に上昇。
・ドレインパンチ
威力75のかくとうタイプの攻撃技。火力指数は11700。「ビルドアップ」を一度積む事で指数は17550に上昇。
詳細なダメージ計算は下記にて掲載しますが、特に専用Zワザである「ぽかぼかフレンドタイム」は耐久が並程度のポケモンであれば等倍でも一撃で倒せる程の威力を誇ります。
A実数値は最高のA156。A種族値が控えめなミミッキュミミッキュの攻撃性能を限界まで高める為にAは妥協できません。
例えば、役割対象であるメガリザードンXメガリザードンXと対面した場合A154以上の「ぽかぼかフレンドタイム」がH153-B132メガリザードンXメガリザードンXに最低83%のダメージ。次の「かげうち」の最低ダメージが17.6%。A154より下になると乱数になってきます。
瞬間火力が求められる調整の場合、相手を確実に倒す為にミミッキュミミッキュのA実数値はできるだけ最高値をキープしておくべきだと筆者は捉えています。

技構成

  • じゃれつく
フェアリータイプの攻撃技。威力90・命中率90%。10%の確率で相手のAランクを一段階下降させる追加効果があります。
専用Zワザ「ぽかぼかフレンドタイム」を撃つ下地になる技でもあり、その威力は190にもなります。

  • かげうち
ゴーストタイプの先制技。優先度は+1。威力は40。Sを無視して先制して放てるのは勿論、専用Zワザ「ぽかぼかフレンドタイム」とのコンボも非常に強力です。
最速61族抜きまでS実数値を落としているので一貫性の高いゴーストタイプの先制技は重宝します。

  • ドレインパンチ
与えたダメージ値の半分を自身の体力回復に当てる事が出来るかくとうタイプの攻撃技。威力は75。
ゴーストタイプの攻撃技を無効化するノーマルタイプやミミッキュミミッキュの弱点となるはがねタイプに効果抜群となる「ドレインパンチ」は、主にナットレイナットレイカミツルギカミツルギヒードランヒードランポリゴン2ポリゴン2メガガルーラメガガルーラ辺りに有効となる攻撃手段です。

  • ビルドアップ
自分のAランクとBランクを一段階上昇させる変化技です。「ドレインパンチ」との相性が抜群です。
他にも各攻撃技の威力を高めたり、耐久力を上昇させたりと使い勝手が良いです。「つるぎのまい」とは違い「イカサマ」対策にもなります。

ASミミッキュとHABミミッキュの中間に位置付けられるビルドミミZ型ミミッキュ

環境に様々な型が存在するミミッキュミミッキュですが、ここでは「性格いじっぱり」・「持ち物はミミッキュZ」・「技構成はじゃれつく/シャドークロー/かげうち/つるぎのまい」のAS特化ミミッキュミミッキュ及びHABに努力値を割いた耐久重視ミミッキュミミッキュと比較してみましょう。

HABミミッキュミミッキュやビルドミミZ型ミミッキュミミッキュよりSが速い。タイマンになった場合勝利する可能性が比較的高い(今回比較として挙げたHABミミッキュミミッキュの調整であれば「ぽかぼかフレンドタイム」を50%の確率で耐えられるので一概に有利とは言えない)。
・最速80族前後までのポケモン相手なら先手で「つるぎのまい」を積み、「ばけのかわ」で相手の攻撃を防いだ後、上から「ぽかぼかフレンドタイム」を始めとした強力な攻撃技を撃つ事が可能。
耐久力が低く、高火力の攻撃技一撃で瀕死になる可能性が高い。
Aが高いはがねタイプのポケモン(メガメタグロスメガメタグロスメガハッサムメガハッサム)の先制はがね技「バレットパンチ」でもまず耐えられない。

ASミミッキュミミッキュやビルドミミZ型ミミッキュミミッキュよりSが遅い。タイマンになった場合勝利する可能性が比較的低い(このHABミミッキュミミッキュの調整では「ぽかぼかフレンドタイム」を50%の確率で耐えられるので一概に不利とは言えない)。
・素の攻撃力がASミミッキュミミッキュやビルドミミZ型ミミッキュミミッキュより若干低い。
素の耐久力が高く、多くの等倍高火力攻撃技を耐えられるので「ばけのかわ」剥がしターンに「つるぎのまい」を積んで、次の攻撃も耐えた後に「ぽかぼかフレンドタイム」を始めとした強力な攻撃技を撃つ事が可能。
メガメタグロスメガメタグロスメガハッサムメガハッサムの先制はがね技「バレットパンチ」は耐えられるが、カミツルギカミツルギの「スマートホーン」やドリュウズドリュウズの「アイアンヘッド」といった一致はがねタイプの中火力攻撃技は耐えられない。

ASミミッキュミミッキュよりSが遅く、HABミミッキュミミッキュよりSが速い。タイマンにおいて前者には負け、後者には勝利する可能性が比較的高い(今回比較として挙げたHABミミッキュミミッキュの調整であれば「ぽかぼかフレンドタイム」を50%の確率で耐えられるので一概に有利とは言えない)。
・Aランクを二段階上昇させる「つるぎのまい」を採用しているASミミッキュミミッキュやHABミミッキュミミッキュに比べて攻撃方面の遂行速度は遅い。
・「シャドークロー」を搭載していないのでメガメタグロスメガメタグロスギルガルド(シールド)ギルガルド(シールド)に弱い。
・「ばけのかわ」剥がしターンに「ビルドアップ」を積む事で攻撃力と物理耐久力を強化し、HABミミッキュミミッキュ以上の物理耐久力で相手の攻撃を耐えた後に「ぽかぼかフレンドタイム」を始めとした強力な攻撃技を撃つ事が可能。
素の状態でメガメタグロスメガメタグロスメガルカリオメガルカリオの先制はがね技「バレットパンチ」は耐えられ、「ビルドアップ」を積めばカミツルギカミツルギの「スマートホーン」やドリュウズドリュウズの「アイアンヘッド」といった一致はがねタイプの中火力攻撃技も耐えられるようになる。
・「ビルドアップ」と「ドレインパンチ」+「かげうち」を組み合わせる事でかくとうタイプの攻撃を弱点とするはがねタイプのポケモン(カミツルギカミツルギドリュウズドリュウズ)に勝利できるようになる。

簡潔に纏めると「攻撃上昇の遂行速度こそ劣るもののHABミミッキュミミッキュより速く、ASミミッキュミミッキュと同じ素の攻撃力を確保し、ビルドアップでHABミミッキュミミッキュを上回る物理耐久を実現しつつ、強化した等倍高火力技で相手を倒していく」のがビルドミミZ型ミミッキュミミッキュの強みです。
「つるぎのまい」を採用しているASミミッキュミミッキュやHABミミッキュミミッキュと比較すると、「ビルドアップ」を採用しているビルドミミZ型ミミッキュミミッキュは確かに攻撃方面の遂行速度は遅いです。実際特性「いかく」を持つポケモンを二体選出されて苦しくなる場面もありました。
唯、筆者が日々のレート対戦で対戦相手から幾度もミミッキュZを撃たれて常々思っていた事があります。
それは、「190もの威力を誇るフェアリー攻撃技を等倍で受け切れるポケモンがどれだけいるんだろう?つるぎのまいだと過剰火力にならないか?」という疑問です。
「つるぎのまい」+「ぽかぼかフレンドタイム」の火力指数は88920ポリゴン2ポリゴン2カバルドンカバルドン等の凄まじい物理耐久指数を持つポケモンは別ですが、例えばH177-B136カプ・レヒレカプ・レヒレであれば「ビルドアップ」+「ぽかぼかフレンドタイム」で確定一発となります。
従来の「Zじゃれつく」(威力175のフェアリー技)から威力が15上がった「ぽかぼかフレンドタイム」の登場でミミッキュミミッキュの等倍火力に磨きが掛かりました。
であれば、「つるぎのまい」による攻撃技の過剰火力化とは別に「ビルドアップ」による攻撃&防御強化による対面性能の向上と「ドレインパンチ」を採用する事で今まで勝てなかったポケモンに勝利可能な調整・戦術を開拓してもいいのではないか。
筆者はこう考え、本論のビルドミミZ型ミミッキュミミッキュを考案致しました。

苦手な相手

⇒このポケモン達にはまず勝てません。対面した場合は後続と交代するか削りを入れる事に専念しましょう。
⇒上記と同じ。
⇒上記と同じ。
  • フェアリータイプの攻撃技を半減に抑え、上からおにびを仕掛けて来るほのおタイプのポケモンウルガモスウルガモスウインディウインディetc
⇒つるぎのまいとは違いビルドアップではAランク上昇の遂行速度が遅いので押し負けます。

役割対象

今回の育成論におけるミミッキュミミッキュの主な役割対象は、
・「ぽかぼはフレンドタイム」+「かげうち」で倒せるポケモン全部
メガギャラドスメガギャラドスを含む数多くの積みエース
・一部のはがねタイプのポケモン⇒ドリュウズドリュウズツンデツンデツンデツンデ、ラスターカノン不採用のヒードランヒードラン、事前にビルドアップを二回積めていた場合ナットレイナットレイ、乱数にはなるがカミツルギカミツルギも役割対象に入る場合有り
この辺りになります。

ビルドミミZ型ミミッキュミミッキュの特長として、特性「かたやぶり」で「ばけのかわ」を無視して攻撃を叩き込むポケモンの中で、メガシンカ前の特性「いかく」によってこちらのAランクを下げ、「りゅうのまい」を積んでAランクとSランクを上げてから「たきのぼり」や「アイアンヘッド」を叩き込んでくるメガギャラドスメガギャラドスに非常に強い点が挙げられます。
「たきのぼり」や「アイアンヘッド」の怯みは恐いですが、ビルドミミZ型ミミッキュミミッキュは一度「ビルドアップ」を積んでBランクを上昇させれば、「りゅうのまい」を積んだメガギャラドスメガギャラドスの「アイアンヘッド」を確定で耐える事ができます。
勿論相手のギャラドスギャラドスがいきなりメガシンカして「たきのぼり」や「アイアンヘッド」を連打してくるのであれば、ミミッキュミミッキュ側の負けです。
しかし、今期500試合以上レート対戦してきた中でミミッキュミミッキュと対峙したギャラドスギャラドスが即座にメガシンカして攻撃を仕掛けて来た事は一度としてありませんでした。

特性「いかく」によってミミッキュミミッキュの攻撃力を削ぎ、メガシンカせず「りゅうのまい」を積んでくるばかり。相手側からすればミミッキュミミッキュのSラインがギャラドスギャラドスより速いのか遅いのかわからない以上、初手からメガシンカしてメガギャラドスメガギャラドスになるも上から「ぽかぼかフレンドタイム」を叩き込まれて敗北するという最悪の結果を回避したい心理が働きます。
「アイアンヘッド」を所持しているタイプは尚更初手から攻撃を仕掛けてきません。その隙を突き「ビルドアップ」を積む事でAランクを±0、Bランクを一段階上昇させ相手のギャラドスギャラドスの攻勢に備えます。
メガシンカしなくても「ぽかぼかフレンドタイム」で超高乱数一発ですし、メガギャラドスメガギャラドスにメガシンカして「たきのぼり」や「アイアンヘッド」を叩き込まれても確定耐えし、怯まなければ「ぽかぼかフレンドタイム」で吹き飛ばします。

コンビを組みやすいポケモン

元々ミミッキュミミッキュは対面構築に取り入れられる素質を持ったポケモンです。なので、その取り巻きも対面構築で力を発揮するポケモン達で固めるというのも有りです。
かくいう筆者もゲッコウガゲッコウガメガゲンガーメガゲンガーミミッキュミミッキュの三匹を基本選出としてS12を戦い抜いてきました。
本論のミミッキュミミッキュは「つるぎのまい」を搭載していないので攻撃上昇速度が遅い欠点があります。なのでミミッキュミミッキュでは倒し切れないポケモンが出て来る事があります。
そこでSが速くサイクルカット可能な特性「かげふみ」を持つメガゲンガーメガゲンガーや、同じくSが早く先制技によってミミッキュミミッキュの撃ち漏らしを狩るゲッコウガゲッコウガは頼もしい仲間です。
他にもきあいのタスキによる行動保証と「キノコのほうし」のコンボが強いキノガッサキノガッサや、特性「おやこあい」による連続攻撃が強力なメガガルーラメガガルーラも有力候補でしょう。

ミミッキュミミッキュが苦手なメガメタグロスメガメタグロスギルガルド(シールド)ギルガルド(シールド)テッカグヤテッカグヤ辺りに強いじめんタイプのポケモンやでんきタイプのポケモン、ほのおタイプのポケモンと組ませるのも有りです。
唯、ミミッキュミミッキュランドロス(霊獣)ランドロス(霊獣)カバルドンカバルドンを誘いやすいので「ステルスロック」が痛いほのおタイプは多少辛いかもしれません。その時は選出なり立ち回り等で工夫が求められるでしょう。

与ダメージ

「ビルドアップ」によってAランクが一段階上昇している状態でのダメージ計算。特性「いかく」所持ポケモン(メガシンカ前の場合含む)のみAランク±0で計算。※印が付いているポケモンは「ビルドアップ」を積んでいなくても確定一発で倒せる。
  • ぽかぼかフレンドタイム
H171-B150メガボーマンダメガボーマンダ
H155-B100メガバシャーモメガバシャーモ
H175-B130メガラグラージメガラグラージ
H153-B133メガリザードンXメガリザードンX
H145-B109メガルカリオメガルカリオ
H155-B106メガプテラメガプテラ
H207-B121メガガルーラメガガルーラ
H149-B93アーゴヨンアーゴヨン
H177-B136カプ・レヒレカプ・レヒレ
H197-B123ニョロトノニョロトノ
H207-B101マリルリマリルリ
上記のポケモン達確定一発

H171-B99ギャラドスギャラドス 169〜199(93.8%の乱数一発。仮に倒せなくて次ターンギャラドスギャラドスがメガシンカしても「かげうち」で倒せる)

H165-B110ランドロス(霊獣)ランドロス(霊獣) 153〜180(56.3%の乱数一発。仮に倒せなくても次の「かげうち」で倒せる)

H196-B148サンダーサンダー 169〜201(18.8% の乱数一発)

H207-B183スイクンスイクン 139〜165(67.4%〜80%の与ダメージ)

しんかのきせき所持H191-B156ポリゴン2ポリゴン2 108〜127(56.5%〜66.4%の与ダメージ)
⇒「ビルドアップ」を二回積んでいる場合は144〜169(75.3%〜88.4%の与ダメージ)

  • じゃれつく
H183-B116ガブリアスガブリアス
H175-B115メガエルレイドメガエルレイド
H135-B106メガチャーレムメガチャーレム
H155-B101ラティオスラティオス
H151-B115キングドラキングドラ
上記のポケモン達確定一発

  • かげうち
H135-B101メガゲンガーメガゲンガー 104〜126(77%〜93.3%の与ダメージ)

H131-B100ミミッキュミミッキュ 108〜128(82.4%〜97.7%の与ダメージ)

H155-B171メガメタグロスメガメタグロス 66〜78(42.5%〜50.3%の与ダメージ)

  • ドレインパンチ
H175-B171メガバンギラスメガバンギラス 156〜188(43.8%の乱数一発。「かげうち」の与ダメージが16〜19なので、「ドレインパンチ」のダメージ量が最低乱数以外(二番目に低い乱数で160の与ダメージ)であれば次ターンの「かげうち」で倒せる)

H167-B231ツンデツンデツンデツンデ 116〜140(69.4%〜83.8%の与ダメージ)
ツンデツンデツンデツンデの「ジャイロボール」はビルドアップを二回積んでも耐えられないので、対ツンデツンデツンデツンデでは「ビルドアップ」を積まないで「ドレインパンチ」連打が有効。

H197-B126ヒードランヒードラン 106〜126(53.8%〜63.9%の与ダメージ)

H181-B201ナットレイナットレイ 68〜80(37.5%〜44.1%の与ダメージ)
⇒「ビルドアップ」を二回積むと90〜106(49.7%〜58.5%の与ダメージ)
⇒「ビルドアップ」を三回積むと112〜132(77.8%〜72.9%の与ダメージ)

H185-B93ドリュウズドリュウズ 144〜170(77.8%〜91.8%の与ダメージ)
ドリュウズドリュウズの「アイアンヘッド」を耐えた次ターンの「かげうち」が58〜69(31.3%〜37.2%の与ダメージ)なので勝利。

H135-B152カミツルギカミツルギ 88〜104(65.1%〜77%の与ダメージ)
カミツルギカミツルギの「スマートホーン」を耐えた次ターンの「かげうち」が36〜43(26.6%〜31.8%の与ダメージ)なので乱数が絡むが勝利する事は可能。
(注釈)
・「ドレインパンチ」:88〜104
高乱 104・102・100・100・98・98・96・96・94・94・92・92・90・90・88・88 低乱
・「かげうち」:36〜43
高乱 43・42・42・42・40・40・40・39・39・39・39・37・37・37・36・36 低乱
例えば16(85%〜100%)ある乱数値より「ドレインパンチ」が上から8番目まで、「かげうち」が上から11番目までの値を引けばH135-B152カミツルギカミツルギを倒せる。


しんかのきせき所持H191-B156ポリゴン2ポリゴン2 58〜70(30.3%〜36.6%の与ダメージ)
⇒「ビルドアップ」を二回積んでいる場合は78〜92(40.8%〜48.1%の与ダメージ)

H207-B121メガガルーラメガガルーラ 110〜130(53.1%〜62.8%の与ダメージ)

H185-B101マンムーマンムー 132〜156(71.3%〜84.3%の与ダメージ)
⇒素の「ドレインパンチ」が88〜104(47.5%〜56.2%の与ダメージ)であり、先手を取る可能性が高いマンムーマンムー側が「つららばり」から入って来ると仮定すると「ビルドアップ」を積むより「ドレインパンチ」連打の方が有効。

被ダメージ(物理)

「ビルドアップ」によってBランクが一段階上昇している状態でのダメージ計算。
メガボーマンダ:A216 すてみタックル 115〜136(76.1%〜90%)
メガリザードンX:A200 フレアドライブ 上記と同じ

A233 フレアドライブ 103〜123(68.2%〜81.4%)

A216 じしん 81〜96(53.6%〜63.5%)

A222 たきのぼり 99〜117(65.5%〜77.4%)

ドリュウズ:A205 アイアンヘッド 122〜146(80.7%〜96.6%)
メガギャラドス:A207 アイアンヘッド 124〜146(82.1%〜96.6%)

A233 スマートホーン 120〜144(79.4%〜95.3%)

A114 ジャイロボール(技威力は143) 120〜144(79.4%〜95.3%)
⇒「ビルドアップ」を二回積んでいる場合:92〜110(60.9%〜72.8%)
⇒「ビルドアップ」を三回積んでいる場合:74〜90(49%〜59.6%)

A156 ぽかぼかフレンドタイム 109〜130(72.1%〜86%)
⇒「ビルドアップ」を積んでいない場合でもA156「シャドークロー」は122〜146(80.7%〜96.6%)

  • パルシェンパルシェン(「からをやぶる」によってAランクが二段階上昇&Bランクが一段階下降済み)
A161 つららばり 31〜37(20.5%〜24.5%)
⇒「ビルドアップ」一積みでの「ドレインパンチ」でH125-B200パルシェンパルシェンに102〜120の与ダメージが入り最低51ミミッキュミミッキュの体力が回復する。
⇒「ばけのかわ」込みでの最大ダメージが148なのでミミッキュミミッキュは「ドレインパンチ」の回復と合わせて最低限残り体力54にする事ができる。
⇒「こおりのつぶて」の被ダメージが49〜58なので乱数で倒されてしまうが、「つららばり」の平均ダメージを34とすると「ドレインパンチ」の回復と合わせて残存体力を66にする事ができるので、「こおりのつぶて」を確定で耐えて「かげうち」で倒す事ができる計算になる。

被ダメージ(特殊)

C211 かえんほうしゃ 127〜150(84.1%〜99.3%)

  • カプ・テテフカプ・テテフ (サイコフィールドによるエスパータイプの攻撃技威力1.5倍補正)
C200 サイコキネシス 120〜142(79.4%〜94%)

C182 ラスターカノン 132〜156(87.4%〜103.3%。12.5%の乱数一発)

C161 Zハイドロポンプ 133〜157(88%〜103.9%。25%の乱数一発)

おわりに

私事ですがこのビルドミミZ型ミミッキュミミッキュを育成しS12で560試合程レート対戦を重ね、レート1950という結果を出す事ができました。
筆者以外でも「ドレインパンチ」を採用したミミッキュミミッキュをパーティーに入れた方々がS12でレート2100又は2000を達成しており、「ドレインパンチ」入りミミッキュミミッキュが上位帯でも活躍できる証明が為されているように感じられています。
この度の育成論を読んで下さった方々の中で「自分もこういうミミッキュミミッキュを育ててみようかな」と思って下さる方がいればとても嬉しく思います。
では、この辺りで筆を置かせて頂きます。最後までお付き合い頂きありがとうございました。

最終更新日時 : 2018/11/10 21:47:10

ミミッキュの他の育成論を探す (24件) >>

スポンサーリンク

コメント (12件)

  • ページ:
  • 1
18/11/07 21:11
1レイモン
んー、ビルドアップにすると確かに耐久上がって
いいと思いますが、スカーフ持ちの鋼(カミツルギなど)
に弱い上、このミミッキュより速い先制技を
撃たれると(ゲッコの水手裏剣や不意打ち)きついですね
ただこの論自体はいいと思います。
ドレパの採用率はかなり低く、その他の部類に入っていて、(シーズン13)ドヤ顔で出てきた鋼を倒せる可能性があるのは良いと思います。
18/11/07 21:15
2ソーダ
ドレインパンチ1発じゃ落ちないので皮剥がされて鋼技で倒されませんか。あとドレインパンチで鋼タイプに強いと言っても環境に多くいるメタグロスにはシャドクロのほうが入るというのとドリュウズに関してもスカーフアイへで確1。環境にそこそこいるのは知っていますが。個人的にABミミッキュでいい気がするんですよね
18/11/07 21:27
3poke_jin (@iron_hands29)
>>1
コメントありがとうございます。
筆者がS12で体感した事なんですがスカーフカミツルギは、数あるカミツルギの型の中でも一番処理しやすい部類に入ります実は。
無論BBでAが上がった状態であればスマホを耐える事はできませんが、Aが上がっていない状態であればばけのかわ剥がしターンにビルド積んでスマホ耐えてドレパン+影うちで仕留める流れ。
実際S12でミミッキュに出て来たスカーフカミツルギはいずれもこのミミッキュで突破しました(乱数の運も良かったとはいえ)。
それに、必ずしもスマホを撃ってくる状況になるとは限りません。例を挙げます。

ゲッコウガを上から倒す為にスカーフカミツルギがリフブレを選択。
⇒BB上昇後出て来たミミッキュをそのまま倒す為にリフブレ連打。
⇒一度ビルド積むとA一段階上昇リフブレは確定耐えなのでドレパン+影うちで倒しに掛かる。
上記の流れをS12で幾度か体験しました。スカーフカミツルギに限っては乱数の運も良くこのミミッキュで全勝してますが、他のポケモンとの連携も重要になってくると思います。
ゲッコウガは水手裏剣で皮を剥がしに掛かってくるのでどのミミッキュにとっても厄介ですね。なので、S12ではゲッコウガを他のポケモンで倒し切るよう心掛けてましたね。
18/11/07 21:37
4poke_jin (@iron_hands29)
>>2
コメントありがとうございます。
本論にも記載していますがこのミミッキュではメガメタグロスは倒せません。なので他のポケモンで対処する必要があります。
スカーフかたやぶりドリュウズを相手取る場合はドリュウズが出て来る前にビルドアップを積む必要があり、そういう流れに誘導する戦術を仕掛ける必要があります。
例えば地面の一貫を切るポケモンでドリュウズ出しを抑制し、他のポケモンが出て来た際にビルド積んで影うちなり何なりで倒した後に出て来るスカーフドリュウズをドレパンと影うちで仕留めるみたいな流れ。
実際似たような流れでスカーフドリュウズを処理した事昨季何度かあります(極論を言えばミミッキュを選出する必要が無ければ無理してスカーフドリュウズ相手に出さなくてもいいとは思います)。
18/11/09 11:44
5ナマコ
すごい考察されていて、いい育成論だと思いましたが
ところどころ不自然な日本語があるように感じました。
18/11/09 14:43
6氷帝 (@X2metpndwkw0zKs)
55555
努力値と技構成を拝見した瞬間、
うわーこのミミと対戦で当たりたくないわー・・・
と思ってしまう、良い育成論だと思いました。
18/11/09 17:02
7にゃんこ民 (@wMcpjeY5gVktglj)
55555
考察もしっかりしており、勝ち筋が簡単にイメージ出来る素晴らしい育成論ですね。
しかし論が長過ぎるので、途中で飽きます。
もう少し削減してみてはいかがでしょうか。
18/11/09 21:00
8poke_jin (@iron_hands29)
>>5
コメントありがとうございます。
文章に不自然さが出ないよう気を付けてはいるのですが、読み難かったようですね。申し訳ないです。以後気を付けます。

>>6
評価&コメントありがとうございます。
意外性を突きながらも汎用性を失わない等倍高火力が持ち味のこの組み合わせは、威力190のミミッキュZが登場したからこそだと筆者は考えています。

>>7
評価&コメントありがとうございます。
正直このビルドミミZ型ミミッキュの育成論を書くにあたって、魅力というか実用性を簡潔に述べるのは難しいと感じながら作成してました(剣舞HABミミッキュの方が強いetcといった意見が出る事は予想済みでした)。
ダメ計や差別化云々を簡潔に書いてもその強さを読者がイメージし難いと筆者自身が捉えていたんですね。なので、長くなってもいいから事細かに記述した方が良いと今回は判断致しました。
この論に限らず筆者の育成論は長くなりがちなのは自覚しておりますが、本論の調整意図・実戦での運用方法・ダメ計詳細を詳しく書き記す事で初心者含め読者の方々が理解&想像し易くなるよう心掛けた結果でもあります。
一方で余り長過ぎると読む気が失せてしまうという意見は全くもってその通りだと思いますので、今後気を付けていきます。
18/11/10 21:20
9min
特性・性格・努力値の欄
A216リザXになってますよ。
18/11/10 21:48
10poke_jin (@iron_hands29)
>>9
ご指摘コメントありがとうございます。
修正致しました。
18/11/14 17:32
11転生乃蒼?@かりかりぴー (@Thounzardnoa)
55555
投稿お疲れ様です。私は普段からガルミミやガルランドといった対面を使っているのですが、大変面白い型のミミッキュだと思いました。as、abのハイブリッドと言える調整に驚かされ、不利を取るガルーラに強く出られる点、ビルドレで体力管理が出来るというのが大変強く感じました。(ガルーラは地震があるとこのミミッキュと噛み合ってると思いました。)考察が大変丁寧で読みやすくドレパンミミッキュの世界に引き込まれていきました。
18/11/15 00:26
12poke_jin (@iron_hands29)
>>11
評価&コメントありがとうございます。
メガガルに強く出られるのがこの型の強い所だと筆者も思います。
ドレパンミミッキュは結果を出している型でもあるので是非使ってみて下さい。
  • ページ:
  • 1

削除キー:


コメントを投稿

補足やアドバイス、間違いの指摘などにお使いください(半角5000文字まで)。育成論に直接関係のないコメントは書き込まないでください(育成論を求めてこのページを訪れたエンドユーザーに関係のない書き込みすべてが削除対象です)。また、育成論の削除を強要することは運営ポリシー違反であり運営妨害です。削除が必要かどうかは管理者が判断しますので、管理者に直接ご連絡ください。

※評価はポケ徹サービスにログインする必要があります。

名前: 

本文:

削除キー:


この育成論のフォークを投稿する >>

修正・削除

この育成論を修正あるいは削除する場合は、管理用パスワードを入力して「修正・削除」ボタンをクリックしてください。

スポンサーリンク

◆ ページの先頭へ ◆


トップページ::ウルトラサン/ウルトラムーン::ポケモン育成論サンムーン::ミミッキュ

このサイトについて | プライバシーポリシー

ポケットモンスター・ポケモン・Pokémonは任天堂クリーチャーズゲームフリークの登録商標です。

当サイトは個人ファンサイトであり、株式会社ポケモン他企業様とは一切関係ありません。下記はサイト独自の内容に関する著作権を示すものです。

© 2002-2018 Yakkun

dummy