プレイ!ポケモンポイント!

ユーザー登録ログイン

dummy

個体値・努力値とは?

能力値の計算式

ポケモンの能力値(ゲームのポケモン確認画面で表示されるステータス数値)は、下記の計算式で決定されています。 『HP』とそれ以外の『のうりょく』とで式が異なります。 どちらとも、「レベルが上がった時」「進化した時」「パソコンに預けた時」「どうぐ『タウリン』やきのみ『ネコブのみ』などを使った時」などに再計算されます。 なお、計算途中で小数点以下が生じる度に切り捨てされます。

このことからステータスは、進化させるタイミングや努力値を与えるタイミングなどには一切関係なく、毎回シンプルに再計算されることがわかります。(加算方式ではありません)

HP

能力値=(種族値×2+個体値+努力値÷4)×レベル÷100+レベル+10

※ ただし、『ヌケニン』の場合は計算結果に依存せず、必ず1になります。

それ以外

能力値={(種族値×2+個体値+努力値÷4)×レベル÷100+5}×性格補正

スポンサーリンク

種族値とは?

ポケモンの種類ごとに各『のうりょく』別に能力値の基準となる、種族値(しゅぞくち)という隠し数値が設定されています。 例えば、『ハピナス』の『HP』が高いのは、この種族値が高く設定されていることに所以します。 詳しい設定情報は、種族値リスト(BW以前はこちら)をご覧下さい。

なお、「種族値」という名称は公式のものではありません。他の名称が用いられることもあります。

個体値とは?

ポケモン1匹1匹の各能力には、個体値(こたいち)という隠し数値が存在します。 この数値によって、同じレベルの同じポケモンでも、能力値にわずかな変化が生じてきます。 ポケモンと遭遇した時、または『タマゴ』を受け取った時に、能力ごとに0〜31の間でランダムに決められています。 ポケモンの天性的な能力を示すもので、値はレベルが上がったり進化しても変化しません。 ただし、『タマゴ』の場合は、親のポケモンの個体値が部分的に遺伝します(※下記参照)。

より強いポケモンを育てるには、より高い個体値を持ったポケモンを探し出さなければなりません(例外はありますが)。 レベルの低いうちは大した差はありませんが、レベルが上がるにつれ、能力値の違いが明確になってきます。 上級者は、高個体値のポケモンが孵化するまで『タマゴ』を作り続けたりします。その際、個体値の部分遺伝を活用するのもポイントです。

なお、「個体値」という名称は公式のものではありません。他の名称が用いられることもあります。

個体値を調べるには

ゲーム中において『ジャッジ』と呼ばれる人に話しかけると、自分のポケモンの大まかな個体値を教えてもらえます。 オメガルビー・アルファサファイアでは殿堂入り後に行ける『バトルリゾート』のポケモンセンターに、XYでは殿堂入り後に行ける『キナンシティ』のポケモンセンターに、ブラック・ホワイトでは『ギアステーション』、プラチナ・ハートゴールド・ソウルシルバーでは『バトルタワー』にいます。 ダイヤモンド・パール以前には存在しません。

6つの能力の個体値の合計(の範囲)と、各能力のうち最も個体値の高い能力とその個体値の範囲を知ることができます。 またXY以降では、個体値が0の能力がある場合「全然ダメかも」と言われるようになりました。

セリフ個体値の合計
素晴らしい能力を持っている151〜186
そうとう優秀な能力を持っている121〜150
平均以上の能力を持っている91〜120
まずまずの能力を持っている0〜90
セリフ最高個体値
最高の力を持っている31
素晴らしい力を持っている26〜30
かなりの力を持っている16〜25
まあまあの力を持っている0〜15

ゲーム中では個体値をこれ以上正確に知ることはできず、必要に応じて前述の計算式を方程式と見立てて計算で求めることになります。 しかし、小数点以下の切り捨てが発生することから特殊な計算が必要となりますので、専用計算ツールを活用すると良いでしょう。

個体値の遺伝

『タマゴ』を作ると、両親の個体値が部分的に遺伝します。どの個体値が遺伝するかはランダムであり、それ以外の個体値は完全にランダムとなります。

XYから、親(片親のみで良い)に『あかいいと』をもたせると両親合わせて12種類の中からランダムに5種類の個体値が遺伝するようになりました。この性質を利用すれば、かなり簡単に高個体値のポケモンを量産できるため、高個体値のメタモンを用意すると厳選作業がはかどります。

また、ハートゴールド・ソウルシルバーからは、親に特定の『どうぐ』を持たせると、対応する個体値が必ず遺伝するようになります。 この性質を利用して、効率的に高個体値のポケモンを生み出しましょう。

どうぐ遺伝する個体値
パワーウエイトHP
パワーリストこうげき
パワーベルトぼうぎょ
パワーレンズとくこう
パワーバンドとくぼう
パワーアンクルすばやさ

個性とは?

ダイヤモンド・パール・プラチナから、ポケモンに『こせい(個性)』という項目が追加されました(GBAシリーズにはありませんでした)。 個性は、各能力のうち最も個体値の高い能力によって決められており、さらにその個体値を5で割った余りによって5種類に分かれます。 分かりやすく言えば、一番伸びやすい能力を示すものです。 個性を見れば、一番高い個体値が何であるかが分かるため、個体値測定の絞り込みに用いられます。 個性だけでは強いポケモンかどうかはわかりません。

最も高い個体値個体値を5で割った余り個性
HP0たべるのがだいすき。
1ひるねをよくする。
2いねむりがおおい。
3ものをよくちらかす。
4のんびりするのがすき。
こうげき0ちからがじまん。
1あばれることがすき。
2ちょっとおこりっぽい。
3ケンカをするのがすき。
4ちのけがおおい。
ぼうぎょ0からだがじょうぶ。
1うたれづよい。
2ねばりづよい。
3しんぼうづよい。
4がまんづよい。
とくこう0こうきしんがつよい。
1イタズラがすき。
2ぬけめがない。
3かんがえごとがおおい。
4とてもきちょうめん。
とくぼう0きがつよい。
1ちょっぴりみえっぱり。
2まけんきがつよい。
3まけずぎらい。
4ちょっぴりごうじょう。
すばやさ0かけっこがすき。
1ものおとにびんかん。
2おっちょこちょい。
3すこしおちょうしもの。
4にげるのがはやい。

例えば、個性が「たべるのがだいすき。」の場合、HPの個体値が0、5、10、15、20、25、30のいずれかであることがわかります。 仮にここで10であると仮定すると、HPが最も高い個体値であることから、HP以外の個体値はすべて10以下であることになります。 また、いずれにしろ、31の個体値は存在しないことが言えます。このようにして、個体値測定時に能力値と努力値による計算とは別の視点で候補を絞り込むことができます。

6Vとは?

個体値が31のことを「V」と呼ぶことがあります。 これは10を「A」、11を「B」、と表していくと31が「V」になるためです。 6種類すべての能力がVであるポケモンを「6V」といいます。 また、30を「U」、0を「逆V」と呼ぶこともあります。

理想個体

例えば、特殊技のみを覚えさせて物理技を覚えさせない場合は、攻撃個体値は0であることが望ましく、それ以外を31にします。 これは『こんらん』状態の時に自分に与えるダメージは、自分の『こうげき』ステータスが高いほどダメージが大きくなってしまうためです。 また、技『トリックルーム』などを想定する場合、『すばやさ』の個体値は0が望ましいこともあります。 さらに、『めざめるパワー』のタイプや威力(BW2以前)は個体値によって変化するため、特定のタイプに絞ってこの技を覚えさせる場合は単純に全個体値を31するわけにはいきません。

このように、ポケモンの育成において、理想とする個体値(+性格)を持っているポケモンを「理想個体」などと呼ぶことがあります。

努力値とは?

ポケモンバトルでポケモンを倒すと『けいけんち』がもらえますが、それとは別に努力値(どりょくち)と呼ばれる隠し数値を収得しています。 ゲーム中では、『きそポイント』と呼ばれているものと考えて良いでしょう。 努力値は各能力ごとに別々に加算されていき、高ければ高い程、能力値も高くなります。 強いポケモンを育てたいのであれば、分からなくならないように獲得した努力値を紙などに記録する必要があるでしょう。「正」の字を書いていくと便利です。

なお、「努力値」という名称は公式のものではありません。

ポケモンバトルで稼ぐ

もらえる努力値の種類と量は、倒したポケモンによって異なります。例えば、『ビッパ』を倒すと『HP』の努力値が「1」だけもらえます。 つまり、ずっと『ビッパ』としか戦っていないと『HP』の能力値ばかりが極端に高くなっていくことになります。 上級者は、欲しい努力値がもらえるポケモンに絞ってバトルを行っています。 もらえる努力値の種類と量については、努力値リスト(BW以前はこちら)をご覧下さい。 ちなみに、ポケモンを交換した場合、バトルに出たポケモン全てに同じ量の努力値がもらえます(分配ではなく、相手が『ビッパ』であれば、全員『HP』の努力値が「1」もらえます)。

また、どうぐ『きょうせいギブス』を持たせている場合や、『ポケルス』にかかるとそれ以後もらえる努力値が2倍になります(合わさると4倍)。 『ポケルス』は治癒しても、効果は持続されます。

そのほか、特定の『どうぐ』を持たせると対応する獲得努力値が+4されます(『ポケルス』に感染したあとは+8)。 例えば、どうぐ『パワーリスト』を持たせて『ビッパ』を倒すと、『HP』の他に『こうげき』の努力値が「4」もらえます。

どうぐ+4される努力値
パワーウエイトHP
パワーリストこうげき
パワーベルトぼうぎょ
パワーレンズとくこう
パワーバンドとくぼう
パワーアンクルすばやさ

XY以降では『がくしゅうそうち』によって経験値だけでなく努力値も手持ちポケモン全員に入ります。不用意に手持ちに育成ポケモンを入れていると、間違って不要な努力値を獲得してしまう可能性があります。気をつけましょう。『がくしゅうそうち』は大切な持ち物の中から選択することで「オフ」にできます。

ドーピング

ポケモンバトルの他に、ドーピングアイテムと呼ばれるどうぐ『マックスアップ』『タウリン』『ブロムヘキシン』『リゾチウム』『キトサン』『インドメタシン』でも上げることができます。 1回使うごとに、それぞれ『HP』『こうげき』『ぼうぎょ』『とくこう』『とくぼう』『すばやさ』の努力値が10上がります。 ただし、各努力値が100以上になると使えなくなってしまうので、楽して努力値を上げたい場合は、ポケモンを入手してすぐに使いましょう(10回使えます)。 また、『ネコブのみ』のように、努力値を下げる『きのみ』もあります。詳しくは、きのみリストをご覧ください。

ブラック・ホワイトからは『たいりょくのハネ』『きんりょくのハネ』『ていこうのハネ』『ちりょくのハネ』『せいしんのハネ』『しゅんぱつのハネ』が追加されました。 これらは1つで1ポイントだけ上がります。すでに各努力値が100以上の時でも使用可能なのが特徴です。(255までドーピングだけであげることができることを意味します)

スパトレ(XY以降)

XY以降ではスパトレでも努力値を稼ぐことが可能で、非常に効率が良いのでフル活用できます(ゲームでは努力値は「基礎ポイント」と表記されています)。

また、サンドバッグを叩いていると時々入手できる『まっさらバッグ』を使用すれば努力値をすべて0にリセットすることができるほか、減少する値から現在の努力値を正確に知ることができます。 先にレポートを書いておき、努力値を確認したらリセットすると良いでしょう。

努力値の限界

溜められる努力値は、全ての能力を合わせて510までとなっています。また、各能力ごとにそれぞれ最大255という制限があります(ただし、XY以降では252)。 上記の計算式から分かるように、努力値は実際には「4」で割って小数点以下を切り捨てた値が用いられるため、最大値である「255」は「252」と同じ結果になってしまいます。 このことから、制限範囲を有効に利用するよう最大値まで溜めずに、3つの『のうりょく』に「252・252・6(4)」という振り分け操作をするのが一般的です。 こういった振り分け操作を一般に「努力値配分」などと呼び、1つの能力に最大の「252」まで振ることを「極振り」と呼びます。

性格補正

ポケモンの能力値の決定には、『せいかく(性格)』による補正も行われ、0.9、1.0、1.1倍のいずれかが行われます。 詳しくは、性格リストをご覧下さい。

スポンサーリンク

◆ ページの先頭へ ◆


トップページ::ダイヤモンド...ハート...ブラック...XYオメガルビー/アルファサファイア::個体値・努力値とは?

Copyright © 2002-2014 Yakkun All rights reserved.

dummy