プレイ!ポケモンポイント!

ユーザー登録ログイン

dummy

ウルガモス- ポケモン育成論サンムーン

スカーフウルガ【サイクル+抜きエース】

2018/03/06 21:38:45

ウルガモス

HP:HP 85

攻撃:攻撃 60

防御:防御 65

特攻:特攻 135

特防:特防 105

素早:素早 100

ツイートブックマーク4.884.884.884.884.884.884.884.884.884.88閲覧:12123登録:3件評価:4.88(11人)

ウルガモス  むし ほのお  【 ポケモン図鑑 】

性格
ひかえめ(特攻↑ 攻撃↓)
特性
ほのおのからだ
努力値配分(努力値とは?)
HP:4 / 特攻:252 / 素早:252
実数値:161-x-85-205-125-152 / 個体値:31-x-31-31-31-31
覚えさせる技
ほのおのまい / オーバーヒート / むしのさざめき / サイコキネシス
持ち物
こだわりスカーフ

スポンサーリンク


このポケモンの役割
特殊 / 攻め
ルール
シングルバトル
登録タグ

考察

みなさんはじめまして。和花といいます。
初投稿です。
というわけで、この度は僕の大好きなポケモンウルガモスの育成論を投稿させていただきます。

はじめに

この育成論では非公式の用語・略語を使用します。理解できない点はコメントで受付ます。

ねらい

有利対面で上から高火力の炎技を放ち相手のサイクルを崩壊させ、終盤ほのおのまい連打で全抜きを狙います。

ちょうのまい型との比較

現環境において約9割がちょうのまいを採用しており、スカーフは残り1割といった感じです。

スカーフを巻くメリットは、サイクル性能・対面性能の高さにあります。
全抜き性能はちょうのまい型に劣りますが、もとから先手を取りやすくすることで対面で突破できる相手を増やし、突破時に体力を多く残すことで鋼タイプポケモンを焼くというほのおタイプとしての役割を遂行させやすくさせ、先制技で縛られる可能性をグッと減らすことができます。

ズガドーンとの差別化

この型の強みはほのおのまいによるcアップで全抜きも狙える点にありますが、同じようなことがスカーフズガドーンにもできます。あちらのほうが攻撃性能が高くタイミングこそちがえど特性によって運に左右されずにcをあげられます。また、範囲のクソ広い優秀なタイプを持っています。

しかしあちらは耐久力が低く、特化ギルガルドのかげうちで確定1発で落とされてしまいます。ミミッキュのかげうちも確定2発です。ガルドに負けるほのおタイプとは

反面こちらはA特化ミミッキュのぽかぼか+かげうちを良い乱数で耐えられ、Dも高いことから最低限の繰り出し性能をもっているといえます。

また、相手はウルガモスをみたらまずちょうまい型であることを前提に動くことを強いられるため、スカーフ型であることが読みづらいです。使用者もスカーフを読まれないようなプレイングを心がけましょう。

努力値配分等


案1
ひかえめ
努力値4−0−0−252−0−252
H奇数調整、csぶっぱ

火力がギリギリなためc特化推奨、
sに関しては準速メガバシャを意識してぶっぱ。はたきおとされても最低限のsは確保できます。

案2
ひかえめ
努力値4−0−4−252−140−108
最速コケコ抜き+臆病アーゴヨンのzりゅうせいぐん超高乱数耐え

アーゴヨンが重いPTむけ。4振りアーゴヨン程度ならサイキネで確定1なので比較的安定して見ることができます。メガミミロップはあきらめてください。


技構成


  • 確定技
ほのおのまい
コンセプト技。5割でcが1段階上がります。ほのおに薄いPTなら全抜きも可能です。

オーバーヒート
コケコなどの面倒なポケモンを上から強引に突破できます。相手の後続に起点にされるのでご利用は計画的に。

  • 準確定技
サイコキネシス
対アーゴヨンやバシャーモに。無振りメガバシャが中乱数になる程度の火力ですが、通りはそこそこいいです。
むしのさざめき
タイプ一致のメインウェポン。通りはよくないですが、ゲッコウガ、バンギ、クレセ、サザンへの最高打点となるためあると重宝します。
とんぼがえり
スカーフは割れますが、先発不利対面時やマンダ、レヒレ等へのバックが読めるときにあると交代読み交代のリスクを減らせ便利です。
コメントでのご指摘、ありがとうございました。

  • 選択技ーピンポイントメタになってしまいスカーフとの相性が微妙なもの
めざめるパワー
ヒトム、リザ意識の岩かドラン意識の地面推奨。
ランドには炎技が通るため氷の使用感はいまいちです。
おにび、どくどく
両者もウルガモスで負荷をかけられない相手に負荷をかけられる技です。交代読みで打てたらアド。

ギガドレインを積むくらいならおとなしくPTに草枠を設けたほうがいいです。

特性

むしのしらせは条件が厳しいのでほのおのからだ推奨。個人的な意見ではありますが...

与ダメ(スマホアプリのダメージ計算zを使用させていただきました)


  • ほのおのまい
D特化ナットレイ確定1
D特化メガハッサム確定1
H4振りミミッキュ 57.2~67.1% 確定2
c↑時 84.7~100.7% 乱数1(6.2%)
D4振りメガメタグロス 92.9~109.6% 乱数1(56.2%)
H252振りメガクチート 確定1
H244振りテッカグヤ 74.8~89.6% 確定2
c↑時 確定1
H252振りギルガルド 65.8~79.0% 確定2
c↑時 98.2~116.1% 乱数1(87.5%)

  • オーバーヒート
D特化カバルドン 51.6~61.3% 
H244振り輝石ポリゴン2 46.0~54.9%
H4振り霊獣ボルトロス 97.4~114.8% 乱数1(81.2%) 
D4振りカプコケコ 確定1
H4振り霊獣ランドロス 91.5~107.8% 乱数1(50.0%)

  • サイコキネシス
H4振りアーゴヨン 確定1
無振りメガバシャーモ 90.3~107.0% 乱数1(43.7%)

  • むしのさざめき
無振りゲッコウガ(タイプ変化時) 78.2~92.5% 確定2
H252振りクレセリア 61.6~74.0% 確定2
無振りメガバンギラス(砂補正込) 58.2~68.5% 確定2
無振りサザンドラ 確定1

相性のいい味方


ウルガモスの嫌う先制技を無効化し、サイキネの通らない相手をウルガモスで処理できます。また、ウルガモスのスカーフがばれなくなります。
所謂ウルガマンダ。ウルガモスの通りのいいポケモンを誘導させます。
ウルガモスの呼びがちなバシャーモ、ギャラドス、バンギラスあたりを止めてくれます。ほのおのからだとはアンチシナジー。
ミミッキュや水タイプを見られる最高の補完枠。ステロも草技も欲しいのでまもるを積むスペースはないです。

長くなってしまいましたが、以上です。コメントや評価お待ちしております。

最終更新日時 : 2018/03/06 21:38:45

ウルガモスの他の育成論を探す (10件) >>

スポンサーリンク

コメント (6件)

  • ページ:
  • 1
18/03/05 14:29
1おーか (@o_kaOH)
55555
育成論の投稿お疲れ様です! 文面も綺麗でダメ計も見やすく、とても見やすかったです。

「使用者もスカーフと読まれないようなプレイングを心がけましょう」とありますが、ウルガモスをあまり使ったことがなく、また、ウルガモスのスカーフの型に1度も遭遇していないので にわかになりますが、プレイングがよく分からないので(慣れろ と言われたらそれまでですが)、よければ 参考までに記述 又は、返信していただけると幸いです。
18/03/05 14:30
2しゅぞ@超低浮上 (@nadekoharunasy2)
炎の舞を軸にしたスカーフ型は面白いのですが投稿主から見てとんぼ返り搭載のスカーフウルガとの使用感の違いとかが欲しかったです。あとめざ氷なのですが現環境ではカバマンダガルドといった構築が流行っているのでめざ氷の需要はむしろ高いと思うのですがどうでしょうか?長文失礼しました。
18/03/05 16:26
3トレカ
44444
自分の意見としてはめざ氷はいらないと思います。カバはどうせ一撃では落とせない上に岩技で返り討ちとはいかないまでも致命傷を負い、HDメガマンダ、チョッキランド等には逆立ちしても勝てないです。ですが、とんぼ返りは採用されてもいい技だと思います。ミミの化けの皮剥がしに使える点や有利対面を作りやすいとんぼ返りが弱いはずがありません。
18/03/05 22:04
4和花 (@imsuchauseless)
>>おーかさん、評価とご感想、どうもありがとうございます。
基本的には、むやみに攻撃技でつっこまなければ大丈夫です。
スカーフとばれたとたんになめられてポリ2とかに居座られたりします。
>>しゅぞさん、トレカさん、ご意見ありがとうございます。めざ氷に関してはトレカさんの言う通り対面で勝てない相手が多く、基本交代読みになってしまいますが、マンダが重いPTなら採用のよちはありますね。
とんぼについては、先発でだしたときや交代際に使える技ですが交代読みで打つくらいなら特殊で負荷をかけたほうがいい場面も多く、候補外とさせていただきました。ですが、確かに相手のレヒレバック等が読めている場合には有効ですね。後で実際に回してみて論を編集したいと思います。
18/08/04 13:31
5もっちー (@pokeronpa51)
めざめるパワー氷についてですがピンポイント気味とは言う物のランドだけでなくボーマンダへの打点となるのが優秀で、偶発対面や初手対面でマンダランドに削りを入れれるだけでも有効な場面はあるためやはり候補入りしてもいいのではないかと思います。
ダメージが足りないのはステロなどで補うという立ち回りを行う事もできる訳ですし。
18/08/04 19:37
6筋肉ニクニク
猫騙しで火傷すればメガミミもワンチャン
  • ページ:
  • 1

削除キー:


コメントを投稿

補足やアドバイス、間違いの指摘などにお使いください(半角5000文字まで)。育成論に直接関係のないコメントは書き込まないでください(育成論を求めてこのページを訪れたエンドユーザーに関係のない書き込みすべてが削除対象です)。また、育成論の削除を強要することは運営ポリシー違反であり運営妨害です。削除が必要かどうかは管理者が判断しますので、管理者に直接ご連絡ください。

※評価はポケ徹サービスにログインする必要があります。

名前: 

本文:

削除キー:


この育成論のフォークを投稿する >>

修正・削除

この育成論を修正あるいは削除する場合は、管理用パスワードを入力して「修正・削除」ボタンをクリックしてください。

スポンサーリンク

◆ ページの先頭へ ◆


トップページ::ウルトラサン/ウルトラムーン::ポケモン育成論サンムーン::ウルガモス

このサイトについて | プライバシーポリシー

ポケットモンスター・ポケモン・Pokémonは任天堂クリーチャーズゲームフリークの登録商標です。

当サイトは個人ファンサイトであり、株式会社ポケモン他企業様とは一切関係ありません。下記はサイト独自の内容に関する著作権を示すものです。

© 2002-2018 Yakkun

dummy