マーシャドー- ポケモン育成論ソードシールド

【シリーズ13環境対応】スカーフマーシャドー

2022/08/31 23:00 / 更新:2022/09/01 00:36

マーシャドー

HP:HP 90

攻撃:攻撃 125

防御:防御 80

特攻:特攻 90

特防:特防 90

素早:素早 125

ツイート4.704.704.704.704.704.704.704.704.704.70閲覧:2973登録:0件評価:4.70(4人)

マーシャドー  かくとう ゴースト  【 ポケモン図鑑 】

性格
いじっぱり(攻撃↑ 特攻↓)
特性
テクニシャン
努力値配分(努力値とは?)
攻撃:212 / 防御:44 / 素早:252
実数値:165-189-106-99-110-177 / 個体値:31-31-31-31-31-31
覚えさせる技
シャドースチール / インファイト / がんせきふうじ / れいとうパンチ
持ち物
こだわりスカーフ

スポンサーリンク


ルール
シングルバトル
このポケモンの役割
物理アタッカー / ダイマックス指定なし
登録タグ

考察

挨拶

はじめまして、モミジと申します。
本育成論が初投稿になりますので、至らない点も多々あるかとは思いますが、よろしくお願い致します。

はじめに

  • この育成論ではHABCDSなどの略称を用います。
  • 個体値は全て理想個体を前提としています。
  • ダメージ計算はポケマネを使用しています。
  • 本育成論の個体は、シリーズ13ルールの環境で使用する事を前提としております。
  • 不備質問等ございましたらコメント欄にてお願いします。


マーシャドーマーシャドーについて

幻のポケモンをランクマッチで使える環境が初めてという事もあり、このポケモンを使った事が無い人も多いと思いますので、まずは本論で取りあげるマーシャドーというポケモンの性能、強みに関して書いておこうと思います。
基本知識を書くだけになりますので、育成論だけ読みたい方はこの項は読み飛ばしていただいて構いません。

  • 攻撃面における圧倒的に優秀な複合タイプ
現在唯一の格闘、ゴースト複合。何より特筆すべきはこの2タイプの圧倒的な等倍範囲の広さで、現在この2タイプの技を両方半減で受けられるポケモンは1匹も存在しません
そのため、このポケモンを受ける際に相手に対して数値受けか、2匹以上のサイクルによる受けを強要出来ることになります。
また、ダイマックス技としても一致技のダイホロウ、ダイナックルはともに物理アタッカーとして直接恩恵のある追加効果を持ち、ダイマックス適正も十分に高いといえます。

  • シャドースチール
このポケモンの一番の強みと言っても過言ではないでしょう。
相手の積み技を無に帰して、それを奪い取ってから攻撃するという、全攻撃技の中でも1,2を争うくらい書いてある事がおかしい技です。
剣の舞、竜の舞、ジオコントロールといった強力な積み技を持つアタッカーに対する全抜きのストッパーという使い方は勿論ですが、鉄壁、ビルドアップ等による要塞化も許さないため、鉄壁ネクロズマ(日食)ネクロズマ(日食)、コスモパワームゲンダイナムゲンダイナ等の積み耐久ポケモンに対する最低限のメタにも成り得ます。

  • 種族値
合計種族値は600で、配分は90/125/80/90/90/125と、典型的な高速アタッカーといったステータス
高速紙耐久…かと思いきや耐久もサンダーサンダーと同程度にはあり、並の等倍一致技なら一発耐える耐久力はあります。
またS125というラインも絶妙で、剣盾環境でこのSラインのポケモンが環境トップになり得る環境は殆どありませんでした。
今まではこの少し下の最速エースバーンエースバーン(実数値188)が一つのSライン調整の基準になっていましたが、最速マーシャドーマーシャドー(実数値194)抜きの調整のザシアンが現れたり、1ジェットでマーシャドーマーシャドー抜きの調整をするポケモンが増えたり、といった影響も少なからずあると思います。


マーシャドーマーシャドーとの差別化点、スカーフ型の採用理由

今回のスカーフマーシャドーというポケモンを考察するにあたって、まずは襷マーシャドーとの差別化点、及びマーシャドーを取り巻く来期の環境予想について軽く書いていこうと思います。
まずこのポケモンの一般的な型の認識、及び運用の仕方に関してですが、恐らく
後発から積みアタッカー、ダイマックスアタッカーに対して死に出しして、襷を盾に耐えてシャドースチールで反撃」というのが一般的な運用法だと思っています。
実際、来期のルールと近いルールの大会であるレジェンドオブラウンドの構築記事を見ても、マーシャドーは襷で運用されている個体が殆どです。

行動保障という面ではこの襷型が一番優秀で、シャドースチールの性能を一番活かしやすい型でもあると思いますが、この動きは襷が残っていることを前提とした動きであり、ステルスロックやゴツゴツメット等で襷を潰されてしまうと途端に機能しなくなってしまう脆い戦法でもあります。
事実、レジェンドオブラウンドの構築記事やシリーズ13ルールの仲間大会での使用率などを見ても、グラードングラードンネクロズマ(日食)ネクロズマ(日食)ランドロス(霊獣)ランドロス(霊獣)辺りのステロ撒きのポケモンはPTに標準搭載と言えるレベルで入っており、先にマーシャドーのタスキを潰しておけばこっちの積みアタッカーが通せる!というのが上位勢の人達の間では既に共通認識になっているように思えます。このような環境では、机上論で言われているほど襷マーシャドーマーシャドーのシャドースチールは上手く決まらないのでは?と考えました。
そこでその認識をズラすために、スカーフを持たせて上からシャドースチールを撃てれば襷や相手のステロに依存せず、安定して役割を遂行できるのではないかと考えました。
また、もう一つスカーフマーシャドーマーシャドーの大きな利点として「対ザシアン(王)ザシアン(王)の安定感が増す」というものがあります。
襷マーシャドーであった場合、上を取れていれば一応H252ザシアン(王)ザシアン(王)に対してA177マーシャドーマーシャドーの+1シャドースチールが100〜118ダメージ入り、確2を取ることは出来ますが、上を取れていない場合は特化+1シャドースチール+特化+1影撃ちでも乱数次第では落とし切ることが出来ません。
(特化+1シャドースチール+特化+1かげうちがH252ザシアン(王)ザシアン(王)に対して91.4%~109%)

また、上述のようにステロが巻かれている状況であれば、そもそも何もできずに落とされてしまう可能性も高いです。

一応襷カウンターであれば、氷の牙などの低威力技で反射ダメージを調整されない限り落とすことは出来ますが、こちらも襷カウンター読みで裏のポケモンなどに引かれ、襷を潰されてしまうと機能しなくなってしまう可能性が高いです。

これに対し、スカーフマーシャドーマーシャドーであれば確実にザシアン(王)ザシアン(王)に先んじてシャドースチールを撃つことで上から二発でザシアン(王)ザシアン(王)を処理することが出来るため、相手の型に依存せずザシアンを仕留める事が可能です。

またカウンター読みの引きに対しても一発攻撃を入れることが出来るため、襷カウンターポケモンにありがちな不毛な読み合いが発生しないのも強みです。

一応、ザシアン側にじゃれつくがあった場合は、A↑を先に奪ったとしても耐えないため負けてしまうのですが、上から殴られる可能性を考慮しない場合ザシアン側はじゃれつくを撃たずとも命中安定の+1巨獣斬で十分足りる上、襷カウンターを警戒される可能性や、じゃれつく非所持の個体も少なからずいる事を考えると、実戦上ではじゃれつくを撃たれるケースは意外と少ないのではないか、と考えます。
少々長くなってしまいましたが、これらの事をまとめると、
  • 襷をステロやゴツメで潰してくる相手や、そういった環境に対してのメタ
  • 頻発するであろう対ザシアン(王)ザシアン(王)の安定感の向上
この2点が、スカーフマーシャドーの主な採用理由となります

持ち物

こだわりスカーフ
今回の型のコンセプトなのでこれで確定です。

特性

テクニシャン
現状これしか選択肢が無いのでこれで確定。
めぼしいテクニシャン適用技は影撃ちと岩石封じくらいですが、両技とも採用価値は高く、活きる場面は多いです

性格・努力値と調整

性格:いじっぱり
努力値:A212 B44 S252
個体値:31:31:31:×:31:31

  • HBライン:ステロダメ一回+特化巨獣斬を確定で耐える
  • Sライン:準速
  • A:残り

HBラインに関しては、コンセプト上ザシアンの巨獣斬は耐えたいので、このラインまでは最低限振っておくことを推奨します。
火力に関しては基本的に削る理由は無いと思いますが、素早さに関してはミラーを意識しない場合は調整する余地はありそうです。
  • 例 +1の100族抜き(168)など
ここら辺の調整に関しては自分の方も模索中なので、コメントなどで他に良い調整例があれば教えていただけると嬉しいです。
本論の以降のダメージ計算などでは、上記のA212 B44 S252 の配分を前提として話を進めていきます。

技構成

  • 確定枠
シャドースチール
このポケモンの採用理由に直結する、マーシャドーの専用技です。外す理由はないでしょう

  • 選択枠(格闘技)
インファイト
馬鹿力と並び、格闘タイプの一致技の中で最高火力を出せる技。
耐久ダウンが痛い場面は少なくないと思いますが、基本的には格闘技はこれで良いと思います。

かわらわり
壁構築に投げる事が多い場合はこちら。同じ俊足のインファイト使いのフェローチェなどと違い、耐久方面も平均以上はあるため、インファイトを撃ちたくない場面も無くはない…かもしれません

  • 選択枠(サブウェポン)
がんせきふうじ
追加効果と命中率が優秀な岩技のサブウェポン。テクニシャンの補正が乗るため、一致岩石封じと同等の火力が出ます。

いわなだれ
30%のワンチャンが強力な岩技のサブウェポン。こちらはテクニシャンの補正が乗らないため岩石封じより火力は下になりますが、スカーフで上から殴る場面が多い都合上、追加効果が活きる場面は多いでしょう。

ストーンエッジ
更に火力を求めるならこちら。メジャーな所だと、一般的なHBに厚めのホウオウに対して岩石封じでは耐えられてしまうのに対して、ストーンエッジなら乱数で落とせる可能性が出てきます。(なんであのポケモンA125からの岩技普通に耐えるんだ…?)

れいとうパンチ
地面タイプ、主にランドロスやジガルデ辺りの氷四倍相手に撃ちたいサブウェポン。
来期環境でも、ステロ撒き、貴重な強力な地面枠、ダイジェットアタッカーとしてランドロスの採用率はさほど落ちないことが予想されるため、打ちたい場面は多いと思われます

げきりん
ドラゴン禁伝全般への打点、等倍で一貫しやすいサブウェポン、及び物理ダイマアタッカーとの撃ち合いとして。
げきりんとして撃つシチュエーションは少ないかもしれませんが、ダイドラグーンとして撃ってゼクロムやブラックキュレムといった物理アタッカーの禁伝と殴り合った場合、配分や乱数次第では殴り勝てる可能性があり、ダイマアタッカーとしての運用も視野に入れるなら意外と採用は検討できる技なのではないかと思います。

とびはねる、ギガインパクト
ダイジェット、ダイアタック媒体として使うのが主な技。こちらもダイマックスアタッカーとして運用することが多い構築なら視野に入る、といった感じでしょうか

おにび
ダイウォール媒体、及び簡易的な裏の起点作りや、交代読みで撃ったりなど。
このポケモンのスカーフ鬼火の有用性がどのくらいなのか正直未知数ですが、このポケモン自体対面構築に入れる事が多いポケモンだと思うので、スカーフホウオウの鬼火などと比べると扱いは難しいかもしれません。

与ダメージ計算

シャドースチール
H252ザシアン(王)ザシアン(王)(A+1前提)
54.2%〜63.8%(確定2発)

B4カイオーガカイオーガ
49.7%〜58.8%(99.6%の超高乱数2発)

HB特化ネクロズマ(日食)ネクロズマ(日食)
37.2%〜44.1%(確定3発)

H4ランドロス(霊獣)ランドロス(霊獣)
53.3%〜63.6%
威嚇込みで
37.2%〜44.1%(確定3発)

インファイト
H252ザシアン(王)ザシアン(王)
47.2%〜56.8%(高乱数2発)

H252グラードングラードン
39.1%〜46.3%(確定3発)

H252ディアルガディアルガ
89.8%〜105.3%(中乱数1発)

上記のように、シャドースチールでAアップを奪えれば真価を発揮するものの、禁伝ばかりになる環境では、素の火力でゴリ押して行けるほどのパワーがあるポケモンではない、ということが伺えます。
あとは、各サブウェポンに関して、主に打つ仮想敵に対するダメージに関してのみ記載していきます。

がんせきふうじ
HB特化ホウオウホウオウ(HB振り切ったホウオウはあまり居ないと思いますが参考までに…)
76.9%〜91.2%

B4サンダーサンダー
73.9%〜87.2%

ストーンエッジ
HB特化ホウオウホウオウ
86.3%〜103.2%

一般的なブーツのHBホウオウはSラインを少し上げるために多少HBを削るケースが多いので、実際にはもう少し良い乱数で落とせると思われます。

れいとうパンチ
H4ランドロス(霊獣)ランドロス(霊獣)
118.7%〜140.6%
威嚇込み
80.0%〜94.5%

HB特化ランドロス(霊獣)ランドロス(霊獣)
69.3%〜83.6%
威嚇込み
46.9%〜57.1%

H236,B4ジガルデ(50%)ジガルデ(50%)(一般的なHDベースの残飯ジガルデを想定)
71.3%〜84.5%

げきりん
H4ゼクロムゼクロム
69.7%〜82.2%
ダイドラグーンとして撃った場合
81.1%〜96%



被ダメージ計算

シリーズ13想定なので、メジャーな伝説、幻からの目安となる被ダメだけ列挙していきます。「このダメ計を追記して欲しい」などありましたらコメントの方にお願い致します。

A244(特化)ザシアン(王)ザシアン(王)のきょじゅうざん(Aは先に±0にしている前提)
78.7%〜93.3%

A244(特化)ザシアン(王)ザシアン(王)の+1ワイルドボルト
70.9%〜83.6%

A190(無振り)ザシアン(王)ザシアン(王)の+1きょじゅうざん
92.7〜109%(ステロ込みでほぼ確定一発)
とりあえず
「対面からなら上からA上昇を奪って、じゃれつく以外何でも耐える」
「不一致技程度になら一応受け出せる耐久はある」
「Aに振ってない+1巨獣斬程度なら一発受かる事もある」
くらいの認識をしていただければOKです。

C201(特化)イベルタルイベルタルの珠あくのはどう(ダークオーラ込み)
86%〜102.4%
特殊方面のギリギリ耐えられない程度の火力の目安です

C202カイオーガカイオーガの雨下潮吹き
141.8%〜167.2%
マーシャドーマーシャドー側DMして
70.9%〜83.6%
ダイマックスを切らない状態では勿論確定一発ですが、ダイマックスを切れば意外と余裕をもって耐えられる火力です。
上からスカーフ潮吹きを食らったとしても返しのシャドースチール媒体ダイホロウがB4カイオーガに対して72%〜84.5%入り、高確率で次の潮吹きも耐えるため、状況次第ではダイマックスで無理矢理突破しに行くことも可能です。

A177マーシャドーマーシャドーのテクニシャン影撃ち
70.3%〜83.6%

A229(特化)ネクロズマ(日食)ネクロズマ(日食)の130ダイスチル
96.3%〜113.3%
日ネクも竜舞の全抜きのストッパーとして役割対象にしたい相手ですが、A特化やエスパー技持ちの可能性を考えると真っ向から殴り合うのは厳しめ。他のポケモンでダイマを枯らすなどして、ダイスチルのB上昇ごと奪いに行く立ち回りをしたいです。最速日ネクでもない限り、2舞されても上からシャドースチールが通ります

A202ゼクロムゼクロムの珠らいげき
110.9%〜130.9%

A222(特化)ゼクロムゼクロムの珠140ダイサンダー
130.9%〜154.5%
マーシャドーマーシャドー側ダイマして
65.4%〜77.2%
こちらも、ダイマしなければ耐えるのは不可能ですが、ダイマすれば一発耐える火力。げきりんベースのダイドラグーンがあれば相手のAを下げつつ撃ち合う事も可能です。

A214(特化)メルメタルメルメタルのダブルパンツァ―
99.3%〜117.5%

A200(特化)珠ホウオウホウオウのせいなるほのお
84.8%〜100.0%(低乱数一発)
上記二つが物理方面の耐えられる火力、耐えられない火力のおおよそのボーダーラインとなります。


苦手なポケモン

ムゲンダイナムゲンダイナイベルタルイベルタルグラードングラードン等、一致技で弱点が付けず、積み技に依存せずとも戦える禁伝全般
上の方でも書いたように、このポケモンは決して数値の暴力で殴り勝てるタイプのポケモンではないため、シャドースチールを活かせず、等倍の殴り合いを余儀なくされる禁伝全般との殴り合いでは数値の差で打ち負ける事も多くなると思います。
とはいえ、ダイナックル、ダイホロウをタイプ一致で撃つことが出来る点は非常に強力であり、生半可な数値受けを崩していけるだけの性能は持ち合わせています。


相性の良い味方・構築例

マーシャドー自身がザシアン(王)ザシアン(王)バドレックス(こくば)バドレックス(こくば)両方に対して高い切り返し性能を持っており、Sラインをザシアン(王)ザシアン(王)<バドレックス(こくば)バドレックス(こくば)マーシャドーマーシャドーとしておけば、メタモンに怯えずにバドザシの両方を無理なく選出することが出来るようになります。
この並びは襷マーシャドーにせよスカーフマーシャドーにせよ、メジャーな対面構築として一定数環境で見られるようになるのではないかと考えています。

汎用性の高い積み耐久ポケモンを置いて積み技を強要させ、それを裏のマーシャドーのシャドースチールでコピーして切り返す、という並び。早い話、"ダイナメタモン"のメタモンの枠をマーシャドーに差し替えた並びです。
ゼルネアスゼルネアスのジオコン、バドレックス(こくば)バドレックス(こくば)の悪巧みといったC上昇をコピーする意味は薄いためメタモンの方が汎用性が高い場面も多そうですが、シャドースチールを活かしやすい並びとしてはアリなのではないかと思います。

まとめ

ここまで読んでいただきありがとうございました。
初めての育成論の執筆で拙い部分もあったかと思いますが、コメントで気になった部分などは指摘していただけると嬉しいです。

このポケモンは、入手難易度の高さも相まって殆どの人がまだ使った事が無いポケモンであり、まだまだ型も取り巻きの構築も未開拓のポケモンです。
最初の方はシャドースチールによる積みの切り返しの性能に目が行きがちかと思いますが、素のスペックやダイマックス性能も十分に高く、襷型や今回紹介したスカーフ型以外にもダイマックスを前提とした型などもこれからどんどん考案されていくのではないかと考えています。この育成論が、そんな型の考案の一助となれば幸いです。

投稿日時 : 

最終更新日時 : 2022/09/01 00:36

マーシャドーの他の育成論を探す (4件) >>

スポンサーリンク

コメント (8件)

  • ページ:
  • 1
22/09/01 00:00
1さなかたな (@o_uwrm)
44444
育成論投稿おつかれさまです。
ザシアンが甘えてきょじゅうざんを打ってきてくれれば強そうです。ただダメージ計算を見る限り仕方がないですが禁伝との数値の差を感じてしまいます。後私のダメージ感覚が正しいければH252なら有利な乱数で落とせた気がします。スカーフも悪くないと思いましたが襷の方が強そうと感じたので星4とさせてください。コメント失礼しました。
22/09/01 00:30
2さん
心内評価5です。
自分もスカーフマーシャドー使ってますが、こいつ意外とやりますよね。
タスキと比べるとややクセや使い辛さはあるかもですがザシアンに対して勝率が上がるのは同感です。
よく考察されたいい育成論だと思いました。
シンパシーを感じたのでコメントさせていただきました。
22/09/01 01:12
3モミジ (@maplepoke_118)
 
>1
コメントありがとうございます!
数値に関しては、シリーズ13環境においては火力も耐久も決して高水準と言える値ではないため、どうしてもシャドースチールありきの性能にはなってしまいますね…

対ザシアンのダメージ計算の項に関しては、「乱数次第では落としきれないので処理ルートとしては安定しない」というニュアンスで書いたつもりでしたが、具体的にどのくらい不安定なのかが分かりにくかったと思うので、その旨の表現の追記と、シャドースチール+影撃ちのダメージ計算を追記しておきました。

襷型との比較に関してですが、襷をしっかり残せる立ち回りが出来るなら襷の方が確実に役割を遂行出来る場面も多く、汎用性や使いやすさという面では襷の方に軍配が上がるとは思っております。
ただ、襷が腐ってしまった時にもダイジェットを積んだアタッカーのストッパーになれたりと、スカーフ型ならではの強みも存在するので、襷型との相互補完的な立ち位置の、型の選択肢の1つとして見ていただければと思います。
22/09/01 01:22
4モミジ (@maplepoke_118)
 >2
コメントありがとうございます!

襷型とは運用方法が異なり、「襷なら勝てたのに〜」と思う場面も決して少なくはないですが、
ステロを撒くなどして襷型一点読みで動いてくる相手に対しては明確に役割を持てる事が多いので、特に環境序盤で襷型以外の開拓が進んでない状況においては刺さる型だと思っています!

自分なりに、このポケモンが活躍する状況や対面するシチュエーションを色々考察して書いたので、評価していただけてとても嬉しいです!
22/09/02 12:51
5マーシャドン
私もスカーフマーシャドーを使ってますがタスキ型と違ってダイジェットの起点にされやすい為、ダイマックスの撃ち合いに弱いマーシャドーは岩技氷技両採用よりもダイアタック媒体を一つ用意して起点は回避して後続に負荷をかけない方が安定する感じがしました
もう少し耐久に振って一部ダイジェットを耐えられるようにしたり考察の余地が大いにあり、個人的にはタスキ型よりも好きな育成論です。
22/09/03 01:05
6モミジ (@maplepoke_118)
>5
コメントありがとうございます!
一応岩石封じでもダイジェットのS上昇を防ぐことはできますが、確かにダイマ切った時の打ち合いの事を考えると、岩石封じとダイアタック媒体を両立することによってダイマ時、非ダイマ時双方で立ち回りの幅は広げられそうですね。
耐久ラインに関しては自分もまだ模索中ではありますが、このポケモン自体がまだまだ開拓の余地が沢山残されているポケモンだと感じております!
22/09/03 11:18
7マーシャドン
>>6
ご返事ありがとうございます。
私も奇しくも投稿主さんの努力値考察とほぼ同じ結果にたどり着いていて
H68 A212 D164 S60 でS100族抜き調整をしてます。
意図は同じくステロ+特化巨獣斬耐え、不利対面でのダイマを視野に入れてイベルタルの控えめ命の玉ダイジェット耐えで調整してます。(残念ながら控え目玉サンダーのダイジェットは乱数)
ステロが絡むと色々不安定になるのでやっぱり数値不足だなーとは感じます
22/09/06 00:46
8モミジ (@maplepoke_118)
>7
こちらの調整だと性格は陽気ですかね?
ダイマを切る運用を重視するならHDに厚くするのも視野に入るかもしれないですね、参考にさせていただきます!
本当に今はステロ環境で、このポケモンは特に初手にステロ撒きを呼びやすいのでその点はしょうがないですね…
むしろ最近は、積み構築におけるステロ撒きの選出を半ば強要できるという点がこのポケモンの一番の強みなのではないかとさえ感じてきています。
  • ページ:
  • 1

削除キー:


コメントを投稿

補足やアドバイス、間違いの指摘などにお使いください(半角5000文字まで)。育成論に直接関係のないコメントは書き込まないでください(育成論を求めてこのページを訪れた第三者のユーザーに関係のない書き込みすべてが削除対象です)。また、育成論の削除を強要することは運営ポリシー違反であり運営妨害です。削除が必要かどうかは管理者が判断しますので、管理者に直接ご連絡ください。

※評価はポケ徹サービスにログインする必要があります。

名前: 

本文:

削除キーは自分でコメントを削除する際に必要になります。

削除キー:


この育成論のフォークを投稿する >>

修正・削除(投稿者用)

この育成論を修正あるいは削除する場合は、管理用パスワードを入力して「修正・削除」ボタンをクリックしてください。

スポンサーリンク