プレイ!ポケモンポイント!

ユーザー登録ログイン

dummy

カブトプス- ポケモン育成論サンムーン

カブトプスの強い使い方

2019/09/21 09:07:00

カブトプス

HP:HP 60

攻撃:攻撃 115

防御:防御 105

特攻:特攻 65

特防:特防 70

素早:素早 80

ツイートブックマーク4.294.294.294.294.294.294.294.294.294.29閲覧:4455登録:1件評価:4.29(6人)

カブトプス  いわ みず  【 ポケモン図鑑 】

性格
いじっぱり(攻撃↑ 特攻↓)
特性
くだけるよろい
努力値配分(努力値とは?)
HP:12 / 攻撃:252 / 素早:244
実数値:137-183-125-76-90-131 / 個体値:31-31-31-31-31-31
覚えさせる技
ストーンエッジ / アクアジェット / アクアブレイク / つるぎのまい
持ち物
イワZ

スポンサーリンク


このポケモンの役割
物理 / 攻め
ルール
シングルバトル
登録タグ

考察

マハです。
今回はカブトプスについて考察をしていこうと思います。

いつもの

  • この育成論で使用するポケモンは敵・味方共に個体値を理想個体とします。
  • 各ステータスの表記については体力、攻撃、防御、特攻、特防、素早さの順にそれぞれH,A,B,C,D,Sと表記します。
  • しょうもないコメントはやめてください(マジでつまらないので・・・)

このポケモンのコンセプト

今回の型のコンセプトについて説明していきます。
このポケモンは敵ポケモンの物理技を受け、とくせい「くだけるよろい」によりSを二段階あげる事により上がったSを利用し、反撃していくという型になっています。
仮想敵としてはメガボーマンダメガボーマンダメガリザードンXメガリザードンXメガリザードンYメガリザードンYメガバシャーモメガバシャーモあたりが該当します。※ある程度敵の体力が削れている場合はミミッキュミミッキュメガメタグロスメガメタグロスメガルカリオメガルカリオメガギャラドスメガギャラドスといった敵も仮想敵に入ってきます。
しかし上記で挙げた仮想敵については基本的にカブトプスカブトプスに対してメガボーマンダメガボーマンダの場合は「じしん」やメガリザードンXメガリザードンXの場合でも「かみなりパンチ」などカブトプスカブトプスに対して何かしらの有効打を持っている個体が多く、このカブトプスカブトプスも耐久にほとんど努力値を振っていないため、そのまま対面した場合は上から一撃で落とされてしまいます。なので基本的にこのポケモンを仮想敵と普通に対面させることはありません。
なのでこのカブトプスカブトプスにはある一つの役割を与えて仮想敵を処理してもらう形にしました。
その役割が受け出しです。
このポケモンには「くだけるよろい」を利用した受け出しによって、メガボーマンダメガボーマンダ場合は「おんがえし」や「すてみタックル」メガリザードンXメガリザードンXメガリザードンYメガリザードンYの場合は「ニトロチャージ」や「フレアドライブ」など味方のポケモンが上記の技を打たれそうな時にそれらの技を狙ってこのポケモンを出し、反撃していく形になります。

本論
今回このカブトプスカブトプスを作ったきっかけとしては、メガボーマンダメガボーマンダメガバシャーモメガバシャーモといった抜き性能の高いポケモンの対策という形から始まりました。上記の二体のようなポケモンを止める役割としてはカバルドンカバルドンがいますが、受け出しポケモン特有のSが遅いことにより、相手の攻撃を2回受けなければならなく、少し体力が減っていたり急所のあたり具合よるもの、役割破壊の技の所持などによっては受け出しが難しい場面というのがあります。
なのでそれらの抜きエースポケモンの攻撃を1度だけ受け次のターンは自身が上を取ることにより相手の抜きエースを阻止する、さらにはこのポケモンが抜きエースになっていくというスタイルをこのポケモンには与えました。
この型の場合は抜きエースの阻止というよりは相手の抜きエースを起点にするといった言葉のほうが正しいかもしれません。
もともとカブトプスはSが80族とそこそこ高く、準速の型でも「くだけるよろい」発動で最速スカーフガブリアスを抜くことができます。厳密に言うとこの調整では最速107族のズガドーンズガドーン準速122族ゲッコウガゲッコウガのスカーフを抜く調整になっています。
そこそこ高い防御力と攻撃力を兼ね備えており、とくせい発動により、ある程度のスカーフポケモンを抜けれる性能があることから十分にレートで活躍できるのではないかと思います。
今回の型はメガボーマンダメガボーマンダメガリザードンXメガリザードンXを返しの技で確実に倒せれるように岩Zを持たせています。ストーンエッジの場合は、技が外れる事やメガボーマンダメガボーマンダはほぼ確定で耐えてくるので「こだわりはちまき」や「いのちのたま」などいろいろ持たせてみましたが、岩Zが一番使いやすいと感じました。
最後にこの型でよく対面した相手としては一番多かったのがメガバシャーモメガバシャーモです。
メガバシャーモメガバシャーモの場合相手の「まもる」を読むかどうかの択が発生するときがあります。
最速メガバシャーモメガバシャーモ1段階加速を抜けれる調整を行っていますが、相手がこちらの素早さを警戒して「まもる」を挟んでくる場面がとても多いです。なのでその場合は「つるぎのまい」+「アクアジェット」で処理していく流れになります。
相手のメガバシャーモメガバシャーモに1ターン目からフレアドライブを打たせるプレイングやその他の敵の技もほぼピンポイントで読み、受け出すことなど若干難しさはありますが、相手の抜きエースのストッパー+自身が抜きエースになれる二つのメリットを受け出しによって実現させるのはかなり大きいと考えています。

技候補

この型の技構成の場合「アクアブレイク」が比較的使用頻度が少なかったのでアクアブレイクを自由枠として他の候補技をあげていきます。

ばかぢから

カブトプスカブトプスに対して安定して受けが利くポケモンとしてナットレイナットレイカミツルギカミツルギがとても多いのでそれらのポケモンを対策する場合はかなり重宝します

はたきおとす

交換読みで打つ場合やポリゴン2ポリゴン2ギルガルド(シールド)ギルガルド(シールド)に対してかなり有効になります。

こらえる

受け出しに失敗した時(例:相手がポケモンを交換した時)などに交換先で出てきたポケモンがカブトプスカブトプスを一撃で処理できる物理技を所持していた場合や、受け出しできる体力が残っていない状態などにとても役に立ちます。

相性の良いポケモン

ランドロス(霊獣)ランドロス(霊獣)・・・カブトプスカブトプスの苦手な地面技が利かないので、受け出しに「じしん」を打たれるリスクが減ります。さらに「いかく」により相手の攻撃力を下げることができるので多少体力が削れている場合などでも受け出しができる安定度が上がります

ウルガモスウルガモス・・・カブトプスカブトプスが苦手な相手ギルガルド(ブレード)ギルガルド(ブレード)ポリゴン2ポリゴン2ナットレイナットレイなどに基本的に強いのでカブトプスカブトプスでこれらのポケモンを釣り出し、{ウルガモス}の起点にするというのもいいと思います。

ダメージ計算

被ダメージ
※記述のない限り敵の性格は補正ありの努力値A252振りと仮定します
メガリザードンXメガリザードンX(フレアドライブ)・・・25.1~30.3%
1舞メガボーマンダメガボーマンダ(すてみタックル)・・・76.2~90.3%
ようきミミッキュミミッキュ(ぽかぼかフレンドタイム)・・・88.8~105.1%
補正なし無振りカバルドンカバルドン(じしん)・・・85.9%~103.1%
ランドロス(霊獣)ランドロス(霊獣)(がんせきふうじ)・・・28.8~34%

与ダメージ
ストーンエッジ
H4メガリザードンXメガリザードンX・・・102.5~122%
H4メガボーマンダメガボーマンダ・・・81.1~96.4%
H252カプ・レヒレカプ・レヒレ・・・42.9~51.4%
H252ポリゴン2ポリゴン2・・・32.8~39%
ずぶといH252B252サンダーサンダー・・・70~83.2%
{アクアブレイク}
H252ガラガラ(アローラ)ガラガラ(アローラ)・・・80.2~97%
H4カプ・コケコカプ・コケコ・・・57.9~68.9%
H4ミミッキュミミッキュ・・・67.1~80.1%
アクアジェット
H4メガメタグロスメガメタグロス・・・16~19.2%
H4メガルカリオメガルカリオ・・・26.7~31.5%
H4ミミッキュミミッキュ・・・32~38.9%
H4メガバシャーモメガバシャーモ・・・53.8~65.3%

終わりに

剣盾でまだ内定をもらってないポケモンであり、もしかしたらあと2か月で見ることができなくなってしまう型かもしれません。ですが、カブトプスの強みを最大限に生かせれるように考えた型であり、この型に僕は誇りを持っています。最後の7世代の締めとしても確実に活躍できるポケモンだと思っているので、ぜひ使ってみてもらえると嬉しいです。

最終更新日時 : 2019/09/21 09:07:00

カブトプスの他の育成論を探す (2件) >>

スポンサーリンク

コメント (6件)

  • ページ:
  • 1
19/09/20 23:42
1ぜいの
相性のいいウルガモスはどんな型にすればいいですか?
19/09/21 19:37
2rusya
>>1
投稿者ではないですがウルガモスの技は「ギルガルドなどを起点にする」ということから蝶の舞と炎技残りの二つはめざめるパワーやギガドレインではないでしょうか。
あとカブトプスというポケモンはすいすいのイメージがあるのでくだけるよろいは予想外で面白いと感じました。また今度使ってみます。
19/09/21 21:24
3NEO天才リエマハ (@wtuhky)
>>1返信遅くなりすみません。
僕はZはカブトプスに持たせているので、ガモスはオボンのみ持ちのちょうまい、かえんほうしゃ、ギガドレ、めざ氷のCS型で使用しています。
19/09/21 21:26
4NEO天才リエマハ (@wtuhky)
>>2
代弁ありがとうございます。すいすい型は基本的にラグの方が使い勝手がいいのでくだけるよろい型で育成しました^_^
19/09/24 20:13
5ゆゆうや
元々抜き性能が特別秀でているポケモンではないので、全抜きを狙うような型よりも1体+α持っていく型の方が合っていると思います。
あくまで一例ですが
156-172-0-0-0-180(実数値でH155、A172、S123)
A…1舞アクジェで無振りメガバシャ確1
HB…特化メガマンダの地震低乱1(6.3)、
A252メガリザXの逆鱗確定2(特化は中乱1(43.7))
S…準速ガッサ抜き、S↑↑で最速97族、準速110族のスカーフ抜き
せっかくZを持たせるなら、このように耐久にさき、仮想敵に対する安定性を持たせた方が使いやすいかと。
マンダ対面でも、無振りなら威嚇込みでも岩Z+アクジェが高乱数です。(十分な勝ち筋があり、立ち回りの幅が広がる)
リザXも同様に、対面や逆鱗への受け出し時も十分な勝ち筋があります。

素のSに不安が残りますが、砕ける鎧を活かすなら上記のような型の方があっていると感じます。
いかがでしょうか?
(長々と失礼しました;;)
19/09/25 12:44
6NEO天才リエマハ (@wtuhky)
>>5
コメントありがとうございます。
おっしゃる通りメガギャラやパルシェンと違い、
全抜き性能にとても長けているポケモンではないので
耐久に少し厚く振る調整もありだと思います。
実際僕も舞ってない状態のマンダの地震やカバルドンの地震を
確定耐えにする耐久ラインも視野に入れていました。
しかし、実際に運用してみたところ、マンダの場合は身代わりを持っている個体
など岩Zを初手からかわされてしまったり、メガリザードンの場合も
Xだと最初からわかっている場合は逆鱗耐えからの岩Zで対応できますが
Yの場合だとソーラービームで確定一撃取られてしまうので、やはり受けだしが
一番あっているのではないかと考えました。Sラインについてですが、
最速スカ97族抜きでも十分な素早さはとれていますが、スカーフガブリアスや
マンダ自体も竜舞でスカーフガブリアス抜き調整の個体メガリザードンもげきりんは確定耐えでも
ニトロチャージによって砕ける鎧が発動した場合、Bが下がっていますので、竜舞型でも
ニトチャ型でも対応が難しくなるので、最低でもスカーフガブリアスの抜き抜き調整は必要
だと僕は思いました。
  • ページ:
  • 1

削除キー:


コメントを投稿

補足やアドバイス、間違いの指摘などにお使いください(半角5000文字まで)。育成論に直接関係のないコメントは書き込まないでください(育成論を求めてこのページを訪れたエンドユーザーに関係のない書き込みすべてが削除対象です)。また、育成論の削除を強要することは運営ポリシー違反であり運営妨害です。削除が必要かどうかは管理者が判断しますので、管理者に直接ご連絡ください。

※評価はポケ徹サービスにログインする必要があります。

名前: 

本文:

削除キー:


この育成論のフォークを投稿する >>

修正・削除

この育成論を修正あるいは削除する場合は、管理用パスワードを入力して「修正・削除」ボタンをクリックしてください。

スポンサーリンク

関連ページ

◆ ページの先頭へ ◆


トップページ::ウルトラサン/ウルトラムーン::ポケモン育成論サンムーン::カブトプスの育成論::カブトプスの強い使い方

このサイトについて | プライバシーポリシー

ポケットモンスター・ポケモン・Pokémonは任天堂クリーチャーズゲームフリークの登録商標です。

当サイトは個人ファンサイトであり、株式会社ポケモン他企業様とは一切関係ありません。下記はサイト独自の内容に関する著作権を示すものです。

© 2002-2019 Yakkun

dummy