プレイ!ポケモンポイント!

ユーザー登録ログイン

dummy

マラカッチ - ポケモン育成論サンムーン

【プリティプリマ】晴れパマラカッチ 基本型

2017/06/19 07:02:52

マラカッチ

HP:HP 75

攻撃:攻撃 86

防御:防御 67

特攻:特攻 106

特防:特防 67

素早:素早 60

ツイートブックマーク4.864.864.864.864.864.864.864.864.864.86閲覧:9230登録:4件評価:4.86(11人)

マラカッチ  くさ  【 ポケモン図鑑 】

性格
ひかえめ(特攻↑ 攻撃↓)
特性
ようりょくそ
努力値配分(努力値とは?)
特攻:252 / 特防:4 / 素早:252
覚えさせる技
ソーラービーム / おさきにどうぞ / てだすけ / ニードルガード
持ち物
クサZ

スポンサーリンク


このポケモンの役割
特殊 / 補助
ルール
ダブルバトル
登録タグ

考察

注意

  • 指定がない限りお互いに6Vであるとします
  • ダメージ計算はトレーナー天国様のツールをお借りしています
  • 一部略称を使用します
  • 基本はコータスと並ぶことを想定して記述しています
  • またダメージ計算や素早さ計算など、基本はインターネット大会プリティプリマに参加できるポケモンのみに絞っています

前置き

はじめまして、なめくじと申します。この度初めて育成論を投稿させていただきますので他の育成論に比べて劣っている点や拙い点があるとは思いますがご了承ください。今回プリティプリマで活躍が期待される嫁ポケであるマラカッチの育成論がBWの投稿以降全く投稿されていないので投稿させていただこうと思い書かせていただきます。みなさんのマラカッチの叩き台としてお使いください。

マラカッチとは

BWによって初めて登場したポケモンで、砂漠に生息しているにもかかわらずどの特性であっても砂ダメを無効化できないというおちゃめな子です。
同時期に登場したドレディアというポケモンの方が対戦向けの種族値をしており、全く対戦では見ないポケモンでありましたが、この度インターネット大会プリティプリマによって(個人的に)活躍が期待しているポケモンでございます。
今回はインターネット大会用の育成論ですのでドレディアとの差別化は記述いたしませんのでご了承ください。あえて言うなら身長です。

採用理由

通常のレートにおいては採用理由は「愛!」としか言えません。
ですが、先ほど申しました通り今回のインターネット大会ではドレディアは参加できない、つまり晴れパのエースとして輝けるのです。そしてマラカッチは参加できる葉緑素ポケモンの中で1番C種族値が高い上に、お先にどうぞができる葉緑素ポケモンの中で最速なのです。これは使わざるを得ないですね!!!

差別化

他に慎重1m以下の葉緑素お先にどうぞができるポケモンとしましてはキレイハナがいます。(キマワリもいますが役割が違うと感じましたので今回は記述しません)

マラカッチ H75 A86 B67 C106 D67 S60
キレイハナ H75 A80 B95 C90 D100 S50

  • キレイハナだけが覚える補助技(太字はマラカッチが覚えない技)
しびれごな、ねむりごな、つきのひかり、ちょうのまい、つるぎのまい、あまえる、フラフラダンス、くすぐる、いえき

  • マラカッチだけが覚える補助技
コットンガード、ニードルガード、わたほうし、つぼをつく、やどりぎのたね、くさぶえ、てだすけ

以上が2匹の差となっています。
種族値ではCSはマラカッチが優位ですが、耐久面ではキレイハナが優位です。
サポート面ではドレディアも使っている眠り粉やオドリドリと相性のいい蝶の舞、剣の舞、物理アタッカーを置物にできる甘えるなど、多彩な補助技を覚えます。

  • マラカッチがキレイハナより優位な点

  1. 耐久が低いということを逆手にとって襷がむしゃら、トリル展開後のスムーズなアタッカーへの引きがしやすい
  2. トリル展開した(された)後でも、晴れが切れた後でも手助け不意打ちなどで味方をサポートしやすい
  3. 高いCによって自身も相手に負担をかけやすい

  • キレイハナがマラカッチより優位な点

  1. 耐久が高いので居座り前提の補助が行いやすい(蝶の舞、光合成など)
  2. 眠り粉を覚えるので苦手な相手でも無理矢理突破しやすい
  3. 相手の能力値を下げることで味方を守ることもできる(甘える、くすぐるなど)

以上が差別化できるポイントだと思います。

以上のことをまとめますと
キレイハナを使う場合は必ずと言っていいほど晴れに頼ったPTになってしまう事が多いと思います。ですので天候を取られてしまったり、追い風やトリルを展開されてしまったりすると非常に動きづらくなってしまうのではないでしょうか
ですがマラカッチですと、追い風をされたのでトリルにスイッチ、晴れ展開は刺さってないが草タイプの技の通りがいい時など、多彩なPT編成にも柔軟に対応することがでるのではないでしょうか。

持ち物

  • 草Z
基本はこれで確定だと思っています。ソラビZの火力はガブリアスも高乱数で倒すことができます。
  • 気合の襷
2番目に候補に挙がってくる道具です。火力はあっても耐久が脆いので耐えられた時の返しであっけなく倒されてしまいます。その時に1回でも耐えれれば補助技を撃ったり攻撃して倒しに行くこともできますので非常に便利です。先制技に弱いのはご愛嬌。

努力値と性格

性格 臆病or控えめ
努力値 CS252 D4
実数値  臆病→H150 A× B87 C158 D88 S123
    控えめ→H150 A× B87 C173 D88 S112
調整意図
C 耐久に振ってもたかが知れているのでソラビとZ技の火力を最大限に引き上げます
D ダウンロード対策でDに4振りです
S 抜ける範囲を可能な限り増やすためにぶっぱです。最速だとスカーフ準速エーフィ抜き、準速だと最速フェローチェより1速いです

確定技
  • お先にどうぞ
コンセプトなので確定です。これがないと晴れパである意味がないです。レベル技。

  • ソーラービーム
晴れ下においては抜群の火力を誇ります。はなびらのまいとは違い対象がランダムではない点も高評価。ですが天候を取られた場合、1ターン溜めが必要と一長一短ですが今回は確定技としています。レベル技。

選択技
  • はなびらのまい
ソーラービームの代わりに入れるならこちら。火力もソラビと同じで天候がなくとも打てるため安定しますが、対象を選べず技も固定されるので柔軟な動きができなくなります。取り巻きにオドリドリを採用するならこちらになるのではないでしょうか。レベル技。

  • てだすけ
こちらも便利な技です。優先度が+5なので最後っ屁として使ったり、トリルと組み合わせる時には非常に便利です。他にも優秀な補助技はありますが確定欄にはこちらを入れています。orasでの教え技。

  • ニードルガード
守るの上位互換です。接触技を撃ってくる相手には1/8のダメージを入れることができます。ヒノヤコマを意識するならば入れるべきです。確定欄にはこちらを入れていますが、技スぺが足りなくなる場合もあります。レベル技。

  • にほんばれ
技スぺが余るならこちらもおすすめ、天候を取られそうになっても安定して取り返すことができます。レベル技。

  • わたほうし
晴れが切れる前に撒くことで交代を促せる上に特性に頼らずに先制を取ることができるようになります。綿胞子1回で抜ける相手は葉緑素発動時と全く同じです。レベル技。

  • エナジーボール
困った時の安定択だと思いますが、火力は全く足りません。基本は上二つから選びますが、もう一つ攻撃技を入れるならばこちらも選択肢として入るのではないでしょうか。技マシン。

  • がむしゃら(タングス様より)
襷型として採用するなら採用の一考は必要かと思われる技です。横の範囲技で倒せない、もしくは範囲技が通らない相手も強引に落とすこともできます。ですがシャンデラや先制技には気を付けて運用してください。orasでの教え技。

その他
甘い香り+草笛・・・命中率が92%まで引き上げられます。
ツボを突く・・・運に身をまかせたい方向けです。守る貫通。
不意打ち・・・火力にはならないが先制技としては非常に優秀。
めざ炎岩・・・炎はカミツルギとシュバルゴ、ナットレイに、岩は飛行や虫に刺さります。

ダメ計

特殊受けや、おそらく脅威になるであろうポケモンたちを予想して計算しています。
実際の使用率などはわからないので個人の意見としてお考えください。

  • 与ダメ(控えめで計算)

Zソーラービーム(Zはなびらのまい)
H252イーブイ(イーブイZ使用後) 67.2%〜80.2%
H252エーフィ(イーブイZのバトン後) 47%〜55.8%
H252チョッキカクレオン 52.6%〜62.8%
無振りカミツルギ 67.1%〜79.1%
H252D28キュワワー(育成論サンムーン/376参考) 87.3%〜103.1%
H252D20ドヒドイデ 71.3%〜84.7%
H252D4ナマコブシ 153%〜181.4%
H252ニンフィア 61.3%〜72.7%
H244D52輝石ポリゴン2(育成論サンムーン/289参考) 53.4%〜63.3%
H4ミミッキュ 112.9%〜133.5%
H252輝石ムウマ 70.6%〜84.4%
H252ランクルス 81.5%〜95.8%

ソーラービーム(はなびらのまい)
H252イーブイ(イーブイZ使用後) 42.5%〜50.6%
H252エーフィ(イーブイZのバトン後) 29.6%〜35.4%
H252チョッキカクレオン 34.1%〜40.1%
無振りカミツルギ 42.5%〜50%
H252D28キュワワー 55.6%〜66.4%
H252D20ドヒドイデ 45.8%〜54.1%
H252D4ナマコブシ 96.2%〜114.8%
H252ニンフィア 38.6%〜46%
H244D52輝石ポリゴン2 33.5%〜39.7%
H4ミミッキュ 71.7%〜85.4%
H252輝石ムウマ 45.5%〜53.8%
H252ランクルス 51.1%〜60.8%

めざ炎(晴れ補正込み)
無振りカミツルギ 343.2%〜405.9%
H252ナットレイ 97.2%〜114.9%
H252チョッキシュバルゴ 67.7%〜81.3%
H252モロバレル 53.3%〜63.3%
無振りマラカッチ 90.6%〜108%
無振りキレイハナ 68%〜80%
無振りドリュウズ 74.5%〜88.6%
H252輝石ニダンギル 69.8%〜83.1%
無振りトゲデマル 91.4%〜108.5%

めざ岩
無振りアブリボン 65.1%〜77%
無振りアメモース 107.5%〜126.8%
無振りオオスバメ 82.9%〜99.2%
無振りオドリドリ(メラメラ) 117.3%〜138.6%
無振りオドリドリ(その他) 58.6%〜69.3%
H252アローラガラガラ 46.7%〜56.2%
無振りシャンデラ 53.3%〜63.7%
無振りヒノヤコマ 160.5%〜189.7%


  • 被ダメ(記載していない限り持ち物はなしで計算しています)

物理
A4うっかりやアグノムの大爆発 78.6%〜92.6%
A252陽気カミツルギの聖なる剣 60.6%〜72%
A252意地っ張り襷カモネギのブレイブバード 161.3%〜192%
A252勇敢太い骨持ちアローラガラガラのシャドーボーン 106.6%〜126%
A252意地っ張りスカタンクの不意打ち 48.6%〜58%
A252陽気ミミッキュのZじゃれつく 106.6%〜126.6%

特殊
C252臆病アブリボンの花粉団子 113.3%〜136%
C252臆病オドリドリのエアスラッシュ 97.3%〜116%
C252冷静オーベムのサイコキネシス 76%〜90%
C252控えめ珠ニンフィアのハイパーボイス 80.6%〜96%
C252臆病電気玉ピカチュウのめざ氷 70.6%〜84%
C0輝石C上昇図太いポリゴン2の冷凍ビーム 97.3%〜116%

ご覧の通り耐久に関しては全く信用できません。アタッカーからの抜群はほとんど耐えられないうえに等倍でも確定2発です。後出しする場合にはお気を付けください。

素早さ比較表

数字は実数値を表し、+1、+2はランク補正を表します。また+1はスカーフ、+2は軽業発動時と同じ補正になります。太字で記載してあるものは主観的に重要視するべきであろうポケモン達です。

272  最速+2ペロリーム
268  最速+2キモリ
267  最速+1エーフィ
265  最速+1カミツルギ 準速+1オオスバメ
264  準速+1アブリボン
256  最速+1ニャオニクス
255  最速+1エモンガ
252  最速+1バオッキー、ヒヤッキー、デデンネ
250  準速+1アグノム、ペルシアン
248  準速+2ペロリーム
247  最速+1バスラオ
246  最速+2マラカッチ
244  準速+2キモリ
243  準速+1エーフィ
241  最速+1ユクシー、プラスル、アイアント 準速+1カミツルギ
238  最速+1オドリドリ
235  最速+1ぺラップ、通常ロトム
234  最速+2イーブイ
234  準速+1ニャオニクス 最速+1ポリゴンZ
233  最速テッカニン
226  最速+1家電ロトム
225  準速+1バスラオ
224  準速+2マラカッチ、フシギソウ 最速+2キレイハナ
223  最速+1スカタンク 準速+1ラッタ
220  準速+1ユクシー、プラスル、アイアント
214  準速+2イーブイ

追記して欲しいものがあればコメントにて教えてください

相性のいい味方

  • コータス
特性の相性が最高の組み合わせです。

  • オドリドリ
はなびらのまいや追い風などで追撃や加速もできます。横の相性補完もそこそこいいですが2匹とも低種族値なのが不安要素です。

  • 鈍足アタッカー
コータスはもちろんのことランクルスやアローラベトベトンなども早く動けるので縛り関係を崩しやすいです。

  • トリル起動役
お先にどうぞは優先度も関係なく行動させますので相手に殴られることもなく安定してトリルを張ることができます

最後に

いかがだったでしょうか。マラカッチは本当に器用貧乏ですね、できることが多いのにその低種族値から何もできなかったというのがレートで使っているとよく思うことです。やはりマラカッチが一番輝こうと思うと葉緑素サポーターになってしまうのでしょうか。皆さんに少しでもマラカッチの魅力が伝わればいいなと思います。
最後まで閲覧していただきありがとうございました。

最終更新日時 : 2017/06/19 07:02:52

スポンサーリンク

コメント (13件)

  • ページ:
  • 1
17/06/15 16:17
1
眠り粉、フラフラダンスがあるキレイハナとの差別化が必要だと思います。
プリティプリマで最速はカミツルギですけど、カミツルギはキレイハナでも抜けるんですよね。(スカーフを持たれてたら抜けないけど、それはマラカッチでも同じ)
17/06/15 17:50
2タングス (@tungs_poke)
>1
テッカニンとかサンダースとかカミツルギより速いやつ結構いるので最速がカミツルギってのは誤りですね。

>0
どんな環境になるかわかりませんが、私的には+2イーブイや+1(スカ)ポリZ、スカドリュ等を抜ける臆病のほうがいいかなぁと感じました。
また、1でも指摘されているように控え目だと最速キレイハナと同速、火力に差はあるものの眠り粉を捨ててまで火力を上げたいかというと、うーんって感じですし臆病のほうが差別化の面でも良さそうに思えます。(火力について掘り下げたり技等他の部分で差別化を考えてもいいですが。)

それから、特に襷の場合はがむしゃらが候補入りしてもいいと思います。高速がむしゃら+隣の範囲技で範囲技が通らない相手も強引に落としに行けます。
17/06/15 17:59
3
>>2
ツイッターでカミツルギが最速だと聞いていたんですが、違うんですね。
間違った情報を載せてしまい失礼しました。
17/06/15 18:56
4LOVE★FAIRY (@a6WGRqIyYWloRdD)
55555
プリティプリマの大会おいて、私もほぼ同じ事を考えてました。
どんな環境になるか楽しみですよね。
個人的には、めざ炎やめざ岩等のサブ技のダメ計が良いかなと思います。
一応、評価は5にしておきます。
17/06/16 00:44
5なめくじ (@name6261342)
>>1、2 あ様 タングス様
キレイハナとの差別化について追記しました。

推測になってしまうのですが最速がカミツルギというのは「参加できる草タイプとしては」ということなのではないでしょうか?

葉緑素マラカッチは、臆病個体は育成はしているもののまだ使ったことがなく、火力を求めた控えめをレートで使っていまして、使用感もわからない状態で書くのは机上の空論と思いましたので今回の確定枠は控えめとさせていただいています。
ですが、臆病でランク+2のイーブイが抜けるのは追記すべきと判断いたしました。のちに素早さランクの上がったポケモンも含めた抜ける範囲を追記いたしますのでそれまで少々お待ちください。

最後になりますが、がむしゃらの件も追記いたしました。
17/06/16 00:46
6なめくじ (@name6261342)
>>4 LOVE★FAIRY様
同じ考えの方が1人でもいらっしゃったことに感動しています。
ぜひともマラカッチを活躍させてあげてください!

めざ炎と岩のダメ計につきましては、ご指摘ありがとうございます。のちに追記いたします。

評価5もありがとうございます!
17/06/16 07:32
7なめくじ (@name6261342)
>>0
めざ炎、岩のダメ計を追記しました。
素早さ比較表を追記しました。
17/06/18 11:11
8tomoka (@ls16430j)
素早さ比較表にアギルダーとルチャブルと晴下でのリーフィアも欲しいです。
特にリーフィアはお先にどうぞこそ覚えないもののおなじ葉緑素持ちとしてこのルールでは一番速く、また穴を掘るzを持つのでミラーにも有利なので記載は必須と思われます。
17/06/18 21:58
9なめくじ (@name6261342)
>>8
まずこちらの素早さ比較表はマラカッチが抜ける相手、抜けない相手を明確にするために記載しています。全ポケモンの素早さを明確にするためではないということを把握していただきたいと思います。
通常の最速アギルダー、ルチャブルについては葉緑素発動時は抜いていますが、軽業発動時には抜かれているのも明確でありますので記述する必要はないと判断いたしました。リーフィア等の素早さ種族値60以上の葉緑素ポケモンについても前述したのと同じ理由で記述する必要はないと判断いたしました。
ですが貴重なご意見ありがとうございます。晴れパ編成の際注意するべきことだと思いましたので参考にさせていただきます。
17/06/19 00:05
10yasu@ゲーム垢 (@yasu3_1226)
55555
しっかりとドレディアの代わりを務められるのがいいと思いました!どーでもいいですがプリティープリマではなくプリティプリマではないでしょうか?(タイトル)
17/06/19 07:14
11なめくじ (@name6261342)
>>10 yasu@ゲーム垢様
ほんとですねw
タイトルと本文修正いたしました
17/06/19 23:10
12ななし
参加出来る草の最速ならエルフーンでは
揚げ足取りたいわけではないですが一応

また、手助けや追い風など
役割は変わってきますがこちらも記述した方が良いかと
特性頼りとは言えこちらも先制技は使えますし
トリルを展開された場合などはエルフーンの方が動きやすいですし
17/06/19 23:38
13なめくじ (@name6261342)
>>12 ななし様
申し訳ございません、文章の意味が把握できなかったため確認させていただきます。
手助けは選択技候補にはあげていますし、マラカッチは追い風を覚えません。また追い風補正は+2補正と同じ速度ですので今記載している分で十分だと思いますがいかがでしょうか。
また、エルフーンは葉緑素サポーターではなく、普通の悪戯心サポーターです。追い風やアンコールなど多彩な技は覚えますが、自身は弱点である炎のダメージを追加してしまう上に覚える技に関しても今回のモチーフとしているお先にどうぞを覚えないためコータスとは横の相性が悪いです。また攻撃のタイミングは悪戯心が適用されないため他の葉緑素サポーターのようにめざパや草Zでの無理矢理の突破は困難です。よってエルフーンは晴れパとはほとんどシナジーがありません。(個人的には雨パとして組み込むなら十分採用は検討されそうですね)
以上のことを踏まえるとエルフーンとの差別化は必要ないと考えるのですが、こちらの点もいかがでしょうか。
  • ページ:
  • 1

削除キー:


コメントを投稿

補足やアドバイス、間違いの指摘などにお使いください(半角5000文字まで)。育成論に直接関係のないコメントは書き込まないでください(育成論を求めてこのページを訪れたエンドユーザーに関係のない書き込みすべてが削除対象です)。また、育成論の削除を強要することは運営ポリシー違反であり運営妨害です。削除が必要かどうかは管理者が判断しますので、管理者に直接ご連絡ください。

※評価はポケ徹サービスにログインする必要があります。

名前: 

本文:

削除キー:


この育成論のフォークを投稿する >>

修正・削除

この育成論を修正あるいは削除する場合は、管理用パスワードを入力して「修正・削除」ボタンをクリックしてください。

スポンサーリンク

◆ ページの先頭へ ◆


トップページ::ウルトラサン/ウルトラムーン::ポケモン育成論サンムーン::マラカッチ

ポケットモンスター・ポケモン・Pokémonは任天堂クリーチャーズゲームフリークの登録商標です。

当サイトは個人ファンサイトであり、株式会社ポケモン他企業様とは一切関係ありません。下記はサイト内容に関する著作権を示すものです。

Copyright © 2002-2017 Yakkun All rights reserved.

dummy