dummy

バッフロン- ポケモン育成論ソードシールド

ゴリランダーをメタれ!草食い型バッフロン

2020/07/10 02:25 / 更新:2020/07/16 00:05

バッフロン

HP:HP 95

攻撃:攻撃 110

防御:防御 95

特攻:特攻 40

特防:特防 95

素早:素早 55

ツイート3.943.943.943.943.943.943.943.943.943.94閲覧:4313登録:5件評価:3.94(9人)

バッフロン  ノーマル  【 ポケモン図鑑 】

性格
いじっぱり(攻撃↑ 特攻↓)
特性
そうしょく
努力値配分(努力値とは?)
HP:100 / 攻撃:252 / 防御:158
実数値:183-178-135-x-115-75 / 個体値:31-31-31-x-31-31
覚えさせる技
メガホーン / ちょうはつ / アフロブレイク / しねんのずつき
持ち物
グラスシード

スポンサーリンク


ルール
シングルバトル
このポケモンの役割
物理アタッカー / ダイマックスする
登録タグ

考察

まず初めに
私は今回初めて育成論を考案掲載します。稚拙な部分もあると思いますが、お付き合い下さい。

採用理由

今の環境ではゴリランダーが2位と多くの方がゴリランダーを採用されています。これをを狩るにはどうすればよいかを考えたところ草食もちの中で攻撃種族値が最も高いバッフロンに白羽の矢が立ちました。

役割

基本的にはゴリランダーの草技に合わせるような形で受け出しをして攻撃を1段階上昇、グラスシードにより防御1段階上昇し、ゴリランダーを狩り、さらに後続のポケモンにも圧力をかけていく、というのが主な役割です。

持ち物

グラスシード バッフロンは、素早さ種族値が55と役割対象のゴリランダーよりも遅く、弱点の格闘技で返されないようにするため、そしてゴリランダーがグラスフィールドを張ってくれるのでこの持ち物を採用しています。

性格・努力値と調整

性格はいじっぱりを採用
努力値 攻撃はアタッカーの為252
hp、防御は非ダイマックス時にゴリランダーの馬鹿力耐え、ダイマックス時にウーラオスのハチマキインファイト確定耐え


技構成

・メガホーン ゴリランダーに対するメインウェポン
・ちょうはつ ダイマックス時のダイウォール用また、相手の起点になるのを防ぐため。
・アフロブレイク タイプ一致の攻撃技ダイマックス時ではデメリット無しで高火力が期待できる。
・しねんのずつき ほぼダイマックス時限定となるが、相手のエースバーンの飛び膝蹴りをたえ弱点を突いたりウーラオス連撃に対しての打点。また、遅いので先制技のケアなど。
ここの技は最近増えてきたジバコイル意識で10まんばきりや、眠りケアなどでワイルドボルトでもいいかも。


立ち回り例

連撃ウーラオスやヌオーなど草が弱点のポケモンに対してゴリランダーが出てきた時に奇襲をしかける。また、ダイマックスをすることでウーラオスやエースバーンにも強く出れる。

与ダメージ計算

特性の草食が発動した前提でのダメージ計算となりますので攻撃が一段階上昇しております。

ゴリランダーhp252b4 vsメガホーン
確定1発 105.3~124.6%

エースバーン(鋼以外)b4 vsダイアタック
確定1発 141.9~167.1%

ウーラオス連撃b4 vs ダイサイコ
確定1発 123.4~146.2%

ウーラオス一撃b4 vs ダイアタック
確定2発 乱数1発(93.7%) 99.4~117.1%


被ダメージ計算

こちらの計算もグラスシードが発動し、防御が1段階上昇した状態での計算となります。

ゴリランダー特化玉持ち馬鹿力vs 通常時
確定2発 62.2~73.7%急所1発 137.7~163.3%

エースバーン特化玉持ち飛び膝蹴りvs 通常時
確定2発乱数1発(75.0%) 95.0~115.3%

エースバーン特化玉持ち飛び膝蹴りvsダイマックス
確定3発乱数2発(90.6%) 47.5~57.6%

ウーラオス特化ハチマキインファイトvsダイマックス
確定2発 55.7~65.5%

相性の良い味方

草技が弱点かつ警戒されやすいウーラオス連撃やヌオー、ドヒドイデなどのポケモン


このポケモンの対策

まずグラスフィールド下ではゴリランダー側に勝ち目は薄いので、他のポケモンに任せる。また、今回のバッフロンは特防に努力値を振っていないので、特殊で攻めるなど。
1ターン目:ゴリラはたき → 交換受け
2ターン目:ゴリラダイコランダ → メガホーン
3ターン目:ゴリラ ダイジェットやダイナックル
この方法で、比較的痛手をおわずに、撃破することが可能です。

投稿日時 : 

最終更新日時 : 2020/07/16 00:05

スポンサーリンク

コメント (6件)

  • ページ:
  • 1
20/07/10 09:43
1gomataro (@gomataro9)
草食バッフロンは面白いと思ってたのですが、有理対面でのゴリランダーは初手はたきおとすから入ることも多くあり、はたき→ダイコランダで落とされるので、後出し安定しないかなと思いました。
ゴリラに、引くかダイマ切るかの2択を選ばせるだけなら少し弱いので、ゴリラ対策の場合はグラスフィールドの回復込みではたき→ダイコランダは耐えるくらい耐久に振ってもいいかと思いますが、いかがでしょうか?
20/07/10 16:50
2ゴーヤ (@goyaman_310)
gomataroさんこの育成論を見て頂きありがとうございます。ダメージの方ですが、この育成論のバッフロンはグラスシード持ちで場に出た時に、消費されるのでダメージは、はたきおとすがハチマキ持ちでも最大乱数で43ダイコランダは、最大乱数で133と、足して176そしてこちらのhpは183と急所に当たらないと突破は、出来ません。また、命の玉持ちでも最大乱数の合計が172と、こちらも急所に当てなければならないので、耐久はこの数値にしております。 長文すみません。
20/07/10 23:04
3カガネ
そもそもキョダイコランダが特性貫通なのでこの育成論のコンセプトから崩壊してます
20/07/11 21:22
4ゴーヤ (@goyaman_310)
カガネさんご指摘ありがとうございます。確かにコランダは特性貫通ですが、このバッフロンは草技に合わせて交換出しするタイプのためダイマックスの事をあまり考えていませんでした。申し訳ありません
20/07/15 23:44
5gomataro (@gomataro9)
ゴーヤさん >1です。回答ありがとうございます。

1ターン目:ゴリラはたき → 交換受け
2ターン目:ゴリラダイコランダ → メガホーン
3ターン目:ゴリラ ダイジェットやダイナックル

であまり深傷をおわせずにやられるので、ゴリラ受けとして入れるには少し不安かなぁ、、、と思いました。
ダイマックスor交換を強要できる点はいいかもしれないですね。
20/07/16 00:04
6ゴーヤ (@goyaman_310)
gomataroさん返信ありがとうございます。
確かにそのような方法で比較的簡単に突破されてしまいます。私としても今回は、考察が足りないと実感いたしました。このポケモンの対策の欄にその対策法を追記させていただきます
  • ページ:
  • 1

削除キー:


コメントを投稿

補足やアドバイス、間違いの指摘などにお使いください(半角5000文字まで)。育成論に直接関係のないコメントは書き込まないでください(育成論を求めてこのページを訪れた第三者のユーザーに関係のない書き込みすべてが削除対象です)。また、育成論の削除を強要することは運営ポリシー違反であり運営妨害です。削除が必要かどうかは管理者が判断しますので、管理者に直接ご連絡ください。

※評価はポケ徹サービスにログインする必要があります。

名前: 

本文:

削除キーは自分でコメントを削除する際に必要になります。

削除キー:


この育成論のフォークを投稿する >>

修正・削除(投稿者用)

この育成論を修正あるいは削除する場合は、管理用パスワードを入力して「修正・削除」ボタンをクリックしてください。

スポンサーリンク

◆ ページの先頭へ ◆


トップページ::ソードシールド(剣盾)::ポケモン育成論ソードシールド::バッフロンの育成論::ゴリランダーをメタれ!草食い型バッフロン

このサイトについて | プライバシーポリシー

ポケットモンスター・ポケモン・Pokémonは任天堂クリーチャーズゲームフリークの登録商標です。

当サイトは個人ファンサイトであり、株式会社ポケモン他企業様とは一切関係ありません。下記はサイト独自の内容に関する著作権を示すものです。

© 2002-2020 Yakkun

dummy